2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

。。。。。。

1 :日本昔名無し:02/09/06 06:33
うん。

2 :べにいとと ◆RojWUtWg :02/09/06 06:52
2GETキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

3 :べにいとと ◆RojWUtWg :02/09/06 06:52
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mukashi/1030836360/へも遊びにきてね☆ミ

4 :日本昔名無し:02/09/06 11:35
。。。

5 : ◆Riz1rmVg :02/09/06 13:35
さて、無理矢理40以下に下げてやったわけだが・・・ククク

6 : ◆Riz1rmVg :02/09/06 13:37
心置きなく暴れる場所ができて素直に嬉しい
しかし暴れてる時間はない罠
人生不条理だ

7 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 13:54
うふふ。
本当は今日ずうっと泣いていてパソコンの起動をするのにも迷いました。
色んなことが思い出されてどうしようもなく。
けれどもそれは昔の話。
繋げればあの人がいてとてもうれしくて、
それでも元のところに書くにはやっぱり少し困ったけれど、
ここはとりとめなく書くところ。
書くことを考えていたら涙が止まらず、書く気が失せてしまった。
メモ帳に吐きだしてうpするのがやはり一番いい。
俺はまとまりのない取り留めのない思考と文章なので恥ずかしい。
でもいつも考えているように考えなくて済むだろう。


8 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 14:06
このスレがとにかく沈んでひっそりとひっそりと片隅にそっとあること。
それが今のささえ。
もしかしたらなんとかなるかもしれないと。

空の青さを見つめていると 私にも帰るところがあるような気がする
私には帰るところがないけれど、今日は雨で空が見えないけれど、
心の中に青空が見える日は生きていける。
もう少しもう少しかかるけれど、きっとまた歩け出せるだろう。
そのためにとりとめのない、私自身から発せられる言葉を探していきたい。

9 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 14:18
こんな良い板に二人の胸を吐き出せる場所を作ってしまって、
もしここを覗く住人さんが不愉快に思ってしまったら申し訳なく思う。
それでも俺たちはやっとここに流れ着いて、
もしかしたらどうにかなるかもしれないともがく。
出来ることならそっとしておいて欲しい。
生まれたときから行き場が無く、やっと見つけた地にも
それはわずか数ヶ月、長くは続かないと最初から分かっていて
それでもすがろうとした。
たかが掲示板。されど掲示板。今の俺にとっては大切な場所。
毒や悪い感情は誰でも見たくないもの。
俺は大切にしたい人には見せたくないと思う。
けれども隠すにはあまりに長く、深く、うまくやっているつもりなのに。
俺はもっと強くならなければいけない。
そしてしなやかにならなければいけない。
俺は弱くはない。ただ、脆い。
それも段々改革されていくことだろう。

10 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 14:26
子供の頃の思い出から順番に語ろうと思った。
けれどもあいつは今、いない。
さっきまで泣いていた子供は隠れてしまった。
俺には語れない。
あいつは一人で泣き、一人で墜ちていく。
俺はそいつを踏み潰し、こうやって説明することしかできない。
そのうちまた現れるだろう。
そのとき醜く語るだろう。
そのときまで俺は待つ。
まだ何も始まっていない。苦しいのはこれからだ。
誰の助けもいらない。
自分で語り、自分で階段をあがる。
今までもそうしてきたし、俺が19歳の時に立てた計画は
もう既に追い越してしまっている。
けれどももう次の段階に来ている。
俺は休みすぎた。長い長い休みだった。
前の階段を上がるのが思ったよりも早かったので
休憩を沢山取った。
次は俺の番だ。

11 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 14:32
願わくばここがほんの少しでも
例え醜い感情が発露しようとも
例え耐え難い苦痛におそわれようとも
ほんの少しでも支えになればいい。
心から思う。
大切な大切な一レス一レスが俺のためになるように。
そしてお兄ちゃんのためになるように。
誰にも知られることがないように。
俺は壊れる前にどうしても取り戻したい。

12 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 14:37
俺たちは壊れているわけではない。
自己陶酔するためでもない。
前に進むためにただそれだけのために
昨日も今日もきっと明日もそのためにある。

13 : ◆/8dsJm4. :02/09/06 14:50
俺は絶対に生きてやる。
這いつくばって今までも生きてきた。
生きているのか死んでいるのか分からなかったけれど
声は出たし、手も動かせた。でも虫だと思っていた。
19歳でやっと人間になれた。
俺には世界が違って見えた。
次はどうなるのだろう。予想がつかない。
一生背負うこの旅を俺は果てしなく続ける。
これはその一片にすぎない。
俺の出番は今日はここまでだろう。
あいつが出てくると俺のような誤魔化した言葉では太刀打ちできない。
今日はあと何回もあいつが出てくるだろう。
言葉を持たないあいつにすこしずつ言葉を持たせてやらなければいけない。

14 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 02:25
だめだ。

15 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 02:29
気を抜くとあそこも辛い。
最初は名無しの攻撃が嫌なんだと思っていた。
しかし違うようだ。
今日観察した結果
あの団らんのような
集団が駄目みたいだ。
そして思い出した。
俺が集団で上手くやれたことはない。
最初はいい。
たまに喋るならいい。
そのまま黙って消えられるから。
ずっと暖かい場所が辛いんだ。
俺はあそこで喋りながらいつも別の場で名無しをやっていた。
ところが最近板が少し変わって
俺が書けるスレが無くなった。
多分探せばあるだろう。
しかし探す気力がない。
必然的にあそこに居座ることになる。
辛い。

16 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 02:33
俺は必死だ。
今朝俺は必死だった。
定期的に書かなければいけないと自らに課しているレスをした。
昨日心配をかけたからだろう、すぐレスがついた。
俺はあれ以上書く気は無かったんだ。
それでも無視れない。
俺はよく無視る。
けれどあそこで無視っていいのか?
俺に物までくれるような奴に仇を返してどうする?
もう気付いてる人もいるようだ。
はっきり言おう。
○えさんは気付いている。
俺はいたたまれない。
逃げたい。
逃げたくない。
どうしていいかわからない。

17 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 02:38
俺はいつもそうだ。
どうしていいかわからない。
何故なのか俺は知らない。
知りつつ知らない振りをしている。
それは面倒くさい作業だからだ。
苦しい作業だからだ。
時間もかかる。
どうしていいか分かるようになるために
しなければいけないことがある。
少しずつしようと思う。
それでも
挨拶でさえも
しんどい俺がいる。
ただ書くだけだ。
書くだけなのに。
出来ない。
そしてこうやって俺の我が儘に書きたい放題書くことは出来る。
俺の自意識は肥大しすぎている。
腐りかけている。
情けないという声がする。
ああ情けないさ。
でもそれはお前の感情だろう。
俺にとっては切実だ。

18 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 02:42
俺は最初あそこで書いたとき心に決めていたことがある。
それは必ず一日3レス程度に留めること、だ。
なぜなら
俺は必ず裏切る。
俺は必ず突き放し、忘れるからだ。
近づきすぎると危険だ。
どうしても欲しい、どうしても得たい物なのに
得て楽しいのに
捨ててしまうんだ。
俺はあそこを捨てたくなかった。
だから書かないように書かないようにしていたんだ。

19 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 02:47
もううんざりだ。
また捨てるか?
どうする?
俺は自分のスレを捨てた。
あのときは長かった。
俺にしては頑張った。
4ヶ月だ。
俺は捨てる習性を治したかった。
だが出来なかった。
だから今度こそと思った。
この掲示板が無くなるまで頑張ろうと思った。
なのに俺はクズだから段々書き込みが増えていった。
いつも声がしていた。
書きすぎだ。うざい。何書いてるんだ?何回目だ?危険じゃないか?
それでも名前を呼ばれれば嬉しいし、面白い会話だと楽しいし
俺は、
そうだ、
いつも言われてきたじゃないか
俺は我慢ということを知らない。
自分をコントロールしろ
何度言われただろう
悪魔のように
俺を救う言葉のように
俺を縛る言葉だ

20 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 03:02
ああ
もう今日は駄目だ
T、すまない。
一人にしてくれと、帰って来ないで欲しいと言ったら
うん、いいよ
と言ってくれたね。
お前は俺のことを全く心配しない。
俺の気持ちを全く分かろうとしない。
俺が病気だと言われても、それがどういったものなのか
調べることすらしない。
お前がいるから俺はここまで来れたような気がする。
分かり合えない二人。
お前は俺に干渉する。
俺は拒絶できない。
俺が拒絶できないことをお前は知らない。
それでいい。
お前に会えて良かったと思う。
泣かせることも多いけど、俺に呆れて怒ってることも多いけど
お前は彼氏が出来て今は何も考えてないけど
お前がいてくれて良かった。
もう少しだから
多分お前が帰ってきても俺は駄目なままだろうが
それでも
そのまま
俺がお前をこれ以上傷つけないように近寄らないでくれ。
お前は少しお馬鹿さんだが、防衛はすごい。
お前のその防御反応で自分を守れ。

21 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 03:42
ああ、ああ、
激しく駄目だ。
今日はもう駄目だ。
どうして邪魔をするんだろう。
はあ。
出るのは溜息。
言葉は今日はもう出てこないようだ。

22 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 03:48
夜空の星と月に囲まれて、
おやすみなさい。
安心して寝られる日が来るように。
とろけそうなチーズを食べる日を思い出して、
おやすみなさい。

23 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 04:12
人に物をやることが簡単で可能な奴が羨ましい
気負わず恐れもせず不安にもならずにできる奴が羨ましい
それが送るではなく贈るともなると…羨ましいをはるかに通り越す

受取ることが簡単で可能な奴が羨ましい
恐怖心も罪悪感もなしに受取れる奴が羨ましい

居心地のよさを居心地のよさとして楽しめる奴が羨ましい
ぬくもりをぬくもりとして感じ取れる奴が羨ましい
与えることも受取ることも簡単で当たり前な奴が羨ましい
好意を怖がらなくてすむ奴が羨ましい
人が怖くねえ奴が羨ましい
人と自分が敵でねえ奴が羨ましい


24 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 04:19
嬉しいことをされて喜べる奴が羨ましい
いいことがあって怖くならねえ奴が羨ましい
楽しい時に不安にならねえ奴が羨ましい
ありがとう、ごめん、それが簡単に言える奴が羨ましい
ありがとう、ごめん、言われて簡単に返せる奴が羨ましい
いつもいつもいつも激しい気力振り絞って生活する
それが想像もつかない奴が羨ましい

世の中に怖くないものはほんの少ししかねえ
好意も親切も優しさも憐れみも
掛け値なしの裏のねえものでさえも怖くねえことがねえ
恐怖はいつも自分の中にもある
外にも内にも種があり
意図しねえところで勝手に芽吹いていく
刈り取っても刈り取ってもきりのねえそれは
がんじがらめにしばりつけてくる
払いのけきりつけてると近づいた奴まで一緒に切っちまう
それを望んだわけではねえのに

25 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 04:27
遠慮することを強制的にたたき込まれてきた
好意には裏があると刻み込まれた
必要なものは魂と引き換えでしか手に入らねえ
欲しいものを1つ手にいれるために2足3文で魂を売り渡す
何もしないでいてもらうために
ただほっといてもらうためだけに魂を売り渡す
それは絶対必要条件で
ただで幸運が転がっているはずがない

そうやって過ごした時間を消すことはできねえ
刻み込まれた跡は印とともに残っている
激しく呪うべきそれが
そっちの方が普通でありすぎて
ただの好意が怖い
ただの掛け値なしの親切が怖い


26 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 04:33
ただの遠慮じゃねえ
それは恐怖だ
受取る恐怖
好意を向けられる恐怖
ありうべからざる事態への恐怖
世界が変わる恐怖
喜んでしまう恐怖
期待してしまう恐怖
いつ裏切られるかわからねえ恐怖
純粋な親切や好意がどれほど鋭く切り裂くか
想像もつかねえ奴らが羨ましい

27 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 04:40
だからといって欲しくねえわけじゃねえ
喉から手がでるくらい渇望してた記憶がある
物じゃねえ
物じゃねえ!
渇望?切望?望むことさえ罪悪な世界を知らない奴らが羨ましい
死にたいほど焦がれ続けたもの
涙もでねえくらい必死にもとめたかったもの
求めたもの、じゃねえ
求めたかったもの
求める前に求めることすら許されずに諦めたもの
それは今、視界に入るだけで恐怖心を覚えるほどの
異世界のものだ 異世界の手の届かないものだ

28 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 04:48
それがたまに
ごくたまにちょっとした気まぐれで降ってくる
目にするだけで恐怖なくらい欲しいものってあるんだ
想像の中で手に入れることさえ怖いもの
それが
リアルで手に入る恐怖がわからない奴が羨ましい
手に入れて、そこで更に深い恐怖につかまれないやつが羨ましい

ただ遠慮じゃねえ
とまどいとかそんな軽いものじゃねえ
嬉しさを表現するのになれてないとか
そんな問題じゃねえ
受取ったら世界が終りそうな
足元からくずれていきそうな
この恐怖がわからねえ奴が羨ましい

だけど
俺は受取るのだ
この恐怖と闘うことから始めよう
それはいつかなれることのできる感覚だろうか
それはいつか当たり前のものになるだろうか
それはいつか、欲しかったという希望のままに
喜べる日がくるだろうか
果てし無く長い道のりの
ほんのわずかな1歩さえ踏み出せないでいるもどかしさを
しることもなしに生きてきたヤツラがうらやましい

29 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 05:49
俺はおにーちゃん、お前に手を差し伸べているわけではない。
俺は俺に手を差し伸べている。
俺のためだ。
他の奴は知らない。
俺は俺の中の誰かを救うことしか考えない。
俺がほんの少し優しい書き込みをすれば
俺の中の誰かが安心して眠る。
ただそれだけのために
俺は書く。
「愛は人を救わない。愛は無力だ。
ただ恋をする、その一瞬だけが人を救う。」
これを見つけたのは漫画の中だった。
俺はその言葉を得たとき、何かが分かった。
俺はおにーちゃんが好きだ。
だが何も出来ないだろう。
どんなに言葉を埋め尽くしても。
ただ言葉に出来ない何かが俺を駆り立てる。

30 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 05:52
何かを共有しているという幻想と
滅びてしまうかもしれないという恐怖と
危険な信号と
けして触れないという優しさが
俺たちの関係を作っている。
うまく言葉にならない。
俺は近づくつもりはない。
けれども
近づかない優しさをあなたに与えたい。

31 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 05:54
俺は数を数える。
それは9までしかない。
普段はもっと少なくて
3までしかない。
頑張って頑張って
集中して意識を集中して
9までやっと数える。
俺の世界にはもっと沢山の数があるはずなのに
俺は9までしか数えられない。

32 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 05:57
どうしても見えない何かが
どうしても言葉にならない何かが
どうしてもつかめない物があると知ったのは
いつだったろう。
遠い記憶。
俺は
俺の場所を探して
見つけたと思ったら
消えた。
俺はシャボン玉が嫌いだ。
とても綺麗。
色がたくさんある。
切ない。
割れて消えてしまうものはいらない。

33 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:00
でも綺麗だよ。
それだけでいいんだ。
綺麗な物を見て
聞いて
感じて
それだけで生きていけるという気がする。
否定はしたくない。
もしこれを否定したら俺はいなくなってしまう。
俺がしてきたことが崩れてしまう。
俺は足りないが、無駄だったわけではない。
俺は余計な遠回りをしすぎたが、必要だった。
あの日、死ななかったこと、
俺の時間はまだある。

34 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:39
集団。
寝ようとすると次々と現れてくるこの言葉をもう少し書く。
あれは最近のことだ。
一回目はおにーちゃんの言葉使いが気に入らないと来た人間。
あいつの言いたかったことは俺には分からなかった。
しかし何かは届いた。
それは俺が嫌悪するものではなかった。
ただ、俺の言葉は届かなかった。
一方的に終わったし、煽りとはそういうものだ。

35 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:43
問題はその後だった。
住人が皆で排除しようと躍起になっていた。
俺には分からなかった。
あいつが何を言いたいのか分からないのにそこまで何故反応する?
おにーちゃんがきっちりと落とし前を付けるのは分かる。
言っていることも完璧に近いほど届いた。
しかし周りはなんだったんだろう?
あれはなんなんだろう?
気持ちが悪かった。
俺ははっきり言うとあのとき名無しに切れていた。
あまりに久しぶりに本気で切れたので文字が打てなかった。

36 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:45
問題は二回目だ。
昼間に来た何人かの人間。
ちょうど俺はそいつが書き込んでいなくなったときにパソを繋げたようだった。
あの子がいたので嬉しくて相手をしていた。
名無しに馬鹿馬鹿しい煽りに反応して欲しくなかった。
なんとか流せたかと思っていた。
すると夜にも来た。
怖かった。

37 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:49
怖かったのは煽りじゃない。
みんなの反応だ。
怖かった。
おにーちゃんは住人に慕われているし、俺も好きだ。
だがあれはなんなんだろう。
何故そこまで排除したがるのだろう。
煽りの内容はどうでもいい。
緩んだスレにほんのささいな刺激を、蚊に刺された程度の刺激を与えただけだ。
俺がおかしいのかと思った。
あの団結意識はなんなんだろう。
俺は怖い。
俺がおかしいのか?

38 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:52
おにーちゃんが煽られたらおにーちゃんが返せばいい。
返したくなければ返さなければいい。
誰か他の人が煽られたらそいつがどうにかすればいい。
無視しようが返そうが自由だ。
もちろん自分の好きな人が煽られていたらかばう。
俺だっていくつものスレで同じことをしてきた。
だが何か違う。
何か違ったんだ。
それが俺は怖かった。

39 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:55
俺は自分のスレがあったとき、煽られまくった。
うんざりするほど、自分でもおかしくなりそうなほど経験した。
かばってくれる人もいた。
俺はそいつらに心から感謝している。
今でも連絡を取ってる奴が何人もいる。
だがみんな冷静だった。
俺に書き込むな、もうスレは止めろと忠告してくれた。
俺はそのとき考えがあったので、それを説明して続けた。

違うものがはっきりした。

40 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 06:59
そいつらは俺の我が儘を見守り、少し煽られても見守ってくれていた。
あまりにひどいとかばってくれたが、俺はそいつらがそんな思いをするのが
がいやだったのでもう来るなと何度も言った。
そいつらは段々来なくなった。
俺と話したければスレじゃなくても出来るからだ。
俺はそいつらとメールや電話や他のスレで話した。

これから俺が書くことは傷つけるかもしれない。
的はずれかもしれない。
しかし俺は書く。

41 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 07:03
あの排除意識はおにーちゃんを傷つけるものじゃないのか?
俺の勘違いなのか?
もちろん嬉しいだろう。
好かれて嫌な人間はいない。
だが何かおかしい。
ほんの少しの煽りも見逃せない第三者は少しおかしいと俺は思う。
おにーちゃんをかばってるふりをして自分を保ってるんじゃないか?
それを偽善だと煽りの奴は言ってるんじゃないか?
言ってしまうと、俺もそう思う。
スレ住人の煽り返しは全く冷静でないし、
それは名無しに顕著に表れている。

俺は怖い。
確かに居心地はいい。
でもそんな居心地の良さは俺にとって怖いんだ。

42 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 07:10
俺は昔から考えすぎだと言われ続けてきた。
だが俺は考えている訳ではない。
ただただ、気持ち悪いのだ。
何故気持ち悪いのか最初は分からない。
言葉になるのが遅い。
これでも早くなったほうだ。
ほんの少し怒りがあってそれを言葉にするのに一年かかるのもザラだった。
あまりに早く言葉にしたため、文章が変になっていると思う。
もしかしたら整理して言うことができるようになるかもしれないが
もうどうでもいいことかもしれない。
ただ俺は少し距離を置こうと思った。
悲しいことだ。

まあ最近俺は疎まれているんだがな。
悪いものが出ているのでどんなに誤魔化しても誤魔化しきれていないんだろう。
俺の毒は限りなく深い。
ここに書くことによって昇華されるかどうかも分からない。
まあいい。
なるようになるだろう。

我ながら気分の悪い書き込みだ。
二度と目にしたくないものだ。
だが俺の中の何かが大きくなる前に吐き出したかった。
杞憂であることを祈る。馬鹿な人間の独り言だ。哀れだな。

43 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 07:18
俺は偽善も結構だと思う。
人間から偽善をとっては社会生活は営めない。
自分を守るために必要なものだ。
だが自覚しなければいけない。
それは誰かを切るということを。
俺も偽善はする。
それは自分が優しいと錯覚出来る簡単な方法だからだ。
それによって救われることもある。
自分が救われることも、相手が救われることもある。
ただ、集団になるとおかしくなる。
怖いのは集団だ。
見えなくなってしまう。
見えなくなることが俺は怖い。
見ないふりなんていくらでも出来る。
意識なんてすぐに飛ばせる。
だがそれは個人でするものだと思うし、そうしなければいけないと思う。
そうでないとき俺は逃げるだろう。

44 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 07:21
今の気持ちを全て言ったつもりだが、全く言えてないような気もする。
難しいもんだなあ。

以前おにーちゃんは俺の言葉が綺麗だと言った。
それは俺が16年間反芻してきたからだと思う。
だが見てみろ。
新しく思ったことは言えない。
俺には言葉が足りない。
俺には足りない物が多すぎる。

45 : ◆/8dsJm4. :02/09/07 17:41
俺には引きずられないでくれ。

46 : ◆Riz1rmVg :02/09/07 23:25
ガンで死ぬ話しは嫌いだ
つーかガンなんかありきたりにありすぎて
死ぬでもしなきゃ絵にならねえ
そうゆうことか

きれいな死なんてありえねぇ
どろどろのぐちゃぐちゃに苦しんで死ぬ
家族も本人も家族じゃねえ奴もみんな苦しんで終る
終るのは本人だけだ
残された方に終りはねえ
どこまでもどこまでも記憶に傷めつけられる

47 : ◆Riz1rmVg :02/09/08 00:07
せっかくコソーリ立てたスレだから
思う存分吐き出すことにしたノダ

俺はひきずられはしねえ
影響は受けると思われ
だがひきずられはしねぇ
ひきずられたとしても
俺自身の手で軌道修正できるだろう
だから俺は俺 お前はお前 それでいいノダ
引きずられて見えても気にする必要はねぇ

48 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 03:20
あたまいてえ
書きたいことを忘れてしまった
まあいいや

49 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:01
いきなり鬱抜け出したぞゴルァ
やったね
まあ油断したらすぐ戻るから慎重に。。
あーよかった。。。
俺は今最高に機嫌がいい

50 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:05
何か書こうかな
何がいいかな
そうだなあ
高校の時好きだった女の子のことを書こう

51 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:08
彼女は色が白くて髪が真っ黒で目が黒目がちで子猫みたいだった。
声がとてもハスキーで身長は153cmくらい。
最初は少年のようだと思った。
髪の毛はおかっぱだったがさらっさらで唇は薄く、内股だった。
俺は部活に入って、知り合いも増えた。
そこにいた。

52 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:11
名前をYとしよう。
彼女の親友はKといって、正反対のタイプだった。
キャピキャピしていて、顔はそんなにかわいくないが人なつっこい子だ。
YとKは近所で小さい頃からの友達のようで、家族ぐるみで仲がいいらしかった。
俺がYを好きになったきっかけははっきりと分からない。

53 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:17
俺は中学でおかしくなってしまったので、高校では何も考えず生きようと思っていた。
誰も知らないだろう。
俺は道化だった。
面白いことを言っては人を笑わせるのが好きだった。
中学の頃は掃除の時間にIを死にそうなほど笑わせていた。
高校になって好きな女が出来ると、やっぱり俺は道化だ。
休み時間に誰にも悟られないよう、その子の席に行き、笑わせるんだ。
誰も変だとは思わない。
思ったとしても、誰ともつるまず、誰に対しても興味なさそうな俺が
いつも遅刻して欠席も多く白けているのが趣味のような俺が
ある女には全く別の面を見せていること、それに気を止める奴はそうはいない。

54 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:21
そうだ。
最初は高校一年の時、Zという女を好きになった。
色白で目が大きく、少し感情的になると目をくるくるとするのが癖だった。
・・・・俺の趣味って・・・少し恥ずかしいが続けよう・・
とてもかわいい子で、俺は優等生的な女は嫌いだったんだが、惚れてしまった。
もちろん俺は近づきすぎない。
誰にも言えないようなことや、恥ずかしい話は打ち明けられることも多いが、
つるむのが大嫌いな俺は誰かと、例え惚れている女でもしない。
その女を笑わせたり、深刻な相談にのったりしながら段々俺も笑うようになっていった。

55 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:25
Zはたまにヒステリーになるようだった。
何があるのか未だに分からないが、彼女も何かを背負っているのが
たまにチラリと見える。
Zの友達は・・・・・名前を忘れた。
まあOとしよう。
OとZは仲が良く、いつも一緒なのだが、OはZのことを「分からない」と
俺によく呟いていた。
Zは確かに人を寄せ付けない面があった。
それは一瞬で消えるものだ。
先生や他のクラスメイトから一番好かれている女だったが、
時折見せるそれは錯覚なのか、それでも俺は笑わせることしかできない。

56 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:28
Zはクラスの男と付き合うようになった。
俺は学校にほとんど行っていなかったので(いや、実際は週2だけだ、休んでいたのは)、
知らなかった。まあどうでもいいことだ。
誰かと付き合うようにしむけるのが俺の癖なので、「よかった」と思った。
俺がからかって小声で聞くと、顔を真っ赤にして怒っていた。
そういえばすぐ顔が真っ赤になる子だった。

57 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:31
俺は女が苦手だったんだが、Zのおかげでかなり改善されるようになった。
授業はさぼり、部活だけ出る日も多かった。
進学校でみんなかなり真面目な奴らの集まりなので、そんなやつは学年に数人しかいなくて
目立ってたようだった。
だが、俺にとっては目立ってないわけなので、全く平気だったが。
部活に行くとYがいる。
俺はYに会いたくて部活に行っていた。

58 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:34
Zは俺が笑わせないと俺にとっては手に届かない存在だし、
なんというか、笑って楽しいね、で終わる関係だ。
でもYは違った。
Yはとても無邪気に俺と話した。
その無邪気さは作られたものだったが、俺はそれをすごいと思った。
Yの親友であるKはいつもYを冷たいと言っていて、まわりのみんなも
Yの我が儘なところに呆れているらしかった。
俺にはよく分からなかったが。

59 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:38
俺はいつも冗談めかして「Yめっちゃ好き」とか言っていた。
内心押さえながら。
俺は相変わらず道化なので周りも「ほんっっと変だよね○○さん」とか
言われていた。

上手く言えない。
俺は一人だった。
人といても必ず距離を保っている。
しかしそうは見えないらしい。
いや違う。
上手く言えない。

60 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:40
まあとにかく、Yにはばれてしまったようだった。
俺が本気で好きなことを。
どれくらいだったろう。
Yが俺に向かって笑っていても、Yの目に俺は映っていない。
YとKと話しているとき、たまにYがチラリと姿を見せる。
そんな感じの子だった。
でもいつか、いつかわからない、Yが俺を見るようになっていった。

61 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:42
それからYの上目遣い攻撃が始まった。
俺の前にちょこんと立ち、上目遣いでじーっと見てにっこり笑う。
最初俺は「ん?」とか言ってよしよしと頭を撫でたり、抱きついたりしていた。
彼女は少し閉じて、それでもにっこりしてまた戻っていく、
そんなことが続いた。

62 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:44
ある日突然否定していたことがはっきりとした。
ばれてる。
それから俺の心はもう台風。
しかし上目遣い攻撃は続いた。
俺は彼女が「ねえねえ」と言ってじーっと見てくると
彼女の目をじーっと見ることしか出来なくなってしまっていた。

63 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:48
彼女は俺の何かを覗いている
俺は遂に聞くことは出来なかった。
彼女も何も言わなかった。

俺たちの関係は多分誰にも分からなかった。
彼女はいつも誰かといるか、一人で閉じているかだった。
先輩を好きになって付き合い始めてさえもそうだった。
「先輩が好き」と言っていても、それは他の誰かの好きと違っていた。
彼女の中のもう一人の彼女は遠くから彼女を見守っていた。

64 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:52
彼女が少しぼーっとしたとき、無意識に俺のところに来ること、
それだけが楽しみになっていった。
俺も無意識に彼女に近寄り、にこにことして去る。
彼女の友達のKはいつも俺のことを「おかしい」と笑っていた。
それは悪意のある笑いではなく、俺は不愉快ではなかった。
YもそんなKだから一緒にいれたのだろうと今になって思う。

65 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:54
俺たちは部活中、一日に一回あるかないか、遠くから見つめ合う。
彼女は飛んでいることが多いので、一日に一回あるかないか、だ。
俺はYによって部活中は飛ぶことが少なかった。


なんだか俺危ない人みたいじゃないか?
客観的に見て、ストーカーっぽくないか?
すげーこえーよ。

66 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:57
まあいい。

俺が飛んでいる日は必ずYはやってきた。
そして上目遣いに覗き込む。
なんで分かるのだろう?
そのときは上手く言えなかった。
シカトすることもあった。

俺の勘違いであって欲しいと思う。
俺はただのストーカー気質なんだと思う。
そう思いたい。
何故か分からないけどそう思う。

67 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 07:59
俺はYに覗き込まれることで少しずつ変わっていった。
そんなことで変わるんだなあと思うがそうじゃないのかもしれない。
分からない。
とにかく、俺は笑うようになっていった。

高校二年の時、家で初めて笑ったとき、
自分が家で笑ったことに驚いて固まってしまった。
それはテレビの漫才だったが、俺はいたたまれなくなった。
しばらく固まった後、周りを見回したが、誰も気付いてないようだった。

68 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 08:01
俺はほっとした。
そのとき家には父親と母親と妹がいて、テレビを見ているのは俺だけだった。
誰も気付いていない。
助かった。
俺が笑っているところを見つけたら父親はなんと思うだろう。
なんて言われるだろう。
それは恐怖そのものだ。

69 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 08:05
だが、俺が笑ったことに誰も気付かなかったので、俺はもしかしたらなんとかなるかもしれないと
思うようになった。

半年後には母親の前で笑えるようになっていた。
俺はふと母親に「笑い方が分からなかったけど、いつの間にか笑うようになってた」
と呟いた。
母親は気付いてなかったようだった。
「そういえば」と言ったきり何も言わなかった。

少し疲れた。
取り留めがないなあ。おにーちゃんの文章力が欲しい。
と思ってしまう俺。許せ
じゃおやすみ俺。

70 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 08:06
続きを書きたいが、書けない。
疲れてしまった。
もう書かないかもしれない。
そんなもんだ。そうやって今まできた。
これからもそうだろう。
おやすみ、また明日。

71 : ◆/8dsJm4. :02/09/08 08:13
そうだ。思い出した。
俺はYがうらやましくてうらやましくて仕方がなかった。
俺は声が涸れるほど、体が焼けるほど、Yを羨望した。
俺にないもの、俺にない強さを持っていた。
それは一人で生きていくという覚悟のようなものだった。
俺はYになりたかった。
Yには友達がいて、両親が優しくて、一人っ子で、
愛らしい外見で、俺の望むものをすべて持っていた。
俺には絶対に届かない何かがあると知ったのはYを知ったからだった。
彼女は美しかった。
俺の支えだった。
俺にほんの少しでも目を向けるのが信じられなかった。
俺は汚物のように汚い。
俺を見てはいけない。
いつもそう思っていた。
さあ寝よう

72 : ◆Riz1rmVg :02/09/09 17:24
クソ腹のたつ
人生他人切り捨ててなんぼだろーが?
自分の人生自分で切り開くもんだろーが?
親ってなんだ
身内ってなんだ
他人とどこが違うのかわからねえ

73 : ◆Riz1rmVg :02/09/10 23:47
つーか人間でいるのって難しいよなあ
お前は人間か?と聞かれたら思わず答えにつまる俺がいる
そんなこと聞く奴はそうそういねえけどな
それでも俺は俺を人間と思ったことがねえ
いつも何か違う群れの中に放り込まれた違う生き物みてえに
あたりをうかがいながら生きていた
俺は人間なのか?人間なのか
無理矢理人間のフリして生きてきたんじゃねえのか
だからといって別に人間になりたいわけでもねえ
何がなんだかわからねえ
今日も世界は廻る
俺と関わりなく
勝手に廻る

74 : ◆Riz1rmVg :02/09/11 02:24
そいでも・・・嬉しいと泣きたくなるのはなでなんだろうなあ
つーか嬉しい時と淋しい時の区別がつかねえ

ああどうでもいい!
なんか、初めて、”遊んでもらった!”気がする
なんかあったかいもん感じたんだ
不思議だ
諸刃の剣は百も承知の上で
離れられないのはそのせいなんだろうな

俺は成長してるのか
弱くなっていってるのか
区別がつかねえ
というか紙一重なのか
先が見えない不安の質が違うな

75 : ◆Riz1rmVg :02/09/12 11:02
気遣うことと気を使いすぎることの区別がつかねえ
ああじゃねいか、こうじゃねいか
考え始めるときりがねぇ
おまけにこうかも、とか思いついたこと無視すると罪悪感だ
俺に関係なくても俺の責任じゃなくてもだ
だから考えねえ
俺は俺のことしか考えねえ
あいつもきっとそうするはず
あいつがそうしなくてもそれはあいつの責任

自分と他人の責任分担
きっちりわけて暮らしてぇ
どこまで気遣うべきかわからなくなるから

76 : ◆/8dsJm4. :02/09/14 02:10
本を読む喜びを忘れると俺は駄目になる。
見えなくなるのが怖い俺なのに本を読まなくなると見えすぎて惑う。
見たいものと見えるものが違うのだと言葉にして初めて分かる。
俺が感じたいのは世界の動きであって些細な一挙一動ではないはずだ。
これを読み終わり目覚めたら俺はまた歩き出せるだろう。
俺が前に進むため必要なものはいつも心から望むもの。
見失ってはならない。
本と離れてはいけない。いつも心に感じていなければ惑ってしまう。
不惑は人の証だが墜ちていくのもまた不惑なのだ。

77 : ◆/8dsJm4. :02/09/14 02:17
自分の中に見つけられないと惑う。
俺の望むものは何だ。
俺に必要なものは何だ。
人から与えられるものが俺に必要な時は過ぎた。
俺の望みも俺の心も俺の目も全て俺の中にある。

78 : ◆Riz1rmVg :02/09/14 02:54
気ぃ使いな俺が鎌首をもたげてくる
なつっこい俺が飛び出そうとしだした
俺の時間は、どうなる
終るのか?終ってしまうのか
俺達はまたとりあいの時間を過ごすのか?
俺達が俺達であった時間はどこへ行ったんだ
元に戻らねえ時間嘆くつもりはねえ
互いに押しつけあった時間思い出したくはねえ

それでもこのままじゃいられねえと何かが叫ぶ
押し付け合いの日々からとりあいの日々へ変わるか?
俺がいつまで俺でいられるのかわからねえ
俺は、今、俺なのか?

79 : ◆Riz1rmVg :02/09/14 03:04
Fate!
「時にはノート一面にfateと書き散らさずにいられない時がある」
何で読んだか誰の言葉だったか忘れた。
Fate!FATE!fate!ふぇいと!フェイト!フェイト!
辞書を引いて納得した。
つーか同感だった。他にどうしようもねえ、なんにもできねえ時はある
無力感に落ち込むよりも強くFate!と書き散らしたかった
初めて読んだ時はHateの間違いじゃねえかと思ったものだが。
確かにhateよりfateだ。 
いつのまに変わったんだろう?
俺の中で何かが変わりHateはFateになりつつある
憎しみや恨みが消えたわけでもないのに。

80 : ◆Riz1rmVg :02/09/14 03:06
Fate!
力の限り、書けるだけ書き散らしても
収まることはないだろう
だからといってそれさえせずに、ただ眠ることなんかできねえ
Fate?
運命とか宿命とかいう言葉を信じたことなんかないっていうのに。


先が見えない。
見えなさ過ぎるのに打つ手がねえ。

81 : ◆Riz1rmVg :02/09/14 03:07



今はただ流れにまかそう。
楽しめるだけ楽しんでおこう。


82 : ◆Riz1rmVg :02/09/14 03:09







俺は、それを、次に、覚えていられるんだろうか
俺がとりあいに負け俺でなくなったとしたら
この、俺が過ごした時間はなかったことになるんだろうか
俺が俺でいる
それだけのことが限りなく難しい
俺が俺でいつづける
それが許されたことがねえ

83 : ◆/8dsJm4. :02/09/19 02:20
元彼と話した。久しぶりだ。
俺はまだ好きなんだろうな。
女もいて胃が痛かった。
あのこだわりの無さに救われるけど、寂しくもあり。
素直になりてーーーーーーーーー
無理だが。
もう戻れないんだろう。戻りたい戻りたい。そう思ってるうちは進めん。
時間が欲しい。時間は無い。
絵と本に生きよう。

84 : ◆/8dsJm4. :02/09/22 22:41
元彼とー友達やってくのはー結構ーつらいー
ゼイゼイ
こんなことで体力消費しちゃアカン
しかしこの性格どうにかしたい(;´Д`)
とりあえず下痢治すぜ

85 : ◆/8dsJm4. :02/09/27 06:27
オンラインゲームを始めると知り合いが増える
メッセは4窓とか普通だ
2ちゃんねらーな顔文字を使うと痛いのだと知り、ビビル俺
しっかし、どんなに友達が増えようがむなしさは変わらない
あいつは片思いしてるようだ
俺はもう辛いとも思わなくなってきた
早くリアルに戻ろう

86 : ◆Riz1rmVg :02/09/27 08:24
嬉しいとき苦しくなるのはなぜだ
優しくされると辛くなるのはなぜだ
くれると言われると怖くなる
受け取ると不安になる
暗闇の中落ちてくような恐怖に駆られる
なぜだ なぜなんだ
冷たくされた方がいいとでもいうのか
辛い時の方が楽しいとでもいうのか
放置される方が好きだとでもいうのか
欲しかったものが手に入りそうになる時の恐怖は説明できねえ
手に入った時の痛さと不安は消えることがねえ

ここで喜ぶべきだ
そうゆう理性で喜んでみせる
なぜだ
嬉しくないわけじゃねえ
なんで俺は嬉しさを感じにくいんだ
この抵抗はなんなんだ
嬉しくて楽しいはずなのに
虚しさと孤独と不安で痛くなる俺がいる
情けないことこの上ねえ


87 :日本昔名無し:02/09/29 15:44
こんなとこに隠れてひとり言?

88 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 00:05
人間は本当にクズだったのか
通し続けなきゃならなかった基本を
諸刃の剣が切り裂こうとしている
俺はいつか激しく後悔するだろう
それでも、進み始めた流れをとめはしねえ
居心地のよさに恐怖する世界から抜け出してみせる

89 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 00:15
嘘をついた
今回はっきり意識していた
1度だけ賭けをした
それで聞こえたらいいにしようと思った
だが聞こえなかったらしい
だからそれを続けることにした
罪悪感は感じまい
嘘が嫌いだ
騙されるのが嫌いだ
笑顔で塗り固めまくった偽善は嘘の塊だ
でも俺は嘘をつく
生きるのに殺して肉食うことを悪とは思わねえ
俺がらくするためにつく嘘も殺して食らった肉と同じだと思うことにする
つーか人間は自己中でいい
なりきれるもんじゃねえ
自己中めざしてなんぼじゃねえのか
人に振り回されるのはもうたくさんだ
俺を振り回してきた奴らがなんも感じなかったように
俺も顧みたりしねえ
人と生きるのは闘いだ

90 : ◆/8dsJm4. :02/09/30 01:47
色んなところで色んな人と遊んでいると、
恋愛や様々な思惑が発生する
俺はネットだけだと割り切っているが、
会ってやっちゃったりすることもある
そんな奴らと話していて
これが普通になったら恐ろしいと思う
俺はシモネタやネタで笑わせるのでよく勘違いされる
ネット初めて何人に告白されたか分からない
ストーカーっぽくなる奴もいる
だいたいの奴は男でも女でも写真を見せたがる
はっきり言って、
悪いけどこっちはそこまであんたたちと仲がいいとは思ってないんだ
写真を見せられても興味がないからコメントのしようがないんだ
2ちゃんで常駐してるスレは俺が選んで俺がいたいと思う場所だが、
それとは違う
メッセで楽しく話したところで友達になったわけじゃない
どうして写真を見せたがるのか?
まだ会って2週間も経ってないじゃないか
俺には分からない
いつ逃げようかと考えるのもなんかダルイ
いつの間にか疎遠になっているといいなあ

91 : ◆/8dsJm4. :02/09/30 02:05
ネットを初めてやったのが2ちゃんで、
ずっと2ちゃんばっかりで、
ネット=2ちゃんなのが当たり前だから、
もしかしたら俺の方がズレてるのかもしれないなあ
もし2ちゃんが無くなったら俺はネットしなくなるだろうな
その方が俺にとっては良さそうだが(;´Д`)

92 : ◆/8dsJm4. :02/09/30 02:25
爺ちゃんがそろそろ死ぬそうだ
もう10年会ってない
爺ちゃんは好きだ
逞しい体をしていたが、両手が動かなくなってから仕事も出来ず、
ガリガリになったらしい
相変わらず叔父はよく錯乱し、包丁で追いかけ回したり、
木に首を吊ってみたり女を襲ったりしているらしい
気が弱く、いつも泣いているような顔をしている叔父
小さい頃から気が弱いのがコンプレックスだったらしく、
私が小さい頃遊びに行くと、鍛えた筋肉を自慢していたものだ
私は力持ちだったり、筋肉隆々だったりすることに全く価値を見いださないので
「ふーん」と言っては悲しそうな顔をさせたものだ
強くなりたいという思いは体を鍛えることで達成した気分になれるものなのかもしれない

93 : ◆/8dsJm4. :02/09/30 02:31
もし私がこのまま会いに行かずに爺ちゃんが死んでしまったら
俺は後悔するだろうか
初孫だったから相当可愛がられたようだ
俺は知らない
だが、爺ちゃんの目はとても好きだ
とても優しい目をしている
笑うと目尻が下がる
話していても悲しそうに俯いたりする
あんなに真っ黒で、肌がつやつやしていて、髪も艶があってきれいで、
筋肉もきれいについていて、声もハリがあって、犬をかわいがる爺ちゃん
会いに行くときっと変わっている
それを見るのが怖いんだろう
死には触れたくない
きっとこのまま会わずに済んだら俺は何も思わないだろう
母親が泣きまくるから、それが辛いだけだろう
曾婆ちゃんのときのように
俺にとってどちらがいいのか、俺にはまだ分からない

94 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 06:34
そうだ
生き抜いたんだ
今ごろになってそう思う
死にてぇと思ったことはねぇ
俺が死ぬ理由がねぇ
泣き寝入りで逃げるくれぇなら相手叩きのめすべきだ
それなのに
振り返るといつも
死と隣り合わせだった俺たちがいる
人生終わらせる
限りなく強い誘惑から留まらせ続けたのは
植え付けられた罪の意識だったかもしれねぇ

存在することが罪だから
生きてなきゃならねえそれが罰
俺たちは誰にそんなことを思い込まされたんだろう
ついてねぇの上等だよ
俺は今日もはいつくばってゴミのように生きてやる
ざまーみやがれ

95 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 12:56
あの集団の中で裏切ることを覚えた
チクリと裏切りの世界
暴力と弱肉の世界
どんなに叩いても
びくともしねぇ壁の中で
天井さえ見えねぇ狭い暗闇の中で
生きるってのはそうゆうことだと
命ってのは苦しみなんだと
そうやって罪のなすりあいで生きていく
それが建前じゃねえ方の常識だと思ってた

存在が罪だった
生きてることが罰だから命は苦いのだ
償いきれる命じゃねぇから罰に終りがねぇ
それだから自殺ってのは許されねえ
あがないとかゆう奴のために
それが社会の常識なんだと思ってた
人生はどこまでも痛みと苦さに満ちている

でも違う世界もあるかもしれないと
何かが叫ぶ
ささやくように叫ぶ
聞き取れないほどかすかに繰り返し叫ぶ
声を聞いた気がする

96 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 13:08
俺が俺でいることはむずい
俺が俺のまんまでいることはもっとむずい
なぜだ
どうしてだ
まわりの奴らが当然のよーに受け取り
ごく自然に身に付けてくものが
なぜ俺に許されねえ

・・・生きる手段だったとか
そうやって生き延びたんだとか
何度言い聞かせてみても
ふつふつ湧き上がってくる怒りを消せはしねえ

俺たちが俺だった日はあったか
俺たちが俺たちでいられたのはいつのことだっただろう
遠すぎて思い出すのもむずい昔
俺とお前はよく遊んだ
お前が泣き俺が怒った
俺が失敗しお前が言い訳した
俺が怒りお前がなだめ、お前が泣き俺が慰めた
あの頃別に淋しいともなんとも思わんかった
ただ世の中は恐怖ネタに満ちていて
俺たちをとりまく小さすぎる世界で
それだけが全てだった

97 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 13:41
いつからか俺はずるがしこくなり
卑怯さになれ利用することを覚え
人ってのはそうゆうもんだと理解した
自分の痛みにも人の痛みにも鈍くなっていけた
それは強くなるってことだった

98 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 13:54
傷つけるのに何のためらいがいる?
やらなきゃやられる
身を守って何が悪い
やられる前にやれ
先手打つのに何が悪い
やられたからやり返す
当然のことじゃねぇか
初めっから卑怯になりたかったわけじゃねえ
裏切りたかったわけでもねぇ
でも誰でもやってることだ
一人だけきれいなまま浮いてることなんかできたわけがねえ
そうやって
そうゆうのは
泣き虫すぎるお前をかばうためでもあったじゃねえか

それなのに
軽蔑に満ちた目で俺を見るお前
誰よりもお前が
俺を非難し嫌悪する
汚くなったと あいつらと同じだと責める
お前の方こそ卑怯だとは思わねぇのか

99 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 14:18
八方美人に笑い
とりあえず丸く収め
人の顔色うかがいまくりで
ひたすら相手にあわせまくって
本心では少しも納得してねぇ
お前の方こそ卑怯だ
そうやって表面だけの
一瞬の平和手に入れて
ニセモノの感情にとりまかれ
それで満足しろとゆうのか

俺は嫌だ
泣き寝入りはしねぇ
妥協で笑ったりしねぇ
打算で愛想振り撒いたりしねぇ
ニセモノならいらねぇ
自分の世界でくらい自分でいたい
世界押し付けられた
狭い壁の中で
俺たちはやっと生き抜いたのに
なんで外出てまで続けなきゃならねえんだ

100 : ◆/8dsJm4. :02/09/30 22:17
ヽ(´ー`)ノ ワーイ 100だー

101 : ◆Riz1rmVg :02/09/30 23:50
てめぇ!
華々しくカコイイかきこで100決めようと思ったのにコノヤロ

102 : ◆Riz1rmVg :02/10/01 04:53
不思議な気分だ
俺は強くなっていってるのか弱くなっていってるのかわからねえ
宙に浮いたまま漂ってるみてぇだが
それ程不快じゃねえ
どこにもたどり着けないまま
藁を求め続けたあの時と
似てるようでかなり違う
何が違うのかわからねえまま
身を任せてみようと思う
途中で沈んだとて俺の人生だ
元々何も持っちゃいねえ
失うモノのないゴキの身軽さを思い知れ

103 : ◆Riz1rmVg :02/10/01 05:10
ひっさびさにCDが聞ける
固まりもしねえで音が流れ続ける
忘れかけていた感覚を思い出す
随分長いこと聞くこともなかった
どうでもよくなり始めていたものたち

消え去ったかもしれなかったものが
片隅にでも残っていたことが、正直嬉しい
変わっていくのはいい
だが失くしていくのは嫌だ

104 : ◆Riz1rmVg :02/10/01 05:19
永遠の胸/ozaki

一人きりの寂しさの意味を抱きしめて暮らし続ける日々よ
見つかるだろうか 孤独を背負いながら生きていく
心汚れなき証示す道しるべが
色々な人との出合があり 心通わせて戸惑いながら
本当の自分の姿を見失いそうな時 君の中の僕だけがぼやけて見える
ありのままの姿はとてもちっぽけすぎて
心が凍りつくとき君をまた見失ってしまうから
人はただ悲しみの意味を探しだすために生まれてきたというのか
確かめたい 偽りと真実を裁くものがあるなら僕は
君の面影を強く抱えて いつしか辿り着くその答えを
心安らかに探し続けていてもいい いつまでも

受け止める術のない愛がある 消し去ることできぬ傷もある
忘れないように全ての思い出が与えてくれた
心の糧を頼りに生きることを
そこにはさまざまな正義があり 幸せ求めて歩き続けている
欲望が心をもろく崩していきそうだ
人の心の愛を信じていたいけど
人の暮らしの幸せはとてもちっぽけすぎて
誰一人心の掟を破ることなどできないから
今はただ幸せの意味を 守り続けるように君を抱きしめていたい
信じたい偽りなき愛を 与えてくれるものがあるなら
この身も心も捧げよう それが愛それが欲望
それが全てを司るものの真実なのだから

断崖の絶壁に立つように夜空を見上げる
今にも吸い込まれてゆきそうな空に叫んで見るんだ

105 : ◆Riz1rmVg :02/10/01 05:28
いっときはまりまくり
いっときどうでもよさ通り越してうざいくらいに感じたものたち
それでも
聴かないのと聴けないのは違う
俺たちはいつも
できないことの方が多すぎて
選択肢などまるでなく
ただそれしかない道を登るしかなかった
聴くこともできて初めて、聴かないでいられる
選ぶことができて初めて、意識せずにいられるようになる
初めからないことの屈辱が
初めからそれしかねえ惨めさが
誰よりも俺を見下し馬鹿にさせた
軽蔑されるよりも自分で見下げ果ててる方が痛いじゃねえか
その評価がどこから来てるのか 
考えもせずにただひたすら爆発しねえように抑えるしかなかったな
俺はあといくつの
不発弾を抱えているんだろう
数が不明なら位置も不明
安全に解体処理なんか、できるか
諸共に巻き込んで上等だ

106 : ◆/8dsJm4. :02/10/01 09:35
ヤツが帰って来た
大学が始まる
なのに帰っていきなり徹麻
一つでも落とすとまた留年なのに・・・
普段偉そうなことばっか私に言うくせにー
手のかかる子ほどかわいい

107 : ◆/8dsJm4. :02/10/01 09:46
迎えに来いって言われたら
嬉しくなるじゃん・・・・
あんたはあたしのこと好きじゃないくせに
あたしはあんたのこと好きじゃないといけないんでしょう
はっきり言って自分がこんな状態になるなんて思ってもみなかった
愛だの恋だのやっぱり私にはよくわからないけど
都合のいい女なんだろう それは分かる
でも離れたくないんだもん しょうがない あーあ

108 : ◆/8dsJm4. :02/10/01 09:52
冷静に、客観的に見れない、行動できないって
私にとってはそんなに苦痛じゃないんだけど、
長い目で考えたら、そして現状を見たら、けして良いことだとは思えない
何かが私の目を覚ましてくれるまで、私はきっとこのままだろう
今、私は覚ましてくれる何かを探そうとしていない
だから見つからない
ということは、私はこの状態が心地良いと思っているのだろう
いい加減にして欲しい
あんたしゃきっとしてた頃は何を想ってた?
何を望んでここまできた?
忘れてるんだろう 思い出せよ
こんなのに付き合ってらんないよ
いつまでやるつもりなんだ

109 : ◆Riz1rmVg :02/10/02 22:44
詩かぁ
詩ねぇ
お前は詩と意識して書いたことがあったのか?
お前が取り付かれたように吐き出す
言葉の羅列が俺は好きだったよ 本当はな
でもお前も別に詩じゃないと答えてたよな

お前が消えちまってそろそろ一年が経つ
弟を失ったような親友に去られたような深くて複雑な心境だった
つか、正直に言えば淋しくて、裏切られたような気さえしていた

お前の書く世界を
もう見ることもねえかと思ったら
ノートもスケッチブックもとても覗く気になれなかった

110 : ◆Riz1rmVg :02/10/02 23:12
不思議だ
お前俺の中にいるのか
最近頻繁に詩人ゆわれるぞコラ
絵描きたいなんざ思ったこともなかったのに
どっちかっつーとちまちまやるんは大嫌いなのによ
まるでお前の感覚の一部が俺の中で育ってくみたいだ
最近急に感覚が変わったのがわかる
つーか、いつのまにか増えた知識がある
お前のしてたことってこうゆうことかと思ったりする
もっと不思議なのは俺の手先が前より器用になったことだ
不器用の代名詞ゆわれたのにな?
細かい作業できるじゃん どうゆうわけだか
そいでも干渉と違うみたいだな
お前が本当に消えちまったのがわかる

放置してみようと思うよ
育つ気がありゃ勝手に育つだろう
前みたいに激しく嫌悪しないですみそうだ
つか、今回拒絶はやめだ
あんなに頑強に固まってた壁が一つ壊れた気がする
お前のように流れに身をまかそう
お前が俺達より柔らかかったのがわかったのがわかるかもしれねえ

111 : ◆Riz1rmVg :02/10/03 04:15
家族、親子、兄弟、絆、つながり
意味のねえ言葉の羅列
歯がゆい程に
憤りを感じさせる
虚しい言葉の羅列


解放されるのはいつだ

112 : ◆Riz1rmVg :02/10/03 10:25
台風一過!
にしちゃ昨日はぐずついた天気だったけども
今日はいい天気だ
珍しく空が青い
こんな日はやっぱ一服だろーベランダで

空に向かって煙吐き出すと雲になれる気がする
目ぇつぶって吐き出すと煙と一緒に浮いてける
神経が解放されて伸びていく
鳥の声とか風の音とか普段でんでん聞いてないんだな俺は

113 : ◆Riz1rmVg :02/10/04 02:30
感情を封印した日を覚えてる
何に対しても本気になるまいと
本心は晒すまいと誓った
周りに合わせて笑った
周りに合わせて怒った
周りに合わせて困ってみせ周りに合わせて悲しんで見せた
心の底で馬鹿にしながら。

虚しさとめんどくささが支配していた
本音を晒すことは敵を作ることだったし
感情を持つことは自分を切りつけることだった
だから、生きる手段探した
冷たさにもぬくもりにも嫌がらせにも親切にも
まるで心動かさないように硬く誓った

生きる意味も見つからないまま手段だけを探していた

114 : ◆Riz1rmVg :02/10/04 02:36
感情が戻ってきそうだ
そのままでもよかったのに。

久々の動きに
体の中が動揺していく
笑うとか泣くとかってテクニックだったってことだ
何の気なしにできることじゃねえ
浮かんでくる感情を表現できなくて持て余しちまう
表現
違うな表現じゃない
人にしてみせるのなんかどうだっていいんだ
そうじゃなくて俺の中で形になりきらなくてモヤモヤする
こんな感覚、何年ぶりだろう

115 : ◆/8dsJm4. :02/10/06 18:31
やっぱりどうしても元彼と切れられない・・・
人に誤解されやすい奴だから、そのことが悔しくて仕方がない
なんでこんなに好きなんだろう
無茶ばっかりやってやりすぎるし言い過ぎるしかわいげもないのに
処女としか付き合わないとか言われ、顔さえ良ければ誰でも良い奴なのに
女がいたら俺なんてずっと放置なのに
学校にも行かず麻雀ばっかりして留年するような奴なのに
小心者で傲慢で冷たくて別にテクがあるわけでもなく口だけの奴なのに
顔だって声だって好みじゃない
もう10ヶ月か・・・・一番長くなるかもしれない・・・・
俺はこういう関係を依存だと思ってきた
だけど依存すらさせてくれない奴だから少し違う気がする
もし俺に出来の悪い男の子がいたらこういう感じなのかもしれない

116 : ◆/8dsJm4. :02/10/06 18:40
産まれてこなかった子供を思うとき、
産まれてくる子供を思うとき、
今の関係を納得してしまう俺がいる
俺がレイプされて処女を失ったことを言うと
そんなの関係ないだろってあっさり言った男
レイプされたことよりも今まで彼氏がいたことのほうがイヤダと言った男
あんな正直な奴いない
でも俺は幸せになれるのだろうか
俺は幸せになりたいくせに選ぶのは何か違っているような気がする

早く老人になりたい

117 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/07 12:49
疲れた

118 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/09 09:26
目立たないようにすること
周りに合わせて笑うこと
怒りたい時に怒ること
ポーカフェイス保つこと
はったりかますこと
嘘をつくこと騙すこと
求められる態度を演技すること
無神経になること開き直ること
どれが一番欲しかったスキルだろう
強くなりたかった
いつか強くなってやると誓ってた
こいつら全部、完璧にできてたら俺は強くなれてたんだろうか
何かが違ってきた気がする
その何かがわからねえ
じれったさに腹が立つ

119 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/09 10:07
俺は強くなったと思う
それは現実処理能力だ
俺は空虚で世界に取り残されていた
人間の会話が理解できなかった
誰かが何かをしたときや言ったときに隣の人間が何かを返す
そのシステムが理解できず怖かった
俺の毎日は恐怖だった
人が何故怒っているのか、笑っているのか、何について話しているのか
俺が理解出来るのは勉強だけだった
国語や数学は気持ちが良かった
勉強さえ出来ればいい、俺の支えはそれだけだった

120 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/09 10:28
学校も家も辛かった
俺の居場所は登校時間だけだった

ってこれ書いたっけ・・・
何を書いたかわからんぞごるぁ
よく生きてたよ
あんな生活が何年も続いても生きていられるんだな
ゴキブリなんかより強いかもしれん
それは強さとは違うが違わないのかもしれない
でも鬱病を経験したらそれまでの苦しさはへの河童だった
逃避したり逃げたり閉じたり出来るって素晴らしいよ
俺がコワイのは鬱だけだ

121 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/10 01:14
眠れん夜過ごしたのが嘘みてえだ
寝る時に嬉しい気分でいられたことなんかまるでなかったことに気づく
なんでもないようなことが幸せだったと気づく
ロードの歌聞きながら思ってた
おまいらがなんとも思わずごく普通に持ってるもんみながら
俺がどれだけ悔しい思い味わってるか
どれだけ妬ましく苦しい気分味わうか想像されることもねえ

おまいらが軽く捨てるそれを
俺が持ってたら超大事にするだろう
おまいらが振り返りもしないそれを
俺が持ってたら俺はもっといたわるだろう
おまいらがありがたくも思わないそれを
俺がもってたら俺は神に感謝するに違いねえ

122 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/10 01:16
いつか
いつか手に入れる時を夢に見て
いつか手に入れた時のことを想像して
足掛かりさえない暗闇の中で空見上げてた
暗闇はどこまでいっても暗闇で
地べた這いつくばる身に変わりはなく
手に入らんものの大きさに
見上げることさえ飽きてしまって
何もかもどうでもよ、く欲しいとも思わなくなった
嘘だ
欲しくなくなったわけじゃない
手に入れようとするのを諦めたんだ
自分そのものを諦めた時、
同時に何もかもが諦められた気がした

123 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/10 01:24
諦めて
朽ち果てるのを待とうと決めてから
今までにねえ幸運が降ってくるのはなでだろう
あくまでも俺の思い通りにさせたくねえ
ひねくれもので根性悪な神とやらが
紛らわしいいたずらしてるとしか思えねぇ

喜んじゃいけねえ
信じちゃいけねぇ
そんなのを素直に受入れてしまったら
この先で来るだろう大どんでんがえしにどうやって立ち向かえばいい
今まで何度裏切られただろう
何度痛い目を見たら期待せずにいられるようになるだろう


124 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/10 01:30
痛い目見るたびに誓った
攻撃されるたにに誓った
次こそは自分優先でいてやる
次こそは真っ先に俺を守ってやる
何者も省みず
誰を傷つけても必ず
俺だけを守ってやると誓った
それなのにいつも一瞬の情に流されて
冷酷になりきれない俺がいる
そうやって偽善と弱さの狭間で後悔の波にもまれる

それだからまたしても
信じたくなってしまうのだ
気まぐれな優しさがどれだけ鋭利に切り裂くか
わかっていても捨てきれねえ
抑えてきた未練が大きすぎるのかもしれねえ

125 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/10 01:33
嬉しいって言葉を出すたびに
体に風穴あいてくような気がするなあ

126 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/10 20:07
荒れ模様

ところで
葉っぱ本当に嬉しかった
綺麗だ
宝物になりそう
透き通っているって感じが私はとても好きだ
私の好きなモノがあなたには分かるのかと吃驚した
ハイソコ、考えすぎだから

箱に入って攻略本まで入ってて幸せだー
なんかすごい

127 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 00:47
好きそーだと思って送ったんだぞ(w
色は俺がつけたケドナー

あれを天然の色と思ったヤシが若干1名

128 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 00:58
(-Д-) つーか切手も記念切手混じってんだけどよ
(∩∩) そのふるさと切手の中のその山で拾った葉だぞ、と

129 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 01:03
適当に煽りネタばらまいて
適当に荒らして消えるつもりだったのに
諸刃の剣と思いながらいついてしまったな
俺はいつかこのことを強烈に後悔するだろう
後悔する前に離れろと叫ぶ声を抑えてる
用心するのと臆病に暮らすのと紙一重の差が扱えねえ

130 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 11:18
パスだ
パスワードがみつからねえ
R,俺はお前のことが知りたいのに
半角全角カタカナひらがな英語英字でお前の好きそうな言葉いれまくってる
俺にはわかるはずだ
理屈からいきゃでったいにわかるはずなのに
畜生脳みそかきわけて押し入ってやりてえ!

131 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 11:25
代わりにAのノートからRのことみつけた
Aが日記書いてたなんか知らなかった

『・・・久しぶりにRがあらわれた
珍しく何も言わずに
ただ じっと 私を見てた
壁によりかかって、腕を組んで。

そうだったね。
誰にでも辛いことはある
私だけじゃ、ないね

大丈夫
まだがんばれる
私は負けない

Rの強さをみならおう
私の一部にもきっと
それはあるはずだから』

お前らそんな仲よかったか?
なんか激しく裏切られた気分だゴルア

132 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 11:37
日付がねえ
前後の日付からいきゃ2000年2月だ
その頃俺は何してた?
Aがいたか?
ガンと戦ってた頃だいなかったはずだ
いたのか?いたことになる
あの頃俺はほとんどの時間を病院と図書館とPCに向かってすごしたはずだ
バイトそっちのけになってたはずだ
どういうことだろういつのまに?
誰にも指摘されなかったってことは違和感感じさせてねえはずだ
なのに覚えてねえなんてことありうるか?気色悪い
隠しファイルってなんだ


133 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 16:39
指が動きにくいなあ
古傷がうずく季節だ
秋すっとばかして冬がくればいいのにな
寒いとぬくいの中途半端な秋は嫌いだ
寒いだけの冬になってしまえば諦めもつくとゆーのに


134 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/11 16:53
上の文章を読んで
なんだか一人推理小説を地で行ってるなーと思った
楽しめればなかなか貴重な体験だな、と無責任なことを言ってみる
しかし基盤が揺れてる感じが続くのはきついことだな
はっきりと人格が分かれている感覚は俺には多分無い

135 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 18:19
おーまーえとゆうヤシはーっ(ノ-o-)ノ ┫:・’.::
楽しめるわけねえだろがこのクソボケアホカスタコ!!
つーかHP作ってたらしいんだよな
俺がいけるのトップページからだけだ
FFFTPのパスワードわかればアップされてねえファイル残ってるかもしれねえのに
はあぁぁ〜あ
一人芝居にしか見えんだろーなどーせ


136 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/11 18:26
つーかこないだバイト先で
「おかあさん会いたいよ」とか呟いたらしくてショックだ
1度じゃなかったって言われて激しくショックだ
寝ぼけてたと誤魔化すにも限度がある
言われてみると一人でいる時でも確かに
この言葉に限らんけと時々口から勝手にでてくる
その時やってることにも考えてることにもまったく関係ない言葉が。
激しく困る。気持ち悪がられるのは何度やっても慣れることがねえ。


137 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/11 19:04
世にも奇妙な物語風だなぁ
俺は恐がりなのであれを見れたことはないが・・・
つーかコナンすら怖い俺
しかし自分が体験するとどうってことない
俺はお気楽すぎるのかなー
そこまでの体験したことがないからかな

他人が考えたパシワードなんて分かんないよな
友達や今までのハニーは皆、俺には隠し事は出来ないと言うが、
俺は当たり前のことが分かるだけだ
人が考えたことは分からない

138 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/11 19:05
パスワードね(w

139 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/12 03:11
さて、なんとか準備できたわけだが
でったい間に合わない罠
しかも速達出す気ねー俺
届ばいーんだその精神で逝ってもらおう
つーか酔った勢いで悪戯心が騒いでまった
怒らりるか?(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

140 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/13 10:30
(;´Д`)
取り憑かれたようにレスする間にチャチャ入れてすまん
俺の防衛反応と思われ
痛いからな・・・

俺は学校のあらゆることに興味を持たなかった
「意識ここにあらず、誰にも何物にも興味ない」
そういった雰囲気が分かるのだろう、俺が何か裏工作をして何かをしているとは疑われなかった
その代わり、靴や体操服や傘や机が無くなって先生が必死に探してくれても
その先生に軽蔑のまなざしを向けていた
「何必死になってんだこいつバカじゃねえの」
そういう目をいつもしていたし、実際そう思っていた
よって何をされても自業自得だと暗黙に、自他共に認めるようになっていった
未だにあの頃の俺が間違っていたとは思わない
誰も味方はいなかったけど、俺の防御反応だけでそうしたわけでもない
俺は未だにそういうところがある
そしてそういう俺が嫌いじゃない

141 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/13 10:40
もちろんだからといって疑われることが無くなったわけではない
俺が言うことは全く信じてもらえなくなった
そりゃーなー
目が浮いてて意識ここにあらず、正体のつかめないヤツで
しかも言うことがいつも違う(らしい。自分ではわからない)やつの
言うことは誰も本気で聞かないだろう
俺は俺なりに必死だったんだが、その必死さの裏に「けけ」と笑ってるやつが
いることは確かだった
そういうのって悟られるものだよな
どんなに苦しくても一秒後、一分後にも生きているという、それが永遠に続くという
苦しみ、恐怖、絶望
体がバラバラになって分解してしまえばいいのに
一秒後にはそうなっていますように
家に帰って少しだけ落ち着いた一瞬に願うことだった
それでもそんな俺を笑って「ばーか」と冷やかす俺もいた
ちと寝よう

142 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/13 10:56
父親に「殺してやる」とか「お前は俺の子だから俺が殺さなければいけない。社会の迷惑になるようなやつは俺が責任取らなければいけない」
といいながら毎日毎日殴られたり蹴られたりする子供がどれくらいいるだろう。
子供。俺は子供だったのだろうか。
あの頃から何一つ変わってない。
変わったことといえば世の中の仕組みが少し分かったことだ。
父親が包丁を取り出してきて「お前を殺して俺も死ぬ」と言ってきたあの夜。
母上、あなたは初めて「それだけは止めて」って泣いて父親にすがったね。
俺が感動したとでも思うか?
「はあ?いつもは一階に隠れるようにして震えているだけの能なしのくせに
『それだけは』ってなんやねん・・・
普段されてることはええってこと?へえ」
俺はひねくれてるか?根性がねじまがってるか?豚や馬や牛以下か?
どうしようもない馬鹿だから社会に迷惑をかけるか?存在だけでいらつくか?
お前は忘れているかもしれないが俺は覚えている。
毎日毎日言ったことは忘れても言われたことは忘れない。
お前に殺されるのだけはいやだ。
母親も同じことを言うようになって、お前らに殺される前に自分でケリをつけると
思っても当たり前のことだと思わないか?
なんで泣いた?なんで「そんなに辛かったの・・・」って言えるんだ?
信じられないよ

143 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/13 11:00
それでもお前らを恨んではいない。
お互いしょうがなかったことだ。
子供を育てるっていうのは大変なことだ。
俺のような餓鬼に振り回されて自分の一生を台無しにする。
それでもしょうがないと思える。それが親だろう。
俺は恨んでいない。お前らももう忘れたことだろう。
だからせめて、帰ってこいとだけは言わないで欲しい。
せめて俺がそっちで暮らす羽目にだけはしないで欲しい。
それだけで俺は十分なんだ。

144 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/13 14:53
ご、誤爆った(;´Д`)ハァハァ・・・

145 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/13 16:46
びっくりしたぞ(w

146 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/13 18:44
悪い

147 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/13 19:05
そうだなー
俺は悪くもないのに謝る人間で、中学になってからそんな自分が嫌で
そういう人間を嫌うようになっていった
今の俺は謝られると面倒くさいと思うのでそういう人間を観察するだけだ
癖ってなかなか抜けないよなあ
素直に謝ったり素直に許したり、それを習得するには時間がかかる
俺はまだ半分だ

148 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/14 02:03
頭が痛ぇ
ここまで激しく痛かったの初めてだ
つーか吐き気が収まりきらねぇ
もったいねぇ
せっかく珍しく買った惣菜吐いちまった
超激しく珍しく奮発したのに

149 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/14 02:10
つーかこんな夜は眠りたくねぇ
眠いが寝るのが怖いって奴だ
頭の中に脈絡もなくわけのわからん言葉が浮かぶ
映像と言葉がうずまいて浮かんでは消える
吐き気がする 車酔いしたみたいだ

タグってなんだ
<>ってなんだ
何か目に浮かんでくるそれが意味あるものかなんかわからん
クラクラする  イライラする 眠い

150 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/14 02:13
眠い 眠い 眠い!
目つぶると頭がカクってなる
激しく眠い
吐き気がする
眠りたくねぇ
ねむいーーーーー

151 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/14 02:28
(;´Д`)ハァハァ
もうだめだ
もうだめだ
もうだめだ
もうだめだ
死にたい

152 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/14 13:59
言っておく
198は俺じゃないw

153 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/14 16:20
暗号が解けたのか?
それとも仕事か?
少し心配だ

154 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/14 22:22
頭痛にはEVE A錠だ
というか、豪華だと思ったら惣菜だったのかー
俺は惣菜二日続けて食うとめまい、吐き気、頭痛で倒れるぞ
それが原因というわけじゃないだろうけど・・・良くなりますように

155 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/14 23:07
198?まだ154だぞ

暗号解けん
つーか解いても意味ねぇヨカーン
偏頭痛はたまにあることだ
たいしたことじゃねえ

156 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/14 23:19
意味わかった
ゆっとくけど俺でもねーぞ(w

つーか苦しくなる時はきれいな景色でも思い浮かべてろ
青空の写真集とか持ってねぇのか
俺は寝る

157 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 00:50
373書いてから驚れーた
なんでそんなこと知っとるんだ俺
考えるまでもねえか
つーかだったらなでわからんのだパスワード
なんだろう
ガットのウルグアイラウンドって言葉が頭に浮かぶ
それがなんなのかさっぱりわからんのに
ガットの売るぐらいあるんとって駄洒落も浮かぶ
わけがわからん
はたから見たら激しくただのデムパだ
頭が痛え

158 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 00:59
前にもこんなことあったなー
あん時はなでか意味もわからん
カンザスネブラスカ法案っつー言葉が頭に浮かび続け
気がついたら口にしとる
調べたらアメリカ開拓時代のインディアンと白人が取り交わした
インチキーな約束みてぇなもんだった
一度自分の脳みそ解剖してみたいもんだ
But!
解剖してもまるでわからん罠
はぁ疲れた

159 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:04
心配・・・心を配ること

配ったらなくなるじゃん擦り減るじゃん
なんで会ったこともねえ赤の他人の心配まで
おいそれとするのかわからねえ
余裕なのか余裕ありすぎてあり余ってんのか
得にもならん心配する気がしれねぇ
損になるわけでもないのに心配するのがわからねえ
金貸した相手倒れたら心配するの理解できるけどなー
わからんわかりたくねえ
そんな生活が当たり前で簡単な世界認めたくねえ
エイリアンだなあ相変わらず
人間になりきれる日なんて来るのかな
別に人間なりたいわけでもねえけどな

160 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/15 02:11
でも私もあなたに心配してもらったこと何回もあるよ。
だからするわけじゃないけど。
されるのは嫌いなのに人にはする俺。
でもあなたも言っていた。「大丈夫」って言葉が聞きたいんだと。

161 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:14
泣いたらやめてもらえる世界なんてどこにあるんだとか思ってたけどな
案外そういうとこにあるのかもしれんと思う
激しく別世界の常識だ
泣いたら余計殴られるもんだったけどなあ
痛がると余計攻撃されるもんだった
だからって平気な顔しすぎると激しく殴られる罠
あんまり痛くないとこで痛そうな顔しつつ泣かねえっつーのがテクだったよなあ
痛いとこで痛い顔するわけにいかんかったよなあ
涙ってここで泣けば解放される!みてえな時に出してみせるもんだったよなあ
感情となんてまるで連結してないもんだと思う
つながってねえもんなー今
わからんなあ
わからん
痛いとか苦しいとか伝えることは弱みみせることじゃねえか
弱点晒せばそこを攻撃される
痛いっていえるのは相手が触れねえネットだからだ
違う自分になれるつもりで
押しのけてた自分の奥底にわけいっていくみたいなもんだな
ネットってのは
だから諸刃の剣 やばいよなあこれは

162 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/15 02:23
>>161
おお!その通りだな。
ネットだから言え〜る
そしてヒッキーになっていく罠
リアルの自分も好きだけど体がついていかない

163 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:26
Σ(゚Д゚) 心配なんかしたっけか

「大丈夫」って言葉がききたいか
あれは俺が自分に言い聞かせてきた理屈だな
人間なんて勝手なもんだ
自分が安心したいだけだったりするもんなあ
相手安心させてやるための言葉なんか持ってねぇ
無理して大丈夫な振りすれば
安心させてやるために魂削られる
そんなのはまっぴらだ
心配してみせる方はそれでいい人きどりになれるもんでもある
人間ってのはナルシストの偽善者だ
偽善者の自己満足のために魂削ったりするもんかとは
いつ思い始めたことだったか
人間の理論人間の理屈人間の常識
そうゆう流れがチラホラ見える時俺はなんて非情になれるんだろう
掛け値なしの親切なんて信じたくないのかもしれない

164 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:35
>>140
チャチャは別に構わんぞ
つーかスレストにならずにすんで助かる
笑いネタでいい煽りネタでいい
人生笑い飛ばしてなんぼと思いつつ
笑いものにしてくれねえと自分では笑えない罠
強くなりてえなあ

165 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/15 02:37
どうかなあ。自分が人に対して優しくするとき、どう考えてしてるかなあ。
俺はネットでは八方美人だと言われるのだが、リアルで言われたことはない。
自分が親切にする場合、何パターンかあるな。
本当に相手が好きで、嫌がられてもなんか心配というか気になる場合。
この場合偽善どころか、嫌われてしまうかもしれないと思いつつやるのだから
無償といえば無償。一番負担になるかもという諸刃の剣。
次にある程度仲が良くて自分に余裕がある場合。
俺はこういう場合は話のタネにすぎないと思っている。
相手の心配事を聞き、自分のも言うことで仲が深まる効果がある。
だからといってこれに引きずられないような相手を捜すのが難しいわけだが。
次に立場上しなければいけない場合。
激しく面倒くさいがしょうがない。話を聞いてるうちにヨヨヨとなる場合もあるし、
おいおい・・・と思う場合もあるな。おいおい・・と思えばしばらく無視だ。
最後は嫌いな奴を心配するふりをする場合。
この場合心配してるように見せかけて実は笑っている。

166 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:41
心配されるのは嫌いなのに人にはする、か
俺が人にすることがあるとすれば
やっぱり偽善と自己満足かもしれねえな
つーか、今までは殆ど演技でのりきってきたんだよな

体はいつかついてける
精神ついてこさせるよりはるかに楽なはずだ
リアルの自分好きだと思えるのは凄い
俺は俺を好きだと思ったことがねえ
憎むのはやめた
まだそんなところに留まっている

毎日を笑って過ごせる奴なんか存在するんだろうか
そんな奴にリアルであったとしたら俺は惹かれるだろうか
それとも殺したくなるだろうか
自分の中の残虐さと激しさが時々目を覚ます
封じ込めたつもりの怒りや憎しみは眠ってるだけ
行き場を求めてとぐろまいてる気がする
俺は怒るべきだった
怒るべきときに怒り戦うべきだった
逃げてきたつけがたまりたまってどうしようもない

167 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/15 02:42
強くなりたいと激しく強く願っていたのは俺は昔だなあ。
自分の強さに気づけば思わなくなった。それよりも素直さが欲しい(ワラ

168 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:44
お前は自分に素直に見えるけどな
気がむくまで頑としてのってこないとこがある
それが強さともいえる
人に素直になるのと自分に素直になるのは違うらしい
人に甘えたい自分に素直になるのはまたむずかしい
自分ひとりの時自分だけに素直になるのが実は一番簡単かもな

169 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/15 02:50
ああ、俺は親と戦ったことがあるからな。
鬱病になったときだ。
電話だったけれど。(w
体中が震えまくって受話器を痛いほど握りしめていた。
声も震えまくって何言ってるか分からないと言われたが。
言ったことは「あの時の私は本当に辛かった。謝って欲しい」と。
向こうは何年も経って言われたわけだ。呆れていたなあ。
そして「俺は間違っていたかもしれないがそれしか方法を知らなかったし
一番良いと思ってやったことだ。謝らない。」と言われた。
そのあといつもの通り「本当にお前は馬鹿だな」攻撃が始まったわけだが。
あの殴り殺したくなるような声音、顔つき、よく出来るな〜と感心する。
もちろん俺はそれらも学んだ。
ところで俺は激しく絶望したが、しばらく経って諦めた。
諦観とはこういう感じかしらと思ったおれは躁病だったのだろう(w
戦うときはある日突然やってくる。

170 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/15 02:57
>気が向くまで頑としてのらない
ワラタ
俺は理想の俺でいるわけだ。
人に素直になるのと、自分に素直になるのとの違いは中学一年の時に国語の授業でやった。
何の文章だったか忘れたが、先生に当てられて「その場合の素直とは自分に対して素直ということです」
と答えたら驚いて人前で褒められたな。
そこはその文章の穴で、ドコにも指摘されていないものだったらしい。
先生が誰を指しても答えられた生徒はいなかったという話だった。
つまり、俺は常に自分しか見ていないということだろう。危ないなあ。
そろそろ寝るよ。楽しかった。

171 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 02:57
似たような戦いをしたことはある
こっちにとってどれだけ痛いことでも
まだ終わりにできず少しも過去になってかねえことでも
相手はとうの昔に忘れてる
こっちは長い間口に出すことさえむずかしく
そのことについて考えることさえむずかしく
おかげで生きるのがむずかしく
しかもそれがなんのせいなのか思いつかない
まるで自分が悪かったかのように
まるで自分の存在が汚く罪であったかのように思い込まされている
長い時間かけてようやく自分が悪かったわけでもないことに気づき
更に長い時間かけて相手が悪かったことに気づき
もっと長い時間かけて相手を責める理由と権利があったことにきづき
めちゃくちゃ長い時間の苦しみと精神力使い果たしながら要求する
要求したいのはそうたいしたことじゃねえ
謝れ
ただそれだけ
俺が悪くなかったことを認めろ
ただそれだけで別に慰謝料払えとか損害賠償しろとかじゃねえ
それなのにたったそれだけのことさえしてもらえねえ
かえってくる答えは(゚Д゚)ハァ?だ
今更何の話しをしてるのかわかりもしねえ
すんだことを持ち出すなとくる
あげく自分も一生懸命だったんだと
だから悪くないとか抜かすしまつ
一生懸命だったら何してもいいのかと
時間がたったら全て流さなきゃならねえのかといいたくなるが
流せない俺の方が異常で粘着としか認識されないらしい
加害者が加害認めることなんかありえねえ

172 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 03:01
Σ(゚Д゚) 楽しいノカ!

まぁいいや楽しいのはいいことだ
つーか寝れ
俺は多分まだ少し起きてるが気にすんな

173 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 03:18
忘却は罪だ
痛い目あわせた側が先に忘れてのーのーと生きる
許したくねえ
少なくともこっちが忘れてねえことを責めさせねえ
チョンとかゆわれる奴らが謝罪要求し続ける気持ちは理解できる
心に届く謝罪感じたことがねえんだろう
責め立てられて居心地悪げに
「そこまで辛い思いをさせたとは思わなかった」とか
「そんなつもりはまるでなかったがそうだったら悪かったと思う」とか
まるで心に届かねえ
たった今攻め立てられる自分の居心地悪さ解消するために言ってみせてるだけだ

諦めるってスキルは必要だ
未練一つ残さず諦めて忘れてしまえたらそれだけで生きてける気がする
怒るスキルよりも泣くスキルよりも笑うスキルよりも必要かもしれねえ
だからって諦めきれねえことを罪だとは思わねえ
弱さだとも粘着だともいわせねえ
こいつは自分の中で消化してく問題であって外からとやかくいわれるもんじゃねえ
俺は多分忘れてしまいはしない
忘れたくねえなかったことにはさせねえ
記憶がなくなってしまえばいいと思ったのは昔のことだ
痛い記憶と共に生きてやる
ただ痛みに慣れたらいいと思う
痛みにも傷にも平然としてられたらいい
してみせる平然じゃなく本当に平気になってしまえたらいい
そんな日が来るのか見当もつかないことではある

174 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 03:30
畜生肘が痛え
何回抜けたか数えることもできねえ
引っ張ったら抜ける
それがおもろいってんだからたまらねえ
初めて抜けたの6歳の時だったか
あの時俺が痛がらなかったらその後別に面白がりはしなかったのか
かばうと触りたくなるのは人間のサガか
しびれた足つつきたくなるようなもんか
抜け続けたおかげでほんとーに軽く抜けやがる
簡単にはまるからって痛くねえわけじゃねえ
畜生秋は嫌いだ


175 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 03:38
ところで葉っぱのメール届いたか
届いてるなら別にいいけどな

176 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 07:05
眠れんかったりするんだなこれが
どーなってんだ
バドサイクルなんか年2〜3回しかはまらねえもんなのによ
今回多すぎねぇか
畜生畜生畜生畜生いろんなこと思い出しすぎだ!!!

177 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 07:34
そういえば最近ナイフ常備してねぇな
寝る時必ず握って寝たのに枕元にさえ置いてねぇ
Σ(゚Д゚) しかもどこやったっけか!?
これは進歩なのかますますどうでもよくなってるのかどっちだ
いちお身の安全確保してからもお守りみたく持ち続けだったのに
ナイフ必要なくなったか気力が萎えたか
萎えてく気がするなあ
もう俺は戦えねえかもしれねえ
少し優しくされるだけで弱くなってく俺がいる
どうしようもねえ
埋めて隠しただけの未練の塊つつかれると無視しきれねえ
それで痛い思いするのがわかっててなついてしまう俺は馬鹿だ

178 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 07:40
何度も目覚ましてはナイフ握りなおした
かすかな気配で目が覚めた
建物の外、人が歩いて目が覚めた
外で散歩中の犬がくしゃみして目が覚めた
テントにカエルがあたって目が覚めた
隣の部屋で起き上がった奴がいて目が覚めた
俺に近づかれるとそれだけで飛び起きた
飛び起きられた方がびくりする
いちいち起きんでいいとか起きるなとかゆわれる
好きで起きてるわけじゃねえ
起こさないように足しのばされると余計に飛び起きた
どっちかっつーと物音たてまくっててくれと頼んだ
変人扱いされた

179 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 07:46
それが日常だった
思い出せる限りさかのぼってもいつもそうだった
大きくなるにつれてひどくなってった
大分たってから脳波測定された
俺には熟睡期がなかった
俺が熟睡できたと感じてる時間は普通の奴のレム睡眠に相当した
俺は何年もまったく寝てなかった
激しく納得した目が覚めるわけだ
代わりにいつでもどこでも寝れた
細切れにたったままでも眠れた
騒音の中でも寝れた その方が落ち着いた
当然だったと思う
細切れ睡眠してなきゃ体が持たねえ
俺は自分が強度の不眠症だなんて思ったこともなかった
思い出せる限り小さい頃からそれが日常だった
俺はいったい何に脅迫されていたんだろう

180 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/15 07:56
今日が特別ですかと看護婦がゆう
はいいつももっと浅いのに今日はなでか眠れましたと俺が答える
「この測定すると寝ないで下さいっていってもみんな眠っちゃうんですよねぇ」
なんとなくほっとしながら診察室入ったら話しが変わった
ぼーぜんとした顔で女の医者が
今日がよく眠れたってマジっすかぁ?
よく持ちますねぇホントですかぁ?
いつからですか?子供の頃から?そんなはずはありません
ないとか断言してんじゃねえ
確かにガキの頃からそうだった
寝る準備して寝る それは俺にとって苦痛な儀式だった


181 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/16 01:27
親に怒られるってどんな感じだったっけかな
それは他人と争うこととは違うのか
俺は怒られるっつー覚えがあんまりねえ
一方的に攻撃されるか
攻撃しあいで争うかどっちかだった

182 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/16 01:55
純粋に親に怒られる感覚なんて忘れたよ
怒られるって言葉が分かりやすいから使ってるだけだ
上の方へのレスはまた今度 葉っぱのメール届いてるよ

183 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/16 01:59
181は独り言だ
つか、俺が送ったモノで親に怒られたヤシが若干1名いたわけで(w

184 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/16 02:35
眠いんだよ確かに
つーか激しく眠いんだよ
なんなんだかなー
自分を寝かしたくねえモード突入〜だったり
微妙にバドサイクルちゃうなあ
ありがたいようなありがたくないような
わけわからんサイクル入るなあ相変わらず
自分に食わしたくねえモードとか寝かしたくねぇモードとか
つーかあれだよな
夢見が悪い
思い出したくもねえこと思い出す
それが諸悪の根源だ

185 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/18 00:18
かぎりなく遠い
むかしから
じっと
あなたは休んでいる
走る小路のまんなかで
吹く風のまんなかで
あなたは休んでいる
鳥の糞を体いっぱいにかぶって
足もとから草をぼうぼうと生やして
頭を鳥の綿毛で飾られて
あなたは休んでいる
吹く風のまんなかで
あなたは待っている
年老いた岩よ

186 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/18 00:25
「魔法としての言葉 アメリカ・インディアンの口承詩」から↑

寂しい詩だ
強いけれど寂しい
インディアン系の血の作家ってすごいんだよなー
はずれがない
しかしマイナーなのか見つけるのが難しい罠

187 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/18 00:40
どびっくりだ
インディアンが呼んでるのかな
読んでたほうの本は確信犯だったがこっちは知らなかった
全く違うコーナーにあった本なのにな
インディアン研究を気になりリストに入れることにしよう

188 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/18 00:58
えっ?俺好きだったっけか?

なんだか激しく感覚変わった気ーするなー
俺が吸収したんだかあいつが俺のっとってんだかわからん罠

189 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/19 16:12
胃が痛い胃が・・・もうやめたいバカ男バカアホほんとアホバカヤロウ・・・

190 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 02:01
つーかほんっとーにどこにいったんだ
こんな持ち物少ない部屋でなくすかあ?
誰かが隠したにちがいねえ
畜生 探し物すると必ずなくなるのだ
必要ない間ずっとそこにあるのに
必要になったとたんにどっかいくのだ
ぐれてやる

191 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/20 03:02
彼が落ち込んでいるときに私だけは彼の言いなりになると思われているのか
何を言っても「わかったな、裏切るなよ」と言われ「でも〜」と言っても「分かったな、裏切るなよ」・・・
「はい」と言うしかない私。こんな関係じゃなかったのになあ・・。私はこれでもいいけど
彼はきつくないのだろうか?そんなに非常識な人じゃないのになあ・・・・。

192 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 05:15
バッドサイクルでもねーのにこんな時間に目覚めるかな畜生
2時間半じゃねーかゴルア
熟睡したからいーけどよ
つーか熟睡したっていえるのか
もー一生夢なんか見ねえ体になりてえな

193 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 05:52
何が痛かったんだ
そもそも痛かったのかもよくわからん
そいでもチャットが原因なのか?
会話が録音されて壊れたテープみたいに何度も何度も流れている
はしゃぎすぎてしまう俺
はしゃぎすぎる俺は激しく嫌いだ
怒りを抑えられなくなるのをもてあましまくりなのに
嬉しさとかまで押さえられんなったら困る
どっかが壊れた気がする
つーか確実に壊れた
地道に築き上げてきた隙間に水がしみこんでくみたいだ
引き返しどきをまちがいたか
先に進む覚悟があるのか
引っ張り続けたのは未練だ
未練に引っ張られて進むのはありなのか
それはやっぱり破滅への道なんじゃないのか
期待と警戒はいつもワンセットだ
たまには離れて来てみる器用さがほしい

194 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 06:01
わからねーな
思い出せる限り昔までさかのぼっても俺達はいた
少なくとも二人でいたとこから記憶は始まる
その時の歳を考えれば俺達は初めから二人いたんじゃないのか
1人になれんでもいーんだよ
仲良くいきてえなあ
何が俺達を分けてしまったんだろう
俺達を作り出してしまったモノを憎むべきなのか
俺達を分けてしまったモノを憎むべきなのか
どっちかっつーと後者なんだけどな

195 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 06:10
利用することと好意受けとることとの違いがわからねえ
利用されることと好意示すこととの違いもわからねえ
親切と同情の違いがわからねえ
心配と憐れみの違いがわからねえ
お節介と優しさとの違いもわからねえ
ありがたさと怖さの違いがわからねえ
嬉しさと不安の違いがわからねえ
なんで正反対っぽいものまでが同時進行するんだ?
なんで意味がまったく違ってしまうものの区別がつかなくなるんだ?
はっきりわかってるのは
どれもこれも恐怖とか怒りと直結してるってことだけだ
それだってなんで
どこにでも直結してんのかわからねえ


196 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 06:11
いやわかるか
俺が臆病だからだ
強くなれる日なんて永遠にきそうにもねえ

197 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 06:13
すずめの声がする
こいつもいつも夜が明けてホッとする気分と
また一日が始まるのかっつーうざさと同時にもってきやがる生き物だ


198 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/20 09:06
うむ
天気が良くなってきた
夜明けはいい
暗闇から明るくなってく時の
黒から青へ青から透き通った白への変化が好きだ
なんとなく気も晴れていく錯覚の時間だ

199 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/21 16:41
いきなり寒い雨が降り出して下痢になって
まだ生理が終わって一週間なのにまた生理になって
風呂に入っていたら倒れて
座ってるだけなのに吐いて
こんなことがいつまで続くんだろう
雨は大好きなのに体は崩れる
俺の体は本当にボロイ
つかえない

200 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/21 16:51
昨日突然過去の二人を思い出して
いつもは忘れてる二人
俺にとって優しかった異性
二人とも異端児で教室では隅にいてみんなから無視されていた
俺らはよく一緒に下校した
誰も知らないだろう
確かに変人な二人だったが
俺も同じように思われていただろう
彼らは俺がいじめられていても、いや、いじめられていたからこそなのか?
優しかった
口から出る言葉は三人とも喧嘩みたいな応酬
楽しかった

201 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/21 16:56
俺の名前を夜中に叫びながら走っていったMは
母親を殴ったり、猫を殺したり、警察沙汰もあったようだった
もう一人のTは学校が終わったりさぼった時は市内を自転車で
一日中ウロウロしていた
俺らはお互い遠くに来てしまった

俺が誰にも心を開かなくなって
Mは登校拒否になり
Tは自転車でウロウロするようになり
MもTも変出者扱いされるようになっていた

202 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/21 16:59
変質者、だな

母親が彼らの噂を口にする度に
俺は「良いヤツなんだよ。。。」とつぶやくしかなかった
彼らと深い話をしたこともないし
いつも一緒にいた友達というわけでもない
友達と呼ぶには遠い
他人と呼ぶには近い

俺らはお互い助けを求めていたけど
そんなものは見えないようにくだらない話をしていた

203 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/21 17:10
父親には「お前はどうしてわざわざそう自分から墜ちていこうとするんだ」
とよく言われたものだ 呪いの言葉のように
墜ちていこうとしているのだろうか?
俺の居場所はあなたがいるところとは違うだけなんじゃないのか?
幸せな家族像を作りたかったのに俺のせいでぶちこわしだったんだろ?
俺がそう妹に言ったとき「分かってるならなんで。。」と言われたんだよ
「お姉ちゃんさえいなければ」と妹や弟に言われるときつかったよ
お前らのことはどうでもいいが兄弟はかわいそうだ
今では弟も妹も俺のことを分かってくれてるしあいつらも大人になった
墜ちていこうとする俺と微塵もそんなとこを見せない俺がいる
仕事を始めると俺は忘れてしまう
人から好かれたり性格が良かったり頼もしい俺になる
それが嫌だって思っても、しょうがないだろ?
俺は馬鹿なんだから

204 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 14:31
家族の話や昔のばかりする自分が嫌ぽ・・・
こうして激しい自己嫌悪になるのがまたやっかいだ

205 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 22:23
左手中指薬指突き指
右足親指突き指
右足首軽い捻挫
額右側たんこぶ
右手首軽い捻挫
激しく胃が痛え吐き気がする
俺はいったい何をやってんだ?

206 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 22:28
部屋の中がめちゃくちゃだ
新PCを梱包しといてよかった
つーか旧PCよく耐えてるよなー俺の使用に
ためて楽しんでたエロが全部消えてる
吐き気がする畜生
これはクビだな
元々やめ時だと思ってたから別にいいが
次のバイトを始める前からやめる理由を考えてる俺
暫く働く気がしねえ
つーかもーやめだ
疲れたな

207 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 22:32
生きるのに

と付け加えたくなった最後の一行消したり書いたりする俺
激しく馬鹿すぎて呪わしい
壁の中で暮らしたあの頃自由になりたいとはあまり思わなかった
思い返せば辛かった
暗黒の日々だ
あの頃は辛くも苦しくもなかった
今思い返すと息ができない
外に出てなんて明るいのかと錯覚した
自由な世界にも見えた
壁のなくなった今あの頃より孤独で不自由だ
あの頃は希望や未来という言葉なんか知りもしなかった
知らないものを手に入れようとも手に入らないと思い苦しむこともなかった
知りもしない世界だったからだ

208 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 22:53
呪え呪え どんどん吐き出すのも大事だ
言葉が出なくても暴れることはいくらでも出来る
あとのことはまたあとで考えればいいと思う
あなたが何をしても私はあなたのことが好きで大事だし、
そういう人が何人もいる
だからしたいようにすればいい
ここでは誰もあなたを攻撃しない

209 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 23:19
胃が痛え ワラタけどな バカだもーほんと(w 心配でたまらんのだろうなぁ

210 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 23:24
彼女もめちゃめちゃ心配してるな
このスレ知らんだろうしなんか心苦しい・・・
バカサポセン!誰も怒らないから俺が怒る!

211 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 23:26
しかも消えたらもっと心苦しいだろーが!
出てこいバカにぃ!

212 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 23:30
メッセで会話したぞ
馬鹿は風邪ひかないというのは嘘なのが証明されたのだ
つか、お前もとっとと寝れボケ

213 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 23:33
寝るわい!
でもハニーが来ないの うわーん
テツマンかなあ。。。
今日は体調悪いの知ってるから来ないかもしれない
ああ
会いたい話したい

214 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/22 23:35
愛してる。。。
会えないと思う
会うと複雑な気分になる
バカみたいだ寝よう

215 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 23:39
(´-`).。oO(バカダナァ・・・)

216 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 23:46
背中が痛い
古傷が痛む雨の日は嫌いだ
年々ひどくなる鈍痛に激しく鬱だ
傷が薄れても見分けつかなくなっても重たい痛みに思い出さされる
忘れるなといっているようだ
忘れたいわけじゃない
なかったことにはさせない意地でも
だからといって苦しみ続けたいわけじゃない
年々痛くなるのはどういうわけだ
体が衰えていくのか気力が萎えてきたのか
歳とるにつれてひどくなっていくなら俺の自由はどこにある
失明しかけた時の恐怖と麻痺しかけた時の恐怖が甦る
俺は俺が進もうとした道を諦めた
いつかそれで食ってけるかもしれなかった道
ものにならなかったかもしれねえ
それでもそこへ向かおうとした道
挫折する前に能力のあるなしを問われる前に道そのものがなくなった
悔しい

217 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/22 23:51
秋は嫌いだ
夏の突き刺すような照り付けの方がまだましだ
冬の切り裂くような冷たい風の方がまだましだ
同じ中途半端でもほっと和らぐこともない冷たさの前触れ
鳥は鳴かない 虫は這わない 風は重たく雨は冷たい
中途半端に濡れ中途半端に風に晒され
寒さに凍えて一瞬の太陽に期待して移動すればぬくもりのかけらもない
見た目の温かさに騙される

218 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 00:10
凍えさせるのは支配する時の常套手段だ
空腹で濡れ続け風に晒され続け着る服もなく裸足で立ち続ければ
寒すぎて何も考えられなくなる
建物の中に入りたいそれしか考えられない
何が正しくて何が間違っていたかなんか関係なく
どうすれば中にいれてもらえるかしか頭にはない
逆らう気力をなくす
いーや逆らうつもりなんか初めからなく
ただ従い方がわからなかっただけ
教え込まれる服従
叩き込まれる服従
押しつぶされ踏みにじられる魂
失くしたのは肉体じゃない精神でも心でもない
魂だ
魂のない抜け殻になって生きることを強制される
違うか
強制されたんじゃない
抜け殻になることを選んだ
他に選ぶ道なんかなくても
選んだことになる世界
生きているふりをしてきただけの俺達
人間のふりをしきれない俺達
何のために生き延びたのかわからなくなる
だがそれも当然だったと思える
あの頃に死と隣りあわせでいる感覚なんかまるでなかったのだ

219 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 01:03
胃が痛えな
昨日から吐きまくりだ
つーかもしかしてまたリンクしたのかぁ?(w
不思議なこともあるもんだ

それにしてもこの感覚は変だ
酒一杯でこの俺が吐くか?
空腹だったわけでもねえのになでだ
酒が飲めねえタバコが吸えねえ
体の節々が痛え イライラする

220 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 02:21
あーそーか
俺は死ぬのかもしれねーなと思ったあの時
俺はバイクで北に向かった
一度思う存分に走り回りたかったし礼文島だけはこの眼で見たかった
働きながら回るはずだった
初めの住み込み先を2週間でクビになった
稼いでから廻るはずが予定が大幅に狂ったが
後の人生のことなんかまるで考える気がしなかった
なけなしの金使い切って上等だよ
住処も寝床もいらん 食えなくなったらそのまま眠り続ければいいだけの話だ
最北端に向かうガス代と島に渡るフェリー代だけ残ればよかった
1週間を食パン一袋と水だけで過ごした
10日間を食パン一袋とマヨネーズと水だけで過ごした
失明しかかった目がどこまで持つかわからんかった
夜中に何度も痛みで目を覚ましザリザリになった目を水でぬらした
目薬を買う金がなかった 次目をあける時激痛が走るかもしれねえ
俺の角膜は9割近く傷つけられた 傷が浅かったのが拾いものだった
二度と見れんかもしれんっつー覚悟で見た景色はどれもきれいだった
波もしぶきも空も雲も鳥も牛も蛙も船も世界に繋がる俺の一部として焼きついた
俺は初めて世界をきれいだと感じた


221 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 02:40
フェリー代が出せずバイクと渡るのを断念
港にバイクを置き去りにいつ帰るって予定のないまま船にのった
遠ざかる稚内になんとなくザマーミロと思った
風に当たり続けたくて席がガラガラにもかかわらずデッキで寒さに耐えた
鼻をつきさすくらい冷たいしおの香り 頭のすぐ近くをかもめがついてくる
地元住人が口をそろえて「今年は夏が来なかった」といった年
夜はもちろん日中陽が照ってるときでさえ底抜けに寒かった
俺は途中で拾ったテントとリュック一つだけ担いで港から歩き続けた

村も道路も宿泊場も島の半分にしかねえ
反対側半分の無人の地
獣道 断崖絶壁 かすかに残る林道
俺は誰もいない断崖絶壁を目指した
車も滅多に通らない道 人とすれ違うこともない道を
荷物かついで歩き続けて辿り着いたスコトン岬
久々の晴れなのに日差しは尖って透き通っていて冷たかった
それでも青!青青青!
青なんて言葉で表していいのか
今まで見たこともない透き通った空 透明の空気 かもめの鳴き声
そして同じ色の海
透き通った青とも緑ともいえないそれはまるで
カレンダーで見る南の海と同じ色だった



222 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 02:53
意外だった
青い海なんか南の島にしかないと思ってた
ふざけた名前のスコトン岬の碑がだからどーしたとでもいうように立っている
今日晴れた奇跡を思った
昨日起きた奇跡を思いながら海を眺めていると
見る見る間に端から海の色が変わっていった
俺の目の前で海の色が左右に別れていた
半分は暗くどんよりとした海
繋がってるはずのもう半分は南の海みたいに青いまま目が離せなかった
不思議さに空を見上げると空が割れている
雲が出て半分が曇りもう半分が青空
海が空を映していた
海の色は空の色だったってことを初めて知った
誰彼構わず捕まえて教えて廻りたくなったけどもそこには俺ひとりしかいない
見渡す限り海と空と島の草 それにかもめ
辿りつけた奇跡を思った
意味もなく俺は生きているんだと思った

223 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 03:08
そうだった
俺はあの時の奇跡を思い出せる
あの時俺は死んでもおかしくなかった
外からの危険は常にあり内側の体調はズタボロに悪かった
相変わらずクズな人間をうっかり信用して危ない目にあい必死で逃げた
閑散とした人っ子一人いない山の中のキャンプ場で激しいどしゃぶり
8度超えの熱に薬もなく食料もつきかけてて失明してもおかしくなかった
そもそもどしゃぶりの中泊まる宛てもなく雨宿りするとこもなかったあの日
偶然にも出会った『ご自由にお泊り下さい』のぁゃιぃテント
そこに行き着かなかったら凍死しててもおかしくない
何かの罠か?何でも来い好きにしやがれとばかりに開き直りそこで寝込んだ
真夜中用を足しに外に出て見た空のなんてでっかかったことか
どしゃぶりの合間の数分の晴れ間は一面の満点の星だった
見たことないくらいでっかい空でっかい星一面の星
俺は死んだのかもしれないと本気で思うほどの

224 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 03:18
ここを見るまでは死ねないと思いつめたそこに行き着くまでに起きた
一度や二度じゃない奇跡を思い出せる
そこまでに見た景色とそこであった不思議を丸々思い出せる
俺は断崖絶壁の下でこの光景を魂に焼き付けておこうと思った
あの時、この感覚と光景が俺の中にある限り生きていけると思った
そこに行き着けさえしたら死んでもいいと思ってた俺は
死ぬ気になれば何でもできるってことを心から実感した
それが口先だけの言葉じゃなく俺の中で本物になった瞬間だった

あの時俺は思った
死ぬ気になれば何でもできる
いつでも死ねる覚悟があれば何とでもなる
クズだらけの世界で人間がどれほど醜悪で残酷な奴らでも
俺の中に刻まれたこの時の軌跡を消せはしない
これがある限り生きていける
あの時初めて生きてみようと思ったんだった


225 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 03:24
まぁ元から死のうとしてたわけじゃなかったのがミソなわけだけど。

忘れかけていた
でも思い出した
今日思い出したこともあの時の軌跡の一つに付け加えておこう

思い出したのは奇跡じゃねえ
軌跡だ
俺は俺に刻まれた不当で理不尽な印を忘れない
だけど俺自身が築いた軌跡をそれに消させはしない

覚えておくのだ
いいも悪いも全て
痛みも傷もあの時の海も空もみんな
俺だけのものだ

226 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 03:34
多分明日
後悔するんだろーな激しく
まーいーか
笑いたきゃ笑え
俺は俺の物になった感覚を大事にするのだ
俺にいろんな能力をくれたRのためにもな

227 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 03:35
因みににぃ二人に送った黒曜石はここで拾ったのだ
ここで拾ったいくつかの石が俺の宝だ

228 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 04:16
腹減ったな
思い出したからって痛くなくなるわけでもねえわけで
つーか痛え 秋も雨も大嫌いだ畜生

そりでもいろんな菓子を食うとき
それなりなハピーに包まれる
見たことも食ったこともねえ菓子に舞い上がったりしてみた
腹減った
酒のTシャツ着て米炊いてアサゲとのりたまごの飯を食おう

229 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 12:43
ダメだな急降下急浮上
テンション上がり下がり激しすぎてやってられねえ
帰ってくるなりここに怒涛のよーに書き込んでやろうと思った
フラバだやばかった
記憶の洪水に押し流されそうになって
殺意に満ちた記憶を書きなぐるつもりだったのに
あのスレでバカ見たとたんアホな連想して意外に救われた
このまま浮上か?に見せかけて新パソに顔文字がねえ
それだけで下がり始め
旧パソでageそれだけで急降下
こんな激しい起伏何年ぶりだ?
感情なんかもどってこない方がいい証明だ疲れた

230 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 12:49
畜生痛え痛え痛え!!!!!!!!
フラッシュバックだこのやろう!!!!!!!
なんで今頃まだ痛いんだよどちくしょーーーーーー!!!!!
完治する気がないのか?治らのか?
痛みの記憶?ふざけんな!!!!
ありもしねえ傷どーーーーーやって直すんだボケー!!!
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
飛べ!飛べよ!!!!飛ばせちくしょー飛べよバカヤロー!!!!

231 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 12:58
痛い委託ない痛いはずがない
これは記憶だただの記憶だ今じゃあい今じゃない今じゃない
いたうない痛くないいtかうないいたくない
痛いはずがないいたはずがいあいいたいはずがにあ
もう終わってるんだ終わってるんだおわってるだおわってるんだおわったるrんだいまじゃにあ
痛いはずがない痛いはずがない地帯あhつがいあいいたいはずがない
痛いはずがないんだ!!わかれよ!!
離れろhなあれろ離れるんだ葉鳴られてくれ離れてくれ頼むから!!!

232 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:00
忘れろ忘れろ忘れレオわそれれわすれろわそるえr
思い出すならお前が背負えよ!!!!
終わらせろ!終りにするんだ終われ追われおわれおわれ終わってくれ痛い
痛い痛い痛い痛いちくしょ息ができん

233 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:10
警告だ
この先を読むな

234 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:11
警告だ 引きずりこむぞ

235 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:13
お前は読むなよ














痛い目が覚めると血だらけだ
夜の間に何が起きるおか理解dきえね
指先があたるだけで痛い指がある
痛みをどうにかしたかった
俺に噛んでいたjかくはない

236 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:16
汚いから爪を噛むなといわれた
おこらrてもなんおことだかわからねえ
返事をしろとなぐあらて意味もわからずうなづいた
はっきり返事しろとなぐれててわからないままはいといった
俺の爪のちぇくがはじまった
毎日指をみせろとゆう
カンダおおぼえはにあ
なんで字部のてが痛いのなんかしるわけがない
噛むなというのにまた噛んだのかと殴られる
いうことを聞かない反抗的だとなぐられうr
どれだけ殴れても俺に噛んだ自覚はない

237 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:21
指先を噛まないようにカラシをぬられた
きずgちの上に
辛くて噛めないだろーと傷口の上にぬってテープでぐるぐるまきにされた
締め付ける痛みとしみる痛み
起きている間じゅうじんじん痛み続けた
何にも触れない何もdけいない箸がもてない布団がひけない
誰も代わりになんかsいてくれない
残すなと怒られ手が痛いのはお前のせいだ反省しろといわれ
手が使えないのなら口で食えと床に皿をおいた
手で食えないなら人間じゃないサルでもない
お前は犬だと床から食えといった
食いたくなかった吐き気がしていたそんなことまるでおかまいなしに
食べ物に感謝しろといい残さず食えといい泣きながら食い吐いたものを食えといわれた

238 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:26
絶対に噛まないようにしようと思った
いわれるままぜったいにそんなことしないでいようと思った
でも気がつけば口が辛い
朝までにはテープはずたずた
俺は布テープをかみやぶってまで指先を噛み続けてた無意識に
繰り返される拷問 なぜいうことをきかないかといわれてもわざとやってるわけじゃあい
さしで殴られる
手オだせといって手を殴る
お前らには痛みがあそうぞうできないのか

俺だって噛まないようにしたかった
とにかくいたかった
鉛筆ももてない授業にならない
まともに飯が食いたかった
とにかく痛くてたまらなかった

239 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:35
読むな











その朝主任は機嫌がわるかった
手を見せろというテープがはがれかけ血がにじんでいた
連れて来いと後ろの職員にあごをフッタ
引きずり込まれたボイラー室でいきなり殴り飛ばされ腹を蹴られた
立てといい咳き込む俺の髪をつかんで立たせひざげりをした
爪を噛むなといってるんだわからないのか?
俺はこいつがなんでこんなに怒るのかわからなかった
わかってるのか?ああ?と揺さぶり足払いをかけてくる
倒れるたびに立てと怒鳴り立つのが遅いと蹴りとばし
反抗する気かと聞かれても声も出せなかった
声の出せない俺になんだその反抗的な目はといい
お前のためなのがわからないのかとビンタし
おい、ともう1人の職員に声をかけた
ぞっとする声でそいつは俺を無理やり立たせ羽交い絞めにしt


240 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:40
絶対に読むな











羽交い絞めにされたわきが痛いほどしめつけられて俺は宙を蹴った
そんなに爪が噛みたいか?なんだこの指はといい
お前は爪なんかいらないんだろうともう1人に爪きりをとってこいといった
意味がわからないままゾッとした
俺には爪きりできるだけの爪は残ってない
もう1人が手首を掴み俺の指と指の間に自分の指をからませ
無理やりに手をひろげさせた
二度と噛めないようにしてあげよう
そこだけ妙に優しくゆっくりいった
あいつの笑った顔が目に焼きついた






この先を読むな

241 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:50
痛い書けない

242 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 13:57
息ができん痛くてかけん
キーボードが血でぬるぬるする
そんなはずがないのに
これはただの記憶だ

243 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:07
お節介なカウンセラーがAに記憶を吐き出せといった
どんな方法でもいいから辛い記憶を吐き出してしまいなさい
何かの形で外に出さない限りずっと心の中を引きずり続けるからと

簡単にいうな
簡単いいってくれるな
吐き出すのは思い出せってことだ
思い出すのはその当時にもどれってことだ
繰り返し繰り返しもどってくる記憶と痛みにわざわざ付き合えと
それでもAは語り始め
俺の反対を無視して通いそして消えた
途中で消えるくらいなら初めからやめておけとゆうのだ
後始末と押し付けられた記憶を俺にどうしろという
大人の男がニヤと笑うと恐怖が走る
髪や腕に触られるのが死ぬほど嫌いだ

244 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:10
本当に読むなよ






羽交い絞めにされ無理やり開かされた手に冷たいものがあたった
不思議と傷にあたる痛みはなかった
恐怖の方が激しく眩暈がし頭の中がガンガン鳴り響き吐き気がしていた
爪と指の肉の間に押し付けて
お前は爪なんか必要ないんだろう






読むな







人差し指中指薬指
3本目で記憶が飛んだ
思い出しても不思議に静かだ
静か過ぎて不気味で暗くて怖いくて熱い

245 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:17
冷たい水と吐き気で目を開けると3人の足が近くにあった
つま先で俺をつつきながら立てといった
眩暈がして立てず手をつくと激痛が走った
何をいってるのかよく聞こえなくて揺れる世界にボーっとしていると
胸倉を掴んでゆさぶられた
まだ反抗する気か?
とんでもなかった
初めから反抗する気なんかまったくなかったのに
激しくクビを横にふるとうわ汚ねえと手を離されしりもちをついた
俺はさっき吐いたらしかった
これ以上蹴られたくなくてクラクラしながら立ち上がりすいませんといった
お前のためにしてやったんだといわれ疑いもなくありがとうございましたといった
何にも考えられなかった

246 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:23
汚い格好のまま部屋に帰るのは許さないと言われ
防火用とかかれた白いバケツの水を頭からかぶった
いつも5杯おかれてあるうちの2杯はさっきかぶせられてたらしく
俺は残り三杯を自分でかぶった
満足したように主任が出て行きあとの二人がどうするとでもいうように顔を見合わせた
いくか
えらく軽くなにごともともなかったように一人が出て行き
1人が出て行きしなにこの部屋をきれいに掃除しておけ
バケツにちゃんと水を汲んでおけといった

247 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:30
水浸しの床のコンクリを見て途方にくれてまわりをみた
雑巾で床をふき痛い手で絞って拭いた
水道からボイラー室は遠くてバケツは重かった
できるだけきれいにしたつもりで部屋に帰って着替えた
ホッとして部屋でうとうとしているとせんせーが呼んでるからすぐに行けと叩き起こされた
同情しているような顔だったが笑ってるようにも見えた
廊下にいくとさっきの3人目が、これはどういうことだという
意味がわからず部屋は掃除しましたと答えると
これはなんだっていうんだと床に押し付けられた
ぬれたまま歩いたせいで廊下がぬれていた
すみませんと雑巾をとりにいこうとするとどこへ行くと足をかけられた
つまづいて転び雑巾とってきますと言うと
その間ここが濡れっぱなしになるだろう
誰かが滑って転んだらどうすると怒鳴られた
そいつが転んだんだってことだけはよくわかった


248 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:37
じゃあどうすればいいですかというと
自分で考えろという
雑巾を取りにいかせてもらえなくてハンカチを出して拭いた
ハンカチはすぐにびしょぬれになり水をすわなくなった
絞りにいかせてもらえそうにもなく顔をうかがうと
薄笑いを浮かべながらまだ布があるだろうといった
さっき着替えたばかりでこれが濡れるとあとの服がない
それがわかってても服で拭くしかなかった
廊下の端から端まで自分の服で雑巾がけをした
学校に来ていかなきゃならない服だった
解放されて部屋に帰ると1学年上の奴がこっそり体操服を貸してくれた
多分俺に貸したことがわかったらそれも『説教』の対象になっただろうけど
幸い苗字が同じでばれなかった
その日一日残りの時間を半そでの体操服で過ごした
10月下旬か11月の初めだった 寒かった

249 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:53
疲れた
画面が薄暗く見える
キーボードが赤く見えるのは幻だ
眠りたい
けど今寝ると夢に見るだろーな
俺はあの頃誰かを包丁かナイフで刺すべきだったんじゃないかな

250 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 14:56
229〜249を透明あぼ〜んしとけ
警告はしたぞ

251 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/23 17:38
だいじょーぶだあ BY 志村けん

252 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/23 17:51
うむ
俺が自分でアボーンした方がいいかもしれん罠
つーか痛え畜生覚えてろ

253 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 02:20
ふぅ 消耗したなー激しく
あれだな
自分でも以外すぎるが原因の一つはあのリンクかもな
そりと朝の客か
重なるときついってことかのー
つーか、自分でも驚くほどのフラバの激しに疲れきった
そして悔しい悔しすぎる
まだそんなとこにとどまているのか
まだそんなにも近くにあるのか
薄れたつもりでいたのに
俺はもう流せていけるつもりだったのに
根底から覆しやがって
悔しい
いつになったら平気な顔で煽りネタにできるだろー
2ちゃんに来始めたころひどいカルチャーショックで
それから、それに慣れた後、俺は自分を煽っていけると思ったのに
2ちゃんでなら2ちゃんだからこそ馬鹿にして捨てられるとも思ったのにな
悔しい
眠いが今日は眠れないそれがまた悔しくて腹が立つ
秋の雨は嫌いだなー
ほんとならもっときれいな季節だろーにな

254 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 11:26
そういえば怖いといえるようになった
ネットの中だけとはいえ怖いって言葉を出せるようになったのは
たいした進歩だと思っておこう
弱点をこれだけ晒し続けた後悔は山のよーに積み重なっていくけども
人が俺に手出しできない範囲と距離を測りたい
怖いものと怖くないものとを見分け切り分ける能力がほしい
みんないっしょくたにまとめて、だと世界が狭くなりすぎる
不思議なもんだ
息も詰まる窮屈な暗闇から広い世界にあこがれたのに
狭いとこにおらんと落ち着かんのだ
物理的にも精神的にも
隅へ隅へ影へ影へ移動したくなる俺がまだそこにいる

255 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 15:51
暇だ
なーーーーーーんにもすることがねぇ
バイトしまくりででーんでん時間なくて
時間ありゃ2ちゃんで遊んでみたもののー
1日2ちゃんできるとなっても嬉しくねぇ
つーかつまらねえ
つまらん
暇だ
でも働きたくねえ
疲れたなー

256 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/24 16:51
一日トイレと食事にしか動かない生活をする
それ以外何もしない 寝転がっているだけ
漫画も読まない パソコンもしない 息をしてるだけ
一週間すると日記を書き出す
日記とも呼べないようなめちゃくちゃな内容だ
二週間目には我慢できなくなって働き出す
これでいつも取り戻してたんだけどパソコン手に入れてから出来なくなった
どうしてもネットをしてしまう
でもそれだけ動けるってことか
どん底まで落ちて浮上するほうが動きやすい
真綿で首を絞められていては動けない
困ったものだ
パソ断ちは本当にしたほうがいいかもしれない

257 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/24 16:53
鬱になると動こうとしても動けなくなるのでこの療法はかなりいいのだが、

というか文章書く力もないや
また今度

258 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 16:55
送り返しちまったら一挙両得とかゆうヤシじゃねーか(w
つか、実は一挙両得の意味がわかってねえわけで

はーつまらん
することがねえ
退屈だつまらんおもろくねえ
それなのになーんもする気がしねえ
昨日かえってきてからずーーーーーーーーとパソの前で過ごしとるな
ゲームさえする気がしねえ
俺には絵もかけねえ詩もかけねえ
吐き出すもんがねえ
疲れた
疲労感だけはたっぷりだな

259 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 16:57
おかしい
俺は天気に左右されてんのか
ここの天気はもしかして最悪か
雨が嫌いだ
どんより曇ったまんましとしとふる雨はゆるせねえ
閉じ込められちまって空が見えねえ
降るなら降れ
もっと激しく降れ
叩きつけるように地面穴あける勢いで痛いくらいに降れ!

260 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 17:00
雨は嫌いだ
どしゃぶりが好きだ
洪水のよーに叩きつけてくる激しい雨が好きだ
水に意識をのせて
空と地面を旅できたのは昔の話
切り離した感覚を利用するようになったとたんに
できなくなった
もー漂うこともできん

261 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/24 17:59
鬱だ
ヤバイ鬱に入りそうだ
離れなきゃならん
そろそろ意識を切り替えるべきだ
それなのに離れんのだ
意識してるつもりもねえのに関連のHPばかりを見てしまう
目が離せなくなる
俺は今更傷をほじくりかえしてどうしようというのだ
もう平気になったと思い始めてた
人の話しを話しとして聞くことができると思っとったし
読んでもそれ系の漫画を見ても平気だと思っとた
なでだ?
わざわざ封印した記憶を引きずりだしその上に塩を塗ることに何の意味がある?
終わりにならん
少しも終わりになってかんことを自分で自分に見せ付けている
俺は馬鹿だ
諸刃の剣が切り裂くのは人との防御力だけじゃなかったな
激しく誤算だった

262 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 02:38
歴史は繰り返すって言葉が嫌いだ
どれだけ頑張っても行き着く先は同じなのか
どこへも辿り付くことなんかできないのか
超えた気がしたところへまたしても戻るのか
まるでメビウスの輪みてえにループした人生をどこまで続けるか
始め時が判らなかったせいか終わらせ時も判らねえまま
あがく事さえできずに転がっていく

263 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 03:19
見つけた
ファイルだ
嬉しい
お前の続きを生きよう

264 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 03:36
ずっとHじゃなくてRが消えたってことが不思議だった
このあいだ俺とRが似ているといわれたことも
一時期Rが俺の真似をしだしたことがあってそのせいだと思った
だけど今少しだけ納得し始めている
Rの書いたものの前半は俺とは違いすぎる
考え方からして違いすぎて俺は馬鹿にしていた
今までなでか読まないようにしていた後半を読むとRが俺になってきたように見える

俺は時々湧き上がる激しい憎しみを持て余してる
Aの憎しみは俺よりも恨みが根深い
Hにも憎しみがある 俺たちとは違った種類だけど鋭い憎しみだ
Rにはそれがないと思っていた
俺たちの中で一番穏やかで一番外の世界と離れていた
Rにも憎しみがあったってことなのか
それとも結局憎まないままでいることなんかできなかったってことなのか

265 :R 最後のノートから ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 03:44
人間なんてそう簡単に壊れるものじゃないよ
僕はまだ壊れていない
壊れてない 壊れてない 壊れていない

朝確かめるように 体に力を入れる
目をつぶったまま
手に腕につま先に、ひざにももに力を入れる
大きく息を吸って静かに吐き出す
おそるおそる目を開いて外を見る

世界が昨日と同じかわからない
だけど僕は 今日も僕だ
手のひらを見る 横を見る 首をまわす そして空を見る
大丈夫生きていける

闘ってみせるさ
僕はまだ生きている 僕はまだ誰も殺していない

戦いの中で僕は僕を裁こう
僕の中に生まれ始めた 大きな暗闇が
憎しみに変わる前に 僕は僕を許そう

僕は僕を憎んだ 僕は僕を恨んだ
僕は僕を嫌い 僕を傷つけ
僕は僕を殺そうと思った

だけど僕は僕を許そう
僕は僕を 裁きの中で無罪に位置付けよう
明日がある
明日にも明日がある

僕は僕が 生きていることを許そう

266 :R 最後のノートから ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 03:51
「憎しみとともに」

僕は憎しみに慣れようと思う
僕の中にどす黒くしみついてしまった憎しみに
居場所を与えようと思う
打ち消しても打ち消しても湧いてくる
この強い感情を 持て余すのに飽きてしまった
僕はもう認めるよ
僕はもう待たないよ
僕はもう期待しないよ

振り向いてくれなくていい
もう受入れたふりなんてしなくていい
僕は僕で許したふりするのをやめる
僕は僕で気にしてないふりをやめる

僕は憎んでいるんだ

267 :R 最後のノートから ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 03:52
僕は憎しみに慣れようと思う
僕に向けられる
僕にはどうしようもない冷たさを
僕は受入れようと思う
   諦めることによって

優しいふりなんかしなくていい
大切なふりなんかしなくていい
僕は
僕の痛みと闘う
僕は僕に向けられる
冷たさに泣きはしない

あなたを敵とみなすのはやめておく
あなたは他人だ 完全に
もはやあなたを
僕の視野の中にはおかない

僕は僕
僕の中に根付いた痛みと
僕の中で生まれる憎しみを友として生きる

もう憎むことにためらいはしない

268 :R 最後のノートから ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:00
「憎いのは誰」

憎いのは誰だ
恐ろしいのは誰だ
僕を暗闇の淵に追いやり
僕を絶壁に追いつめ
僕を終わらせようとする者は誰だ

僕が手にしたのは命
僕が欲したのは自由
僕が触れたのは風
僕には僕であり続ける権利がある

僕は逃げない
例えそれが血みどろの
不毛な戦いの始まりだとしても
例えそれが世界の常識を
敵にまわすことだとしても
僕は僕を守る
僕が僕を守るために闘うことを
誰にも邪魔させやしない

僕が手にしたのは命だ
僕は風に吹かれ雨にぬれ
大地に寝転びながら星を見る

僕が手にしたのは僕の命
僕だけのものだ

269 :R 最後のノートから ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:13
「臥薪嘗胆」

臥薪嘗胆
覚えておこう
お前たちが僕に与えた傷の全てを
覚えておこう
お前たちが僕に舐めさせた辛酸の数々を

僕は忘れない
なかったことにはさせない
雪がとけて春になっても
鳥がさえずり花が咲いても
僕は僕に刻み付けておこう
あの戦いにもならなかった日々を

今、僕は戦う
ありとあらゆるものを敵にまわして
僕を傷つける全てのものと戦う
見方を得るために媚を売りはしない
それは魂を売り渡すということ

二度と買い戻せるあてもない 魂の欠片を
いったいいくつ
ただ同然で譲り渡してきたのだろう

僕は戦う
僕が僕であるために
僕は戦う
僕自身を取り戻すために

それが生きるための
始めの第一歩だ

270 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:24
激しく不思議だ
俺たちの中に穏やかなRがいることが
俺たちを犯罪者にするのを抑えてると言ったのは誰だったか
そのRがいなくなったってどういう意味だ?
Rも憎しみに勝てなかったってことになるじゃねえか
つーかそいつの言葉信じてたわけじゃねえが
確かに似とる
俺なら使わん言葉がいくつかあるだけで考えがめちゃくちゃ近くなってる
これのほんの1ページ前と雰囲気が違いすぎるどうゆうわけだ?
俺の憎しみがこいつを殺してしまったんだろうか だとしたら鬱だ

271 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/25 04:30
憎しみじゃないだろう
全てを受け入れる、自分を愛しいと思っているんだ
それは憎しみとは少し違う
うまく言えんが。。。

272 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:34
たった1ページ前の詩

「昼下がりの公園で」

あったかいね
長閑な昼下がりの日差しの中で
ぼんやりと
たたずんで
まるで公園の一部になったみたいだ
風の子供たちが僕の毛にまとわりついて
遊んでいる

足元にスズメが一羽、また一羽
ごちそう食べるのに夢中なんだね
大丈夫、邪魔したりしないよ
もう少し公園の一部でいたいから

このままもしもとけていって
べんちと同化したら
僕の肩にも止まってくれるかい?
あったかい
あったかい長閑な気分を
わけあいたいね

273 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/25 04:37
聖人のように誰も憎まずにいられるやつはいない
悟りを開く者ですら苦しむんだ
考えたくない、見ずに考えずにいたいと願って実行しても追いつかれる
しかしそこで諦めてそれを受け入れることができたんだろう
憎んだり苦しんだりするのも必要だと
それはただの憎しみや苦しみじゃなくて、色々な美しさを知った上での覚悟みたいなものだ
うまく言えん!伝わらないかも ごめん

274 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:37
2ページ前

「風を探しに」

風を探しに行こう
空気が淀んで息ができない
風が歌わない
こんなところ
見捨てよう

待っても無駄な時ってあるんだ
風を探しに行こう

歩いて走ってつまづいて転んで
傷?
そんなもの
いつでも癒せる

でも歌わなきゃ駄目だ
風が歌わないこの地では
生きていけない

息をすることさえ許されない
淀んだ陽だまりの中で
とけてゆく
くさってゆく

風を探そう
歩けばそこに 風がある
歩こう
歌いながら歩こう

275 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:39
>>271
ん?俺には自分を愛しいなんて感情なんてねえぞ?
そうゆう風には思ったことがねえ


それにしてもたった1ページでここまで変わるかな
こいつ2重人格ちゃうかと思わず思ってしまった自分にワラタ

276 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/25 04:43
変わるよ
俺が躁病になったときはいきなりだった
1分前と全く反対になった
いきなり目の前が開けるんだ
悟りを開く瞬間てこういう感じか!と思ったものだ
269は俺には分からないがw
いきなり観念するんだ
自分がしようと思ってするんじゃない
何か分からない力が働くのだ

まいいや 寝よう 邪魔してすまそん
Rは殺されたんじゃないよ

277 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:46
>>273
ああRのことか
そうかもしれん
よくわからん
でもあいつは美しさみたいなものに敏感だった
俺はよくわかってないかもしれん
でも少し気が楽になったな

278 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 04:53
躁も病気なんか
鬱と違って楽しそうな状態だろーに
つーか269は判らんっつーことは他のは判るのか
あいつの一人言書き連ねたもんが判ったら
解説してほしいくらいだったりするわけで(w

読んでて俺にもわからんのが多い
だけど不快感はあまりねえ
くっせーと言いたくなるとこがあるくらいで
ところがAの書いた奴は似たよーなこと書いてあっても不快感でいっぱいになる
ねちっこさから来るのか毒があるからなのかわからん

それにしても指が痛い
書きすぎだな
狂ってるからな今

279 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 05:08
「負けるもんか」

負けるもんか 負けるもんか
百回でも言い聞かせよう
僕は負けない 僕は悪くない
僕は汚くも卑怯でも とるにたらない存在でもない

僕は僕だ
お前たちの基準の
お前たちの評価なんか知ったことか

僕が僕でいて
それがお前たちの合格ラインとやらに かすりもしなくても
僕は僕が評価する
お前たちに利用されるために
合格ライン目指したりするものか

お前たちは同じ服を着て流行りだと 喜んでいればいい
お前たちは同じ言葉で TVの垂れ流す奥のない笑いをとればいい

僕はしゃれた服なんかいらない
僕はきどった言葉なんか欲しくない

280 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 05:08
僕が欲しいのは真実
偽りのない真実
僕が欲しいのは事実
嘘のない事実

僕が手にするのは空
僕が手にするのは大地
僕が手にするのは海

お前たちが常識と利益の名ののもとに
どれだけ汚しつくそうとも
善意の仮面でいたわりつくそうとも
空に届きはしない
大地は穢れはしない
海は枯れることがない

僕はお前たちはいらない
忘れるな
捨てられたのは僕じゃない
僕がお前たちそ捨てたんだ!

281 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 05:11
ふぅ 俺は混乱しているな
続きを生きるんじゃねえ
俺は俺で生きてやる
それだけのことだよな

282 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/25 05:18
うん
人の人生を生きることはない
でも、見たことがあるものや感じたことがあるものを発見したときに
楽しい気分になれたらいいねえ
俺は知らないこととか言われると面白いけどねえw
相手にそのときの自分がどうだったかとかしつこく聞いて呆れられたりするのもまた楽し

283 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 06:10
つーか駄目だ足が痛え
しかも寒いぞゴルア
なんなんだ
バドサイクルでもねえのにこのガタガタさは!!!!
指が痛え指が!!
切り替えても切り替えても戻ってくるじゃねえかよちくしょー

284 : ◆bH/8dsJm4. :02/10/25 06:15
コタツ無いのかコタツはいいぞ

285 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/25 10:50
コタツはあってもコタツ布団ねえ罠
つーかあってもコタツじゃPCできねぇ

286 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 03:53
支配されてた奴とされたことのねえ奴との違いなんかなー
虚しくなってくるなあ
俺にはあの時どうしようもなかった
どうしようもなかったはずなんだ
だから、後悔することには意味がねえ
あの時にタイムスリップして戻れるとしても俺はおんなじことをする

俺は支配する側の人間がどれだけ残虐になれるか知っている
同等の生き物じゃねえ支配している相手に対しては
どこまでも残酷に冷酷になれることを知っている
蚊を殺して泣く奴はいねえだろう
虫けらほどの存在をどれだけ痛めつけたってなんとも思わねえだろう
それどころかアリの巣をわざと壊して遊んだり
カゴに閉じ込めて飼ったりするじゃねえか
支配する側にとって支配している相手なんか
飼っておもちゃにできる存在でしかねえ
自分を楽しませ自分の鬱憤を晴らせる相手でしかねえ

287 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 03:58
ただ存在することなんか許してもらえねえ
楽しませる存在でなきゃいけねえ
機嫌損ねなきゃいいってもんじゃねえ
そんなのは最低条件でさえなくて
見を呈して楽しませてくれる物でなきゃいけねえ
俺たちはおもちゃでしかなかった
俺たちはただの道具だった
毎日餌もらって散歩に連れてってもらえる犬でさえなかった
俺たちは人間じゃなかっただけでなくペットでさえなかった


痛えなあ
すんげーささいなことに触発されとるな
当分フラバが続きそうだ 参った

288 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 04:06
時々支配されてたことを責める奴がいて疲れ果てる
どうして嫌だといわなかったんだ?
どうしてやめてくれといわなかったんだ?
どうして助けを求めなかったんだ?
それを誰かに相談したことがあったのか?
だと
ふざけんじゃねえ
そんなことができてたと思う奴、脳みそ軽すぎなんだよ
知ったかぶって もし助けを求めていさえすればなんとかなったはずだ
とか抜かす奴、地獄へ落ちろ
お前らは人間がどれだけ醜悪な生き物か知らねーんだよ
表面だけ平和にのーのーと生きてきただけなんだよ
底が浅いんだよ 裏側なんか見る力もねーんだろう
同じ地獄を見て同じ辛酸を舐めて同じだけの痛い目にあってからいいやがれ!

289 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 04:15
なんで支配されてたかって?
なんでいいなりになったかって?
なんで逆らわなかったかって?
ふざけんじゃねえ
それを責めたいのは俺だよ
自分消し去ってしまいたいくらい呪ってんのは俺だよ
それを責めれるのは俺だけなんだよ
死にたいとか生易しいもんじゃねえ
自分切り裂いて叩き壊したくなるくらい激しく呪ってんのは俺自身なんだよ畜生
男に振られたくらいで死にたいとかほざく大学生
自分の底の浅さに血上らせて鼻血でもだしてろ
亭主の帰りが遅くて誰も自分わかってくれねえ辛いとかほざいてる主婦ども
いっぺん戦争孤児にでもなってみろ難民キャンプでも体験してこい
先生先生呼ばれてえらそーにいい気になってる勘違い教師ども
おまいらまとめて北朝鮮の強制労働キャンプにでも送られてこい
命が大切だなんて地獄見てからいえ!
自殺が罪だとか抜かすなら死にたくても死ねない環境体験してからいいやがれ!
人の命が平等だと?腐った平和論唱えてんじゃねえ
どいつもこいつも呪われろ呪われてしまえ!!!!!

290 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 04:27
わからん
俺は何に混乱してるんだろう
なんでこんなに情緒不安定なんだ
最近なんかあったっけか
きっかけが思い出せねえ
わからん疲れた激しく疲れてる
どうしたもんだか

暇にあかせてRのもんを漁りまくり
俺はなでかこいつの足跡を辿りたいらしい
なでだ いなくなったからか?
こいつの考えてたことがなんかヒントになるとでもゆうのか
わからん
こいつは俺たちより穏やかだった
しかも実は前向きだったらしい
なんで俺たちにはそれがかけてるんだろうな?

291 :Rスケッチブック ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 04:31
どこまで行っても暗闇
かすかな星明りさえ届かない世界の底で
夢見ることもない
暗闇に慣れていけない目は
開けているのか 閉じているのかさえ判らない

体が闇に溶けていく
輪郭を失って
暗闇に溶けた体で
立ち上がることもできない

溶けるなら曝け出してしまえ
憎しみも妬みも
恨みも悲しみも全て
曝け出して闇に溶かし
忘れてしまえ

陽は昇らない
海の底に陽は差さない
だけど魚たちはよどみなく
群れをなして生きていく

いいや
群れからはじきだされた小魚が
怯え傷つきながら
怖れためらいながら
今日の糧を探している

一人でも生きてみせる

292 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 04:35
こいつのスケッチブックは絵よりも字の方が多い(w
つーかなんでこいつは締めくくりで立ち上がっちまうんだろうな
それが俺たちにはねえのはなでだ
つーかこいつが例えば前向きで
しかも俺と混じったんだとしたらなんで俺はそっちの方に影響されない?
どっちかつーと俺の鬱とAの恨みがからみあってひでえもんだ
きっかけはなんだったかな
思い出せん おかしい こんなこと今まで一度もなかった
俺は壊れ始めてんのか?
そのうちなくなっってっちまうような焦りがある

293 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 17:31
思い出した
10月だったんだ
肝臓への転移 持ってあと三ヶ月だろうゆわれたのは。
後1年早くうちへ来い言われてたら俺は行っただろーか
せめてあと半年
半年どころか俺の決心がついてから知りたかった
行くか行かんか決心つきかねてるとこへの知らせだった
そのまま保留にするしかねーじゃんかよ
俺は知っていた
本当のことをいってくれるのを待っていた
だけど俺をだましとおすつもりなのもわかっていた
なのに何事もなかったかのよーにいい関係で行こうとするなんて許せんかった
俺は気づかねえふりをした
気づかねえふりしたまま未練がましく待ってしまった
騙せてると思ってるあっちにとって俺が行かんのは遠慮にしか見えんかっただろう
激しく都合のいい考えで激しく都合のいい扱いに腹が立つ

294 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 17:43
死んでしまったらいい人扱いになるのはなでだ
死ぬことがわかってしまったら優しくしなきゃならんのはなでだ
同情なのか そいつが苦しんでいるからなのか
残された方の未練や苦しみなんかどうでもよかったのか

俺はあんたを親切な恩人だと思ってた
死んで欲しくなかった感謝していた
だけどそのこと事が俺を騙してるんだってわかった時の
俺の苦しみを考えなかったのか
騙しとおせると本気で考えたのかどこまでも騙し続けるつもりだったのか
信じられねーよ
俺が平気だったとでも?今までなんとも思わず生きてきたとでも?
なんてご都合主義の能天気なんだよ
俺たちを捨てたあんたが他で作った形の整った家族と俺がうまくやっていけるわけないだろう
あいつらを見て俺が平気でいられると思うあんたの無神経さに腹が立つ
親子なんて血のつながりだけじゃねーよわかってんだよ
だけど愛情なんてどっち側にもかけらもなかっただろーが
お前だけが親切な他人のふりして愛情ちらつかせる
そんな卑怯なことがあるか?信じられん
あんたにはわからんだろう近づかないでくれた方がよかったって気持ちが

295 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/26 18:06
俺は本気であんたの心配をした
心から生きてて欲しかった
やせ細ってくあんたに少しでも楽になって欲しかった
バイトそっちのけでガン系サイト調べまくり
細胞増殖抑える方法探しまくった
体倒して横になることもできんなったあんたが少しでも長く家族といられるように
ベッドほしさだけに入院せずにすむようにあちこち探しまくって
電動ベッド借りてきてやった
まわりの連中はみな当然の恩返しのよーに思っていやがった
当然だと当然だと?ふざけんなよ?そもそも誰がまいた種だったんだ!

うちへ来いともう一度言った時俺は親父は二人いらんといった
あんたは淋しそうにそうかといった
なぜだ!そこまで意味深に踏み込んでなんで最後まで話しをしねえ!
俺が本気だったと思うのか
俺が本気で俺を殴り俺を放置し俺が稼げるようになったとたん寄生してくるような奴を
親父だと慕えると本気で信じたのかよ?
あんたは苦しかったかもしれん
激痛なんてもんじゃねえと医者がいった
自分の苦しさだけで手いっぱいなったんだろうよ
だけど自分の口から語る義務があったとは思わんかったのか
俺が怒ってたら言ったのか俺が遺産欲しがるとでも思ったのか
金じゃない
金なんかいらん!俺が欲しいたった一言!
なんでそれがわからんかったんだ!!!!

わからんかったはずがねえ
あんたは病気を楯に俺の善意を利用した
俺は騙されたふりをした
あんたは最後の最後まで俺を利用し尽くしたんだ
許せん何年経っても許せんあんたは俺を殺した


296 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/27 03:36
おかしいな
弱った

297 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/27 03:58
まずいな
今の状態はまずい
俺はおかしいどうかしている
困った

298 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/27 09:03
もーちーと寝たかったな
寝直しできるかな
つーか胃が痛え
昨日の効き目に味しめて飲みまくってしまいそーだな

299 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/27 17:57
うむ
激しく荒れ模様だ
どしゃぶりは好きだ
降るならこれくら激しくなきゃいけねえ
少し気が晴れてきたぞ、と

300 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/27 22:52
俺は忘れていたんだな
そいで半分くらい思い出したんだな
これは
最後まで
逝くしかねーんだろな
痛いな

301 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/27 22:54
つーか胃が痛え
飯食ったら激痛なるぞゴルア
おっかしいなー今までは食ったら治ってたのにな
胃薬意外に効き目あるんだな
昨日から飲み続けだな
もっと早く飲んでりゃよかったぞ、と

302 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/28 11:56
記憶が痛い
俺は飛ばすことができんなったらしい
人と関わることがこんなに苦しくさせることだとは思ってなかった
俺が警戒したのは俺が直接痛めつけられることで
直接裏切られることだったのに
俺はあいつを憎んでいるのか憎みたくなかったのかわからん
あいつの最後の日々だけが繰り返し浮かんでくる
俺はあいつにいいたいことが山ほどあった
だけどそれ以上に本当は言われたいことがあったみたいだ
時間が残っている間に罵倒するべきだったのかもしれん
なんで優しいフリなんかしたんだろうか
あれは俺の同情だったのか
生きていて欲しかった
それだけは変わらんのに憎しみは増した
俺は憎むために生きていて欲しかったのか
俺と深く関わることを避けたご都合主義の偽善者なんか早く忘れてしまえばいい

303 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/28 12:09
返済日が過ぎた
振込みをしないでいることに激しく罪悪感だ
間違って引き落とされんようにわざわざ口座を空にした
完全に切り捨てようとしてる自分に動揺しながらも冷めた俺がそれでいいと言う
俺が俺をまっさきに優先することになんのためらいがあるっていうんだ
俺は俺の抱える汚れた暗闇を連れたままでいることで精一杯だ
ところ構わず爆発しそうになる俺の怒りで犯罪者にならないようにするだけで一杯だ
だけどあんたら
仮にも形の上だけでも親だとゆうんなら
俺に俺から裏切らせるような真似すんじゃねえよ
裏切られることも切り捨てられることもいやってほど受けてきた俺が
人を切り捨てることが平気だと本気で思うのか
それほどあんたらには簡単なことだったのか 切り捨てるということが
これでいいんだ 俺は悪くねえ 
繰り返し叩き込んでも切りもなく湧き上がる罪悪感
理性と感情のなんてかけ離れてることだろう

304 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/29 18:03
どたまが痛え
家族か
俺はこんな歳にもなってまだ
そんなものを欲しがっているらしい
早く忘れよう

305 : ◆a6Riz1rmVg :02/10/31 01:33
忘れろ
自己暗示かけれたらいーのにな

306 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/01 02:50
それにしても疲れた
たいていバイトに行くと次を進められる
やめるとゆうと引き止められる
喜びどこなのか腹立ちどこなのかわからねえ
いつもどこでもゆわれるセリフ
「少し肩の力抜きなよ」「疲れない?」「もう少し適当にやんな」
やりてえよ
つーか俺にがんがってる自覚はねえ
力いれてる覚えもねえ
そいでも手の抜き方がわからねえ
力の抜き方がわからねえ
どれくらいが適当なのかもわからねえ
一大決心ですんげー罪悪感感じながらめちゃくちゃ手抜いてみて
そりでもまだ働きすぎゆわれてずっこける
そいじゃ他のヤシらはもっともっと手ぇ抜いてるわけだな?
信じられねーよ
その分をきっといつも俺たちみてえのが穴埋めしてる
引き止められても次の仕事すすめられても今一素直に喜べねえのは
そのせいかもしれねえ
俺はいつまでたってもどこへいっても使い捨ての便利屋だ

307 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/01 14:29
帰ってきたなー
帰ってきたー
つーかひさしぶりだー
桃鉄しよう
桃鉄するのだ
U、スーファミさんきうー

308 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 04:42
ふう。かちゅ奪還だ。
俺は閉じこもっていると力を抜きすぎ、働きだすと力を入れすぎる。
気楽にか。
自覚してないものね。
家に帰ってきてもそのままだ。続いている。
風呂に入ってたまに「あ、キモチイイ」と思えるときがある。
そして自覚する。
目も肩も頭も首も手も足も全てに力が入っていたんだと。

俺はアトピー療法で温泉に通っていたんだが、母親がこの前
「あんたは温泉に入ってるときだけ本当に幸せそうだった」と言っていた。
「実はまわりのおばさんは『あんな汚い子が入ったらうつるんじゃないかしら』
『どうしてあんな子が入っていいの??』とかスゴイ言ってたのに
あんたは気付いてなかったみたいだったわー。お母さんハラハラしてた。
それを聞くのが辛かったからお湯を買って家で温泉のお風呂にしだしたのよ」
知らねえ。
眼鏡を外すと何も見えない。見えなくなるだけじゃない。聞こえなくなる。
俺って幸せ者。

309 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 04:52
あの頃はすごかったなあ。
道を歩くと、通り過ぎる人みんなが振り返る。誇張じゃない。
指を指されたり、じーっと見てきたり、コソコソ話したり。
ジジババが一番露骨だった。
高校の頃、車で出前上げの手伝いをしてたとき、頭が禿の女の子が交差点で信号を待っていた。
帽子も被らず。
母親に聞くとそういう病気があるんだと言った。
この子も戦っているんだなあと思った。目を離すことが出来なかった。
目があった。
向こうはいつも見られているからだろう、気にしていなかった。
俺はあなたと同じなのだと叫びたかった。
普通は人が立っていても誰も気にしない。しかし俺らは目に止まる。
誰もが奇異なまなざしで見てくる。そして目が合うと逸らす。
だから誰の目も見ない。見ないように見ないように暮らす。
その子はとても強く見えただろう。顔をきっと上げ、真正面を向いていたから。
誰にも心の中は覗けない。

310 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 04:57
俺の顔が醜く変形したのは小学6年の時だった。
きっかけは今でも分からない。
朝起きたら顔中に異物が出来ていた。
隙間が無い。
イクラのブツブツやイボイボがダメだと言う奴。未だに俺はそれで傷つく。
俺の顔はそんなだった。
それらは熱を持ち、膿を持ち、腫れ上がり、眉毛や髪の生え際の毛は無くなった。

・・・続きがかけない。

311 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:07
どんなに酷いアトピーでもそんな症状は無かった。
俺は母親に色んな本を見せられた。
全身火傷したように爛れていたり、顔が紫になって丸くパンパンになっていたり。
知り合いの双子はどっちも産まれたときから重症で、外に出たことが無かった。
喋れないので、出前に言っても「あー」とか「うー」とかしか言わない。
口も目もあるのに薬でやられているのだ。
寿司を渡したらそのまま玄関で犬食いする。
もう30歳近いのに、そんなだった。
知恵遅れではない。
家に閉じこめてるのだ。閉じこめるしかないのかもしれない。学校すら行ってないのだ。
父親はおらず、母親が一階で美容院を経営していてその双子は家で虫のように暮らしていた。
そういう人は実際いくらでもいる。
出前すると色んな家がある。
家中ゴミだらけの家。片手のない耳の聞こえない小さい子供が小銭を持って来る家。
表に出てこないから知らないだけなのだ。

312 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:12
俺は顔だけなのでまだマシだった。
そう思っても現実にはマシとは言えなかった。
俺のあだ名は「幽霊」になった。
俺は産まれたときからアトピーではあったが、そんなことになったのはある日突然だった。
誰よりも俺が一番信じられなかった。
「キモイ」とか「うつるんじゃないの」とか「死ねよ」とか叫ばれても
「そりゃー俺の間の前に俺がいたら俺だってそう思うだろうな」と思っていた。
だから誰も責められないと思った。
俺はその前に好きな男子がいて、そいつに酷いことをしたばかりだった。
毎日布団に入ってそいつの家の方向に向かって祈っていた。
そんな日々だったからストレスだったのかもしれない。
が、それだけとも思えない。
これは罰なんだろうと受け止めた。
そして、
その男子が俺を虐める主役になった。

313 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:14
>「そりゃー俺の間の前に俺がいたら俺だってそう思うだろうな」と思っていた

          目の前      だ

314 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:19
男子はみんなで俺が教室に入るたび、俺が動くたび、
「幽霊がきたー!」「死ねよ!」「キモイんだよ!」「寄るなよ!」と叫んだ。
女子は元々仲が良くなかったので遠巻きに見ていた。
俺は教室に入ることが出来なくなっていった。
休み時間や給食の時間は全て廊下にいた。
窓から外を眺めていたが俺は何も見ていなかった。

母親は俺を治すために少しおかしくなっていった。
異常なほどの療法を試させた。
父親は「気合いが足らんのじゃ」と毎日俺を怒鳴っていた。

315 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:24
眠れなくなり、夜、小声で布団や毛布に顔を押しつけて数を数えるのが習慣になっていった。
それも最初は100までいけたのにだんだん数えられなくなり、ついには3までしか数えられなくなっていった。
誰にも聞こえないように「「いち、に、さん、、、、いち、、、に、、、」と言うので精一杯になっていった。
朝起きたら布団は血で真っ赤になっていった。布団の周りは俺の皮膚で真っ白。雪が積もったようだった。
もうその頃には顔だけじゃなかった。
全身が醜くなっていた。
痛い。痒い。眠れない。
俺は顔を自分で叩く癖がついた。

316 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:29
顔を叩いてる間だけは何も考えずに済む。
思いっきり両手で顔を叩く。
それを知らないうちに何時間もしているようになった。
どんどん悪化していった。
熱を持ち、膿が潰れては広がる。
目を開くことが出来ない。
もうその頃には数も数えられず、たまに生きているのか分からず怖くなり、
誰にも聞こえないように「アー・・・」とつぶやいてみるのだった。
「声が出る!俺はまだ生きている」
そして安心して、また顔を叩くのだ。

317 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:32
俺は視力がどんどん悪くなっていった。
巫女さんの婆さんには「今のままいくと目が見えなくなる」と言われた。
叩いてるのは知らないはずなのに。
それでももちろん止められなかった。

今でもやってしまう。
気付くと3時間経ってたりする。
髪を抜いたり、爪を噛んだり、顔を叩いたり。
癖って何かあると発動してしまう。

318 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:36
俺は明らかに虐められていたが、どうしようもなかった。
これは自業自得だった。
俺は酷いことをしたのだし、体がこうなったのも俺の責任でもなければ誰のせいでもない。
気持ち悪い奴がいれば誰だって不気味に思う。
拒絶するのは当たり前のことだ。
俺だってそうする。

俺は勉強が好きになっていった。
知らないことを知るのは楽しい。
授業中は教室全てに神経を張り巡らせていたが、おかげで成績はいきなり上がった。
そして、絵が描けなくなっていった。

319 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:44
中学になると、虐めはエスカレートした。
俺は一組で俺を虐めていた主犯格の男は八組で、クラスは廊下の端だったが
俺の姿が見えると広い廊下の端から叫ばれる。
「キモいんだよ!!!来るな!!」
だんだんそれは学年に広がっていった。
小学校の頃同じクラスだった奴はみんなバラバラのクラスになったから
どこのクラスの奴も俺のことを知っていた。
そのうち俺の知らない奴も俺のことを虐めるようになっていった。
机や椅子や上履きや体操服や鞄や傘が無かったり、椅子に画鋲が置いてあったり、
机に花瓶が乗ってたり、俺の書いたモノで後ろの黒板に貼ってあるものに「死ね」と書かれていたり、
俺が廊下で歩くと向こうの方の男子が「来るなよお化け!」と叫んだり、逃げられたり
何かする度に大声で笑われたり、机の前に来て「なんでそんなにキモイの?」と聞かれたり。
なのに俺のことを好きだという男がいて、そいつはヤクザの息子だったが、
噂になるだけで気の毒だった。

320 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:50
俺は目立たないように目立たないように、それしか考えてなかった。
それでも全ての動きに笑われるのだった。
中2になるとまた俺のことを好きだという男がいて、そいつとは結構喋っていたが
それを知ってからは避けた。
そのうちそいつが塾の女の子にこくられたと聞き、「付き合えよ」と言った。
もう一人一緒につるんでた奴が俺に怒っていたが、そいつは結局付き合うことにしたようだった。
俺はホッとした。
散々もう一人の奴に言われたが、結局俺らは分かり合えなかった。
俺はただ、良いヤツだったのでまっとうな人生を歩んで欲しかった。

321 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 05:59
中2の秋に、クラスに転入生が来た。女だった。
施設にこんな時期に転入生。
俺は喋りかけてみた。
その子は何も気にせず俺と話した。
あっという間に仲良くなった。
今考えても不思議だ。
向こうは俺の外見を全く気にしなかったし、俺はその子とは何か通じてると思った。
その子は少し離れた地方の暴走族の頭の女で、かなり力があった。
その子と仲良くなってから周りの奴は手を出さなくなった。
俺はそれをバカみたいだと思ったが、今考えるとその子がかばってくれてたのかもしれない。
俺らは放課後団地の裏で空き缶を灰皿にしてよく喋った。
いや、喋ってはない。どっちも無口だった。
お互いの事情はお互い知らなかった。
彼女が何故ここに来たのかも俺は後で噂で聞いたのだ。
ほとんど喋ってないのに、多くを語り、共有し、少し慰め合い、笑った。
俺は彼女に接するときだけ優しくなった。
でも彼女はみんなに優しかった。
不思議な子だった。
みんなが彼女の取り合いを密かにしていた。
なのでそんなとき、彼女に「一緒に帰ろう」と言われても、俺は「うん」と言えなかった。
二人でこっそりと帰るときだけ彼女は私のものだった。

322 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:05
何人かと一緒にいて、どんな話をしていても、俺らは話の節々で目を合わせ、
笑ったり、哀しんだりしていた。
本当に不思議だ。
彼女は俺の心が分かり、俺は彼女の心が分かるようだった。
そしてそれらはとても優しいものだった。
目を見ればお互い、どうしたいのか、どう思っているか、分かるのだった。
彼女は私に「故郷を見せたい」と言った。
「ここには何も無い」と。
彼女がそう故郷を思うと、彼女の故郷にすら嫉妬するのだった。

323 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:10
俺はもう何年もあの子と一緒にいるような気がしていた。
そしてこれからも。
だから彼女の弟が強盗をして「もしかしたら一緒に連れていかれるかもしれない」と
聞いても、何とも思わなかった。
毎日授業中に小さな手紙をやりとりしていたが、珍しくきちんとした便箋で
長々と今の状況を書かれてもピンと来なかった。
もしかしたら大変なことになってるのかもしれないけど、明日考えようと思ったのだ。
そしてその日は一緒に帰るのを断った。
彼女はいつになく粘ったが、俺はしばらく一人になりたかった。
リアルに考えられなかったので、彼女を傷つけると思ったのだった。

324 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:12
その手紙では、「連れていかれるとしたら来週の月曜日」と書いてあった。
その日は水曜日だった。
おれはそれまでには何かうまい言葉が出てくるだろうと思った。
しかし家に帰ると忘れていた。
家は家で地獄だったから。
彼女の力は学校でしか発揮されないのだった。

325 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:14
次の日には彼女はいなかった。

俺は「昨日の手紙の件で施設で揉めているんだろう」と思っていた。

その次の日も来なかった。

326 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:16
俺は同じ施設の子に聞いた。
誰も教えてくれなかった。
俺はいじめられっ子だし、普段喋らない。
それでも食い下がった。
少し気の弱い物凄く色素の薄い綺麗な男の子にしつこく聞いた。
その子はいつものように薄ら笑いしながら「一昨日連れて行かれたよ」と目を細めて言った。

327 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:22
それは水曜日、手紙をくれた日だった。

俺は腹が立った。
「月曜日って言った!月曜日って言ったじゃん!」
物凄い怒りだった。

教えてくれた男の子は相変わらず薄ら笑いしていた。
何か人を馬鹿にしたようなところがあった。
時折ふと悲しそうな顔をするけれど。
普段はその悲しそうな顔に何も言えないけれど、その時はその薄ら笑いにも腹が立った。
そして「知らなかったの?」とささやかれ、俺はその日一日中何も考えられなかった。

328 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:25
その子がいた期間は三ヶ月だった。
たった三ヶ月。
産まれて死ぬまで一緒にいるような気がしていた。
俺は
「裏切られた」
と思った。
月曜日って言った。
彼女のせいじゃないことは分かっている。もちろん。
それでも俺の怒りは彼女に向けられ、長い間消えなかった。
それは何年も続いた。

329 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:34
彼女がいなくなってから虐めは再開された。
しかし中心は今度は女になっていた。
俺を虐めていた主犯格の男はもうそれどころじゃなかったようだった。
俺が虐められなくなっていた期間にそいつと少しだけ話す機会もあった。
昔のようだと思った。
虐められる前、俺はこいつと仲が良かったんだ。
そして好きだった。
どんなに俺を虐めても俺は嫌いになれなかった。
少しだけ話して、俺はお互いが遠くに来たことを思った。
それでも、好きだった。
誰にも知られてはならなかった。
彼は物凄く荒れていて、見ててとても辛かった。
俺にどんな言葉を浴びせても、俺は彼を思うと何も言えず、ひたすら受け止めるだけだった。
もちろん向こうはそんなこと知らない。
知ってはいけない。
俺は気持ち悪い奴でいなければいけないのだ。

330 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:40
一つ年下の女の子で、仲の良かった子も俺を虐めるようになった。
その子はとても可愛い子で、とても馬鹿だった。
父親は大きい会社の重役で、母親は気の弱い人だった。
その子のお兄さんは中学で虐められ、犬小屋に火を付けて犬と一緒に自殺したのだ。
だからその子が何をしても母親は何も言わなかった。
金を盗んだり、何かを買ってこさせたり、アレ持ってこい、掃除しろ、
それが普通みたいだった。
その子はお兄さんの話は絶対にしなかった。
俺も噂で聞いただけで、良くは知らないのだが。

仲が良かった頃、一緒に家で煙草・酒・シンナー・乱交、何でもやった。
いつもゲラゲラ笑っていたが空しかった。
彼女は空虚だった。
そしていじめが再開される。


331 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:44
俺はもう何もかもどうでも良かった。
虐めが再開されても、ばかばっかりだなーとため息をつくだけ。
もう憂鬱に思わなかった。
俺は全ての関係を断ち切った。
中3になった。
覚えてない。
勉強のことしか考えてなかった。
俺は全て忘れようと、もう何もかもいらない、勉強だけ考えると決意し、実行した。

332 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:50
家でも学校でも相変わらずの生活だったはずだが、全く覚えてない。
ああそうだ。
俺は相変わらず絵は入賞し、、毎年団旗にもなって色んな人に褒められていたが
はっきり言ってクソだったので、それが分からない奴らをばかだと思っていた。
俺は小学校の3年の頃から金賞以外取ったことがない。
地域の写生大会でも。
世界子供美術展というのがあったのだが、それにまで入賞していた。
美術館にそのイベントを見に逝ったとき、世界の子供の絵が素晴らしくて見ほれていた。
変わったのは虐められるようになってからだ。
写真みたいな絵しか描けなくなった。
それでも色のセンスは俺だけのものだった。
だから入賞してたんだろう。
俺は未だに自分の絵が好きじゃない。
でも色だけは優しい。それはこの年になってようやくわかったことだが。

333 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 06:58
中3の終わり、私立の入試の前だ。
塾の帰り、いきなり思った。
「あ、そうだ。死ねばいいんだ。」
俺は面白いと思った。
それまで4年間苦しんでいたのに、全く気付かなかったんだ。
夏目漱石のこころを読んだときだって、Kをバカだと思っていた。
俺は苦しみすぎて手段というものを全く考えつかなかった。
気付いたとき、本当に「なんで気付かなかったんだろう!!」と吃驚した。
死というものが身近すぎて考えつかなかったんだろうか。
未だに分からない。
いつもいつも「いっそのこと死にたい」とか「もう気が狂っちゃえば楽になれるかなあ」とか
言っていたのに。(その度に「いや、もう狂ってるんじゃないの」と母親に言われていたが)
全く素晴らしいアイデアだ。
今の今まで気が付かなかった俺って本当に何か足りないんだなーと思った。
ま、失敗したわけだが。

334 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/02 07:02
外見なんてのはただの入れ物に過ぎんよ
それがわからんヤシはただの馬鹿だ


邪魔する気はねえ
吐き出しまくって疲れたら寝ろ
吐き出すってのも疲れることだけどな

335 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:05
死ねなかったとき、俺はなんて思っただろう。
あの死の瞬間、
不思議な体験だったなあ。
戻ってきた誰もが死ぬ瞬間のことを不思議な体験だと言うけれど、本当に不思議だった。
言葉ではうまく言えないな。

そして戻ってきたとき、俺は泣いた。
「死ねなかった!死ねなかった!!!」
俺はまだ死ぬ時じゃない。「まだだ」と厳格な何者かが言っていた。
そして「ああ、俺は生かされているんだな」と思った。
生きなければいけないわけでも、生きたいわけでもない。
きっちりと人は決まっていて、俺はまだ生きることになっているのだ。
ただの決まり事。死ぬときは誰でも決まっている。
そうはっきりと思った。

336 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:10
>>334
俺は外見が醜かったわけじゃない。
いや、醜かったんだが(w
中身もだ。
それが現れたんだよ。
俺の外見の醜さは俺の中身の醜さの表れだった。
だからそれを見透かされるんじゃないかと苦しんでたんだ。
俺の外見を見れば俺の中身の醜さも分かる。
堂々と主張している。
俺は隠したいのに。
入れ物は入れ物に過ぎないけれど、それだけじゃあない。
確実に違う。
これは俺の卑屈さじゃない。
俺は今完璧に普通の人に見えるが、未だにそう思う。
中身だけの勝負はネットだから言えるんだよ。
視覚の効果はよく知っている。

337 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:17
そして高校だ。
俺は変われると少し期待した。
何かが確実に違っていた。
まぁ、相変わらず男連中には陰で言われていたが。
俺が中学の頃虐められていたなんて誰も知らないし、誰も夢にも思わないらしかったが、
それでも俺はなんだか奇異な目で見られていたようだ。よく知らないが。
陰でのあだ名は「大将」だったらしい。
大将って・・・・普通女の子につけるか?w
自分では何が変なのか分からないが、まあそういう人だったらしい。(と言えば説明が早いようだ
そしてしばらくして、「今リハビリなんだなー」と思うようになっていった。
少しずつ人間のシステムを理解する、そのリハビリ。
俺は急激に学んだ。
学校に登校する、その様子を監獄に入っていく蟻の群れだと思いながら、
俺もその蟻の一員になって世界の大きさを考えるよりもとけ込むことを学ぼうと思ったのだ。

338 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:30
監獄に群れていく蟻のイメージは、巣にたかる蟻の真っ黒なイメージだ。
俺はそれに吐きそうになりながらも考えないようにし、システムの理解の仕方から理解しようとした。
まず、人のやりとりを観察し、自分でもしてみる。そしてどういう反応が返ってくるのか研究する。
どういったときにどういう反応をすれば正しいのか、辞書がたまっていった。
そして少しわざとずらすことで笑いを取れることも学んだ。
俺が引かれたり、時に笑われるのはこれがずれてるからだということも分かった。
それならばわざと笑いを取ることも出来る。(もちろん通じないときもあるけど)
そして大事なときには全く真剣になることも出来るようになった。
よく考えたら、俺はこういうのが上手なのだった。
中学2年の時に、10時に登校する毎日だったのだが、「非行防止作文」とかいうので、
金賞を取り、壇上で学年の前で読ませられたのだ。
それは「私はもう絶対に遅刻したり、馬鹿なことはやめようと思います。
私は大事なモノが何かということが分かりました。」というような作文だった。
ウケル。誰の目から見ても非行少女な俺が物凄い真面目な作文を書き、先生を感動させ、
学年全員の目の前で発表した。
もちろんそれからも何も生活態度は改めるつもりは無かった。
先生は次の日遅刻した俺に何か言っていた。俺は笑った。こいつらって面白いよな。
レッテルを貼り、まんまと感動して、騙されて、ショック受けて、勝手に怒って。
痛快だったなー。

339 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:41
俺が倒れるようになるのは小学2年の頃からなのだが、
それは眠れなくなったことでより拍車がかかっていった。

しかし、高校二年になると顔は綺麗に治った。
むしろ「肌が綺麗」と羨ましがられるほどだった。
もう俺を誰も変には思わない。
まー性格が変らしいから、変人扱いだったが。
そういえばなんか妙に目立つとは言われていた。
みんなが並んでいても目につくらしい。
俺の望みは目立たないように生きることなのだが、どうもうまくいかない。
何故なのか聞いても「オーラ」としか言われず、気持ち悪い。
高校生活は前書いた以外では特に無いな。
とにかくリハビリだったからなあ。
卒業前に少しあるが、書くほどの事でもないな。
まあ、普通に大学行くと思って過ごしてたよ。
大学行かない奴がいるなんて信じられなかったし、理解出来なかった。
そんな学校だったし、俺もそれが普通だと思ってた。

340 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:49
俺は高校三年の時、進学のことで父親と話していた。
俺は散々県外の国立に逝くと言っていて、認めて貰っていたはずなのだが、
冬のある日急に「金がない」と言われた。
家の目の前に国立があるのも弱かった。
そこに逝けということだった。
冗談じゃない。これ以上ここにいろと言うのか。
こんなに我慢してきたのは何のためだったか?
俺が中3から自分に言い聞かせてきたのは「大学で外に出よう。そして一人で良い精神病院に行くんだ」
ということだった。
物凄い怒りが俺を襲った。
彼は約束を破った。
中3から4年間なんとかやれてきたのは外に出られるからだったのに。
俺が死ねなかったとき、彼は言った。出て行きたいなら大人になってからだ。
いや、言わなかったかもしれない。俺が勝手に思いこんでいたのかもしれない。
それでも進学は外にすると話はついていたはずだった。
これ以上ここにいてやんわりと死んでいけと言うのだろうか。

341 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 07:56
俺は金が無くても県外の国立に行く方法はいくらでもあると思い直した。
もう何も知らない、手段を思いついたり調べることすら出来ない子供じゃない。
奨学金完備の大学や、バイトしながらの生活を調べまくった。
俺が出来そうだったのは新聞の奨学金だ。
新聞配達しながら大学に通う。生活は寮がある。給料が少しだけでる。それが生活費だ。
そしてさらに奨学金が出て、ほとんど学費がかからない。
それは将来働いて返せばいいというものだった。
俺は知らなかったし、あまり知られてないみたいだが、大手の新聞社にはそういう制度があった。
毎日、朝日、読売、さすがだ。
申し込もうとした。

342 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 08:03
そこでふと考えた。
そこまでして得たいものは何なんだろう。
ただ外に出たいだけか。
俺は勉強が好きだった。学問はもっと好きだ。
地理、民族、風俗史、生物、化学、アラビア語、古典、数式、解剖、
知りたいのは一個のものじゃない。
行きたいとこはどこにでも進めるだけの学力はあったが、どこにも決められなかった。

そこで極論に行くのが俺の悪いとこでもあり良いとこでもある。

343 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 08:08
「じゃ専門学校にしよう。」
はっきり言って、専門学校って役に立たない。
職人なら誰でも知っている。俺ですら知っている。
それは医療関係や看護婦などの特別なものを除き、定説だ。
専門なんかに通って知識だけ身につけた人間よりも、
無でその世界に飛び込んで体で覚えた人間の方がはるかに役に立つし、強い。
しかし俺は外に出たいだけだ。
専門は高いから一年、いや半年で止めよう。
とりあえず父親を説得できればいい。


344 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 08:19
父親は意外に早く折れた。
まずネックになるであろうと思われた金のことは、2年間だから、と誤魔化した。
そして出させてくれなければ水商売でも浮浪者にでもなって音信不通になる、と脅した。
俺はやりかねないので、というか反対されたらやる気まんまんだったので、
母親が怖がって一緒に父親を説得してくれた。
決定して三者面談の時、担任に言うと、ポカーンとしていた。
意外なことに母親は私の味方だった。担任に言い返していた。彼女が。びっくりだ。
帰りの車の中で不思議に思って尋ねると彼女は言った。
「多分ね、あんたはそう言うと思っていた。小さい頃からそういう子だった。もうお母さん諦めた」
と言った。俺はなんだか嬉しくなって、母親に「二年も逝くつもりはない。一年か半年でやめるよ」と言った。
母親は「あんたの好きにすればいい。外に出るきっかけにすぎないんだから。死なれるよりはいい。」と言った。
父親も母親も高卒で、昔のことだからそれは結構普通のことなんだけど、
だからこそ父親は俺を大学に行かせたいらしかった。
弟は職人になるのは分かってたことだし、妹はそのときヘラヘラしてたし。
決まってみると、俺は申し訳ないなあと思ったが、それは金を出して貰うということに対してだった。

345 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 08:25
だから俺は出来るだけ働いて、なおかつさっさと学校は止めようと思った。
そして実行した。
生活費はいっさい貰わなかった。
専門一年の8月に働き過ぎで10k痩せて入院したのだが、それでも金は貰わなかった。
しかしそれでも学校代は出してもらってるのだし、何より今までに金がかかっている。
働き出すと、子供に金をかける親っていうのはすげーなと思う。
俺なら嫌だ。
だから出来るだけ貰いたくない。
そのあとすぐ鬱病になり戦ったわけだが、俺は今でも専門に逝かせてくれたことを感謝している。
俺は恵まれている。
なんかだだっ子みたいだ。恥ずかしくなってきたなあ。

346 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 08:50
そうだ。俺は中2の時の彼女がいなくなって以来「友達は一生出来ないし、いらない」
と思っていた。
だが専門で出来た。5人も。
この5人は何があっても一生友達だろうな。
俺のバカさを笑ってくれて、呆れながらも面倒を見てくれて、真剣に話もする。
そしてネットでも何人も出来た。
不思議だ。
あの時から何が変わったというのだろう。
俺は確かにシステムを理解した。
しかし実行できないときもあるし、それを実行できないということを分かってもくれる。
それにそいつらと付き合うとき、そのシステムの発動はほとんど必要最低限だ。
俺は彼ら・彼女らと接するとき、何も変わってないような気がする。
周りが大人になったということなのかな。
分からないな。

347 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 08:56
今日書いたことは全て俺と他人との関わり合いだ。
しかも外側の部分だ。
だから全く辛くない。
読む方の気持ちは考えてない。
言いにくいことではあるが、これらのことに関して俺は全く引きずってない。
もし読んだ人が辛くなってしまったら、すまない。
俺はもうこれに関して全く辛くないのでこれで辛くさせるのは本意ではない。
長くなってしまったが、これは繰り返し繰り返し文にしていることなので言葉がそれだけあるということだ。
もしこれで辛くなってしまったらごめん。
すっきりしたあ。

348 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/02 09:43
そうそう、体が治ってびっくりしたのは、
汗が出るってことだった。
俺の体は汗が出なかったんだ。
まず足や手や背中に。
鼻の頭に汗をかいたときは、本当にびっくりした。
そして、嬉しかった。
おでこにもかくようになった。
そして眉毛も髪も生えて、腕も足も体も毛が生えた。
人間って弱いけど、強い。
再生能力や自己治癒能力がすごい。
一生無理だと思ってたんだ。
汗をかいて心から嬉しいって、びっくりだよね。
鼻の頭に少しかく汗が宝物みたいに思ったよ。

349 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/02 09:53
>>347
最後一行にワラタ

つか、俺も死にかけてから汗かくようになったな
それまで汗かいたことがなかったんだ
じっとり汗ばむってのはあっても流れるのがまったくなかった
だから初めて額から汗が流れたときすごく感動した 嬉しかった
変なことに喜ぶ自分がまたおもしろかった
脇から汗がつつーっと流れた時はこんなかきかたするもんなんかと
思わずそばにいる人間に「今脇から汗が流れた」といってまわりたくなったくらいだ
自分以外に汗かいて喜ぶアホがおるとは思わんかったな(w

因みに今は脇流れる汗はうっとーしいんだけどな
つーか暑くなくても流れる不思議な物体になった

350 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 04:56
昨日貫徹なのにまたしても眠れないわけでヤレヤレだ。
つーか物受けとったりもらったりするのが苦手な人種もいるってのは
そんなにわからんことなんだろーか。
苦手。苦手ってのは遠慮しちまうって意味じゃねえ。
本当に苦手なんだ。受け取って嬉しかったりするのが苦痛になるって意味は
わからん方が普通か。わからん方が普通ならわからんで謝ったり傷ついたり
せんでもいいじゃないか。どうせいつも俺の方が特殊だ。わかってるよ。

人付き合いは苦手だ。
深い付き合いは作らないでおこうと思いながら生きてきたのに
最近自分で決めた掟を壊しすぎだ。それで人傷つけてりゃ世話はない。
自分の中で決まった形が壊れると世間のルールに翻弄される。
俺の防御力は低い。いつも絶壁か0かの紙一重だ。
住んでいる世界が違うと思い知らされる。ことあるごとに。

351 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 05:15
お、同士よ。眠れないのか。

352 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 05:22
物をもらうのが潔癖なほど嫌なわけではない。
むしろ俺は色んな人に色んな場面で物を貰う人のようだ。
ちょっと薬局やスーパーに行って喋るだけで色んな物を貰う。
初対面ばかりだ。
初対面なら良い。浅い関係なら良い。
今回パソコンを送ってきたり送り返したりすることにどうしても納得が出来ない。
それならばよく知らない相手にデータを預けてXPを貰えばいい。
それは相手を信用してないから出来るのだ。
俺は次々と探す。
一人の人から受けとる量は決めてある。勝手に決まってるというか。
ここまでなら負担に思わないっていうところがある。
俺にもし金があれば、もし力があれば、俺はなんだって返すだろう。
二倍三倍にして返すだろう。
それが出来ないから受け取れないんだって、どうして分からないのだろう。
何かを受け取るというのは、好意であれ、悪意であれ、俺にとって大差がない。
だから少しでいい。

353 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 05:22
おす まだ起きてんのか

354 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 05:26
俺の中には俺だけの掟があって俺はそれで自分を守ってきたんだ。
その掟が人とずれまくっているとしてもそう簡単になくすことはできん。
困るのは自分でも変えたいとかもしかして変えてもいいのかと
思い始めても今更どうにもならんことだ。
変えたり変えようとすることにマイナスの感情が働いて激しくストップをかける。

355 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 05:34
何も与えず、何も求めず、隣にそっといるだけでいい。
寂しくても叫べず、俺はどうあがいても一人だし、それぞれ皆一人なのだと
そう分かっている人とだけ、俺は一緒にいられる。
そういう人の優しさだけ受けとれるし、返せる。
それは他人から見たら分からないほどの小さな関係だ。
ある子は俺に言った。「人はそれぞれ違うんだから、相手に合わせて話題や関係を柔軟に変えて付き合いなさい。」
その子のパソコンの調子が悪くて、俺はかなり情緒不安定だった。
彼は俺にも合わせているのだろう。
それでも俺らは兄弟みたいだ。実際の弟とは全く違うけど。
ああいう子を好きになっていれば私は何かが変われるのかもしれないが、
恋愛が発生しないからこそそういった付き合いが出来、俺にとって大事な関係になるのだろう。
俺には一生恋愛は無理だろう。これからも何度も異性を好きになり、付き合うだろうが
純粋な、人が交わし合う愛を持続することは出来ないだろう。
そういう生き方もあるだろう。その代わり、そういった人が持っていない関係を知っている。
これは俺が選んだ道だ。
俺は間違って産まれてきたわけでも無いし、死にたいとも思わない。
俺は俺が生きていける場所と関係を探し、そこで進むだけだ。

356 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 05:36
結局のところ結論は中々変わらん
世界が違う、の一言に尽きる
いつも同じところでつまづく
いつも同じところを繰り返し未練がましく往復してしまう
信じたさと信じたくなさが戦い警戒したさと親しくなりたさが戦って疲れ果てる

物を与えるってことと支配するってことの違いが俺にはわからん
受け取ることと支配されることの違いもわからん
モノももらったり何かしてもらったところから支配関係は生まれるんじゃないのか
一人で独立して何の借りもつくらずにいきていけたら誰にも支配されなくてすむじゃないか
それは信用してないとかってことじゃねえ
信用してない奴とかどうでもいい奴から受け取るのは逆に簡単なんだ
俺は支配されたくないだけだ
自分の守れる小さな自由を守りたいだけだ
信用してないとか迷惑だとかいうレベルの話しじゃねえ
どっちかっつーとそれで傷つかれることの方に傷つく
結局近づけば傷つけるか傷つけられるしかないってことに
今更なあたりまえなことに鬱になる自分が嫌いだな

357 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 05:42
それは信用してないとか相手が俺を支配しようとしているってこととは違う
俺が思う支配されたくないと相手がそんなつもりはないってことは同時に存在してる
相手にそんなつもりがないことははっきりわかっていても
支配される恐怖を消せるわけじゃないんだ
だから支配されたくないといって警戒する俺に信用されないといって傷つかれても困るのだ
それはほんっとーにわからん理屈なんだろーか
支配される恐怖を心底味あわないとみえん理屈なんかもしれん
みえん方がいい理屈を無理にわかってもらとうとも思わんわけで

やっぱり俺に人付き合いは難しい
俺は一人でいい
一人でいる辛さにはなれることができる
毎度人の近くによってそのぬくもりみたいのに触れてからで
そこから離れる痛さを味わったとしても なれることはできる

358 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 05:48
俺は自分が悪いと思わない。
俺は確かにシステムを理解は出来ているが、だからといって心から実践出来ない。
物をあげようとする自由もあれば、拒否する自由もある。
好意から出ていれば全て受けて貰えると思っている方が信じられない。
俺には傲慢にしか見えない。
友達ならまだいい。笑って許し合うだろう。
えっと、じゃあ友達じゃないのかという話になってしまう。
困ったな。
俺は友達と知人と他人の区別をきっちりつける。
傷つけることは嫌だがしょうがない。
どこかではっきり言わないと分かって貰えないのだろう。
俺はこれ以上関係を進めるつもりはない。
悪いが・・・。
それにそこまで気に入っていたりするのが分からない。
私が関係を進めてもいいと思うのは2ちゃんではおにーちゃん、あなただけだ。
だからといって何かを求めるわけでもないが(w
俺は冷たい。よく言われることだが、自分でもそう思う。しかししょうがない。
分かってもらえなくていい。分からないなら、傷つくなら拒絶すればいい。それでいい。

359 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 05:57
拒絶される悲しみは痛いほど知っている。
しかしだからといって受け取って何になるというのだ。
ただの苦痛でしかない。
それはお互いの苦痛になる。
それを知っているから拒絶するんだ。
それは浅い関係では発生しないことだ。
あなたが優しいのも純粋にいてもたってもいられないだけというのも分かる。
心から感謝している。
だからこそ、受け取れないということも分かって欲しい。
そういう優しさもあるのだと知って欲しい。
俺は受け取ることによって支配されるとか恐怖が芽生えるとかは無い。
ただ、しんどい。疲れるんだ。俺の許容範囲は狭い。少しで十分なんだ。

360 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 06:07
あげる、と言われることにも慣れて、
平気で受け取りたい時に受け取り受け取りたくない時に断れるようになればいいな
受け取ることも断ることも自分だけの意思と感情で、
それを通して平気でいられるようになればいい
その代わり断られることにも慣れて欲しい
受け取られることも断られることも含めてあげようとする行為のものだと
思ってもらえたらいい
自分も場合によってあげようとし、断られてもそれはそれでいいと。
どちらにしろあげようとした自由は保障され、断る自由も保障され、
それでお互いどちらを選んでも傷つかない関係でなければ先へは進めない

そうだな
俺はあげると言われることが苦痛になるのではないらしい
普段日ごろからバイト先などでも
苦痛になるのは断った時の反応と態度で
そこには『ありがたく』受けることを強要される力があって
自分を守るために断るか、そのためにその後関係が悪くなることを怖がって
相手のために受け、結局自分を壊し、それで疲れるかがいつも混じっている。

361 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 06:09
「もしも変われるなら・・」
そう思えるならやってみるのもいいかもしれないと思うよ。
ただ、俺は思わない。
だが俺は思わないだけで、おにーちゃんが思うならしてみればいいんじゃないか。
そこから何かが開けるかもしれないよ。
俺よりもおにーちゃんの方が、彼のことを分かっているし、交流もある。
俺に出来なくてもおにーちゃんには出来るかもしれない。
つまづくところは一緒だが、解決の仕方や道のりや時期はお互い違って当然だ。
やってみようかなと思えるときがチャンスなんじゃないか?
蛇足のレスすまそ。俺は勧めもしないし止めもしない。
今すぐじゃなくてもいいだろうし、時間は必要だと思うけどね。

362 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 06:12
とゆーことは実はこれはこれで俺は進んできたことになるのだ。
別に目差す先が人と同じところではないけども
以前のあげると言われることじたいに怒りを感じ傷ついた俺から
そこまでは平気に近くなってきた俺に。

まだ平気、ではない。
だけど俺は平気に近く反応できる。そこまでは。
それから先の断る、も実はできる。
できないのは欲しいと思った時に受け取ることと
むずかしいのは相手が傷つきそうなときにも断るのを押すことだ。
俺は無意識に相手にあわせて顔色をうかがう自分が激しく嫌いだ。
それだから余計に自分の気持ちは押し通したくなるのだ。
押し通せる自分を確認しているところがある。

なんだか今日は支離滅裂だ。
自分でもまとまらねえ。
ただ傷つけたいわけでなくて傷つかれると困って
それが続く関係なら俺には無理だというのだけ、チラホラと見え隠れしている。

363 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 06:20
>>361
ん?彼って誰だ?
つか、悪い今日の俺は一人語りだ。
似た議題?レスで紛らわしいが実はお前のまだ全部読んでねえ(w

ただそうだなあ
「変われるなら」と「思うか思わないか」は重要なんだ。
人に「いつかもう少し肩の力を抜いて生きられるといいね」といわれたことがあるが
それは俺が今の状態が嫌でそうなりたいと思ったらそうなれたらいいと思うことで
他の人間とうまくあわせてやっていけるためにそうなれたらいいというもんじゃないんだ。

相手に合わせて柔軟に考えや付き合い方を変えろというのも言われたことがあるが
それも俺がそいつと付き合い続けたい時にかぎって、俺がしたければそうすることで
無条件に誰とでもいつでもあわせてやっていきたいわけじゃない。
ここでは今俺にとっては切りたくない関係になりつつあって
俺は変えたい自分と変えられない自分との戦いに入っている。
それは俺にとって俺がいきたい方向が変わってそのために自分を
変えたくて考えることで相手のためのものとは少し違う。
やっぱり俺はあくまで俺が大事で優先したいわけだ。

少なくとも、みんな仲良しでいるのが一番いいとはまるで思えない。
そんなありえない偽者の平和は俺はいらないんだ。

364 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 06:24
誰だって傷つけたくないし、傷つきたくもない。
ただ、大事だと思う関係だからこそ言う。
そうじゃないと続かないから。
俺らはここで交流を終わらせたい訳じゃない。
むしろ激しく、続くことを願っている。
だからこそ、言っている。
二人は関係がどうなれば終わってしまうのか、終わらせたくなるのか、よく知っている。
俺らは悲観的で神経質かもしれない。
だが、こういう予感は当たってしまうし、当たることを回避したいから言うのだが
それによって思惑を外れ思いがけず相手を怒らせて終わってしまうこともある。
だが俺はそれもしょうがないと思う。
俺らが無理だと思う自由があるように相手にも関係を終わらせる自由がある。
俺らはいちいち立ち止まる。
時間の流れが人と違う。立ち止まり、辛抱強く待って欲しい。
しかしそれは贅沢な願いだということも知っている。
だからこれを読んでどう思うか、もう俺は考えないことにする。
あなたはあなたがしたいようにしてください。

365 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 06:30
そうなんだ
いつもひっかかり衝突する原因はこれだ
俺はいつも仲良くしてなきゃいけないとは思ってないんだ
人間は一人だ
1人1人違って当然で同じモノになることなんかできない
どれだけ強制的に同じでいることを強要されてもフリでしかない
しかも完璧じゃない
同じでなくていい、ということは争いは絶対にあるってことだ
俺はそういう争いを避けるつもりがまったくないんだ
争ってでもお互いの領分と性分ははっきりさせたい
その上で付き合える範囲での付き合いしかしたくない
それを抑えてまで付き合い続ける意味がわからないんだ
わかる気もないが

嫌なことだとわかれば悪気がなければ次にやめるだろう
どれが嫌かわからなければまたするだろう
そのつど争わなくて何がわかるというんだろう
だから俺と付き合うなら自分が痛い時に俺に痛いことされたんだと責めれる奴でないと困る
俺に責められてへこんでしまう奴も困るんだ
それは付き合いが浅かろうが深かろうが同じで俺はもうこういう生き方しかできない

俺は切りたくないなら
それをあいてにわからせる必要がある
伝わるものなのか?さっぱり自信がねえ
伝えようとすることがぎゃくにますます傷つけるわけで
そうなり続けると結局切るしかなくなるんだろう


366 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 06:35
うーん。
俺は続けたい相手だろうが何だろうが変わらないからなあ。
だから言われたんだよ。
俺は相手が誰であろうと俺のままでしかいられない。
物凄く自己中なんだよなー。
誰か好きな人のために話題を探そうとも思わない。
俺が俺のままでいて俺を受け入れてくれる人としか付き合わない。
だから激しく嫌われたりもするし、溺愛されたりもする。
物凄い子供なんだよなー。
でもしょうがないんだよなー。変わりたいとも思わない。
いつか本当に一人になってしまうんじゃないかという恐怖もあるが、
実際は俺は友達に愛されている。だからこう思えるんだろうな。
物凄い傲慢だなあ。そして我が強い。もう人生で何万回言われたことか(w
我が強いって言葉は大嫌いだ。だから言われると凹む。
でも実際そうなんだよな。そしてそんな自分が好きだ。
結局これで終わる俺。ほんと幸せ者だな。

367 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 06:41
>>366
いやーほんまに我が強い(w
つーかお前は強いんだよ
その楯はきっとガラス製だろうけどな←俺の主観ザマミロ

つーかそこらへんが俺とお前のでっかい違いなんだろうな
それはそれでいい
あわせるつもりもなければあわせろという気もしない
でも衝突することがあったとしたら多分でかくて激しいだろうな(w

俺は俺のままでいて俺を受入れてくれる人としか付き合わない。
だけど俺自身が今変わりたいと思っている。
俺は多分変わっていくだろう。良くも悪くも。影響されながら。
だから付き合える人もきっと流れていくだろうし変わっていくだろう。
最後に誰が残るかんか考えてられん。
その辺多分俺がガキなんだろうが俺は変に大人になる気なんかない。
つーか自分を大人と思ったことがねえ

でも最後2行が俺は激しく羨ましい。
俺は俺を好きだと思ったことがない。許すきになれたのもごく最近だ。


368 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 06:45
ガラスっつーか硬質ガラスかな
クリスタルとかゆう上等なとこまではいってねえかなー、と(w


じき夜が明ける
眠れん夜を何度も過ごしながら朝をまつ
俺は夜明けが嫌いじゃねえ
黒から紺 紺から藍、青、水色、ピンク、黄色に変わっていく時間が好きだ
一番好きな紺と青の時間は短い
その時間に俺は癒される
溶け込みたいというより、俺が浮いてないでいられる時間に感じられる

今日は雨だ さっきから氷が降っている
きっとその時間は来ない
このままうっすらと曇りながら朝になる
雨の日は嫌いだ

369 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 06:57
自分を好きだと始めて思ったのはいつだったかな、
そうだ。友達が出来てからだな。20歳だったかな。
俺のことを「もう、あんたは」と笑いながら優しくコツンと叩くのが癖の女がいる。
そいつにそうされて始めは戸惑った。
俺はそういう許し方を知らなかった。
そしてこいつが好きだと思った。
そいつにそうされる俺も好きだと思った。
それが最初かな。
とても可愛くておとなしそうな女だが、実は誰よりも気が強くて冷めてる女だ。
猫をかぶるのがほれぼれするほど上手で、合理的で割り切っている。
そして物凄い寂しがり屋だ。だから距離を保つのが少し難しいんだが(w
俺の親友も同居人ともまた違う奴だが、こいつの存在はでかい。
俺の過去、昨日書いたようなことを笑いながら話したら泣いた唯一の女だ。

370 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 06:59
>>368
それで安心した(w
俺はガラス製みたいな繊細さを嫌う。
俺はキラキラ光る薄いガラス製品を普通の女のように愛でられない。
壊したくなる。
そんなもろいものはいらないと思う。
硬質ガラスで良かった(w

371 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 07:02
それでも。
それでも俺は好きだよ。
多分、好きだ。
そいでこういう感覚は久しぶりすぎて戸惑いまくる。
俺は多分終わらせたくない。
嫌いだから断るのでも怒るのでもない。
つーか実は怒ってもいないが。
俺は俺がしたくなった方向転換にむけて
俺が俺に課してきた掟を破り始めている。
それは激しく諸刃の剣でその鋭さに何度もちゅうちょする。
俺は多分、自分の掟を破ることに慣れることから始めなきゃならない
なしくずしてきに破ってきたがはっきり思った
俺は俺の掟を壊そうと思い始めている

372 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 07:04
>>370
すまんのー始めから硬質ガラスのイメージで書いたんだ(w
しかも分厚い防弾だったり
でも鉄でもコンクリでもなくガラス
ガラスだな 今のイメージは。
だからどうということもないが

373 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 07:11
なんでガラスなんだ(w
透明ってことなのかな
俺は色にはうるさいが、一番好きなのは透明だ
水の透明さ
透かしてみればほんのりとわからないくらいに青い
瓶のぞきの蒼だ

374 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 07:16
>>373
好きな色としては同意だな
同意してもしょーがねえが俺も好きだ
つーか俺は藍色を水だけに溶かした色が好きだな
白とか使わず水だけで溶かした色だ
どれだけ薄くなっても好きだ
お前が透明かどうかは さ あ な ぁ あ ? (w

つーか足が痛え
いつのまにこんなにガタがきたんだか夏からこっちズタボロだ
やったことのねえ朝風呂とかに豪華に挑戦してみるかな
風呂入るとたまに体がガチガチにちじこもってたことに気づく
気づけると抜ける
心と体がつながってねえ
激しく難儀なでやっかいな体だ
今日は朝風呂デーにしてみよう

375 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 07:19
やっと腹が減って煮込みうどんを作った
肉と人参とエリンギとネギ入りだ
贅沢だな
俺は生理になると食えなくなり眠れなくなる
先々月からずっと血が止まらない
それでも排卵のあるちゃんとした生理は分かる
俺は仕事もしてない
ストレスももうないはずだ
運動しろとか生活をきちんとしろとか食えとか気の持ちようだとか
そんなことじゃあないんだよ
自分でも分からないけど・・・
まあ医者でも分からないのに俺に分かるわけ無いか・

376 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 07:25
>>374
なんなんだ(w
俺は同居人にオーラは青だと言われたことがあるな
変な奴だが人を色で見るらしい
親友(上の奴とは別の奴で俺はこいつしか親友と思ってない)と一緒にいると、
そいつは薄い紫らしいんだが、綺麗に混ざって輪郭が溶け合ってため息が出るんだとさ
しかしガラスだと言われたのは初めてだなあ
なんでだろう
全部丸見えなのかな
そういえば裸で外に出てしまって物凄く死にそうに恥ずかしい思いをするっていう夢をよく見るな

377 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 07:33
俺は夜中や夜明けに電気を点けずに風呂に入るのがめちゃくちゃ好きだ
風呂場の窓を開けると実家では月が見える
もしそういうアパートがあれば、ああ、あるだろうな、俺はそれだけでそこに住むことを決めるだろうな
静かな夜や静かな夜明けが好きだ
それは青い
俺は色は好きだが音はどうもだめらしい
テレビのコンセントが入ってるだけで頭痛がするくらいだからなー
それは音じゃないのかもしれんが。。

378 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 07:33
俺に整理とかはねえでわからんが飯くらいは食え
といって食えるもんなら食ってるだろーな
うまそーだな熱だすとうどんだったな

俺も青だと言われたことがあるが自分のは見えない
昔は人のは見えた
見える相手と見えない相手がいて
見えない相手は俺には人間に見えなかった
十人十色という言葉を習ったときその言葉を作った奴は絶対「わかる」と思った
何が「わかる」のかは今でもわからん(w
でもそいつはきっと見える奴だったに違いねえと思う

俺は人に合わせ人間のフリをしながら溶け込む努力をし続けて
そのうちどう反応すれば不信に思われないかがわかってきて
合わせるのがそう難しくなくなっていった 形だけのことだが
そうやって自分を捨てて殺し続けた結果俺は見えなくなった
スプーンを曲げたりトランプの数字をわかることもできたが今はできない
世界にはいつも「絵」と「言葉」がみちていて
俺はいつも溶け込んだそういうのを見つけ出して楽しむことができていたが
今はできない。そもそも絵がかけない。
人間になろうと努力し続けた結果、実は大きかった大事だったかもしれないものをなくした。
今ごろになって開き直り人間でなくてもいいと思い始めて
取り戻したいと思ったがまるでだめだ
俺は俺を自分で殺した
人に殺されてきた俺以上に深い部分で
馬鹿だったと思うが取り戻せないものはどうしようもない

379 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 07:46
山岸凉子が描いた牧神の午後というニジンスキー(バレエダンサー)の漫画があるんだが、
ニジンスキーを羽を持った天才だと描いてあったな。
そして我々人間は手を持つが、まれに羽をもつものがいると。
手を持つ者は羽を持たず、羽を持つ者は手を持たない。
この話少しあっちのスレでしたことがあるな。
ニジンスキーは天才だったが若くして発狂してその後の生涯を精神病院で過ごしたんだよ。
人間になりたいという気持ちは俺に強くあったが、それによって失うもののことを考えたことはなかった。
俺には羽があったという感覚も無いな。
羽を取るか腕を取るかの選択の時に腕を取ったという実感がある。
どちらを選ぶかは人それぞれだが、選べない人というのは哀れでもあり強くもあるな。

380 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 07:50
俺は、そうだな。最後の最後で前向きなんだよな。楽観的というか。
今ある物の最高形を考える。
これは持って産まれた性分だろうな。
闇が好きで闇の中でしか生きたくないがそれが性に合ってるんだろうな。
おにーちゃんは俺とは少し違って、もっと輝いてて華やかな感じがするな。
根拠も何もないが。

381 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/03 08:01
雷だー
雷鳴聞きながら風呂入るぜー
じゃ

382 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/03 08:05
まだ入ってなかったのか(w
ニジンスキーの話をしたら青空を気持ちよく飛ぶ映像が離れなくなった
気分が良い
じゃあね〜

383 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/06 02:19
寝よう
寝れるはずだ
つーか俺は明日バイトをどうする気なんだろう
どーも気分的に本格的ひっきーになりそうな予感だ

384 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/06 02:20
俺の財布の中から書いた覚えのないメモがみつかる
レシートの裏の走り書き
・・・・どー見ても詩に見えて激しく鬱だ
詩か?詩なのか?
ポエマーにはなりたくねえなあ

385 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/08 06:06
他のスレに大量長文書いてんのかー
いいなー読みたいなー
まいいか

「もうあなたのこと好きじゃないよ。でも恋愛の好きじゃなくてなんかよくわかんない好き。
だってかわいいんだもん。」
って言ったら「かわいいじゃなくてかっこいいだろ!」と怒っていたが、次の日から妙に優しい。
友達の方が良かったってことなのか。しかしそんな風にされるとまた好きになってしまう罠
もう他人扱いだから優しいのかな。それにしては構われ度が増えた。
しばらくこのままでいよう。
っていうか働け自分

386 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 07:55
書いてるのKだから多分見てもわからん
つーか眠れん!!!!!!!!!!!!!!
貴様ら黙れ!!!!!!!!!!
黙れ黙れ黙れしゃべり続けるのをやめろ!!!
止まらねんだよ文章が頭んなか湧き出し続けてひたすら強制的に小説読まされ続けてるみてだ
しかも5冊くらい違うのいpっぺんに!!!!!!
壊れてんのか?壊れてんのか俺
デムパだな
どーみてもつかれた

387 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 08:59
まだ9時前なのか
時間が立つのが異様に遅い
急に塩引くよーに静まるのもやめてくれ
つったら都合よすぎなんかな
つーかおまいら共倒れする気なんか
おかしい
俺は自分が狂っている気がしてきた

あのスレでみかけたあの文はまさか俺が書いたんじゃねえよな
いやそれよりも今までみかけたあの長文まさか俺じゃねえよな
昨日長文書いてびびった
これは俺の文章じゃねえ
俺の言葉じゃねえ
誰だ?まるで        のようだった
それじゃまるでジサクジエンだな
でも時間帯が合わない
じゃあ違うのか
疲れるよ
自分が誰なのかわからなくなる
自分がどこで何してたのかわからいかもしれん不安がある
ちゃんと共有してた頃に戻りてえなあ
も少し協力しようぜといいたいが聞く耳ないんだろうな

388 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 11:33
腹が減ったな
いつも眠くならなくなると何も食わせたくなくなるな
なんでなんだろう
空腹を感じるのに食わせたくない
食欲がないっつーのじゃない
自分の体に食わせてやりたくない
理解できねえ感覚だ
自虐のつもりはまるでねーのにな

389 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 11:38
頭に言葉が浮かんで来続ける
書き留めるまもなく消えて次々流れていく
イメージとして残ったものを捕まえるために文字にする
どこかに流したくて適当なスレに書いた
気分はKの代筆
でも他でみた        のカキコ文に似すぎていて気色が悪い
俺の自覚してねえ他のがいるなんて、いうなよ 
これ以上めんどくせえのはごめんだ
自分の思考が変わっていくのがわかる
ほらな
俺なら思考って言わなかった 考えっていったよな
こむづかしい理屈とこむづかしい単語がちゃかちゃかと浮かんできて
俺の中に浮かんでくるくせに俺が理解するのには時間がかかる
その単語に意味や残った意味不明のキーワードが何なのか探す旅にでる
俺の中にあるなら俺には理解できるべきじゃないか?
俺の中にいるなら俺の知っているもののはずじゃないか?
なんでこんな簡単なことがもつれてるんだ
クソ腹が立つ
みんなまとめて呪われてしまえ
世界丸ごと滅びればいい
雷だ

390 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 19:58
これは疑心暗鬼だ
人間が怖くなる俺の発作だ
こうなるきっかけがいつもわからねえ
わかっていてもそれはたいしたことじゃなさすぎて
なんでそれで怖くなるのかがわからねえ
相手の言葉が信じられねえ
向こうから声がかかるまで嫌われている憎まれている感覚がぬけず
声をかけられるとホっとしてそれでもその言葉が少ないと
仕方なしにいやいや、嘘で声をかけてくれたのじゃないかという気になる
はじめのいくつかのハードルを越えて近づいてきた人間にほどそうなって
それが苦しくて俺は離れるのだ
誰かを好きになればなるほどそれが恋愛感情とまったく関係がなくても
一定以上近づかれるといつも憎まれている感じに不安になって
必要以上にはしゃぎ続けてテンションが落ちると激しく落ち込む
みんなが俺を指差し馬鹿にし笑っている気がして押さえられん
これは被害妄想だ 疑心暗鬼だ
理性が怒鳴るように言い続けるのに少しも届いてきやしねえ

391 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:03
俺は友達を作らない
俺の中に踏み込んでくる人間はいらない
俺の領域を侵すものを俺は許さない
近づかれることと侵されることの違いは俺にはわからん
近づくことは相手を傷つけることでもある
俺は傷つけずにいられねえ
俺が本心になればなるほど建前や儀礼をなくせばなくすほど
いつも相手が苦しそうにする

俺が笑い俺が喜んでみせる
それで相手が笑いよかったと言う
でもそれがいつも俺の演技なことを相手は知らない
知っていてもそっちを望む
俺は繰り返しで疲れ結局離れる

そもそも始めから俺はハードルを置いてる
超えてこねえように高く無愛想に置いておく
俺も超えていかない
近づいてきそうなものは攻撃してでも追い払う
追い払っても追い払っても笑ったまま近づかれると
恐怖心に似た期待がもちあがって
何度も繰り返した馬鹿な失敗をまた超えられたわけでもないのに
ハードルを超えて近づく
期待と恐怖はいつも同時にある

392 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:08
俺の警戒心を解くのがどれだけ残酷なことかあんたらは知らん
俺が警戒心を解きハードルを越えた解きどれだけ無防備になるかあんたらは知らん
どれだけ言葉で説明しようとしても多分理解できんだろう
いったん無防備になってしまった俺が防御壁を取り戻すのに
いつもどれだけの時間をかけてどれだけ苦しみながら過ごすかわかるわけがねえ
警戒したまま近づいてくことはできん
近づき始めた時俺はもう苦しい期待につかまっている
信じてはいけない期待してはいけない親しくなってはいけない
きつい思いするたびに何度も何度も何度も繰り返し言い聞かせてきたことなのに
それに自分を慣らすのに二度と味わいたくないような気分味わうのに
俺はいつもほんのちょっとの親切や見た目のぬくもりで自分への掟を侵す
俺は馬鹿だ
俺は今あんたらが怖い H悪い 俺は今あんたが怖い

393 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:27
11月だ
そうだったなこないだ10月だったと思ったんだ
そりゃ続くよな
俺の頭の回転はどこか変だな
なんで今ごろになってこう思い出すかな
まるでリアルタイムだ
3年経つなんて信じられんよ
俺は今ごろになってようやくリアルに実感しはじめたよ
あんたらがさっさと立ち直り楽しみ始めてからな
俺はその間泣くことも悲しむことも嘆くこともできんかったのにな

394 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:34
あんたはもう今ごろには無口なってたよな
そりゃきつかっただろうな
俺があんたがもって三ヶ月だって聞いたのは10月だったもんな
どうせならもっと早く声をかけてて欲しかったよ
あんたの病気とか周りへの配慮とか
まったくいっさい関係なしにあんたと話してみたかったよ
本音で激しい怒りを込めて。

あんたがあと2年せめて1年早く決意して俺に声をかけていたら
俺はあの時期の泥沼のような生活から抜け出すためにあんたを頼っただろうな
あんたが声をかけてきたのは俺が自力でボロボロになって這い上がり始めてからだった
遅いんだよ
あんたはいつも遅い そのはずだよな放置プレイはお手のものだったしな
他人なんだろ?声かけなきゃよかったんだ
そのまま一生知らないふりして生きてきゃよかったんだよ
情けだか情だかしらねえけど
あんたの良心のとがめになんか俺をつきあわせてくれるなよな
俺はなあ嬉しかったんだよ
俺に力貸してくれようとする大人がいたのかって思ったよ
信じられんかったよ 人間なんかみんなクズだろう?
世の中捨てたもんじゃねえのかもしれねえなんて思ったもんな
ドアホだよな


395 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:42
あんたのとこに行くか行かねえか
せめて決心ついてから聞きたかったよ
「癌なんです。あと3ヶ月持つかどうか」じゃ、ねーよ
そりゃそっちの都合だろう?なんで俺がそんなのにまどわされなきゃならなかったんだ
せめて行かねえってはっきり決めてからだったら
俺は行ってももっと線引いてすごせたと思うよ
行くって決心ついてからだったら俺はもっと踏み込んで
もう少し遠慮なしにあんたに近づけたろうよ
そいであんたに無理でも奥さんか誰か とにかく誰かに問い詰めたかもしれん
だって不自然だろう?不自然すぎるだろう?
俺はそれでも他人の位置に踏みとどまったぜ
そうするべきだと思った
激しくボケなことにそれがあんたのためだとか思った
俺のことなんか考えてなかったんだよ そんなことどうでもよかったんだろうけどな

掲示板にあん時のことかいたよ
突然思い出してほとんどフラバ状態だったからな
俺は俺が泣いていいと思ってなかったんだよ
それなのにここの連中俺の文読んで泣きやがったよ
マジかどうかしらねえ 朝から泣かせるなってレスがついた
なあ、俺はそこでも感謝しろみてえなこといわれたよ
良かったなっていわれたよ
「よかったな」だってさ
恩人 って書き方したもんな 当然かもな
ふん 俺は恩人だと思ってたんだよ 
俺に親切にして俺に気にかけてくれる数少ない珍しい信じられる大人だと思ったんだよ!


396 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:47
俺は他人の位置に踏みとどまったつもりだった
泣かなかったろ
一歩さがってただろ
あんたの死に顔をもう少し近くで見たいと思いながら親族に場所渡したよ
不自然だもんなあ 俺の方が激しく泣くなんてありえねえもんなあ?
臨終の場に立ち会っただけで不自然だったんだろ
掲示板でそう言われたよ
それだけ俺のこと思ってくれてたんだよってな
そうじゃなきゃ家族でもないもんが立ち会うなんて変だからってな
言われるまできずきもしなかった
あんたらは俺に出て行けと一言も言わなかったんだよな
いえなかったんだろ
やましかったんだろ
いえたわけがねえよな
そのくせ本当のことは何一つ教えなかった
俺が気づかなきゃそのままなかったことにする気だったんだろ
それで終わらせるつもりだった
都合よすぎなんだよ
俺が今までどんな気持ちで生きてきたかわかるか
俺がどんな扱い受けてきたか想像もつかねえだろう
考えたくもねえよな そりゃそーだ

397 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:52
中途半端なまんまに俺を呼びやがって
中途半端な扱いしやがって
中途半端なまんま優しいフリなんかしてんじゃねえーよ
あんたの息子が親族代表でえらそーに家族として父の話した時の俺の気持ちがわかるか?
たいそー仲よかったそうで
よかったね
俺はねその間ずっと意味もなく殴られながら
理由もなく理不尽に暴力と裏切りとチクリだけの世界で生きてたんだよ
あんたの息子を殺したくなるよ
あんたの息子が何の苦しみもなくさっさと結婚してガキなんかこさえた日にゃ
思わずストーカーのように嫌がらせしたくなったよ
いい人にめぐりあえたってね いい奥さんだってね
それで幸せな生活か?犬飼って母おやの近くの家で?
ふざけるなよ
俺がこの先結婚できると思うか?
俺がこの先人と付き合えると思うか?
恋人はおろか友人だって作れずにいる俺が?
あんたら奪いっぱなしだよな
人の人生めちゃくちゃにして奪いまくりでよくもそれだけ幸せそうに生きれるものだよ
当然かもな
知らなかったんだよな
知らなかったと覚えてないですますんだよな

398 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 20:59
それでも回想御礼書かせてくれたんだっけ
「書かせてくれた」んだよな
俺は、通り一遍の機械的などこにでもある儀礼的な
ただの決まり文句で送りたくなかっただけだ。
そういうのが嫌いな人だっただろう?
ひねくれもので頑固で坊主と医者が死ぬほど嫌いであわせるのが嫌いな。
俺は書いた文を覚えてるよ
あんたの奥さんらが気に入ってそのまま採用してくれたのが嬉しかった
だけど当然だって気もしてた
当然だろうよ?俺は馬鹿じゃねえ
わがままいっぱいで傲慢に育ったあんたの息子よりゃよっぽど日本語できてるぜ
よく短時間でこんな文書けたねって?
そりゃそーだろーよ
俺にとっても大事だったんだよ 信じやしねーだろうけど
そりゃそーだろーよ
俺は言いたいことも言えずに感情押し殺して生きてる間ずっと
頭の中でモノ考えることしかできなかったんだからな
それでも、あの文書いてるときでさえ俺が遠慮してたのを知ってるか
家族じゃねえ俺をいれるわけにいかずに
喪主をあいつにするために文を変えたことを
それがどれだけ屈辱でみじめだったか誰もきづきゃしねーよ
そうやって俺が涙殺して書いた文を、よこどりしたんだよな
俺が書いたって言いたくなかったんだよな
いえるわけねーよな 家族じゃねーもんな

399 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 21:26
はっきり思い出せるんだよ

謹啓 亡   儀 葬儀に際しましてはご多忙にもかかわらずご会葬ありがとうございました
皆様に支えられ病と闘って参りましたのにこのような事になり残念でなりません
しかしながら最後は故人の愛した曲「忘れな草」を歌う家族の声に耳を傾けながら
苦しむことなく眠りにつくことができました
昨年 月来の苦しみが嘘のような安らかな最期でした
存命中故人にご厚誼下さいました皆様方に「忘れな草」の一節にあるように
心の奥に故人の姿を留めておいて頂けたなら家族としてこれに勝る喜びはございません
言葉に尽くしきれないたくさんの励ましとご助力を頂きましたこと
心より御礼申し上げます 敬具         喪主         親族一同

ほら、な?
こないだから頭ん中にがちゃがちゃ湧き続ける言葉書き留めるだけで
まとまってるだろ?あの時もそうだったんだよ こういうの天啓っていうのか?
俺はあの時20分でこれを書いた
10分で書いて10分で手直しした
それまで会葬御礼なんて見たことも聞いたこともなかったのにな
葬式なんかでたこともなかったのにな
形式通りの見本みながらよくこれだけかけたと思わんか
そのまま使ったの最初と最期後の1行ずつだけだよ
言い切るぜ あんたの息子には絶対できなかった

400 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 21:34
あんたらはたった10分で文案書いた俺に驚いてた
そうだろうなあんたらより低学歴でろくな生活してなかった俺に負けたんだもんな
それでも採用してくれた 俺は一応嬉しかったんだよ
10分で書いたんじゃねえ 10分しかなかった
俺に、俺があいつに残せるもんはそれしかなかった
たったそんだけの時間しか俺があいつのために泣ける時間はなかったんだ!
どんな気持ちで書いたかわかるかよ
俺はこの中に自分の存在一つもにおわしてねーだろーが
家族の声に?歌ったの奥さんと俺だけだぜ
俺は沈黙の中で逝かせたくなかったんだよ
奥さんの声でおくらせてやりたかったんだ
奥さんが泣いてとまってしまわんように一緒に歌ってやったんだ
その日まで知りもせんかった曲をその場で覚えて!
人前で歌ったことなんかねえのにな
カラオケなんか死ぬほど嫌いなこの俺が
俺が送れるもんなんか他にねえだろうが?
俺は、あんたを、許せた気がしたんだよ 許そうと思ったんだ

401 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 22:11
みんなが誉めたよな
こんな会葬御礼見たことがないって感心してくれたよな
俺は内心、嬉しかったよ
姿を見せられなくても俺の存在をうめこめた気がした
その葬儀とあいつの中の存在に。
なのに否定したんだよな
「これ誰が書いたんですか?愛情がこもってますね」
「奥さんがご自分で書かれたんですか?感動しました」
俺は俺が書いたとでしゃばるつもりはなかったよ
心配しなくてもまったくこれっぽっちもなかったよ
ただ誉めてくれる人がいるのは嬉しかった それだけでよかったんだ
それなのに俺の目の前で否定した
「え、ええ。まぁ家族でいろいろ案を出し合って」
案ねえ?誰かだしたっけか?
家族ねえ?俺は家族じゃねえんだろ?
誰も俺が書いたとは思わなかったよな。そりゃそうだよ家族の中に俺は含まれねえ
いい気なもんだよ
俺が書いたと俺が言えるとはおもわなかったんだろ
日陰者がでしゃばるなんて夢にも思わないよなあ
実際俺は何もいえなかった
ただ気分を思いっきりどんぞこまで落とされただけだ
あんたのほかの家族も事実を知ってながら誰もフォローも訂正もしなかった
そんなに世間体が大事か?そんなに名誉欲が強いのか
それはなあ手柄の横取りっていうんだよ!!!!!

402 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 22:19
手柄横取りされるのなんて今に始まったことじゃねえけどな
思えば消防時代からずーーーーーーーっとそうだったよ
人のために人の感想文まで書かされてな
自分用に書いたのとられて別に他にも書いてな
わざわざ内容変えて感想かえてまるで二重人格を肯定するように
賞をとってもそれは俺の名前じゃねえ
代表に選ばれてもそれは俺じゃねえ
それなのにその続きもまた俺が書いて他のヤシが表彰された
絵を書いた時もそうだったよな
俺に誰もこんなこと書いてないだろうって
他のヤシと同じように書けって説教しといて俺の絵とりあげて
俺らが新聞見ることなんてねえとおもってたんだろう
唖然としたよ 俺の絵が新聞のってるんだもんな
名前がでんでん知らないヤシの名前で
見たら○○小学校教職員××さんの息子の絵ってさ

403 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 22:21
就職した時もそうだった
会議-アイデアを出せ何か考えろ 1人1つは最低案をだすこと
俺は班長にこんなのどうですかって相談した
「ちょっとねえ」「とっぴすぎるかな」
それで他になんもおもいつかずだせずにいたらあんたはなんだ?
「○○君が面白い案をだしてくれた」「これはいいかも」
「上に提出します」「先が楽しみだ」
で、なんでその名前が俺じゃなくてあんたなんだよ!!!!!!
つかみかかって殴った俺が悪いのか?
いいがかりって決め付けられるのはなんでだ
俺がそんな案だせるはずがないって?何を根拠に!
俺はいつでも下にいなきゃならんのか
俺があんたらより優れてちゃいかんのか
俺は下であるべきだったんだよな
それが汚い大人どもの常識
世間様の常識の中で生きるなら俺は馬鹿じゃなきゃならねえんだよな
俺がちょっと斎藤茂吉の短歌思い出して書いてみりゃすぐ
苦労人とは思えん、だもんな
ふざけんなよどちくしょう
脳みその中身と育った環境は関係ねーんだよクズどもが!!

404 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 22:27
それでちょっと脳みそありそうなこと書きゃ
苦労人はネタだもんな
おまいらの頭ん中単純すぎて腹痛いぜ
自分より底辺で生活してる奴はみんな自分より馬鹿ってか?
おまいらの生活なんてただ運が良かっただけじゃねーか
どこまでが自分でつかんだものなんだよ
楽々とふっつーに生きれることが当たり前だった奴らが簡単に説教じみたこと抜かしてんじゃねえ!

それで?それでなんだっけ?
いつまでも過去にとらわれてるから幸せ逃すんだってか?
そういう考えが不幸を呼ぶってか?
植え付けられたんだよこれは
好きでこうなったんじゃねえ
警戒せずに生きてどんな目にあうかおまいらにわかるものか
人をあっさり信じれる奴は幸せだよな
あっさり信じて裏切られる痛さ想像もつかない奴は残酷だよ
裏切られる痛さも辛さもなんも知らずに簡単にほざくんだよな「信じろ」
信じさせたあとのこっちが背負うリスクもなんもそっちは背負わないままに

405 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 22:40
俺は親を恨んでた
憎しみ憤りそんなん持ってるだけで辛い感情だぜわかるか?
憎みながら生きるくらいならいないでくれた方がどれだけマシか
どっちにしろいない扱いなのに透明なまま存在しようとすんじゃねえ

俺はそれでも許したよ
許せると思った あの最期の時に俺の名前を呼んだ
他の家族に対するより長い時間俺に何か言おうとし続けた
俺の手を強く握り叫ぶようにうなり声をあげ身動きもできんだろうと
思われたあんたが起き上がり俺を抱え込んだ 渾身の力で
奇跡だったよ
もう意識が戻ることはねえって言われてた
医者と看護婦が唖然とする奇跡だったよ
俺はそれだけで許せた
あんたにもう恨んでねえって言った 憎んでねえっていった
あんたはボケた老人みてえな顔でニパーっと笑った
伝わったはずだよな?伝わったと思った
一生で一度 最初で最期の意思疎通だったよな
俺はあんたを許したままでいたかったよ
それを 何もかもぶち壊しにしやがって!!!!

406 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 22:52
妬み、だよな
あんたの家族の妬みと憎しみを感じたよ
そうだよな 最期の時の最期の時間を俺に向けたんだもんな
奥さんがその後俺に言った言葉知ってるか?
俺が奇跡だと思い俺がそれを支えに生きていこうと思い
俺がこれで全て水に流そうと憎まずに生きれると思ったそのことを
どんな風に壊したか知ってるか?
俺の中できれいに残るはずだったその瞬間はズタズタだよ
あんたを許せるはずだった気分はどこにも残ってねえ
仕方ないだろう
俺はあんたを許せない憎い
あんたの選んだ家族がそうしむけたことだぜ
会葬御礼の時にも思ったことだ
あくまで俺を家族にする気はないってさ

関わらないで欲しかったよ
近づかんで欲しかったよ
その場にいるのにいねえみたいな無視の仕方ってあるか
存在してんのにまるでいねえ人間みてえに放置し続けたあんたら
それがどういうことかわかるか?
あんたらは俺を殺したんだよ 俺は殺された
俺にはあんたらを憎む権利も理由もある
俺があんたらを殺したとしてもそれはお互い様じゃねえか?
畜生 そろって地獄へ落ちろ のたうちまわって死ね

407 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/08 23:42
情けねえ
憎まずにいられねえ自分はもっと嫌いだよ
いつもビクついてんなあ俺はよお

408 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/08 23:56
いなくならないで

409 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/09 00:11
自由だけどね

410 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/09 00:16
うまく言えないな
ぐっすり寝れますように
すっきりして目が覚めますように

411 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 03:21
あの時奥さんは歌詞を全部覚えてなくてな
少し歌って聞かせると喜んだのにすぐとぎれてしまってな
大量のモルヒネが効いてそれまでの苦しさが嘘みたいに
楽そうな顔をしていた彼はまるで痴呆老人のようだった。
それでも女房の歌声に反応して
自分はもう声も出せなくなった体でうなづくように
かすかなかすかなリズムをとりながら口だけをパクパクさせて歌っていた
俺には聞こえないその歌があの人には聞こえたんだろう
「お父さん歌っとるんじゃろ」
あの人は一緒に歌いあいつは喜びニパーニパーと
他人だったら気持ち悪いと思うような顔で笑った。
それなのに歌詞はうろ覚えで歌は途切れあの人は泣き出し
俺はそこでその場で聞いた部分だけを繰り返してみせた
そこだけでもいいじゃないか
歌ってやれ
声を聞かせていてやれ 意識のある間に

412 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 03:29
昨日までの苦しさが嘘みたいだったな
見ているだけで苦しくなるような苦しみ方が収まっていた
激痛なんてものじゃないって言ってたよな
唾を飲み込めず痰がからまったままだせず
すぐに呼吸困難に陥って吸引機で吸い取れるまで苦しみ続け
収まると殺してくれと泣いた
頑固で自分勝手なご都合主義のかっこつけのあんたが
楽にしてやりたいと思ったよ
心から とにかく苦しみをとってやりたかったよ
それがあんたを殺すって意味でも
二度と会えなくなるとわかっていても
あんたと親子するチャンスが永遠に失われるってわかっていても
楽になって欲しいと思ったよ

413 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 03:35
でも俺は期待したんだよ
あんたがうちへ来いと言った時
俺が突っぱねても繰り返し来いといってくれた時
裏切られるってわかってたよ
俺の期待がかなうことなんてねえもんな
行っていたとしてもそれがもっと早い時期だったとしても
俺は絶対傷つけられていただろうよ
あんたらはそろって無神経きわまりなかったからな
それでももしかしたら家族ごっこみてえなまねはできてたかもな

俺は期待したんだよ本当に
諦めきってたものだ 俺には縁のねえものだと思い込まそうとしてきたものだよ
諦めるのにどれだけ時間がかかってたと思う?
家族なんて必要ないと思えるようになるまでどれだけかかったと思う?
ようやく1人で生きてってみせるって思い始めた頃に
それもあの泥沼を越えた後で 声かけるなんて無神経すぎねえか?

414 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 03:38
最低だよ
いったん期待させたんなら最後まで責任とってくれよ
あれは俺が1人で生きてくための最低必要な防御だったんだ
それをとりのぞいて期待させといてそんなんありか
俺はどこまでついてねえんだよ

俺は期待した
一緒に山行こうって言ったよな
あんたの好きな山へ連れてってやるっていったよな
写真のとりかた教えてやるっていったよな
カメラを一つやるってゆったよな
俺があの犬の話すると犬を飼ってやるから来いつったよな
俺はなあ ほんっきでおもいっきり期待したんだよ
すんげー恐る恐る すんげーためらいながら
ほれみたことかって感じだろ
人を簡単に期待させるべきじゃねーんだよ
そんな器じゃねえだろ

415 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 03:43
こないだ忘れな草の種貰った
植えてねえけどな
でも歌詞がいまだにわからん
忘れたわけじゃねえ
あんたに歌ったでたらめの歌詞は覚えてる
覚えてるとこだけの繰り返しにした即興の替え歌
本当の歌詞が知りたいと思ったよ
知っていたら多分回想御礼と一緒に配ってもらってた
ざら紙のコピーでもいいから
だって意味わからんもんな
あの場にいなきゃわからんもんな

あんたを許そうと思った
許していけると思った
その端からあんたの女房と息子がぶちこわしていくよ
Aがあんたの女房母さんって言いたがる
そう呼んでいいって言われたらしいからな
残酷なことしてんじゃねえ
そんな気もねえくせに期待だけさせんじゃねえ
そう何度も何度も期待だけして目の前の餌とりあげられる身になりやがれ

416 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 03:51
俺たちはそんなにだいそれたことを望んだのか?
俺たちは普通の暮らしがしたかっただけだ
なんもいらんよ
普通にしてて殴られない生活が欲しかったよ
ほっといてもらうために媚びなんか売らないですむ生活がしたかったよ
モノをくれってんじゃねえ
自分でいさせてほしかっただけだ
世間様の中で生きてるやつらには簡単なことなんだろうな
それでもむずかしいとかいいやがるんだよな
全然レベルが違うってんだよタコ

普通に玄関から帰ってお帰りって言われる生活がしてみたかったよ
もう戻ってこれんかもしれんなーとか
次かえってきた時しめだされるんじゃねーかとか考えずに
いってきますつっていってらっしゃいいわれる生活がしてみたかったよ
お邪魔しますとか、ただいま帰りましたとかじゃなくてな
普通に並んだ普通の飯を普通に頂きますつって食える生活がしたかったよ
腹減った時に好きに物つまめる生活がしたかったよ
おそるおそる顔色伺いながら食べるんじゃなくて
今のうちに食えるだけ食っとかなきゃ次いつ食べられるかわからんってのじゃなくて
それが、そんなにだいそれた望みだったのか?

憎みたくなかったよ
許したままいたかった

417 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 04:01
なあ連絡してくるなよ
俺はもう忘れてしまいたい
あんたらを見て笑いながら平気な顔できるほど人間できてねえよ
俺が笑顔で挨拶返しながら何考えてるか知ってるか?
あんたの孫がバスで俺によっかかって無防備に眠ったとき何考えたか想像つくか?
置き去りにしてやりたくなったよ バスの中に1人で
置いて一人だけ先におりてやろうかと思ったよ
抱きついてくるのつかまえながら首しめてやりたくなったぜ
俺がなんで紹介された仕事つかなかったかって?
きまってるだろう
あんたらに借りなんざ一銭だって作りたくねえからだよ
つーかあんたら俺とつきあってく気なんかねーだろーがよ
故人への義理立ててつきあわれても迷惑なんだよ


418 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 04:04
連絡してくるんじゃねえ
Aが期待する そいで泣く 裏切られて傷つく そして殺意を抱く 自分にも人にも
抑えてるの大変なんだぜこっちはよ
あいつの泣き叫ぶの見たくねえ
つかみ合いの喧嘩するなんて誰もしんじねーだろうな
はたからみたら頭のいかれたひとりずもうだもんな
あいつが暴れるの力ずくで抑えるたびに俺が怪我すんだからな
馬鹿みたいだ
俺たちは初めから壊れてる
あんたらとあんたらが預けたあいつらと更にそっから先の環境で
よってたかって壊したんだろーが 俺のせいだったのか?俺になにかできたか
信じられねーよ なんて無責任で残酷なんだ
期待させることが罪だってわからねーのかよ
今更すぎる 俺はあん時死んだあっちを親だって思ってたのに
親だと思ったから人の借金まで肩代わりしてやったのに
なんだよ よってたかって騙して利用してきただけかい
利用価値のねえ俺に存在価値はねえってか
ふざけるなよちくしょう
どいつもこいつも俺には心なんてねえと思ってやがるだろう

419 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 05:48
探せばあるものだな あいつはどんな気分でこれを聞いたんだろう
若い時好きだった歌とういことだけど健康なときに聞くのと
今まさに永遠に終わりっつー時にきくのとでかなり気分が違いそうだ

別れても 別れても 心の奥に
いつまでも いつまでも
憶えておいて ほしいから
幸せ祈る 言葉にかえて
忘れな草を あなたに
あなたに

いつの世も いつの世も 別れる人と
会う人の 会う人の
定めは常に あるものを
ただ泣きぬれて 浜辺に摘んだ
忘れな草を あなたに
あなたに

喜びの 喜びの 涙にくれて
抱(いだ)き合う 抱き合う
その日がいつか 来るように
二人の愛の 思い出そえて
忘れな草を あなたに
あなたに


420 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 06:32
それにしても今日も眠れなかったわけだ
完全ノンレム時代に戻っちまった
昼間二時間ウトウトしただけか
おまえらせめてウトウトしとる間くらいもの考えるのやめんか?
お互い様つってもはっきしゆってうるさい
分裂しとるのー最近
正直参った
疲労困憊

421 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 06:35
・・・・ベルリンの朝ってなんだ
なんのことだ?
また調べるのか 調べるのがめんどい
そもそも調べたらでてくるんだろーなゴルア


やっぱ分裂しとるか?>読んどるヤシ

422 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 07:19
腹減ったなぁ・・・いつから食ってねえか忘れた

423 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 09:08
|電柱|ヽ(_ _|||)))) おえぇぇぇ!!

424 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 10:10
1時間か。だめだクラクラする

425 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 12:45
眠い。。。。眠くなったじゃん
なのに眠れん。。。。。ええかげんにせーよちくしょう

426 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/09 15:05
別に分裂はしてないように見える
だが混乱してるように見える
どこまで書けばいいのかどこまで考えたらいいのか、そういうことに混乱している感じ
俺も今日は寝ないよ これ以上書きもしないけど・・・
そろそろ趣味を増やそうかと思ってるんだ
カメラだ
金も無いけどさ
近いうちにカメラ買って色んなモノを写そうと思う
俺は残るモノに激しく嫌悪感があるんだけど、どういった心境の変化かな
残るモノという考えじゃなくて、レンズから覗く世界を見てみたいと思ったんだ
写真にして残すつもりは全く無いけどね
もしかしたら物凄くお気に入りが出来たら現像するかも
じゃね そゆときは静かな音楽でもゆっくり聞けたらいいけどね・・・

427 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 15:05
寝たぞ・・・寝てやった
3時間も寝たぞザマーミレ
読み返したらおもいっきりデムパだ
引くぞー、と

428 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/09 15:07
よお おは

429 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/09 15:19
おは
別に引かないよ(w
そういうスレじゃないか
そのために作ったんじゃんお互いのさ
まー今は何言っても入っていかない状態だろうね
掃除して風呂はいるぞーじゃまたね〜 (・ε・)プップププー

430 :日本昔名無し:02/11/10 00:42
ずざっー 誰も居ないー

431 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/10 04:29
しかし眠れねえ
目シパシパしてんのになー
明日眠れんかったら奥の手つかうぞゴルア
酒と薬に走ってやるぞゴルア
つかれた・・・・

432 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/10 05:43
寝れないってほんと、疲れるよねえ
酒と薬はどっちかにしたほうがいいよー
極端から極端にいくと自力で回復させた気分になれやすいけど、
体はそのぶん消耗するから、今の状態だと薬だけか酒だけでいいと思うよ
私は酒飲んでも寝られないので薬だけど

433 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/10 11:27
あ゙あ゙4時間くらいネタカモ・・・これ完全ノンレムタイプなんだよ・・・・

俺もどっちかっつーと酒飲むと寝れん方だな
自分の血の流れる音と心臓の音がうるさくでダメなんだ

そいでもここ数日で一番気分が(・∀・)イイ!!

434 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/10 14:50
ヽ(´ー`)ノ ワーイ

435 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 02:54
久しぶりに飯食うと胃が辛いな
縮むんだなーと実感してみたり
働けてねえから食費浮いて助かる罠

今年は冬が1ヶ月早いらしい
もうオープンしたスキー場がある
住み込み行くかなぁ・・・・激しく嫌だな

436 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 02:57
人間と人間にあわせようとする自分に疲れ果てていつも働けなくなる
動いてる間は動き続けれるけど休んだらだめだ
いったん休んだら俺は次に動き出せるまでのハードルが高い
切羽詰ると仕方なく働かざるを得ない場所に行く
住み込んでそこの関係に疲れるとまたちょびっとの金を持って放浪する
ヒッキーと激しく労働と放浪の繰り返し、そいで連続
まともな生活じゃねえなあ

まともな生活してみたいと思ったところで
どのみち問屋が卸さねえ
普通の人間になんかなれるはずもねえ
そもそも普通の生活なんか知らねえ したことがねえ

437 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/11 03:03
激しく働き、廃人のように動かない
俺の生活もだ

438 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 03:11
>>437
エネルギーの配分が悪いんだとよ

439 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/11 03:16
あれだな、気孔とか習うといいかもな。
ちと本でも買って自己流でやってみようかな。

440 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 03:18
・・・よーするにあるエネルギ使い切るまで動き続けちまうんだよな
それが手の抜き方がわからねえってことなんだろーな
そいで惰性でエネルギ底つきながら必死こいて動き続けて
止まったらパタっと動けんなる
激しく赤字になったエネルギたまるまで動けねえ
つーか、ちょとたまっては激しく動きちょとたまっては激しく動き
いつまでたっても赤字でプラスになることがねえ
まるで俺の財布の中身みてえだ

だからって手抜けとか休めとかゆわれてもどうしていいかわからねえ
俺は融通がきかねえ 機転もきかねえ
俺がきかした機転は誰にも通じねえ しゃれになんねえ
疲れたなあ

441 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 03:21
気功の問題かぁ?
精神の問題な気ぃするけどな
余裕がねえっつーか要領悪いっつーか

多分そいつのそもそもの原因はきっとあれだ
自信のなさっつーか能力のなさっつーか
結局なんもできねえ自分なんだよ

こんな生活から抜け出したいとあがいてみても
いつまでたっても道が見えねえ
差別の壁も大きい
そりをまた俺が自分自身ででかくしちまうんだからたまらねえ
だけどどうにもならねえ
なんのために生きてんだかわかりゃしねえ罠

442 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/11 03:30
あれじゃない?気孔って気でしょ。
精神のエネルギーみたいなのを調節できそうじゃん。
気孔の達人とか呼ばれてる人たちはテレビでしか見たこと無いけど
一定の波を保ったりするのがうまそうだ。
自己流でどこまで出来るのかはわからんが、
薬なんかよりよっぽど良さそうだ。
物質が足りなくなる器官の問題はおいておいて(鬱の原因はそれらしい)
そうなる前とかにある程度出来そうじゃないか。
その人たちはそれだけ修行してるんだろうけどさ、やんないよりはマシかもしれない。

443 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/11 03:31
やべえ。
パソが今日マジいかれてる。
昨日までは調子よかったんだけどなあ。
もう送っちゃおうかな。

444 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 03:33
送れ送れ
思ったが吉日今すぐ梱包しる

445 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 03:37
悩みのある者は木の下にいけ、だっけ?
インドかどっかのことわざらしい
Rはよく木の下に行ってた
木にもたれかかったり木の下に座り込んで空想にふけるのが俺たちは好きだった

風がそう吹いてるわけでもないのに葉のゆれる音がする
木がゆれてるわけでもないのにいろんな音がする
虫や鳥の声や足音、いろんな気配がする中で
じーっと座ってぼーっと過ごすのが好きだった
自分の中身を解放して風に飛ばせるような感覚がしてた
信じる奴ぁいねえだろうけど
俺はそのまま自分を飛ばして上から木の上から下を見下ろしたりしてたよ
昔人間はきっと空が飛べたんだと、だから思ってた

446 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 04:38
がんがってHPもどき作ってみるかな・・・・まとまりねえよなあ俺たちは。


447 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 04:59
何をするでもなく一日が終わっている
気がつけば朝日そして昼また夜
今日も命があったことを不思議に思う

448 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 06:41
眠れねぇ熟睡してえ

449 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 09:02
もー腹減ったんだか痛いんだかわからねえ
感覚がねえ 眠いぞゴルア

450 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/11 10:48
・・・鼻血だ・・・疲れたなぁ・・・

451 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/12 03:42
腹減った
明日はなんか食おう
食えそうな気がする
一つの山が去った?そんな感じだ

左利きの話になるとAが過剰に反応しそうになる
無理も無い
それで痛い目見続けたのはあいつだ
あいつは今は左手を使わない
俺たちは利き腕が分かれている
結構不便だったりする

452 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/12 03:44
俺たち完全に1人だったら
もっといろんなことできたのかもしれねえなと
今日始めて思った
なんだか分散させちまっててもったいねえ
そんなこと考えたことも感じたこともなかったよな

453 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/12 14:36
ハピバスデー♪

つーか病院絶対逝けよゴルア!!

454 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/12 17:12
ヽ(´ー`)ノ ワーイ ありがとう〜♪
とにかくすごい痛みだったよ
尿道プレイもこんなんなのかな
俺には出来ないな

455 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/12 18:00
>>454
二言程メッセ送っといたぞ
まあ余計なことだけどなー、と

456 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/12 18:25
>>455
さんきゅー!
まあみんな薄々分かってるっぽいよね(w
しかし元々「女」ってのを知ってる奴(前のコテ知ってる奴)が疑ってたりして面白い
(本当は男なのか?と)
痛みが薄らいできたので寝てくるよん

457 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/12 19:03
水しこたま飲んどけよ
出すたびにコップ一杯のんどくと次出すのが楽らしいぞ
ジャンジャン飲んで腹ん中で薄めてジャンジャン出して洗い流しちまうといいらしい
間違ってもトイレ逝くの嫌さに水分制限したりすんじゃねーぞ
逆効果だからな

458 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/12 23:29
飲みまくってるよ

さて痛みで起きた誕生日なわけだが、
ゴタゴタもあり、男ときっぱり別れた
もう殺してやりてえあいつ
散々な誕生日だったぜ!!おめでとう24歳の俺!!!万歳!!

459 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/13 00:59
おう24までよく生きたな
それだけで賞賛しちゃるぞー、と

460 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/13 01:58
久しぶりにまともに飯食った
明日からまた暫く普通に食えるだろう
そいで今から寝てみよう
体の中のでっかい波がいつもこえられなくて翻弄される
泳ぎ方身に付けれる日なんてくるのかな

柿がうまかった

461 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/13 10:04
ちとむかつく名無しがいるので向こうはしばらく休む。イライラする。

462 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/13 10:20
少女漫画板ってのも結構有意義だな。
みんなで仲良くするよりも冷静に語るのが向いてる自分が恨めしい。
しかーししかししかし!
付き合う人間を変えて少し元気になっている。
元気というか強い。
これを待ってました。フフ
長かった〜〜〜!

463 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/13 16:25
倉庫落ちしたと思って焦った。
板移転か。確かネトゲーも変わってたな。

464 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/13 16:36
板→鯖 だな

465 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 01:29
フフフ大草原の小さな家を俺に語らしたら止まらねーぜ
1シーン見ただけでどの内容かあててみせるぜ
つーか原作も裏話も読みまくってやったぜ・・・ククク
そりどころか娘が書いてる続き話もその養子が書いてる続き話もでんぶ読んだぜ
作者が変わったのにもかかわらずほとんど雰囲気かわらねーぜ
なんせ遺稿の抱き起こしと、元々語り伝えの書き起こしだからな・・・ククク

466 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/14 02:00
マジか!(w
大草原の小さな家の話にのってこなかったから、多分そうだろうと思ったよ
あれはいいねえ
原作は読んだこと無いなー
相当面白そうだ
イイお父さんなのに怒ったり誤解で叱ったりするとキツかったな〜
お姉さんは目が見えなくなるしなー
ローラはかわいいしなー
養子ガンガン引き取るしなー
お母さんの存在が薄かったな 覚えてない
あの教会とか神父さんとか覚えてるなー
再放送してないのかなチェックしてみよう

467 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/14 02:05
そうそう、最初の頃は人間関係のゴタゴタで結構面白かったんだけど、
途中から話がやたら重くなってきて見なくなったんだ
お姉さんの目が見えなくなっていくとこかな
俺も失明するかもって突きつけられた時だったから見れなかったんだよな
この前一回偶然見たときケコーンして幸せそうだったけど覚えてないな
あの頃はイイ人は怒らないと思ってたから現実を見たくなかったんだな>お父さんの怒るとき
今見ると違う印象を持つんだろうな
古本屋で探してみよう そういえばインディアンなんだっけ またキタな

468 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 03:10
フフフあれはローラの子供の頃の話をローラが娘のローズに語って育てたのを
後にローズが執筆業についてからローラに話を書くようにすすめたのが始まりなのだ。
ローラが書いた話は自分の子供の頃の話が8冊、アルマンゾの子供時代を
聞いて書いたのが一冊だ。出版社によっては上下にわかれてるからもっと増えるけどな。

そりからローラが死んだ後にローズを主役にしたローズから見た一家の話があって
更にローズが死んだ後にローズの養子のロジャーが遺稿をまとめるって形で
出版されたのがある。しかもそりは割りと最近に出版されたのだ( ̄^ ̄)

TVになると普通は原作とかけはなれてショボくなるもんだがあれは違う。
原作ほぼそのまんまの話+まったくない話(原作で語られてない話)でなりたってる
から「そんな話じゃねえええっ!!」って違和感が少ないのだ。
付け加えられた話は事実だけどローラが辛すぎて本にできなかった
メアリーの失明の部分などと、話を引き伸ばすために監督らがつけくわえた
まったくの作り話とがある。それはそれでおもろいから許す。

469 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 03:19
TVの続・大草原はでんぶ見てねえけどあれはまあほとんどがつけたしの作り話だ。
実はそこまでおもろくねえ。それよりローズがローラの真似して書こうとした
「大草原の家」の方がまだましだ。因みに廃版なってるのを図書館の倉庫
ひっくりかえさせてもらって読んだんだ。

大草原シリーズはいろんな出版社が出してるが岩波はあまりおすすめしねえ。
メアリーがメリー、キャロラインがカロリン、ローラがローラちゃんになってるからだ(w
探して読むならハードカバーのでっかい本をすすめるぞ。
あれが一番(・∀・)イイ!! 挿絵も本の雰囲気も感じも(・∀・)イイ!!

もっと探せばローラが雑誌に寄稿してたころの記事の特集本や
大草原シリーズにでてくる料理のレシピやあの頃の道具の解説本まであるのだ。
流石に料理はまねできんがリンゴとベーコン炒めるのだけはやったことがある(w

470 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 03:31
確か2〜3ヶ月前には土曜か日曜の昼間に再放送やっとった気がする。
今回見てねえからはっきり覚えてねえけど。

因みに本のタイトルはローラが書いたのが
・大きな森の小さな家 (旅立ちから)
・大草原の小さな家  (TVのメインになってるところ)
・プラム・クリークの土手で (引っ越した先)
・シルバー・レイクの岸辺で (引っ越した先)
・長い冬 上下 (ローラが教師なった頃)
・大草原の小さな町 (メアリーが盲学校いった頃)
・この楽しき日々 上下 (婚約した頃)
・農場の少年 (アルマンゾの少年時代)
と、農業系の雑誌への寄稿文だ

ローズのオリジナルはでんでんタイプ違っておもろくねえから忘れたけども
旅日記は裏話満載だった。あんまおもろくねえけど。

そいでローズの養子のロジャー・リー・マクブライドの書いたのが
ローズが生まれてからの大草原シリーズの続きで
・ロッキー・リッジの小さな家
・オウザークの小さな農場
・大きな赤いリンゴの地
・丘のむこうの小さな町
・オウザークの小さな町
・ロッキー・リッジの新しい夜明け

で、こいつはローラの大草原並におもろかったぞー、と

ほらみろ止まらなくなった(w

471 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 03:38
他にもインガルスが書いた話とかもあるし
日記やらメモまとめた本もあるぜー

ローラの本名はローラ・エリザベス・インガルスでケコンしたら
普通はインガルスをワイルダーに変えるのに
父ちゃん大好き人間だったローラは父ちゃんの名前捨てたくなくて
洗礼名のエリザベスを捨ててローラ・インガルス・ワイルダーを名乗るんだ

父ちゃん役のマイケル・ランドンに全然髭がねえから
原作の父ちゃん像とけっこう違ってくるけどなー惜しい人なくしたよな

ローラは歳とった後も活発でチャレンジャーでローズの手ほどきで
車の免許とったりもしたんだぜー
アルマンゾは病気の時無理して障害残って苦労すんだけどな

ああ、見れもー!とまらねーだろー!!
なんせ俺たち全員が好きだった唯一のシリーズだからな

472 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/14 07:34
ほほう!すげえな(w
ウーム
父さん役のマイケルランドンが死んだのは高校の時だったかな
ローラの方だったかな
悲しくてそれまでは本読もうと思ってたんだけど、意識からはずしたんだよな
俺は誰かが死ぬと意識からはずすからなー
だから黒人医師のことも覚えてないわけだ
こうして言われると思い出すんだけどな
昨夜はそれを何度も確認したよ まそれはおいといて
本探すの難しそうだな
岩波はねえ・・・個人的な意見だけど、勝手にまとめすぎるから訳が余程良くない限り読まないのだ
だけどハードカバー見つけるのも手に入れるのも難しそうだな
図書館で探してみよう
俺もあの失明のところはキツイが、他は好きだぜ
別に止まらなくなってもいいよ(w
感心しながら聞くのが楽しいな
よく覚えてるよなあ
詳しくて参考になるぜー

473 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/14 07:52
ああ、NHKのシャーロックホームズもすごかったな
青白い顔のおじさんがホームズなんだけど、
吸血鬼とか魔女みたいな雰囲気なんだよそいつ
すげー好きだったな 
また声が合ってんだこれが ワトソンもね ピッタリ
しかし新シリーズかなんかでは見なかったような気がする
声が変わってたんだったかな 役の人が変わってたのかな 忘れた
この忘れっぽさはほんと、なんなのだ

474 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/14 07:56
普通さ、好きだったら何でも調べるよな?
俺、好きなアーティストのことすら知らない名前すら
だから説明できない
これはなんなのだ
例えばさ、洋楽ですげー好きな曲があっても題名も曲の意味も調べない
ただの面倒くさがり屋か
好きであればあるほど覚えてないし、覚えようとしない
空色勾玉だってあんなに好きな本なのに題名すら覚えてなかったしな
本当に好きなんだろうか この忘れやすさは何なんだろう
まあどうでもいいけどな たまに困るな

475 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/14 07:58
あっちでよく人の名前とか色んな話題が出るだろ
全部検索したり人に聞いたりしてるからな
俺の中には何も無いような気がしてくるよ
なんちゃってな 俺にはきっと感情とか勘とかしか無いんだろう

476 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 10:31
俺は一度自分の中に入ったものは中々忘れないけど
わざわざ調べたりすることはないな。
TVとか見ててこいつ好きだ、とか思ってもそいつの名前も何も知らん
そいつがやってた役の名前で覚えちまうから
後で誰かにいっても誰もわからん罠
なんせそのシーンでしか覚えてねえからタイトルもわからんかったりするし

お前のもの忘れのよさはお前の防御力だと思うけどな
多分それで何かを守ってきたりしてんだろう
それは時々めちゃ羨ましいわけで(w

大草原シリーズは図書館の児童コーナー探せば絶対ある
普通置いてるのがハードカバーの方だから
係りの人に聞けばすぐみつかると思われ

477 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 10:37
俺はTVとか見たい時に見れない環境にいて
ある時偶然、ほんの数分だけ大草原の小さな家を見たんだ。
それはその数分だけで意味もなんもわからんくらいのシーンだったけど
俺の中になでか残って俺はそれをずーっと覚えてた。

それからそういうのが何年単位で何回かあって、少しずつそれがたまって繋がってった。
それが同じものともなんともわかってねえのに根拠もなく繋がった。
その間に図書室でたまたま偶然手にとったのが大草原シリーズの一つで
その頃は大草原シリーズってことも知らずに読んだのになでか繋がってた。

大分後になって大草原シリーズまとめてビデオでみせてもらえた時に
謎が解けけどでんでん不思議に思わんかった
「やっぱりー!!!!」って感じだ
それからタイトルも覚えてなかった、前に読んだ本を勘で探し当てて
後書きまでむさぼり読んでそこに紹介されてる続きを辿るように読んでったんだ。

ロジャーの続き話みつけたのもすんげー偶然だった
なんでといわれても困るけどあれは運命だったんだ(w

478 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 10:40
俺は時々すっげー食欲なくなって
つーか自分に食わせたくなくなって食えなくなるけど
ローラの本読むと食欲戻るんだ
あれ読んでると飯食いたくなるんだよ

ガキの頃結構飢えてたから本で腹みたしてたのかもなー
あの本の食事風景すっげーうまそーだった

でも恥い話TVのはまともに見れんかったりする
どれ見てもでったい泣き入るでなー
なんでなんだか悲しさで売ってるストーリーじゃねえ時でさえ
ボロ泣きしそーになる
多分俺はああいうのに飢えてんだ(w

479 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/14 18:39
自己嫌悪

480 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/15 03:30
血尿止まった おめ〜>俺

481 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/16 05:32
よかったな
ちったー体大事にしとけ
つーかはよ寝んかいっボケ

482 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/16 19:14
( ´∀`)オマエモナー

483 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/17 04:29
どうやら隣の板から人が流入してきてるのも事実だけど、
それを逆恨みして荒らしてるヤツがいるね。そのうち収まればいいけど。

484 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/17 04:37
あの毒女板のわけわからん貼りつけはなんなんだ?
前にも似たよーなのがあった気がする
同一人物の怨恨かって雰囲気だな

485 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/17 05:36
ね、眠れねぇ(;´Д`)ハァハァ・・・

486 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/17 09:08
唐揚げもさ、女絡みのスレばっかりなんだよな。
女コテスレやってるときからそうだったんだけど、最近のは少し違うような感じだ。
あのスレと派生スレ全部上げられてるしな。
あの毒女のスレはようわからんが、毒女のコテハンで荒らしてるやつがいるみたいだな。
あっちに書くときは名無しのようだ。
たちの悪い荒らしだ。コピペとか厨とかじゃなくて、マジレスしてるところにわざと入り込んで釣ってるようだ。
ネナベが一番嫌うタイプの荒らし。
長いことネナベやってるヤツってのはそういうのを一番嫌うんだ。
だが自覚のない女には、言い聞かせれば素直に言うこと聞くんだ。
感情的にならず、理論的に、同情を少し誘うような書き方をすればいい。
それもいちいち書くんじゃなくて、頃合いを見てな。
でも今来てるのはわざとやってるから、下手するとやっかいなことになる。
だから刺激しないようにスルーさせるのが一番。
他のスレはほとんど見てなかったから当たってないかもしれないけど、
2.3個見た感じではそんな印象を受けた。
ちなみに無闇にコピペ貼って上げてるのは同一人物、もしくは二人だな。
どうも毒女板に怨念のあるヤツがいるっぽいな。派生スレの方に貼られてたスレ、例のスレだしな。

487 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/17 09:17
俺もなー、名無しでネナベするのが楽しみだったんだけど、
夏前くらいからかなあ、ネナベが増えたんだよ。
わざと荒らすネナベもいるんだけど、俺と同じような考え、書き込みをするやつも何人かいてな。
ところが、やっぱ全部が一緒じゃないからさ。
対立もするんだよ。
完全に男になりきってるやつもいて、そいつらが一番やっかいなんだ。
そいつらはコテスレ、女スレを嫌う。冗談が全く通じない。あの板は「情けない、ユーモアのある、母性本能をくすぐられる男の板」
だと強く信じて疑わないようなやつなんだ。そして、それを守ろうと必死だ。


488 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/17 09:25
そいつらはかなり分別があるから、ネタスレには乗るし、説教もするし、慰めたりもする。男として。
それはいいんだけど、板やスレが気に入らないと大変なんだよ。
感情的になるから。愚痴も多い。
冗談が通じないってのは気に入らないものに対してってことね。

まーそれが嫌で名無しであまり書かなくなった。
どうしてもネナベって分かるからなー。
夏くらいまでは、ネナベに対して教育係みたいなことしてたんだけど、
同じようなことするやつも出てきて、女も増えてめんどくなった。
板がどうなろうともうどうでもいいと思うし。
で、この3つのレスだが、デンパっぽいな。w
まーそういう見方してる馬鹿なヤツもいるということで。

489 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/17 09:37
あーそうそう、やっかいなのはネナベのせいってわけじゃないよ。
そいつらの主張に男が賛同してますますそういう方向に向かうってこと。
それが嫌なんだ。
最近また自治騒ぎがあったのかな。見てないから知らないけど。
女禁止でもいいと思うのよ俺は。ってかそういう板だし。
どっちにしろそんなことで必死になったり騒いだりするのがもうウンザリってことかな。
だから、板のメンツが変わっていったりするのもよく分かるなと思う。
話題が繰り返しだもんなー。
ネタスレがもっと増えたらいいのになー。

なんか寝てないからグダグダグダグダしてるなー。すまん。

490 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/19 08:43
30代以上板・・・結構面白い

491 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/19 21:08
大丈夫かー?

492 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/20 03:48
いい加減仕事探さにゃなー
とか思いつつ本格ヒッキー体制なわけで
参ったな
時期が悪すぎる
最悪春まで続きそうだ
年末年始はやっぱり出稼ぎか

追い込みになるなー
自分追い込まんと身動きできん
自虐する奴が死ぬほど嫌いなのにいきたくねえとこに自分追い込むしかなくなる俺
これってある意味自虐ちゃうんかと自己つっこみたくなる罠
つーか、参ったな
ほんまに久しぶり本格ヒッキー体制だ
なまじ借金なくしたのがまずかったかな

493 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/20 05:43
生活が本格的に苦しくなるまで休むのもいいんじゃないかい?
しかしなー、貯金が無くなるのは本当にキツかったな。
また貯めるのかー。うんざり。
しかしネットにばかり目がいってる状態も飽きてきたな。
女の子と仲良くなってくだらない話でキャッキャッと笑いたい。ウム。仕事しよう。

494 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/23 16:11
記憶がねぇ・・・

495 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/24 06:54
あの板もう捨てます
あのスレもたまには逝くと思うけど、もう未練無くなりますた
じゃ
また顔出したときはよろすく

496 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/24 19:16
あの板って独男か?
そかー淋しくなるなー
そいでも未練なくなったんならいいことなのかもな
機会があったらまたな

497 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/25 05:23
記憶がねえ。
俺チャットしたんじゃなかったっけか

498 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/25 06:50
おかしい。怖い、かもしれん。

499 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/25 23:18
うまくいかない時は何をやってもうまくいかない
つまづく
乗り越えていくのがしんどくてたいぎい
疲れ果ててるのか動きたくないのか区別がつかない
あっちもこっちもやっかいだらけだ
呪われてんなあ

500 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/25 23:39
記念500

501 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/25 23:41
ボー(略)からメールが来た
私の名前を騙って荒らしをしてるのは私じゃありませんだと
あのスレを見てる友人からそういうことになってるとメールをもらったんだと
一つのメールに長くて同じ文章が3回入ってて不気味だったわい
どうでもいいがうっとおしいのう

502 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/25 23:47
寒い雨が降ってます
そちらはもっと寒いでしょう
体に気を付けて

うちは煙草吸う奴の溜まり場だから窓は開けてるのだ
それで暖房はコタツだけ
部屋の気温は外とほぼ同じ
風呂入ってもすぐ寒くなる
湯たんぽが大活躍
ヌクヌクにしませう

503 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/26 01:53
おおーお前のカキコがある
なでだか嬉しい

メールって・・・まだ付き合いあったのか
俺は関わりたくねえ
けど気になってしまうあたり・・・騙ってる嵐なんか最近であったか?
最近あった嵐つーと毒女板の晒しageと松涛叩きくらいだったと思うけどな
それのことなのか他のスレであるのか どっちにしろ気分が悪い
タイミング悪すぎだよ
昨日うっかり生々と粘着あった時の気色悪さ思い出してたとこだ
考えてみりゃ2chで個人情報晒した俺が馬鹿つー話だったり

あーもーここ1ヶ月ろくなことがねえ
弱り目に祟り目ってなこういうのいうんだぜきっと
一旦落ち始めたらどこまでも叩き潰されそーだ


504 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/26 02:36
また被ったわけでもないだろけど
昨日ボーを思い出した時お前はまずいと思った
お前の保護者でもなんでもねえのに
お前とボー関わったら引きずられてまずいんちゃうかみたいなことを勝手に思った
でもよく考えてみりゃどっちかつーとひきずられそうなの俺だわ
つか、思い出しただけでどうもひきずられとるっぽい
ダメだな
今の俺は引きずられやすい

505 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/26 05:14
ふう
よく考えたらなんで俺が悩まにゃならんのやってのが
2個ほどあったな 危ねえ危ねえ
あと4っつほどどーしたものかって感じかい
つってもあと3っつはどーしよーもねえときた
やっとられんなーそろそろ交代せんかおいとか言ってみたり

たまらんなーえらい勘違いだったり
Aと俺の交換作業が始まっとる
あいつのは重すぎだ

あいつが死んだ時Aはおらんかったと思ってた
俺だけが頑張ったつもりだったな
混ざらず完全役割分担してたのは珍しい
道理で病院でのことあんまり思い出さなかったわけだよ
交換始まったら俺の記憶になるなーたまらんあー
これ絶対春まで続くぞ
一回医者逝ってみるかあ?
無駄じゃ無駄じゃとか声聞こえてくる気がするなムーミンかなんかのキャラで
どっかで薬だけ手にいれてえ 風邪薬と酒でも飲んどくか
いい加減にしやがれどいつもこいつも理不尽なんだよ!!!!!!

506 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/26 05:22
>>393
3年か?どういう計算したんだっけか
3年?なんで3年だ?おかしい
おかしい計算が合わん
俺いつからここにいるっけ
去年?去年の今ごろなにしてたんだ
おかしいなんでだ計算が合わない
俺今何歳だ
おかしいこんなの初めてだおかしすぎる
俺は混乱してるらしい
外から声がしている
呼ばれていくと狼にさらわれる夢を見るパターンだ
背中が怖くなる

507 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/26 06:33
抜けた
抜けよう
抜けれる

>>502
さんく
寒いけども体は丈夫だ
お前こそ湯冷めすんな

508 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/26 10:29
付き合いは無いよ
一ヶ月半に一回くらいどうでもいいメールが来て適当に返すことがある程度

粘着はなぁ・・・キツイよなぁ
関わらないように逃げるしかない
言葉通じないし、それが奴らの手口だからとにかく放置だ
「放置」ってのは相手への行動だけじゃなく、自分の感情や思考のことでもある
鉄壁のガードだ そういや防弾ガラスだっけ俺(w

509 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/26 10:43
ネットに浸かってこういう掲示板みたいなところに1年半いると、
自分の中の引き出しが減ることはあっても増えることは無いなぁと思う。
もともとネタで人を笑わせるか、たまに本気の話するかの人間だから
話題が豊富なわけでもなく、喋りも下手だ。
だらだらと話すことに意味を見つけ出せなくなってきた。
ネタや面白いことだけを名無しでやろうと思う。
ここは気楽に書けるスレだからいるけどね。あのスレは名無しになるよ。
おにーちゃんのカキコが少ないと無茶苦茶寂しい。でも自分も同じ事してるから言えねーな・・・

510 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/26 10:47
仕事始めるとまた普通に話せる気がする。
だからといって仕事するつもりはないが、誕生日までと思っていた誓いは破ってしまった。
だめだめじゃあん。どうでもいいけど。
おなかへった〜。リアル友達とマターリしてるとネトモとの付き合いが疎かになる。
一つのことしか出来ないと困るなぁ。かわいいネトモと疎遠になりたいわけじゃないのよ。
したくてしてるわけじゃないのよ・・・多分。
ここで言い訳してもしゃーねーな。

511 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/26 10:48
ネトモはしばらく切る。
二回目だな。そろそろ呆れられるかもな。
さよならありがとうお友達。

512 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/27 06:48
眠いんだよ・・・自覚してる以上にやわだな俺は
弱い自分は嫌いだ 勝っていけない自分に反吐がでる

513 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 08:48
薬飲んでも寝れないのかい?

514 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/27 14:34
情けねえ
緊張で吐きそうだ
人と会うのは久しぶりだ

515 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/27 14:38
ここまでの交渉で精神力使い果たした
それが向こうの作戦だとしたらたいしたもんだよ狙い通りだ
1つの会社にとって俺の持ち物なんかどうでもいいことだろうに
それがこっちにどんだけ大事なもんかなんて関係ねえ
ここまで交渉粘ったことじたい俺にしちゃよくやった
数年前の俺ならしょっぱなで泣き寝入りしとる
褒めてやれ?褒めてやれ?
理性が自分を許せと攻め立てる
冗談じゃねえ
結果が伴わなきゃ意味がねえ
実の結ばない努力なんてなんの役にも立ちはしない
努力すれば報われるなんて御伽噺はもう信じちゃいない
あと2時間半だ
約束の時間に俺はいけるか?
萎えきっちまってるよもう
情けねえったらありゃしねえ

516 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 15:20
がんばれ
俺はセクル終わって寝るわけだが
終わるとセフレなんてどうでもいい罠
別れよう
全く俺とおにーちゃん足して二で割ったら丁度いいんじゃないかと思ったり

517 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/27 15:22
勇気を祈る
いつもほんの少しの勇気を祈る自分に
いつも足りなくなる
勇気が欲しい
力が欲しい
強靭な魂が欲しい


518 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/27 15:25
>>516
をいをい
セクル禁止ちゃんかと
足して2で割ってもまだ余りそうな罠


つか、薬はもうない
元々古いのちびちび飲んでただけだ
飲み干しちまって残ってねえ
仕入先がなー・・・・こっちにはあてがねえなと
非常手段に訴えるぞゴルアーーーーーーーーーーとか叫んでみる

はぁ
風呂入ってでかける準備しよ
動けんなる前に

519 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 15:34
心療内科で「眠れないんです」って暗く訴えると睡眠薬もどきはすぐ貰えるよ
俺もどうしても眠れないとき二ヶ月に一回くらい飲むだけだからまだ残ってる
一回診療したら3千円くらい取られるけど次回からは薬代だけでいいので薬貰うためだけに逝ってみるのもイイ
薬代は600円とかだしな
ネットだと闇で買えるらすい
やばいクスリ(ハイになる)もツテはあるけどオススメはしない
ヒキになって一番いいのは眠れなくても次の日のこと考えて無理に寝なくてもいいことだな
寝れなさすぎて体中に湿疹が出たり倒れたりしてもヒキだと困らない

520 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 15:37
セクル禁止なんだけどね・・・・体が好きだからー
いい体してんのよー
性格はうざいんだけどねー
どうも大人しいというか気弱な奴に好かれるみたいだ
マタークタイプじゃないのに
そろそろ切るぜ〜
次・・・・探すのメンドイ

521 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/27 16:16
ヤバイ
心臓バクバク
もーあんまし時間がねえ
ヒキってる間に根性出し方忘れた
こうして考えてみると働いてる間中俺はずーっと
自分に気合入れ続けてたんだ
疲れて当然だっちゅーの

ヤバイな
緊張しまくり動悸がおさまんねえ
相手に飲み込まれちまう罠
もーどーでもいいから終わらせたくなってたり

俺は悪くねえのになー
かんっぺき向こうのミスなのにちくしょーー!!!!!

522 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 18:09
ああ。。。また友達が来た
寝れない。。。
「帰るつもりがヤーメタ」だと
ヽ(`Д´)ノ
物凄い勢いでインターホンと電話を鳴らされてうるさいのであえて無視していたのだが
同居人が帰ってきて友達だと分かった
またこいつはロマサガ2を16時間くらいする

523 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 18:12
腹が立つので喧嘩してやろう
遠いところから来た友達だが関係なかろう
あーもう

524 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 18:28
土産に漫画を買ってきたようなので許す
ミルクティーでも入れてやろう
現金だな俺

525 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 18:52
あーつまんねえええ
ひまーひまーー
だりーーー
だーーー

526 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/27 20:12
占いなんかするんじゃなかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

527 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/28 04:20
眠れねえ
心療内科なー病院いきたくねえんだよなうざいから
一回逝ってしまや一番安上がりにつくんだけどなー嫌なんだよなー
初めの頃風邪薬でも寝れたんだけどな
今でんでんだめだ
ネットの闇売買は高いうえに怖いでなー今いちだし
俺の場合倒れたりはまるでねえでいいんだけどなー苛々すんだよな

だーそれにしても腹がたつ
人のもん台無しにしといて半額で買い取ってやるから文句いうなだと
それで物返してほし気りゃこっちが金だしてそれ買い戻せだとよ
ふざけとんのか?
どこの世界に自分のもん帰してもらうんに金払う奴がおるんじゃああああ!!!!

528 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/28 04:58
あーやっぱりあれだよな
なめられてんだよな
うざいクレーマーが金ほしさにごねとるとか思いやがったんだろーな
初めっから最後までむこうのミスなのにちくしょー腹たつ!!!!!

寝れん!!!
腹減ったがのど通らん罠
つか、昼ものど通らんかったし
だーせっかくつけた筋肉落ちまくりやんけ!!!
どこいったんやねん俺の体重はああああああ!!!
減りすぎじゃっちゅーの!!!

たまらんなーこんな時に限って形見だよ
よりによってあいつの形見だ
はっきり親父の形見だっていえたら違ったとでもいうのか?
俺が口にごしたのが悪いのか?
はっきりいえる立場じゃねえええええええええ
ああもーそれだって俺のせいじゃねえじゃねえか
世の中理不尽だ
みんなまとめて呪われろ!!!!!

529 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/28 05:28
ようやく風と雹がやんだ
朝からずっとひでえ荒れ模様だった
こっちに来るまで嵐ってのを知らんかった気がする
石がとたんにあたり続けるようなバラバラひでえ音がする
光ったと思ったら腹の底に響くくらいの雷が鳴り続ける
お陰でパソができねえのが痛いけど強い風は気持ちいい
街路樹がうねって窓がガタガタゆれるくらいの風がいい
太陽なんて何日も見てねえ
一日中ひたすら荒れまくる
これはこれでまたいい気がする
荒れるなら屋根吹き飛ばす勢いで荒れてしまえばいい

530 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/28 07:42
さむーいはらいたーいだるーいねむーいぱやぱや

531 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 05:59
・・・眠れねえっ!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::

532 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 06:01
いや、ルパンの転用が悪いってんじゃなくてさ
はっきり覚えてねーんで俺の記憶違いかもだけど
そのネタ作ったの俺な気がしただけ・・・なんではっきり覚えてねんだ?
つって、時々記憶の改ざんがあるではっきりそうと言えねえ気分
違ったらずーずーしい嘘扱いだしなーとモニャモニャした気分だったり

533 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 06:08
ワイン開けてもねむくならんどー
どないせいっちゅーねーん

534 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 07:33
あのルパンのはゲーム板で見つけたよ
でもすぐコピペで広まるから元ネタはワカンナイ
せーりで腹が死ぬほど痛くなってたのだが、ハーブティーを飲み始めて二週間
今回のは少し軽い
やはり効くのだろうか
マリーゴールドのハーブティー
とてもせーり痛が重い家系なのだが妹が半ば自棄で購入し効いたので飲め飲めと
2ちゃんで調べたらしい
健康板なのかな 覗いてみよう

535 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 08:49
なんだあそこは・・・・見てるだけで気分が悪い・・・・・
やめやめ
音楽でも聴いてまたーりします

536 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 11:30
あそこってどこだ・・・

537 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 11:34
あ、健康板ね
今まで何回か覗いたことはあったんだけど、なんか気味悪いのよね
なんでだろーなんでだろー
そういう板ってたまーにあるよね
生物板にいると安心します

538 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 11:40
名無しになると誰が誰だかわからないっぽぃ
しかも女に見えるっぽぃ
逆手にとって実験クン

539 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 11:56
560か?お前だと思ったけどなw

俺は他板でなんと30代の医者かカウンセラかと思われてたり・・・ワラ

540 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 12:02
わはは
むつりの文章は途中でいきなり話が飛ぶから分かりやすいと思うけどね
連想したものをそのまま書くからトテーモ特徴があると思うんだが
むつりもある板では知的で説得力のある論理的な人だと言われ女に口説かれますたよ
ワラタよ
名無しでネナベやるとたまに口説かれます
あの板でも数え切れないほどされた ウケルよね

541 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 12:10
年齢とか性別きかれてでんぶノーコメントで勝手に想像しる
つっとったら酸も甘いも噛み分けた50代離婚暦ありの子持ちやもめ根性悪の母親持ち
つー想像されたこともあったり
そこではひたすら丁寧語だけでしゃべっとった罠
そりは何か褒めとんかいけなしとんかいと心の中で小一時間

542 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 13:28
はらいてえおち

543 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 13:34
だめだ やっぱおち ばいばい
やっぱ空想妄想が一番だね 
俺って奴ぁ・・・・・最高
自分で言うな(゚∀゚)アヒャ

544 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 19:13
そろそろバイトするかな・・・たいぎいな

545 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 19:18
たいぎいって久しぶりに聞いたw
おにーたんたまに懐かしい言葉言うのが好きw
たいぎい。。。

546 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 19:39
懐かしいのか
普段一戦で使っとる言葉だったりするわけで
つか、お前四国だっけか?四国でもたいぎいって言うのか
四国の言葉って岡山と似とるよなー
俺香川県しか知らんけど

547 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 19:49
四国の人が言うね
私は使ったことないけど、女の子でも土着してる子は言う
なんていうか、方言使うタイプの子
私は方言は元々ほとんど使わないんだー
イントネーションとか言い回しはそのものだけど、単語を知らないのだ
おじさんとかが「たいぎいのー」ってよく言うよ

548 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/29 20:11
たいぎいのーっておじさんなんかいっ!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::
俺クソたいぎいとか平気で言っとったけどな

方言でかわいくて思わず気に入ったのが
長野県の「せつねえ」だな
初め冗談で言っとるんかと思っとったけどマジで大の男が「せつねえよう」とか言う
方言結構好きなんだけどな
リアルで親しくねえ奴と口きく時は標準語になる罠
敬語で方言ってのがないからなんだろなーと

549 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 20:17
「せつねえ」って「切ない」とは違うの?
うちの妹さんは寂しいときや悲しいときは「切ない」って言うよ
おじさんがよく使うけど、中学生の女の子でも言うよ>たいぎい
こうやってダラダラ話をすることを「よもだ」と言うのだ
これが好き
「よもだ話やのー」とか言う
「よもよも言わんとしゃきしゃき働け」とかも言う

550 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 20:25
私立探偵スレでわくわくしてたのに煽りがうざい
マジであいつら死んでくれないかな>煽り屋
ああもうあの素晴らしい板はどこにいってしまったんだ
もう戻らないのか
カナシイ悲しすぎる
チャットしたいならどこか余所にいってくれええええ
愚痴は嫌いだがもう我慢できないよおおお

551 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 20:27
萎え萎え萎え萎え萎え萎え萎え萎え
理系板に帰ろう
ああふるさと理系板

552 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 22:02
探偵さんに惚れそうですワラ

553 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 22:55
腹が痛い
朝痛くなかったのは錯覚だったようだ
これどうにかならんかねワトソン君

554 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 23:43
痛い痛い痛い痛い痛い痛い
死にたい
死ぬ方が絶対楽だ
もうねあほかと
子供産まないで良いから子宮取りたい
パソコンしてる間だけは少し気が紛れるよ
必死な顔してパソコンも怖いね
それでもね あまりの痛みにパソやめると泣いてしまうんだな
唯一同居人がいても泣いてしまう
もういやたすけて
なんなのよこれは
痛いよ痛いよ
お腹だけ取り外したい
包丁で刺して子宮をそぎたい いらないよ

555 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/29 23:51
へその下からナイフを刺して子宮を裂いて中に入ってる血を掻きだしたい
そしたら子宮も使い物にならなくなるだろうからそのまま切断したい
お腹を刺すとその痛みでこの痛みは消えるだろう
薄く肉をはげばいいかもしれない
お腹にダンプが突っ込んでお腹だけぐちゃぐちゃになってる
そういう感じ
実際そうなったら人口お腹になればこの痛みも無くなるのかな
皮肉なものです
痛みは同じ
冷たい鉄球でお腹を殴られ、蛆虫を腹の中で飼うように鉄のシャベルが私の腹の中で
自生して中から肉をこそげおとしています
よくもまぁ、こんな状態でこんな冷静くさい文章が書けるものです
しかしきっと読み返すと気持ち悪いのだろう
女って不思議だね

556 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/30 00:03
ああもうだめ会話が出来ない
どうすればいいのおおおおお
ああああああああああああ

いつもどうしてたっけ
いつも、、、
いつもどうしてたっけっていつも必死になって考えてた要泣きがする
ばかだなちょっとは学べよああもう
ああああああだれか〜〜〜〜

557 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/30 00:12
・・・あっためたりとかしてもダメなんか?
うーむわからんしなー
あったかいココア飲んで背中と腹にカイロ貼るとか聞いたことあるけどな・・・
>>692

558 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/30 00:11
・・・あっためたりとかしてもダメなんか?
うーむわからんしなー
あったかいココア飲んで背中と腹にカイロ貼るとか聞いたことあるけどな・・・

559 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/30 00:49
薬が効いてきた カイロは四枚貼ってる デカイやつを フフフ
夏の間に買い溜めしとくのだ 

560 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/30 01:05
色んな人がいるものだなあ
なんか感じ方はおにーたんと合ってる気がするけど、普通は、というか
他の人は違ったりするんだね
そっちのが主流だったり
ようわからん
寝よ おやすみっ

561 : ◆a6Riz1rmVg :02/11/30 03:31
朝昼逆転をなんとかせんとバイトも何もねえなー
ホストでもやるか?w

562 : ◆bH/8dsJm4. :02/11/30 10:58
もう市販薬では効かない
机を漁っていたらボルタレンを発見
親知らずを抜いたときに何かに使えるかもしれんと思い、
痛み止めの処方を書き換え(一応先生の了解はとったが犯罪ね)、
12回分手に入れたのだ
初めて歯医者に勤めていて良かったと思った

563 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/02 03:18
>>549
切ないのことだけど
リアルでいう奴初めてみたし
なんか恥ずかしく思うのは俺だけなんだろーか

564 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/02 03:27
それにしても最近のこの記憶の甦りはなんとかならんのか
元々忘れる方じゃねえつっても溢れすぎだ
参ったな
俺は1つ1つをどれも流しきれずに終りにできないまま
ここまで持ってきたらしい
どうやったら終わらせれるのか皆目見当もつかねえ

565 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 14:54
いいなーF9とAntilope・・・・
ガンガンクル
飛べる
>>563
妹が言う度に俺は笑ってたよ
そういうことをいけしゃーしゃーと言える奴って羨ましいよ

566 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 19:54
見つけてきた
めんどいのでここメモ代わりにする

567 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 19:54
記憶力向上のメソッドを提示しておこう。

1、自律訓練法を行う。(言葉による暗示)
2、五感を使用する訓練を行う。(イメージによる暗示)
3、常にイメージ化を心掛ける。

1、自律訓練法を行う。
公 式
 自律訓練法には、背景公式を含め、7段階の公式がある。
これらの公式を頭の中でゆっくりと繰り返す。
背景公式 「気持ちがとても落ち着いている」
第一公式 「両腕、両脚が重たい」(重感練習)
第二公式 「両腕、両脚が温かい」(温感練習)
第三公式 「心臓が規則正しく打っている」(心臓調整練習)
第四公式 「とても楽に呼吸をしている」(呼吸調整練習)
第五公式 「胃のあたりが温かい」(腹部温感練習)
第六公式 「額が涼しい」(額涼感練習)

注:第一、第二公式は慣れないうちは片方ずつ行ってから両腕・両足と
した方が良い(例:左→右→両)。

568 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 19:54
自律訓練法を始める前の心得
1、公式を頭の中で静かにくり返す(上記参照)
2、静かな場所を選ぶ
3、腕時計やベルトを外す等して楽な格好で行う様にする
4、空腹時は避け、トイレは済ませておく
5、楽な姿勢で行う
6、練習後は必ず消去動作を行う

・消去動作 消去動作は両腕の屈伸を5〜6回、大きな背伸びを2〜3回し、
 深呼吸をしてから最後に目を開ける

569 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 19:54
2、五感を使用する訓練を行う。

 自律訓練法を行った後にやってみよう(自律訓練法をマスターしていることが条件)。
方法は自律訓練法とほとんど同じ。

1、視覚
「色が見えてくる。」と自己暗示し、自然色が自然に現れてくるようにする。
自然色が見えるようになったら、虹の七色の中からどれでも良いので指定し、
その色が見えるようにする。それにも慣れたら、風景を見えるようにする。
2、聴覚
「〜が聞こえる。」と自己暗示し、小鳥のさえずりなどをイメージする。
3、触覚
「砂がざらざらする、アイスがひんやり冷たい」のような感じで触覚をイメージする。
4、味覚
「〜が甘い、〜が苦い」等の様に味覚をイメージする。
5、嗅覚
「煙草の匂いがする」等の様に嗅覚をイメージする。

 全てに言えることだが、簡単なものから段階を踏んだ方が良い。

3、常にイメージ化を心掛ける。

 そのままだが、何か考えるときは出来る限りイメージ化して考えたほうが良い。

570 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 20:13
俺が貼ったやつじゃないやつを探してたらSが来たときのレスを読んでしまった
あいつ・・・・なんで板から追い出されたんだろうな
本当に不思議だ
何か気にくわないところあるか?
気に食わなかったら無視すればいいレベルじゃね?
俺も昔のコテでは追い出された口だけど、それは理由があるから納得出来るし
むしろ居ては逝けないと自分でも思ってたくらいだったからなあ
ワカラン
しかも荒らしてるのはここのコテだろ?とか言ってたな
あれはSだったのだろうか
Sが来ても全く問題ないがなんであんなに粘着がいるのかワカラン
ワカランから不愉快だ

571 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/02 21:13
さっきは余計な世話クドクドとすまんかったなー

SってSか
わからんな
ジサク多かったからか目立ってたからか
正直俺は別に好きじゃねえけどいても構わんレベルってあたりだったな
つか、いたかったら居座るだろーと思ってたけどな

荒らしとるのここのコテだろっつーのは
なんとなく俺のことかぁ?とか思ったりしたわけだが
どーも俺嫌ってる名無し確実におるしな
前の荒しと同じかどうかはわからんが

572 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 21:42
>荒らしとるのここのコテだろっつーのは
>なんとなく俺のことかぁ?とか思ったりしたわけだが
>どーも俺嫌ってる名無し確実におるしな
>前の荒しと同じかどうかはわからんが

同じ事を思ってたわけだがw

573 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/02 22:02
>>572
ワラ

つか、おまいはスレでS好き言い切ってんじゃん
あれは俺のことだと思うわけで

でなくともSがいなくなってから来たとか思われとるみたいだしな

574 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 22:04
自作自演疑惑があれば何言ってても信用しないだろああいう連中は
どうでもいいか
気にいらんからって荒らすような連中のこと考えても仕方ない罠

575 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 22:22
仕事自体は楽しいんだよ
どんなに辛くても達成感がある
それに仕事中は大して言われないし
確実に旨い物を作るっていうのは素晴らしいぜ〜
一回旨いおせちを食ってみ
とは言っても普通はマズイんだよな。。
酒が飲みたいなあ

576 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 22:36
おせち作り誰か動員したいなぁ
同居人も友達も連れて帰ったことがあるけど「二度と行きたくない」って言われてるし
弟はなんだかんだで逃げて帰ってこないし
はぁー
確かに今までやったどんな仕事より辛い罠
私が帰りたくないって言ったら「バイト雇えば?」とか簡単に言われるけど
誰がやるかって感じだよ・・・・
バイト代だってそんなに出せるわけでもなく
しかもそのあと一人で除夜の鐘を聞きながら店の掃除をする俺
しなくてもいいのに壁から床からすのこから全て磨く
真面目すぎるんだよ俺は 自分で言うのもなんだが

577 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 22:38
ああ恥ずかしい
仕事の愚痴を言うことほど恥ずかしいことはない
今まで言ったこと無かった
やっぱり言うべきことじゃない
後悔してもし足り無い
恥ずかしい
俺は馬鹿だ・・・・・・

578 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 22:44
ネットし出して言うべき事じゃないことまで言って後悔して
俺は何がしたいんだろう
自粛しなければいけない
・・・・これ何回目だ思うの
もうね、あほかと

579 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/02 22:49
しかし他のバイトやって思うのは、
金って簡単に稼げるなあと
普通の仕事ってなんでこんなに楽なんだ?と
もちろん辛い仕事や役職の人は大勢いるんだが
日本が不況で云々
どこがだ
あー・・・今日はもう寝よう・・・

580 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/02 23:11
仕事の愚痴言うのなんて労働者の権利の1つだと思うけどな
うまい経営者ってのはそれでわざとガス抜きさせて
金以外のとこで意欲高めさせるもんらしいし

つか、愚痴言うのの何が悪いんだ?
直接あう仕事場で毎日愚痴聞かされるのはたくさんだが
匿名で顔の見えん掲示板なんて利用価値はそのあたりにあると俺は思っとるが。

俺から見たらおまいは言うべきじゃない事いっちまって自粛するよりは
言ってもいいことと範囲を掲示板で手探りで覚えりゃいいように見える
普段しねえこと、できねえこと、場合によっちゃしたくねえこととかも
手探りで練習がてら、実験がてらやってみれるとこってのは貴重だ
2chなんて絶好の場だと思うけどな

581 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/02 23:12
まあ俺がそう思うってだけで
おまえもそう思わなきゃならんわけじゃねえけどな

今日の俺はちーっとお節介かもな
悪いな
そうゆうモードらしいw
で、落ち

582 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 00:33
起きた
どうも20時間寝たら寝れん罠 そらそうだ
ちなみに「じゃ」以来書いてないよあっち
そのままコピペってのは出来るだけしないようにしてる
なんか書いたりとか
愚痴言うのは別にいいと思うよ
でも俺はそれを職業にしてるわけじゃないし、毎日そういうことしてる人はいっぱいいるわけで
恥ずかしいじゃん
そういう人は愚痴ったりしないし
個人的に残らないとこで話すならまだしも、不特定多数の人に見られるようなとこで
発言するべきことではない罠
もちろん言ってしまいたいよ
でもスッキリ度よりそのあとにくる赤面度のほうが大きい

583 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 12:09
ああーああーはにーはにーはにー
なんで別れてしまったんだろーなんで離れちゃったんだろー
離れたくないって言ってくれてたのにー
今まで通りにしてくれってお願いされたのにー
ああーあーああーあーーー
ちゃんとご飯食べてるのー友達からあんたがおかしいって聞いてもうどうしていいかわかんないよー
ばかばかばかばかそっちが悪いんでしょーーーーーー
いやそうでもない
私だってさせなかったし
でもさああああああああ
ああああ戻りたいよおおおお会いたい会いたい会いたい会いたいもうだめぽ

584 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 12:12
普段憎まれ口しか言わないくせにーーーーー
こーゆーときはしょぼんてするんだからーーーー
分かってるよーあんたがいい人なのは知ってるよー
一番信用できる人なのも分かってるよーーーーーー
でも関係がおかしかったじゃあああああん
好きでも相性が良くても関係が良くないのに続けるわけにはいかなかったじゃあああん
でもさーーーーーーご飯ぐらいは食べてよーーー
授業も出ずに閉じこもって話さないって・・あんたが・・・・?
うわーんもうどうしたらいいんだよおおおおばかばかばかばか

さようなら

585 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 12:15
さよならじゃねーよおおおおおお
さよならしたくねーんだよおおおおおおおお
でも言えなかった罠
そっちはそっちで人の意志を尊重する人だから何も言わなかった罠
悪い方に悪い方に流れるねえ
あーあーあーあーあーあーあー
何が違ってれば良い結果になってただろう?
私がもっと遅く生まれていれば?同じ大学だったら?あなたが年上だったら?
お互いもう少し大人だったら?
どう考えても今以上にお互いを好きにはなってなかっただろうなあ
ということはこれが限界なのか?そうなのか?これが?
またループだよおおおおお結論出てたんじゃなかったのかよおおおお

586 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 12:19
仕事すれば忘れられるかなあ
しないのは忘れたくないからなのかなあ
絶対そうだろうな・・・・・・・
でもさあ別れたんだしさあ、いつまでもこのままじゃいけないわけよ
そんでさあ、ちょっと戻れるかなとか思っちゃったりしちゃったり
ばかだよなーああもう、ほんと、ばかだよなー
でもさあ好きだけどさあ、結婚したいとは思わないよなあ
いやしたいけどさあ
うまくやってけそうにないよなあ
ということで忘れるべきだよなあ
もう24だぜえええ
くだらないことしてる年じゃねーっつーの
よしよし結論じゃ

587 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 16:20
メールしてしまった。。。。
アドレス削除して着信拒否にまでしたのに。。。。
なにやってんだ俺。。。。。。。。。。。

588 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 16:57
メールの返事がもらえないのが怖いのでまた着信拒否にしてしまった

なんつーか、

もう自分が嫌だ

589 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 17:10
仕事しる>俺
もう何も考えたくない
疲れた
しんどい
長い
まだなのか

590 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/03 17:22
しばらく離れます
多分戻ってくると思う
また会おう

591 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/04 19:34
復活はやっ
ネット初めて本格的鬱になることが無くなったような
いいことなのかな
しんどいんだが

592 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/04 21:14
わらわらわら
ま、いーことちゃんかと

久々に脳みそフル活動したらオーバーヒート気味だ
頭使ったら腹減るっつーのは本当だったらすぃ
ひさびさに3食食えた
脳みそが食うのブドウ糖だっけか
菓子だけ食っときゃいーような気もしてみたり

593 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/05 03:11
ほんっまに薬欲しくなってきたぞゴルア
なっんで眠れんなるかなー
動いてないからか?
だー頭ん中ミミズがはうような気がする!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::
薬薬薬薬薬薬薬薬が欲しい

ってまるでヤクチュウやんけ俺
マジ医者行くかあ?いやだなー激しく嫌だー市販しろー

A、いい加減に大人しくしようぜ
なんで俺がおまいにふりまわされにゃならんのや

594 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/05 14:32
ふぅ こっちに書きゃよかった
つか、ダメだ頭から離れんなった

神無月の頃

奥山に猫又というものありて人を食ろうものなりと人のいひけるに
山ならねども、これらにも、猫のへあがりて猫またになりて人とる事はあるるものをと
いふものありけるをなに阿彌陀佛とかや連歌しける法師の

かけいのしづくならではつゆおとなふ物なし
この木なからましかばと覺えしか

仁和寺にある法師年よるまで石清水を拜まざりければ心憂く覚えて
ある時思ひたちてただ一人かちよりもうでけり

徒然なるままに日暮らし

595 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/05 14:37
・・・・どれも部分的にしか思い出せねえ
なのに頭から離れんとはどうゆうわけだ
流れ初めてるなあ
これは俺はもしかしてまた変わるかもしれん
まるでメモリーの書き換え準備してるみたいだ

それにしても古典
なんて意味がねえ授業だったんだろう
どうせなら本まるまる1つやりゃいいのに
部分部分だけをとりだして何の意味があったんだろう
全体の意味を教えずここだけ覚えれってのが大嫌いだった
ああそうだ
それで余計なとこまで読もうとして怒られたことがあった
学校ってほんとに意味がねえ
クズの養成所だった気がする
それなのに残った未練を捨てきれないでいるな
いたとしても溶け込みきれたわけもねえのに

596 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/05 17:59
なーなー、自明のことを聞いてくる奴って何なんだろう?
最近あのスレでは減ってきたからそうでもなかったんだけど、
やっぱり腹が立つ罠
一時期切れてたのは人のレスに対して「どういう意味?」って聞いてくる奴
ちょっとは考えろよ・・・・・・
しかも重要なことならまだしも、どうでもいいことを何度も何度も・・・・・・
他スレでも結構あって、うんざりなんだよー
そりゃ俺は伝達能力が低いかもしれんが、俺に対してだけじゃないんだよな
ちょっとでも分からないと「それどういう意味?」「それは何?」
初心者なのか?どうしてみんな検索しろよとか言わないんだ?
一応放置が基本だし、みんな結構放置してるからまだいいんだけど、
多すぎるんだよ!なんかがっくりくるよ。
しかし俺も愚痴多いな。もうあの板、板ボタン登録から消してるからモウイイ。諦めよう。
しかしもう一回されたら今度は切れそうだ。大丈夫か俺。

597 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/05 18:07
じっくりロムるってことが無いんだろうなぁ・・・・・・。
読んでれば分かることなのに・・・・・・・・・。
掲示板ってそうそう簡単に書くものじゃないけど、2ちゃんって簡単に書けるんだよな。
特にあの板はな・・・・。

古典を本まるまる一つやったら相当偏るんじゃないか?
義務教育ってのは広く基本を網羅するものだから、一つに集中するのはあまり好ましくないのでは。
好きなら勝手に本読めばいいだけだし、俺は高校の授業の時勝手に問題集やってたよ。
現国の先生は全く授業をしなくて、愛媛の歴史だとか我が校の歴史だとか
ちょっとあった面白い話だとかを一年中やってたから聞く気にもなれなかったな。
相当人気はあったようだけど・・・・。
そういえば問題集やら参考書やら塾、通信教育の類は高校だけで50万以上使ったな。
大学行かなかったから何の役にも立ってないわけだが。かわいそうな親。

598 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/05 18:18
俺が大学行かない、専門に行くと決めたときのみんなの反応・・・・今でも思い出すな。
まず学年主任は数学担当だったんだけど、結構いい人だったんだよな。
なんかかわいらしいというか。おっさんなんだけど。
授業中に倒れたりしてたから「竜馬!今日は大丈夫か?」とかデカイ声で叫ぶのはちょっと嫌だったが。
俺が大学に行かないと決めると授業中に「みんな、足を引っ張られるなよ!大学行かないって逃げる奴もいるからなー」
とこっちを見ながら言ったな。すごいショックだったなあ。
担任は何度も俺を呼び出して「頼むから受験だけでもしてくれ。愛媛大学でいいから」
とか泣きそうな顔してたな。「なんでお前の成績のために受験だけせないかんのや。
受験料払ってくれるならいいけど」・・・言いたくても言えなかったなぁ。
延々と話を聞いて最後に「もういいですか?」と冷たく言って帰るのが精一杯だった。
大学行かない奴なんかいなかったもんなぁ・・・・。専門行くのも看護婦しかいない。
国語だけで早稲田行くか5教科で北大の獣医学部行くか大阪の外語大学行くか
あんなに相談して迷ってた奴がいきなり訳のわからん専門学校行くことになったら
そんなもんだろうか?理由も聞かず。
あの頃は諦めてはいたけど、クラスメートですら白い目で見てたからなあ。
何の後悔もしてないが、世の中ってそんなもんだよなあ。

599 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/05 18:27
卒業前に貰った紙には引いたなぁ。
未だにあるよ。
学年全員の「その後」。
3年1組から11組まで、誰がどこの大学行ったか全員書いてある。
「変な学校だなあ」ってのはずっとあったが、少し引いたな、さすがに。
専門の友達に見せると「お前の学校はおかしい!」と口々に言われ、
「あーやっぱそうだったんだ」と納得した。
笑えるのはそれでも東大に行った奴は一人ってことだ。
中流家庭のぼっちゃんおじょうちゃんばかりのくだらないプライドの塊。
ところが全く変に思わない県民。むしろいい学校だと。
本当に出て良かった。

600 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/05 18:30
どう考えても我が強いんだろうなあ。
相当嫌いな言葉なんだけどなあ。
なんでこんな人間なんだろうなあ。
なんの原因も無いんだよなあ。
は〜
600ズサ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

601 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 03:05
つーか誰だよ
わざわざあのスレのコピペした奴
粘着か粘着なのかと小一時間(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

コピペ野郎はともかく257は誰だろう
あんな前に書いた奴よく覚えてやがるよなー、と
ちょとびびっちまったい

602 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 03:16
257はHみかMにだと思う。
コピペは粘着だね。
ファンにもなれば粘着にもなるタイプかな。
そういえばbドーからまたメールが来たよ。
一応返事しておいたけど、正直内容がよく分からなかった。
なので適当に返しておいたけど、メールがとても嬉しそうだった。
さあてどう転ぶかね。

603 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 03:20
俺もHかと思ったんだけど
FがHはそんなことしねえつったからさ
まあ会話じたい勘違いして言った可能性もあり、か

bドってお前なー
ええ加減返事するのやめときゃいいのに
なんだかんだで期待して続く奴だぞああいう手合いは

お前の勝手だけど

604 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 03:23
ファイル貼り場にイカロスがあってびびったなー
でも曲調がかなり違うんだよな俺の記憶と
もっと重たい暗い曲調だった
学校じたい暗かったからかな
あの頃の俺は心のどっかで絶望感じてた気するもんな





時々どっかで
俺はやっぱり
同情されてんだなと
思うことがある

605 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 03:39
>俺もHかと思ったんだけど
>FがHはそんなことしねえつったからさ

わからん(;´Д`)
Hみかと思ってたけどFきが違うって?
Hみは言うよ(w

同情ねえ。。。同情だと思ったら跳ね返してもいいんじゃない?
放っておいても年取れば許容度は広くなるんだし、ネットなんだし、、、
と思うけど。

606 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 03:41
あ、嫌だったらってことね。
同情されて嫌じゃない場合も結構あったりするしね。
私がおにーちゃんの立場だったら、少なくとも余計なお節介が多くてうざいと思ったり。
名無しに特にね。w
それを受け入れてていつもスゴイナーと思っているのでありました。

607 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 04:17
うざいと思うことがないわけじゃねえけどな
名無しのは結構はねとると思うが。
でも他のははねる気がない。
なんともいえんありがたみに似た感触も同時に感じとるでな。今は。
同情に感じて思うことがあるとしたら
「嫌」とか「腹立ち」とかじゃなく「そこはかとない淋しさ」みてえなもんだな

労わりとか情けとかと、同情はどう違うんだろうな。
思いやりと優越感との差ってあるもんなのか
実のところ俺はそういうのがわかってねえな。
わかってないなりにそれでも
許容度は今までで今が一番大きい。
俺は今変化期で過渡期にきている。それを肌で実感している気がする。

だから、凄いとか凄くねえとかいう問題じゃねえな。
単に「違い」でしかねえと思う。
俺はおまいがあのパソ使ってくれたら嬉しいけどな←余計なお節介w

608 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 04:18
む?話がもしや食い違ってるのかな?
257のみ だよね?257のみだけだとHみかMにの可能性が高いとオモタ
ネタ好き・おにーちゃん好きだからねー
おやすみん

609 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 04:20
そそ257のみ
俺もHみと思ってるんだが。
つか、おにーちゃん好きってなんやねん
ヤシらはゲイかい

つーかもう寝るんか?
例の画像見つけたんだが明日にするか
ま、いつでもいーやな

610 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 04:22
さーよくワカランチン
あたしあんまり同情される人じゃないしーw
しかし余計なお世話だと思ったら態度に出まくるな
むしろ勘違いで後悔したりすることも物凄く多くてそっちに困ってるわけだが
パソねーw もうちょいまってw 引っ越しするときにダンボールやりまくりのときに
一緒にやろうと思ってたり
送るのは遅くなるかもなー年明けたら怒られるかなw
よし寝るぜええええ 今日は他板で良い気分になったよー
煽りやってた人がなんかかわいくていい人で面白かった
おやすみいいいいいいい

611 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 04:24
息子とか弟とかのノリじゃない?
おにーちゃんの考え方とか聞くのが面白いんだろうね
画像ありがとね また今度w 薬が効いてきてるので今農地にねる

612 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 04:25
別に怒らんだろw
引越しっていつするんだったっけか

まーいーや寝れ
今度俺がメッセつないどる時にかち合ったらメッセしてこい
俺のお薦め画像やるぞ、と

つか、おもろい板は俺にも紹介しる!!

おやすみ

613 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 04:30
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1039093567/
ここ(www 

614 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 04:31
あ?わざわざ悪い
寝る時期逸するなよ
さっさと寝れ

615 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/06 04:46
ふぃ〜巡回終わり
面白い板って言っても最近は理系全般と数学板だなぁ
あとは占い板と少女漫画板と国際情勢の特定のスレだけかな
他にもたまに行くけど、理系板が一番いいな
落ち着くよ・・・・・・

616 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 04:51
コラコラ薬効いとるうちに寝るんちゃうんかと
さっさと寝んと時期逃すぞと小一時間

617 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 17:32
視界がゆらいだ
俺が見たのはAが見た風景だ
それで思い出した。お前が死のうとしてたことを。
俺が「思い出す」って形でお前の見たものを見る
お前が感じた風を俺が感じてる。
吹き付ける風が冷たい
不思議と気持ちいいくらい冷たくて痛い
「思い出した」はずの俺が妙にふっきれたような冷めた感じで風を感じている
同時にお前が煮えたぎったあとの力の抜けた抜け殻みたいに
無気力で海を見ている

俺は俺が見た風景を思い出す
俺が見た風景もAにみせようとする
身を切るくらい痛くて冷たい風が吹いていた
真夜中の海岸に一人
寒すぎてカップルも誰もいない夜
みるみるまに雲が追い払われてその上に満点の星が見えた
目に焼きつくくらいすごい星の数
見ると海が光っていた
星が海に写っている!激しい興奮
宇宙に閉じ込められた気がした夜

618 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 17:41
足が濡れるくらい近く、波打ち際に行く
波が引いた後の濡れた砂がまだ光っている
星の欠片?
一瞬マジでそう思った 不思議な光り方
目の錯覚かと思いながら拾い上げてみて驚いた
触ろうとしたら消える気がしていたからだ。
指の上のそれは動いていた
よくよく見たら小さな生き物
星が映っていたわけじゃない
海は海で空とは別に光っていた

619 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/06 17:45
冷たい風
耳と頬が痛いほどの気温
ものすごい速さで流れ続ける雲
その上に見える満天の星、天の川
月はなく、海に夜光虫
眺め続けているとどっちが上か下か判らなくなるような
ものすごい数の海の星
海全体が黒く重くうねるように暴れ続けているのに
中を漂うように夜光虫が光る
空と海はきっとどこかで繋がっている
俺は空と海の間に挟まれ立っている
なんともいえない不思議な感覚
俺は何かに許されたような気がした
不思議な感覚の夜
A、思い出せ
俺はお前が見た風を見た
お前も俺の夜を見ろ
昔、あることのどれもが二人のもので
二人同時にそれぞれ考えたことを思い出すと懐かしい
お前の存在を懐かしいと思う
俺は俺が不思議だ
不思議だが悪いものじゃない。そうだろう

620 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/07 01:44
ふぅ。。。避難所でなんか見つけたけど見ない方がいいのかもしれないな
しかし気になってしまう
どうしようかなぁ
昔のことはどうでもいいんだけど・・・・
気分が悪くなる恐れも多分にあって。。。動揺してるな俺

621 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/07 06:41
ひ、久々の一服したら・・・・

|電柱|ヽ(_ _|||)))) おえぇぇぇ!!

622 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/07 08:33
つーか俺いつになったら寝れるんだろう
久々に晴れたっつーのに鬱だぞゴルア

623 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/07 14:54
日光浴しる
リズム取り戻してやれ〜

624 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/08 05:57
完全に昼夜逆転の巻き

625 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/09 05:26
ところでここの板ってどこのカテゴリに入るんだ?
昔板ってカチュの左のとこでいうと何色のとこ?

626 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/09 12:58
痛え
それにして痛え
飯が食えんどないせーっちゅうねん
食欲ある時に限ってこれだもんなーちくしょー
痛いぞゴルア

627 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/09 13:43
つーかマジ痛えよ
飯が食えん
なんなんだこりゃ
おたふく風邪か?
だったらヤヴァイ〜なんて思わず現実逃避で踊りたくなっちまったり

628 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 10:08
ここは雑談系2
紫かな
下の方のエロ関係の一個上
なんでもありと厨房板に挟まれてる板

629 : ◆panoxYrFsM :02/12/10 11:16
ヽ(`Д´)ノウワァン!(ノ−o-)ノ ┫:・’.:: 
朝から誤爆しまくりー3箇所目だぞゴルア-!!!
つーか、おまいのカキコ続いてたからここだと思ったんだよー!!!
だああああああああああああっ
よりによって恥ずかしい誤爆をーーーーーっっっ!!!!
ボケ!

630 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 11:17
ううーまだ違ってるし・・・
もーダメだ寝よう
ちょっと暫くカキコ控える

631 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 11:53
まずい・・・・・マジで誤爆しとる
・・・・・・ごめんどうしよう
すっげー自己嫌悪
つーか激しく自分が嫌になった
俺頭が変なのか?
ここはあってるよな?
ダメだーやばい俺どうかしとるかもしれん
なんかあのスレお前のカキコ続いとったでこことまちがいたみたいだ
激しくスマン

632 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:01
ダメだ収まらない
俺変だ心臓の音が怖い
誤爆しまくり
これ以上続けたらやばいかも
晒し場所をまちがえちまうよ
落ちなきゃ
落ちなきゃだめだと思いつつ離れるのが怖い
俺今意識そらしたら自分じゃなくなりそうだ
繋がってなきゃだめだ
ダメだまわってくる怖いこわれていくおとがする
砂が流れる音は血と時間のまざるおとだ

633 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:07
やめとけ
今はまずいやめとくんだだめだ離れろ
離れたら消えてしまう今はだめだ
すぞい頭痛だ頭の中に横から針でつらぬいたみたいだ
キーンって音がきえない
あろやめとけkをだすなこれいじょうにくむんじゃないだめ

634 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:14
困ったな
他で書いたら誤爆しまくりそーだ
怖い怖い怖い怖いぬけていきそうだ
誰かと会話したい
俺の方を知ってる誰かと
離れたらおわってしまいそうだ
頭が痛い誰だ?誰だこれきえていかない
体中が痛いあばれまわるのはいつもおれたちの

635 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:41
335 名前: ◆panoxYrFsM 投稿日:02/12/10 11:13
朝から謎の郵便物
どうもボケボケの原因はこれらしい
いい加減にしとけよと思いつつ封を開けてやることにした


336 名前:Mr.名無しさん 投稿日:02/12/10 11:14
あ、、、誤爆、、、もーいやだ
なんでトリプまで出てるんだよヽ(`Д´)ノウワァン


337 名前:Mr.名無しさん 投稿日:02/12/10 11:45
謎の郵便物の正体
Minnesota Multiphasic Personality Inventory

差出人 某国立大学付属病院 精神医学内科


なっんやねっんんこれはぁっーっっ!!!!!
俺は実験体かっつーの!!!!!!!
だーっいい加減にさらしとけよゴルアーっっっ
記憶にねえええええええええええっっっ

636 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:41
338 名前:Mr.名無しさん 投稿日:02/12/10 11:49
1ページ目
機械関係の雑誌が好きだ
食欲はある
朝、目がさめた時は、たいていよく休まったという感じがする
図書館の仕事をしてみたいとよく思う
勝負事には負けるより勝ちたい
犯罪に関する新聞記事を読むのが好きだ
ふだん手足は暖かい
毎日の生活は充実しているほうだ
これまでと同じように今も仕事ができる
選挙の時よく知らない人に投票したことがある
仕事をする時はひどく緊張する
月になんども下痢をする

〜以下19ページまで550項目の質問羅列
全て○か×で答えて提出せよ

じゃねーんだよっ!(ノ-o-)ノ ┫:・'.:: 
余計なお世話じゃっつーんじゃーっ!!!!


637 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:42
あったくもー
わざわざ貼るほどのことかって?
思わず自問自答とかってのをしてみる
答えはYESだ
なでなら俺は今日のパターンだと絶対忘れるからだ
それにしてもコピーじゃなくて切り取りできりゃいいのにな
あっちにまちがいたのは痛すぎる
もーねアフォかとヴォケかと小一時間
じゃすまねーんだよっ!!!

638 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 12:47
参ったな
少し冷静に考えてみよう
事の発端は謎の郵便物だ
まったく知らねえ奴が送ってくるわけがねえ
てことは誰かの知り合いか、でなきゃわざわざ取り寄せたかだ
最近俺に記憶が飛んだことはねえ
・・・・・自信なくなってきたなーもーたまらんなー

内容的に精神鑑定だ
誰が依頼したんだろう どっちだ?
送り主は誰が答えるかによってかわることわかってるんだろうか
1冊しかねーじゃん 意味ねー
つーか、これで意味あることになるんかな
悔しいからどの答えがどの結果になるかググって紛らわせてやれ
とか思ったけど英語と論文ばっかでわからんでやんの

あれかなぁ
K先生はまだ俺らのこと覚えてくれとるんだろうか
でも引っ越したこと知らんはずなのがミソだ
頭痛え

639 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 13:50
だーもー涙が出てきたよ
これで泣いてることにならん俺らっていったい(;´Д`)ハァハァ・・・
自分の感情と違う動きで体が反応すると違和感が大きい
わけがわかんねえ

にしてもなんでこんなもんくらいで動揺する?
わからんが
なんか俺の知らんとこにある核心にふれたらしい
俺無事に年、越せるんかいや

呼ばれとるつーのも実は動揺の種か
居心地の悪い家だったことを俺らは肌で覚えとるよおばちゃん
あんたらの笑顔はもう信じれねえ
人間の笑顔は信じれねえ
人間は中身と違う顔ができる
グロテスクな生き物だな

640 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 14:10
白いトレーナが血だらけだ
もったいねえ血が落ちねえ
そういえば昔血で汚れた服に雪こすりつけて落とそうとしたことがあった
服の血は横に広がっただけ
地面の雪にも血がついて
まるでなにかの惨殺場所みたいだと思った

白い服は汚れが目立つからダメ
そういう理由で俺は白い服を着たことがなかった
清潔に保ってやろうっていう発想はなかったのか
それとも着古すまで着させるつもりだったからなのか
ただの予算の関係か 金かけたくねえだけか
いつのまにか染み付いたその考えで俺も白い服なんか買ったことがなかった
知らない間に洗脳されたみたいで空しくなって
ある時自分でわざわざ白いのを買ったんだ
別に白が好きだったわけでもデザイン気に入ったわけでもなく
これはそういう服だった
そしてやっぱり汚れてしまって落ちなくなるんだなと

641 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 14:20
なんとま珍しく熱あるじゃんよ
健康優良児がとりえの俺様どうなってんだ?
俺の健康どこいったー返ってこーい
はぁ
熱のせいにしとこう
誤爆も混乱も全部
頭痛え

642 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 14:26
雷やばくなってきたし落ちるしかねえ
やばいなー今寝たくねえぞー
いっそまじめに鑑定質問答えてみるか
俺が?
俺がやっちまうってのも一興かもしれん
捨てちまうってのも手なんだが

頭痛え
体の中にエイリアンやまほどかかえて
内側から食いつぶされていくようだ
人間になんかなれんでいい
人にうまれたくなかったな


643 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 14:38
涙と泣き声と感情で目が覚めた
辛い思い出が重なって濃くなって夢を見る
しんどいな。。。
涙は嫌いだ
顔が痛いんだよ
肌荒れのせいだけどさ
だから肌が治ったときも泣くことは難しかった
冬だ
肌が痛い
目が痛い
涙が痛い
比喩じゃなく、マジで痛い ウケルな

644 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 14:42
言っておくけど、あっちの「ハズカシイ」発言で俺はすぐ落ちて曲聞きながら本読んで
10時半には寝たんだよ
引きずられようが無い
今初めて君のカキコを見た
一応言っとくよ

645 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 14:43
訂正
11時半だ
バスのチケット取ったのが11時頃だった

646 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 14:43
このクソ寒いのに灯油がなくなっちまったい
流石に買いに出る気力がねえ
つーか配達してもらえってな
1ケースで配達しろよなー
2ケースからって一人暮らしをなめとんのかゴルア
雹もやんでしまった
寒いだけだとおもろくねえ

647 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 14:45
>>644
あ?
ああ別に引きずられるとか引きずられたとかいう話じゃねーよ
そういう意味で書いたんじゃねえ
ただ単に俺も今日熱が出たつーだけの話
なんとなくゾロ目な気分だったつーか

648 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 14:50
それにしても腹減った
首が痛え
頭が痛え
自分の体がグロテスクで気持ち悪い
眠いなあ

649 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 15:01
今日書いた小説のような日記のようなものには続きがあるんだよ
だから小説だって分かるわけだが、、、私小説みたいなもんだな
俺が妹になって姉を書いている
気持ち悪い文章だし長いのであそこでやめといた
昔の書いたもの物凄いいっぱいあるんだ実は
でもほとんどそんな小説風のものや定義づけ、あとは絵ばっかりで書けない

650 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 15:36
レス止まってるな
寝たのかな?
上の鑑定みたいなやつだけど、
なんか無意味くせーなw
うさんくさーw
と微妙に冷たさが全面に出てる今、ヤバイ 寝よ寝よ

651 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/10 17:36
うむ
ちょと寝たぞ
そいで悪夢にたたき起こされる、と
古い記憶だなー
忘れちまいたいもんを夢でまで再現せんでもいいと思うが。
ああ熟睡してぇ
困った奴だ オレガナー

652 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/10 21:50
実家に一週間後に帰ることになった。
はえーよ!いきなり「13日に取ったから」 はい呆然。
「引っ越しするからこっちにいないとダメダメ」
そしたら変更してくれたが18日。
しかも帰りのバスチケット取ってないし「こっちでバイトしろ」とか言ってんの。もう見てらんない。
お前な、手元に置いてどうするつもりやねん、と。ただ「バイトしろ」と言いたいだけちゃうんかと。
そんで行ったら行ったで暴力か。おめでてーな。
ここで必殺技。今年は友達を連れて帰る。
目の前で凄惨な惨状か、友達を盾に逃げれるか、諸刃の剣。素人にはお勧めできない。
クリスマスも苦しみますとか言ってなさいってこった。

653 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/11 00:37
大丈夫かよー(;´д⊂)

654 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/11 06:21
(-_-)つ★

655 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/11 12:15
つーか軽く熱が下がった
昨日の熱は知恵熱だったのかと小一時間
外で雪で遊んだのがよかったかな
冷えて下がったとか?んなあほなー

雷だよ
またしても雷だよ
落ちるしかねーか
珍しく入力引き受けてんのに全然すすまねえ

656 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/12 01:23
飯(・∀・)つクエ!
ちゃんと寝れ〜
じゃなー暖かくして入力バイトしろよー

657 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/12 15:20
なんとも言えん夢を見た。
夢の中で俺はTとKだった。
あいつらと中で話すんじゃなく俺がそのものだった。
それであいつらがその時何を考えたのかどう感じてたのか判った。
だけどこれは夢だ。俺が見た夢なだけでそれが正しいかどうかわからねえ。

激しく気になって仕方なく封印を解いた。
なんでだか知らん、自分で自分に禁じてた返してもらったノート類を開いた。
よくとっといてくれたものだと思う。
こんなものを預ける方も預ける方だが。
それだけRはあいつを信じていたってことなのか。
そこまで人を信用することができてったってことか。
どこか嫌味に感じる。皮肉に笑いたくなる。

本当によくなくならないで置いてあったもんだよ。
あれだけ放浪しててその間よく捨てられなかったもんだ。
数冊のノートと数冊のスケッチブック。それと手帳数年分。

658 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/12 15:28
開けてみるまでめちゃ重い禁忌だったそれが
なんで封印してあったのか思い出せん。
読み返すと面白い。
それぞれの日程とそれぞれのちょっとした感想が残っていたりする。
そういえば一時こうやって連絡をとりあったことがあったんだった。
でもほとんどの時それはない。
残ってるものの大半がRの絵と詩とAの文。
ところどころにHの考え?をまとめたHの走り書き。
俺がタッチしてこなかった部分まるまる、俺は見るのが怖かったのかもしれん。

こうしてみていくとRの考えたことがわかったような気がしてくるで不思議だ。
あいつはばらけてるみんなのものを一同に集めようとしていたのかもしれん。
公表予定のないHP。
わざわざ検索エンジン回避のタグをいれていることまでが判った。
周到な奴だ。
俺はあいつの緻密さと賢さが欲しい。
ノートを見ていても理解不能な言葉が多い。
調べようにもどっから手をつけていいかわからん。
俺が一番アホな気がして鬱だ。
つーか、1人だけ疎外されてきた気がしてくる。俺たちの中でさえ。鬱だ。

659 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/12 23:50
メモしておこう・・・

ベクサシオン
子供の頃、幼稚園の近くの赤池という小さな沼に、落ちたことがあります。
そこは、沼のそこ一杯にひきがえるの卵で満たされた
その名のとうりの赤い色をした沼。
落ちた水の中で、私は、真珠のように美しい卵に魅せられ
延々と連なる卵の一つ一つを数えていた・・・
それからどれだけの時間がたったのだろうか
ちょうど840個目を数え終えたとき目が覚めた、そこは病院のベッドの上だった。
遠い昔の記憶、本当にあった事かどうかも確信のない
曖昧な思いで・・・。


660 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/12 23:55
ヴェクサシオン
 サティ最晩年の弟子であったロベール・キャビーはフランス国立アルシーヴ
(古文書保管所)から見つけてきたサティの3つの断片的な遺作を「神秘的なページ」と
名付けて1969年に公刊しました。いずれの曲も1892年から95年の間に書かれたもの
思われますが、ヴェクサシオン(癪(しゃく)の種)は、そのうちの1曲です(残り2曲は
「祈り」と「ハーモニー」)。52拍からなる、ゆっくりとしたテンポのわずか1分程度の
曲なのですが、作曲者のノートとして次のようなことが書かれているのです。

「このモチーフを連続して840回繰り返し演奏するためには、大いなる静寂の中で、
真剣に身動きしないことを、あらかじめ心構えしておくべきであろう。」

これを真に受け840回繰り返すと、この曲は演奏するのに18時間以上はゆうにかかる
とんでもなく長い曲となってしまうのです。そのためこの曲は「世界一長い曲」として
ギネスブックにも載っています。

 初演は1963年、ニューヨーク・ポケット・シアターでジョン・ケージらによって
行われました。この時は10人のピアニストと2人の助っ人が夕方6時から初めて
翌日の午後12時40分まで演奏をし続けたそうです。日本での初演は
1967年12月31日昼前から1968年1月1日朝まで2年越しで
東京・アメリカ文化センターで一柳彗、石井真木、湯浅譲二、ロジャー・レイノルズ、
黛俊郎ら16人によって行われました。



661 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/12 23:59
ttp://nt.sakura.ne.jp/~paradis/pi/artist/satie/satwork1.html
ジムノペディ第1番Lent et douloureux / ゆっくりと痛ましく


 題名にある「ジムノペディ」とは、古代ギリシアの音楽の神アポロンを称える祭典
「ギムノパイディア」に由来する。ギムノパイディアでは、若者たちによって歌、踊り、詩を
神々に捧げる儀式が数日間に渡り続けられた。サティはこの祭典の様子が描かれた
古代ギリシアの壺から着想を得たという。
 酒場「黒猫」でピアニストをして生活費を稼いでいた傍らで作曲された作品で、
出版社に勤めていた父の手によって世に出されたが、当時は見向きもされなかった。
しかし、友人であった作曲家ドビュッシーはこの作品を絶賛し、管弦楽編曲を行っている。

 「ヴェクサシオン」とはフランス語で「嫌がらせ」とか「癪(しゃく)の種」といった意味。
ヴェクサシオンTres Lent / きわめてゆっくりと


662 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/13 00:35
マイマイか・・・・なんか・・・・キャラが似てる上に本名とかぶってる・・・・微妙に嫌だ

663 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 01:53
マイマイ? なんの話なんだ(;´Д`)ハァハァ・・・

664 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 04:24
検索の旅にでたまま遭難するとこだった
いい加減に寝ろよ俺 (;´Д`)ハァハァ・・・

重圧、とかいう意味もあるらしいな>ヴェグサシオン
Kがなんでこんなもんに感銘受けたのかよくわからん
のっけからわけわからんもんではまってしまった

665 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/13 06:15
マイマイはまmスレだよ
マイマイってかたつむりのことだし本名とかぶってるし
嫌でも考えちゃう罠
ところで元ハニとセックルする夢を見てしまった
幸せではあったが起きて愕然とした
いいのかこれで
ありなのか
うーーーーなんだかやるせない

666 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/13 06:18
友達のとこに行ってきまふ
同棲してた子で別れて彼氏は実家に帰ったんだけど、たまに遊びに来るのね
別れても仲は良い罠
みんなで友達だしね
それがこの前来たときやっちゃったらしい
どうもおかしいと思ったらそんなことになってた
んでもって高校生の友達が万引きしてかなり自己嫌悪になってる罠
しかも彼氏と遠距離なんだが冬休みに会うのにバスのチケットを取り忘れてたらしく、
かなり荒れてる罠
今日は忙しい
ではでは

667 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 11:28
封印してたスケッチブックの表紙に「ヴェグサシオン」と書いてあった。
開くと1ページ目に青と黒が基調の暗い絵
その裏ページに

従業員寮の一室にて
○○湖を見て描いたものだが○○湖ではない。
これは私の中の湖、私だけのもの。
私の魂の一部に触れんとする者は決してこれなるものに批評を加えてはならない。
だが好奇心がうずくなら扉を開くがいい。鍵は既に錆びつき壊れてしまった。
私は再び閉じる術を持たない。それが凶とでるか吉と出るかは運命の神のみぞ知る。

身の内側から押さえても押さえきれない衝動がほとぼしる。
とうてい人には理解されまいと、怖れ消し去ろうとした日々に終りを告げよう。
其れはわが魂。我が魂の叫び。腐った器から飛び出していずこへなりと行くがいい。

我が苦しみと我が衝動に理解を示し、またそのはけ口を与えてくれた方々に
感謝を込めて、この世界の扉を開いておくものとする。
そして、この世界にヴェグサシオンと名づける。

668 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 11:35
更に次のページに赤いでかでかとした字で

警告!
私の許可なしに私を理解してはならない。
それは私の一部でさえないかも知れないからだ。
『価値観の相違』
この言葉を知らない者 扉を開くべからず


と、書きなぐってあって更にその周辺にあちこちを向いた向きで鉛筆で走り書きがある。
スケッチブックを回して読まないと読めないくらいあちこちの向きに書かれてたのが↓

・「サティはいつも聴衆の先に立っていた。聴衆がようやく彼を理解し始めると
 彼は忽然と、もう一歩先へ身を躍らせてしまう。そして彼は生涯
 ほがらかに落伍者の生活を続けた」

・常にオンフルールは我が夢の中の最も懐かしき夢なりし・・・
・1966〜1925
・パリ オンフルール セーヌ河 ドーバー海峡 ノルマンディー河口の港町
・卵のような軽快さで、時にはポケットに両手を突っ込んで、
 そして歯痛に悩むナイチンゲールのように。
・エリック・サティ作曲「ジムノペディ」
 最後から二番目の思想 乾からびた胎児

669 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 11:47
その後ひたすら青と黒が基調の絵
ほとんどが木と雪の絵とその裏に意味不明の混じる詩?
20ページのスケッチブックがほぼ1週間で終わっとる。
1日2ページ以上のペースで書きなぐっていった計算になる。
一番最後に一言
「描かずにいられなかった。描いたのも描けたのも初めてだ」

多分Kの書いたものだ。もしかしたらRもか?
どっちにしろエリック・サティになにかの影響を受けてたっぽい。
俺はそんな音楽家の存在さえ知らなかったし曲も聴いたことがない。
あいつらはどこでそんなものに触れる機会があったんだろう。

にしても、感謝を込めてとか書きながら癪の種?嫌がらせ?
自分の中身を見る奴に対する嫌がらせって意味なのか何かの開き直りなのか。
まさかそんな意味の言葉だとは思わなかった。

670 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 11:53
多分、K 

醜きものは我と我が肉体也
もろく捻じ曲がった手足と卑小な胴体
不器用なれりその精神ともげた翼の生々しき傷跡

だが聴衆よ聴け
嘲笑を持って聴くがよい
これこそが我が宝
神が我に与えたもうたもの 我が財産なり
我 胸を張りて言わんとするもの也

その肉体は翼を持たず 空を飛ぶこと叶わず
足遅きにして跳ぶ能わず
指先は不器用にして何物をも生み出さず
音感聞きわけざる耳をもち 口を開かばガマの鳴き声なりて目はわろし

されど されど聴衆よ知るがよい
我れが見出したるものは常しえの宝なり
いずこにもいきまいらせず かすかにも失はず
創始から終焉のその時まで 我と共にあるべし

671 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 11:59
書き直しなのか続きなのか似たようなことの書きなぐり


その目は神の与えたもうものなり
なきものを目にし 形なきものをみつけ
色なきものの彩りを見い出すなり

その耳は神の与えたもうものなり
発せざる叫びをとらえ 歌わざるう詩声にかたぶき
音なきものの響きにふるわされるなり

その感覚もまた 神の与えたもうものなり
それは大地の怒りであり 地球の笑い声(喜び、に書き直し部分あり)であり
風の詩(調べ、の書き直し部分あり)であり
また 空の泣き声(叫び、の書き直し部分あり)である

我が苦しみは永遠のものなり
其は尽きることなく飽くこともない

我 泣き出したる空をなぐさめる術を知らず
怒りふるえる大地をなだめる術を持たず

我れはただ見るものなり
我れはただきくものなり
神の与えたもう目と耳とによって 永遠を受け入れるものなり

672 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 12:07
俺から見たら激しくデムパに見える。
宗教観?宗教には誰もはまることがなかったと思うんだけどな

でも昨日調べまくったヴェグサシオンとサティの中身を知ってみると
なんとなく、何かの影響受けたらしいのがわかる気がする

俺は昨日曲を聴いてみても少しもいいと思わんかったけど
こいつらは感銘を受けたんだろうか。

俺の気を引いたのはこの部分だけだ
>彼は生涯 ほがらかに落伍者の生活を続けた


>>282で書いてあった気分が半分は分かる気がしてきた。
俺たちは否定しあいの部分があった気がするけどちょっとうけいれて見てみると
なんじゃこりゃああああっって部分の他に面白さがでてくる。
何考えてたのか知りたくて辿っていってしまうわけだが
ここまでデムパっぽくなると引いてしまう罠w
つか、こいつらを見てると俺が漢字読めないのは何故だって気がしてくるな。
それにしても半分俺だと言われても(というか言われると余計にか)
詩や散文?がでてくるとかなり恥ずかしい。
絵はともかくなんだけど詩はなぁ〜・・・俺って詩人だったのか?詩人だったのかもしれん鬱だ



673 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/13 22:39
いかんイライラする
薬飲む
暴れてえ
ああもう逃げ出したい
助けてー
ゲラゲラばかじゃねーの
ああもういや
そういえばさーあれどうなったよ?
知るかボケ
ところでさーこっちはどう?
してみようか
とかなんとかまわりすぎだから

674 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/13 23:16
無理ねえ気ぃするなぁ
できれば帰る前に病院逝って安定剤系の薬4週間分もらってから帰れ
実家帰るからとか言えば年末年始は2回診療したことにして
2週間分ずつ2回分で4週間分くれるはずだ

675 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 00:23
薬常用するのは嫌なんだよな。。。。
考えられなくなるし記憶が抜けるし怖いんだよ
鬱の時は言葉にならないだけで物凄い感情に支配されてるんだが
薬飲むと頭が回らなくなる
どっちにしろあんまり良い気分じゃない
例えば全く気が利かなくなるよ
ギリギリと仕事するには困る
どうするかな。。。

676 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 00:32
友達連れて帰るのを妹が嫌がってるようだ
「正月に他人の家に泊まるなんて信じられない」だそうだ
盆・正月は神様が帰ってくるから人の家には行かないのが普通なんだよな
しかしあいつ19歳なのに・・・・頭がかてえ
母親が明治のような人(頑固・頭が固い)だから似てるのかな
しかし母親は年を取る事に柔軟になってきてる気がする
司馬遼太郎で価値観が変わったそうだ
昔彼女がまだ20歳の頃に、物凄く当たるという占い師に見て貰ったことがあるらしい
部屋に入るなり、「あなたは頭が固い。絶対に変えなさい。それはいいことではない。」と言われ、
帰るまで言われ続けたらしい。その頃の写真を見ても変わらず色白でいつも優しく笑っててとてもそうは見えない罠
しかし当たってたわけだ。物凄いしつけだったらしいからな。
妹には昔からのものを大事にするところは美徳だとは思うがあまり悪い面は受け継いで欲しくないな。
俺が今回連れて行く友達は家庭が崩壊してる子で実家にはもう何年も帰ってないような奴だ。
父は酒乱で姉は潔癖性・強迫神経症・引き籠もりだ。
あの子は信じられないくらいイイコだが。
寿司や温泉で喜ぶならいい正月を迎えさせてやりたいと思う。
なんか・・・溜まってるな俺。

677 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 00:46
キャラミルでは3と4だったわけだが、かなり当たってるな。
表面上は4だが、中身は3だ。
相談受けまくりだ。
重なるとしんどいもんだ。
大事な人のことしか興味がないから向こうは安心するんだろうな。
大体女がしてくる相談てのは愚痴を聞いて欲しいだけだ。
答えは実は決まってる。
それを探って冷静に見つけてうまいこと後押しすればいいだけだ。
男の相談は少し違う。
パニクってるから取りあえず落ち着かせて呑ませて壊れさせればいい。
男はなかなか何が原因なのか吐かないことが多い。
多分分かってないか分かりたくないんだろう。
そこでしつこく聞かずに待つしかない。
その間にあなたがどれだけ自分にとって大事かということを述べる。
すると勝手に冷静になるらしい。自分で動き出す。

こういうことばっかりしてるのに自分のは報われないな。
まあいいだろう。十分幸せだ。本がいっぱいだ。絵も描ける。眠くなってきたな。

678 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 01:53
常用するつもりがなくても保険のつもりで持っとくといいと思うけどな
同じ飲むつもりがないにしてもいざとなったら飲めるってのと
手元にないのとじゃ全然違うだろう

まぁ・・・俺のことじゃねえからこれ以上言わねえけどさ
なんか・・・なんとなーく薬がきつすぎるような気もするんだけどなぁ
それにしても3週間は長え
適当に息抜きしながらやれっていいたいとこだけど
それができりゃ苦労なんかしねえよな


俺は俺で今激しく迷い中だ
今日なんと珍しいことに従兄弟から連絡がきた
遊びに来いってさ
いったいどういう風の吹き回しなんだろう
叔母に歓迎されねえのは目に見えてんだけどな

でも俺は昔、ものすごい昔、
この従兄弟とだけは仲がよかった・・・・・・気がするだけだったらどうするつもりなんだろな俺は

679 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 04:04
参った
マジでバカだ
超まずい誤爆しちまったーーーーーーーーーーーーっ
ああ自分に鬱だ
激しく自己嫌悪
バカだなあ
なんでか知らんがあのスレ誤爆しやすいらしい

AAAAAAAAAAAAA恨むぞお前
お前がでてくるとかたっぱしから壊れてくんだよ
何もかもが!!!!

680 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 04:07
最初は一泊くらいのつもりで行けばいいんじゃないかな?
遊びに行くのと泊まるのじゃまた違うしな 泊まる方が正直楽だったり
人んちって結構辛いだろうし
俺はマターク気にしないんだけど・・・・着いていきなり我が家のようにくつろぐし
男友達には人の家では全く寝れない人がいるよ
一週間泊まってて全く寝れなくてしんどそうだったからデパスあげたら寝てて激しく感謝された
反対に同居人はのび太のようで、転がったら次の瞬間にはいびきかいて寝てる

薬は少し持っていこうと思う
精神安定剤なら母親が持ってるからそれももらえるし
そういえば整理も重なるなぁ。。。。また血が止まらなくなる予感
しかし懐かしいネトモと掲示板で会ってとても気が楽になった
ゆっくり本を読んで湯たんぽでもして寝よう

681 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 04:07
あれ?起きてたのか

682 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:21
つーかまた被ったのかと
誤爆見え難くしようかと日記晒しに行けばおまいがおるしー

でももしかして消すのに協力してくれたんか?
違うんかもわからんが助かった
他のレスがたくさんありゃ誤爆がまぎれる

いーかげんに寝たいぞー
どうしてくれようかこの目のさえを

683 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 05:27
手伝ったが邪魔になっただけだったような
しかしああいうのは自分でしないほうがいいぞ
とことんやってやろうかと思ったけどああいうふうに錯綜してるのもいいかもね
あのネタというか小説というかは、お気に入りなんだけどすげーちゃちいんだよな
だからためらってた罠 
あの後からがメインだったり

684 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 05:28
俺、打つのが相当遅いから紛らわしかったなすまん

685 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 05:34
さむいー湯たんぽと紅茶作ろう

686 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:39
いんや助かった
でんでん邪魔じゃねえ
って自分でせん方がいいのか?そうか
かえって興味ひかれるかな

つーか書いてるうちにわけわからんなったな俺
ノートみながら書いてもノートが走り書きでわけわからんもんでw

ありがとうな。助かった。
それから、ごめんな。

俺はここ暫くほんっまにどうかしとるなー困ったもんだ。

687 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 05:43
うーん。誤爆を隠すためにしてるように見えるかもしれないしな。
でもそれだけの名無しさんでのレスしかなかったら不自然かもしれないしな。
謝らんでもいいよう。これくらいしか出来ないのが辛いくらいだ。
しかしあの内容は一体・・・・う兄さんに口説かれたのか?w

688 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:44
いやー口説かれたつーか
なんでわかるんだ?w

689 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:46
ここ見てたら嘘をつけごるあーとか言いそうだな
あっちを普段見てるんかどうか知らんが見てたら焦るかな タハハ

時々自分と他のヤシが住んでる世界の違いにでっかい壁を感じるよ
別に生活レベルがどうとか身分みたいのがどうとかじゃない。
考えつーか、痛みどころと痛み方の差、みたいな奴に傷つけられそうになる。

690 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 05:50
???ここ?あっち???
ってか口説かれたのかよ!
おいおいw

691 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:50
痛み方が分からないのはいいんだ。
俺はもうそういうのはなんとなく流せるようになった気がしてる。
気分によりけりなんだろうけど。

変な話、例えばお前だったら絶対に言わないだろう台詞とか
絶対にしないだろうこととか、そういうのが俺とまったく同じだとかは思わんけど
ある程度近いものがある気がしてる。
少なくとも、なんで嫌かまではわからんでもそれが嫌だろうってことくらいまでは
予想できるとか。そういうのって何の差なんだろう。
分からない奴には分からないんだ。
それは本来自分にないモノだから自分から気づくなんてあり得ない。

俺はずっと、そういうのをわからずにつきつけてくる奴からは逃げてたんだ。
時にはこっちから攻撃してでも、離れるようにしてきた。
でも今は、わからんでされるのは別にいいんだ。
それくらい流してみせる。わからんでされる分にはもう傷つきはしない。つもり。

692 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:51
>>690
コラコラ信じるなっての。
あっちってのはさっきの誤爆場所のこと。
誤爆の内容みたら焦るかなー、とw
あれ他のヤシにもわかりそうかな?
まあやっちまったもんは仕方がねえ
しかし気をつけてるつもりで誤爆しまくりの自分には腹が立つ

693 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 05:56
うーんうーん邪推してしまうわぁ
おーほほほほとおばさんになってしまう自分が嫌だ

まーまーもちつけ>自分
激しくアソコの人たちから気に入られてるのは確かだよな

694 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:56
691の続きだけど
嫌なのは言ってもわかってもらえんことなんだな。今の俺は。
嫌つーか、悲しいとか淋しいとかって気持ちのが近いんかもしれん。

よくある会話だけど
何かで責めたとするじゃん。それで
「そんなつもりじゃなかった」とか「そういうふうにとるもんじゃない」とかな。

そういうのはさ、こっちへの否定でしかないじゃん。
こっちは相手がどういうつもりでも痛かったり辛かったりするわけよ。
そう感じるもんはしゃーないじゃん。そう感じるのはしゃーない。
それは開き直った。開き直ることにしたんだ。そう感じるのが悪いことじゃねえ。
だけど、嫌な思いしたまま続くのは嫌だからさ、俺はストップかけることにしたんだ。
それで何度かFタンとも気まずくなったことがあるけども。
大事なことだと思うんだよな。俺にとって。
痛いってのに気づかなきゃ何度でもされるだろう。だから切ってしまう気がないなら
言うしかないんだ。その場の空気こわしてもそれが相手の善意とかでも。



695 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 05:59
>>693
邪推も何もよくあるパターンでしかないぞ。

ある種の好意って奴か?
俺はなあ好意が嬉しくないわけじゃないんだよ。
ちょっと前の俺なら好意みたいのむけられるだけでキレてた。
得に自分から欲しがってないような時には尚更さ。

だけど俺はもうそういうのはいいにしたんだ。いいにすることにしたんだ。
こっちはさ、それでかなりの歩み寄りなわけよ。歩み寄りつったら変だけど。

だけど嫌な言い方だけどあっち側に住んでることがあたり前の奴にはそれがないんだ。
自分のいるとこが正しいと思ってるからわざわざ歩みよってはこねえつーか
こっちが歩み寄ったつもりでもわからねえつーか・・・うまく言えんな。

こないだがそうだっていうんじゃないんだが。

696 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 06:00
.>>694
そりゃそうだろう
俺は言いまくりだエッヘン
俺は嫌なんだもんしょうがあるめい、と
それで終わりになったらそれでいいし
続けばもっといいが
職場以外ではそういう風に過ごしてるよ俺は
もう悲しくもなんともない
その上で歩み寄ったり忘れてまた仲良くなったりしていくことが大事だと思う

697 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 06:01
メセにするかい?
ここあそこの人も読んでるし

698 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 06:03
嫌なのは伝えてもわかってもらえんことだよ。否定されることだ。

非難されたらたいていの奴は謝るんだよ。そこまではたいてい誰でもするんだ。
だけど俺は謝って欲しいわけじゃない。
無理やりにそのきまずくなった空気を元に戻したくもないんだ。
「わかって」くれてからじゃなきゃ嫌なんだよな。
わかったふりはいらない。とりあえず収める和もいらん。

俺が何を痛がるかわかってなきゃ何度でも悪気なしに繰り返されるじゃないか。
だけど「そういうつもりじゃない」とか「そうじゃない」
「でも、嫌な思いさせたなら悪かった」とかだとさ なんの解決にもならんのだ。

こないだのがそうだっていうんじゃなくて
そういうパターンってのは嫌になるほどよくあることで
でも、ああこいつらもそうなんかなーって似てるとこに行きそうだなーと。
それは今の俺にはショックだな。
なんせ俺は自分が自分に固く守るように命令してきた掟をもう破っちまってるからな。

699 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 06:05
んー別に読んでてもかまわんくらいのつもりで書いてるんだけどな。

700 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/14 06:05
あれだよ
大島弓子が猫のエッセイで書いてたけど、
「理解無き和解」だよ
大人の関係ってやつだ
俺はこれが結構好きだな

701 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 15:13
・・・いいたいこと言ったあとだとなー
俺だめなんだよなー怖くなっちまうんだよなー
会話がないと怖がるカプルの女の子でつかぁ俺はぁ

情緒不安定だぞー
Aが帰ってくるとろくなことねえぞー
Aが中で嫌われたんじゃない?嫌われたんじゃない?を連呼しやがると
俺が情緒不安定なるんだよ!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::

俺ってばいいたいことろくに言えねえシステム体に植え付けられてるみてえだな
そいで禁をおかすとパブロフシステムで怖くなりやんの
ええ加減にしとけといいてえ 自分に

702 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/14 15:17
でも俺は切って捨てたい相手にはなんも言わねーんだよ・・・


ああああああ従兄弟への返事どないしょーか
バイトとのかねあいにあいつらとの陰険漫才までやりたくねえ
なんで今更俺にかまってくるんだろう
俺は、まだ、忘れたわけじゃねえのに
あいつらが俺にしたことを
なんであいつらが水に流したくなったからって
こっちがあわせて忘れられないことを責められにゃならんのだ?
激しく都合よすぎなんだよ
お前ら俺を助けてくれたことがあったのかと
ああつまらん まともな家族が欲しかったなー、と
年末年始は身にしみる

703 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/15 18:33
ほしゅって必要かしら
板見てないからワカランw

704 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/16 03:37
おっかしいなあ
こないだまでの強迫観念みたいのが
コロっと抜けた
あの情緒不安定さはなんだったんだw

明日からバイトだ
激しく寝坊しそーなヨカーン
最近昼間寝てるから問題あり

食欲いきなり激回復
食っても食ってもまだ食いたりねえ気がする
せっかくだから食いまくって体重回復はかろう

705 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/16 12:44
まーた誤爆しちまったよ(;´Д`)ハァハァ・・・
注意力0なんか俺

706 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/16 13:20
思い出した
ホテルカリフォルニア。
通報してくれたあの人が車の中で落ち着かせてくれた時にかかってた曲だ。
いつもギリギリのところで生きてきた気がする。
だけどギリギリのところで助かってきた気がする。
あの時車の中で繰り返し流れるテープを聞いていた。
短い時間だったように感じてた。
だけどそういえばテープは何回か回り同じ曲を何度か聴いたんだった。
あの人は多分俺が落ち着くまで時間をかけて待ってくれたんだ。
手持ち無沙汰で重たい空気を紛らわすように曲をかけた。
俺が身動きするまでずっとただ待ってくれてたのかもしれない。
耳に残ったのはホテルカリフォルニア。
Fキに貰ったファイルよりもっと絶叫っぽい大きな声だった歌。
聞き取れない英語の中でホテルキャーリフォールニアのとこだけ耳に残って
その後もずっとタイトルも知らないままに時々頭の中で鳴り響いた曲

707 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/16 13:29
聞いた時変な感じがしたわけだ。
あの時のことを忘れていた。
あと何個こういう記憶があるんだろう。
記憶力に絶大なる自信があったのははるか昔の話。
それとも元から間違いな自信だったのか。

不思議だ。
ある種類の記憶はクリアーにそれか生々しく
感触や匂いや音まで、視界に入ってたものすべてが思い浮かぶのに
プツっと途切れたままの記憶があるらしい。
あの数年は実は大きかった。
どうして思い至らなかったんだろう。
記憶がない。覚えていられなかったってことだ。
それだけ忘れたい何かが自分にあったんだろうか。
思い出したい。
分からないまま不安になるのはもう嫌だ。
思い出せ。忘れてるのは誰だろう。
俺か?俺なのかAなのかそれともKかF。
俺たちの脳はいったいどうなってるんだろう。
意識して共有しなかった記憶は本当に戻ってくることがないんだろうか。
重くてもいい。思い出したい。

708 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/16 16:29
もう何を信じたらいいのか
ネットって怖いな。。。

709 :日本昔名無し:02/12/17 00:07
なんかあったのか。。。
これやるから元気だせ
2枚目はちょとリクエストとちゃうかもしれんが
ttp://hikky.tsukaeru.jp/cgi-bin/img-box/img20021217000516.jpg
ttp://hikky.tsukaeru.jp/cgi-bin/img-box/img20021217000609.jpg

710 :日本昔名無し:02/12/17 00:08
あ、ブラウザから書くとトリプがでねぇ(;´Д`)ハァハァ・・・
ま、いーか
俺だ

711 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 00:40
綺麗な色だね
二枚目は明るくて胸が痛いなぁ
そのうち俺のデスクトップにしてたやつもうpするよ
シルクスクリーンは綺麗だけど想像の余地が少なくてつまらない
とか我が儘言ってみる
今日は妹から電話があって泣かれた
「お姉ちゃんはお父さんのこと何も考えてない」って
俺は散々泣いてる相手に対して冷たく「・・・で、結局何が言いたいわけ?」
あいつは俺がどんな目に合ってるか知らない
俺が泣きながら上記の台詞を言ったことも分からないだろう
ハニもいない
俺には何も無い

712 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 00:52
分かってるんだよ
俺が自分のことしか考えてないってのは
嫌になるほど分かってるよ
「お父さんとお母さんにお土産でも買ってきてよ。そういうちょこっと
したことで気を遣うこともしないからフリーターなんだよ!」

どうして俺が毎年帰るのか何故分からないんだろう
夜中まで母親も妹も寝ている時に父親と二人で仕事してるのも
中学の時から「お父さんはしなくていいよ」と夜中の片づけは俺がしていたことも
大晦日に「そんなことしなくていい」と言われながら店中掃除するのも

別に分かって欲しいとは思わない
俺が家に帰りたくない理由も知らない
お土産であいつの気が済むならそうしよう
誰も皆分かるのは自分のことだけだ

713 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/17 01:06
俺は、お前は怒っていいと思うが。
お前はお前の痛みを無視する奴を
お前の痛みに気づかず更に傷を負わせる奴を責めていいと思うが。

八方丸めていい人でいたいのか?
怒りたくないのか?
怒る自分が醜くて嫌いか?
怒ったって何言ったって少しも伝わらねえ奴はいる。
こいつにだきゃわかって欲しいのにって奴に限ってそうだったりもするんだよ。
すっげえ苦しいことだ。
めっちゃくちゃ痛くて辛いことだ。
お前はそれを認めれてるか?
何言ったって伝わらねえ相手に言う大変さとか
無駄な虚しさとかそんなもん味わえって言ってるわけじゃねえ。
わからねえ奴はいるんだ。どんなに強く叫んでも
他の奴には思いやってる奴でもなぜか自分にだけはそれがねえって奴がいるんだ
それは虚しすぎて悲しすぎて辛くて痛いことだ。
伝える必要はねえ。いっても仕方ねえと思った方がいい。
だけど自分にまで嘘をつくなよ?

714 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/17 01:18
多分、激しく余計なことだろうが
それでも言わせてもらうぞ。

自分のことしか考えないのの何が悪い?
他の奴が自分のこといつも考えててくれてたらそんなことせずにすんでんだよ。
いつもじゃなくても、せめて普通に
他の奴が普通に与えられてる程度のもん
もしかしたらその半分でも、与えてくれてたら
そんな浅ましく聞こえるような「自分のことだけ考えて生きる」
みたいなことせずにすんでるはずなんだよ!

誰も皆自分をわかるのは自分だけだよ
そりゃ確かだよ
俺以上に俺をわかってる奴なんかいねえ
だけどそれ以下でもいる奴だっているんだよ
自分を少しくらいならわかってくれる奴が家族が
いるのが普通の奴だってごまんといるんだよ
悔しがれbH/8
怒れbH/8
怒って泣き喚いて叫べよ
誰もみてねえようなこんなとこでくらい痛いっていってみろよ

715 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 01:19
そんなの散々してきた。
それに妹に分かって欲しいとは思わない。
あいつの見ているものと俺の見ているものが違うだけだ。
あいつの言ってることが正しいから俺は何も言うつもりはない。
俺にとっては俺の感情は正しいし、あいつにとっても同じことだ。
「分かって欲しいのに伝わらない悲しさ」は俺にはもうほとんど無いよ。
そんなの期待してないもん。
分かる奴だけ分かればいい。それに俺にはそういう奴もいっぱいいる。
例えばあいつと悲しみを共有しても何もならない。
あいつはあそこで暮らしてるんだし、彼らだけが悪いわけじゃない。
俺はよく被害者のような書き方をしているかもしれないが、決してそんなことはないんだ。
そういう気分になったときに書きたくなるだけで、ただ「相性が悪い」だけ。
「分かる、分からない」じゃない。
子供からこんな風に思われる親がかわいそうだとも思う。しょうがないけど。
だから出来ることをするだけだ。             
仕事すればいいだけなんだけどね(w

716 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/17 01:21
お前の妹は両親思いなんかもしれねえよ
常識もあるんだろうよ
だけどお前にとって大事なことを何一つわかっちゃいねえよ
お前がそれを怒ったって
傷ついたって泣いたって妹の人格否定することになるわけじゃねえ
怒れbH/8
自分の怒りを殺すなよ 自分の怒りから逃げんなbH/8

届かねえ訴えは虚しいよ
わからねえ奴には叫ぶだけこっちが痛いだろうよ
だけど怒りを捨てるな
怒りは力だ 活力だ
お前は少しも悪くない
理不尽に痛めつけられてる時くらい心底怒れるようになれよbH/8





・・・・きっと、俺もまた理不尽にお前を責めてんだろうな。スマン。
でもいつかお前が心底怒れる日がきたらいいのにと思う。
でなければ怒らずにすむ程度にしか傷つけられずにすむ時が。
だけど後者はきっと・・・なかろうと思う。
だからお前が自分にはばからずに少しもストップかけないで怒れたらいいと思うよ。
お前はうざくも迷惑にも感じるだろうが本心だ。

いつかお前がうpするデスクトップを楽しみにしとくよ。

俺は寝る。

717 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 01:22
>>714
人と比べてもしょうがないだろう
そういう家庭に生まれたはずだったし、そういう家庭なはずだったのを俺が壊したんだよ
彼らには俺が分からない
俺は実際物凄い我が儘になる
きっとびっくりするよ
それじゃお互いこういう風になるのもしょうがないと思う
しょうがないことなんだよ
これしか言えない

718 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/17 01:25
ああ、いたのか。
悪い。

719 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/17 01:31
>俺はよく被害者のような書き方をしているかもしれないが、決してそんなことはないんだ。
>そういう気分になったときに書きたくなるだけで、ただ「相性が悪い」だけ。
>「分かる、分からない」じゃない。
>子供からこんな風に思われる親がかわいそうだとも思う。しょうがないけど。
それはわかる。同じかどうかしらん。でも俺にも同じ気持ちがある。

>そういう家庭に生まれたはずだったし、
>そういう家庭なはずだったのを俺が壊したんだよ 彼らには俺が分からない
それは違う。お前の家庭なんかまるで知らなくても断言できる
絶対にそれは違う。誰でも自分のままでいる権利があるんだ。
どんな奴でもだ。お互い様だとかいう問題じゃねえ。絶対にお前が壊したんじゃねえ。



だけど今日はやめとこう。
おやすみ。寝れるといいな。
余計なこと言って悪かったな。
これは多分、俺の怒りなんだろうな。スマン。


720 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 01:33
怒りにストップをかけないと世界が壊れるような気がする。
それは自分が壊れると同義なんだろうけど、俺にとっては世界が壊れるという感触がある。
この感覚を伝えるのは難しい。
例えば俺は怪談みたいなのが怖いんだけど、それも自分の引き出しを開けることになるからだろう。
底が無いような気がする。
気がするっていうか、俺は何か知ってる。
ずっと見てきたものだ。
そこに引きずり込まれる。
変な話だが、酒鬼薔薇の世界だ。
俺はそこに行きたくない。
やっとはい上がったのに落ちる必要は無い。
おやすみ。

721 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 02:48
元ハニと仲直りしますた
微妙です
お詫びにオパーイ画像を送りますた
ハズカシイので部屋を暗めにして

何してんだろう・・・・

722 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/17 03:33
言い忘れ
謝ることじゃないし、余計なことでもない
俺だって相手の意見が偏ってると思えばそれと反対のことを言う
それは相手のためでもあるし、自分のためでもある
だから思うところがあれば言ってくれていい
それは限定された人にしか許してない俺の領域にあなたが入ってるということでもある
もちろん払いのけることもあるが、それとこれとは違う
うまく言えんが

723 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/17 12:47
光栄に思っとこう ふふん


ほんとのこと言うとまだ言い足りてねえんだが
この手のこた長いこと続けて会話すっと疲れるからな
またにしといちゃるぜw



ああやっぱりこれだけ
酒鬼薔薇の世界は俺の中にもある
俺の場合まさに酒鬼薔薇の世界であいつが逮捕された時シンクロしまくって弱った
だが怒りを抑えてなくてもお前は酒鬼薔薇にはならんしなれん
俺もならん
お前の内面に俺の知らないどんな部分があっても断言できる
お前には矜持とかいう奴があるからだ

>怒りにストップをかけないと世界が壊れるような気がする。
それが実はそうじゃなかった、って気づく日がいつかあると思う。絶対に。
あればいいな。いや、ある。絶対だ。
だけどそこにはストップかけねえで怒りの世界に
ドロドロのまま突入してみねえと辿りつけねえ。

724 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:15
今日つーかもう昨日か
一日中頭の中とびかい続けた歌
「おっぱいがいっぱーい♪ おっぱいがいっぱーい♪」
ほんっまに一日中ひたすらエンドレスで頭の中にあった
いくらオパイ好きの俺といえどもこれじゃお魚天国と変わらねえ地獄だ
しかも気がついたら口ずさんでるときたらもう・・・・責任とってなんとかしる!


今日はテンションのあがり下がりのめちゃ激しい一日だった
つか、もしかして48時間か
思い返せば無理もねえ12月17日だ
17日だってことをすっかり忘れてた上にあれが17日だったってことも忘れてた
もしかして人生最大のまちがいをおかしたかもしれん日
人を巻き込んで人の人生台無しにしたかもしれん日
忘れてしまいたいが忘れさせてもらえん日だ
つーか、忘れてたのにやっぱり思い出さされたな 故意に。

725 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:20
もう2年も経つなんて信じらんねーよ
2年前の今ごろ、それから年末、年始、春先までずっと最悪の時間の中で過ごした。
それまでだって最悪だと思ってきたのに。

あいつはその最悪を償いたいと
チャンスをくれといい
俺は突っぱね続け、そのくせに未練がましく諦めきれないで
ついには信じた。
ところがどっこい信じてみりゃ案の定やっぱりそれみたことかってな展開で。
裏切られるのにゃなれてるつっても防御といてからだと痛すぎる。

あいつらはわざわざ
わざわざ俺の警戒心解いて、わざわざ喜ばせて、わざわざ期待させといて
それから俺を裏切った
こっぴどく、手痛く、立ち直りがたいほどに。

今から考えりゃ記憶が飛ぶようになったのはあの頃からだ。
A達と俺の交流ができんなった
情報交換ができなくなってばらばらになってボロボロになった
俺達はまたしても最悪の誕生日をむかえた
誕生日が楽しかったことなんて記憶にねえ
できることならタイムマシンで過去に飛んで俺が生まれる前に親を殺してやりてえ

726 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:25
今日あれを思い出さされて動揺しまくりだ
動揺しまくりでAが暴れまくりヒステリーで泣き喚きしまいにゃ死にたいという
俺が出て抑えることもできん時間が今までになく長くて
入れ替わったらさっさとひっこんで
そのままケロリと楽しそうに、さっきのことなんか忘れて他のことを始める

Aにひきずられてるとこっちが壊される
わかってんのにあいつの影響力が一番強い
今度ばっかしは浮上できねえぞ俺はと思ったら
不思議だよ
あいつが眠ったとたんに俺は入力やらパソの設定やらいじくってる

あいつの記憶が飛ぶのは随分前からだったけど
俺まで飛ぶようになってどうすんだ
ところがそれがありがたいときちゃどうしようもねえ
俺はさっきまでケロっと忘れてパソいじってたし
ボイチャやってたときなんてほとんど忘れて人ごとだった
便利な機能身に付けたもんだが操作不能で激しく諸刃の剣だ

727 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:29
もらったり、気遣われたり
激しくお節介だぞこのやろうと思いつつ
同時に少し嬉しかったり動揺したり、そいで不安になって。
おたおたいつまで続くもんだかと思いながらきたら
いつのまにか受け取ることに少し慣れたらしい。

俺は受け取ることにするんだってゴキスレだかに書いたのいつだっけか。
俺の中に何かが少しずつ変わってる。
変わったんだ確かに。すんげーわずかずつ。
俺はそれをよしとしよう。
多分それは後で俺を痛めつけるものになるっつー確信消えたわけじゃないが。
0かあるか。2者択一だけで生きるのをやめたい。
成功か失敗か、どっちかだけを求めるのが無理だ。

長い一年だった。
だけど早すぎる時間の流れだった。
俺達の時間は実は
今ごろになって流れ始めたのかもしれん。
まるで今までの分取り戻すみたいに早足で
追いつくこともできんくらい早く流れていく。

流されて、みるかと思う。

728 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:41
BH/8は今日移動だっけか?
夜行バスならもうでてんのかな。

なんか、言いたいことがあったはずなんだがなんもでてこねえ。
何言っても何の足しにもならねえ。月並みな言葉がどんだけ無駄か考えるまでもない。

自分を守るのはどんな時だってどんな手段でだって悪いことじゃねえってこと。
世界は簡単に壊れたりするもんじゃねえってこと。
お前は怒りや激しい感情で壊れるかもしれんが、それでも修復機能があるってこと。
親をそんな風に思わなきゃいけないガキだってかわいそうだってこと。
(言葉飾るつもりはねえ。かわいそうなんだよそれは。紛れもなく不幸なことだ。)
目と耳ふさいで生きるのだって悪くはねえってこと。
その時一番やりやすい防御をすればいい。無理に怒る必要もねえ。

言いたかったのってこんなんだっけな?
言いたかったことがうまく言えねーよ。いらねーだろーけど。
体にだきゃ気をつけてやれ。いつも後回しになるものだから。

729 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:43
ああ、こいつを忘れてた。
俺はな、多分お前が好きだぞ。
理由なんか知ったこっちゃねえ。

730 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 06:52
こないだからあいつらが書いたもん貪るように読んでいる。
ノートやらスケッチブックやらこんなにあったんかと驚いてたり。
覚えのあるもんの混じってたりする
書いた覚えとかじゃねえ
そん時の衝動とか感情の爆発とかだ。

RとKが違うノートに同じタイトルで書き殴ってるのをみつけた。
こいつらなんかのテーマにのって書いたのか
それにしちゃ日付にかなりの開きがある。
Kのが95年夏〜96年春の間、Rのが97年11月30日2:36AM
俺はこん時の衝動、みてえな奴をなんとなく覚えてる気がする。
何があった時に書いたのかはいまだに知らないままだ。

731 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 07:06
「太陽を殴りつけた夜」 K

無我夢中で  太陽を殴りつけた
どうしようもない衝動にかられて  ひたすら殴り続けた
激しく 激しく 激しく
内側からうちよせる  怒涛の様な波が
はきだしても はきだしても  荒れ狂い
おさえる事ができない

じっとしていると  飲み込まれてしまいそうで
何も考えることもできないまま
渾身の力を込めて  ただ ただ殴り続ける

息が切れる
息が続かない
それでも  無酸素状態になりながら  叫び続けた
意味のない大声を

腕はしびれ  拳には感覚がない
激しすぎる息切れの中で  心臓が砕けそうだ

何故だ 何故だ 何故だ
太陽よ怒れ  怒り狂え
ほえろ 叫べ
この理不尽な仕打ちに  抵抗しろ

何事もなかったように
いつもと変わらず沈み、 また昇るのか

732 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 07:07
まだだ
まだ 足りない
拳から流れる血潮は  少なすぎる
骨が砕け散っても
体中から  血が抜けてしまっても
心臓が破裂しても  それでも足りない

殴り返せ  焼き尽くせ
この小さき存在を許すな

砕け  切り裂け  叩きつけろ
大きなうねりと  灼熱と  激震
荒れ狂え ほえ叫べ

かっと見開いたまなこと
ふり乱した髪と  ずたずたの体で
全身から血を流し  たけり狂い
暴れ続ける  この存在を見ろ

力尽きて倒れるまで
力尽きて倒れても
この衝動は止まらないだろう

733 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 07:08
太陽よ 感応しろ
その大きな体を揺り動かし
永劫の熱で  叩きつけて 焼き尽くせ

これは怒りか  悲しみか  憎しみか  憤りか
どれも違う  そんなものじゃない
得体の知れない何か


得たいの知れぬ何かに
支配されて突き動かされ
狂気のさなかにいる者を見て
太陽はふとたずねた

小さき者よ
お前が砕きたかったものは  私、太陽なのか
それとも 己自身なのかと

734 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 07:21
なんだかなあ
もう、開き直っちまったい
詩人・・・・・
こいつらRとAなんか投稿してたりしやがるんだもんな
投稿式の雑誌で掲載料もらって小遣い稼ぎしてやがったし(;´Д`)ハァハァ・・・
あげくに見つけた『テーマ:夢文』の作文
中小企業同友会とかいうとこが募集してた賞金つき作文コンクール
賞金貰いに言ってやがるよこいつ・・・
たかだか1万のために表彰式なんか行くかぁ?
しかもその前後の日記
「応募人数が少ないから賞にひっかかるかもしれない。
明日締め切りだけど、引っかかったらラッキーくらいなつもりで書いてみよ。
切手代80円と以前投稿景品でもらった原稿用紙数枚の投資なら惜しくない。」

「ラッキ〜!通知が来た。賞もらえてるじゃん。始めからお金目当てで書いたのは初めてだけど
なんか、もしかしてちょろい?とはいえ賞金一万円。できればもう少し上を狙いたかった。
・・・ちょっと図々しすぎるか。でもこんなんだったら片手間じゃなくて真面目に
時間かけて書けばよかったかもね。」

「2時間かからずに書いたから自給換算にして2000円引いても
80円の投資で8000円儲けたことになるね!
ああ・・・・でもちょほっとだけ・・・本気で思ってもないことを
受けるだろうと思いながら書いてだしたことに罪悪感。
賞を貰えるのはなんとなく、わかってた気がする。マイナーすぎるから。
自分で自分を穢しちゃった・・・ね」

735 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 07:29
「太陽を殴りつけた夜」 R

太陽を殴りつけた夜 何かが砕けた
体がぎしぎしきしんで
耳元の空気が 膨らんだり 縮んだりしている
目の中から すさまじい黒の衝撃が現れ
心の内側へ突進してくる
突き刺さるたび
激しすぎる痛みと共に
少しずつ 仄かな灯りがさしこみ
ききとれないほどの
かすかな ささやきが響いてくる

それは 小さな緑の 木漏れ日のようであり
銀色の釈杖(しゃくじょう)のような響きである

たとえ夜が引き裂かれても
星が砕け散ったとしても
この痛みが 薄らぐことはないだろう
だが同時に、仄かな灯りと かすかなささやきをも
失いはしない

過去から未来へ
連綿と続く鎖につながれて
泥沼の中をどこまでゆくのだろう
なかば おぼれるようにして 彷徨いながら
手にしているのは・・・・・
わうかな絆か なけなしの勇気か 最期の愛か

果てに辿りつく その日まで
決して開かれることのない両の拳を
自らの証として生きてみよう

736 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/18 08:24
いるんだけどね
日にちは少し延びたんだ
スレで言ったら探せば見つけられちゃうし
「多分好きだ」っていうのがとても嬉しい
俺も嫌いじゃないよ

737 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/18 11:26
Σ(゚Д゚) イタノカ!

って探せば見つかるの意味がよくわからんかったり
ま、いーか

今回うpした画像、もらったパソのデスクトプにしてた奴だ
本当はお前に送る時つけといてくれと頼もうと思いながら頼まんかった奴
それサイズ小さいから全画面したら悲しいほどにじむ
けど中央表示にしても意外と重たい
もし壁紙にするつもりだったらできればサイズ落としてからにするといいかもだ

738 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/18 23:02
ちーとあれだが、プライベト公にしだしたのは心が開けたのか?
お別れとかじゃないよな
俺はあまり心配してないが、心配性な奴もいるから、感染してみた
年賀状・・・年々手抜きになるな
根気が年を取れば取るほど無くなっていく
6年前は「この年賀状は貰ったら俺だったら嬉しい」という感じだったが・・・なさけねー
手で字を書くのも久しぶりだった いいもんだな

739 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/18 23:03
プライベトっていうか、デスクトプとか詩とか書いたものとかってことね

740 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/19 01:40
>>738
んー当たらずとも遠からず、っていうんだっけか?
外れだけど遠からずってのもあるんかな

開けたのも多分ないわけじゃねえ
だけどそれよりでっかく開き直りと慣れ
俺はいつも何かハードルを越えようとする時
恐れでキューキューしながら開き直りでやり始め
それから慣れで、後からあーこの程度のことだったのかと思う。
一つのハードルを越えるのはいつも挑戦と実験だ。

でも俺が急に消えることはあり得るし。
何かいつもより足元が心元ねえ 自分にもやがかかったみてえな感じだ
俺達はいろんなもの奪いあって押し付けあってそれでも共存してきたんだろうか
何かが一つ、またどこかへ進み始めた気がする
多分この流れは俺には止められない
いい流れなんか悪い流れなんかもわからねえ
そういうのはたいていいつも、後からついてくる

741 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/19 01:49
>>739
俺ここ以外でなんか書いたっけか?
食卓と移転後のことか

何かが開けたとしても誰にでもってわけじゃねえ
だけど慣れは警戒心とかして横に広がってくらしい
危険な諸刃の剣だがストップはかけねえ

それよりももしかしたらどこかに
足跡くらい遺しときたくなったのかもな
俺達が生きてきたことなんか俺達にしか価値はなくて
俺達にしか意味なくて俺達にしかみえないことで
それは、下手すりゃいつもいなかったことにされることだしな。

声聞かせたのはまぁ・・・サービスだな
特別出血大サービスw
一度も聞かせないままってのもなんだしなあ

742 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/19 02:00
ほんとにどういう心境の変化なんだろう
人前で歌うのも文を書くのも絵を描くのも死ぬほど嫌いだった
それもつい最近までのことだ
あいつらが「実は書くのが嫌いじゃなかった!?」って騒ぎ出してから
数年経って気がついたらノートとスケッチブックの山だ。

自分でもわからん何かが俺の中で変わり始めてる。
晒してしまえってのに近いのか。わからん。
才能だのなんだの言われていいきにでもなってみてるとか?
そうだとしてもどうでもいい。
今の俺達は人の評価気にせずにすきなことできるはずなんだ
顔色覗う必要なんてなくなった
押さえ込んできたもんが洪水みたくあふれてきてんのかもしれん
俺は動き出した流れはとめん
みえない流れが動いた時はわけわからんままでものっかることにする


743 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/19 03:47
。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!声だたー
一回だけかぁ チエー
すごいドキドキする声だたよ
胸の中にしまっておきます ありがとう

744 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/19 04:21
>>743
うそつけゴルア!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::
かわいーとか言いやがったくせに!(T∀T)




まーいつかまた気がむくことがあったらな けっ

745 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/19 12:20
朝シャワーあびがてら体重量ったらば
X6.5キロしかないんでやんの
昨日はまさかと思ったがほんまにマジで激やせのヨカーン
夏からこっちヤセ続けで夏からマイナス8.5キロだよおい
ゲトした拾いもん体重計が間違っとること祈るぞゴルア状態

そういや最近真上向いて寝ると肩甲骨が食い込んで痛い気がするのだ( ̄^ ̄)
横向くと腰骨が痛いし、服がのきなみゆるゆる着れんなる日は近い
つか、腰骨つきでたせいでウエストにすきまできるもんなあ・・・・

真上向いて寝転んだ時腹がへこんで腰骨つきでてるのに気づいて
激しく鬱だ あばらと鎖骨がガリガリしてて洗濯板みてえだ
まるであいつの最期の姿みてえだ
あいつも激痩せで骸骨に見えたな
あの頃、丁度今ごろ俺はそれまで泊まったこともねえような
たっかいホテルに泊まってたな
その間にもあいつが死ぬんじゃねえかってハラハラしながら
豪華さに浮かれようともがいてた

746 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/20 12:31
食え食え
日記スレの方に煽られて消えたように書いているが、今から帰るので今日は書けないだけだ
これからしばらくほとんど来れなくなるが、多分元気なのでそっちもガンバレ
じゃあねノシ

747 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/20 12:34
メモ トランスジェンダー、ヒジュラ

748 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/20 12:35
>>746
おお 今から逝くのか
ご苦労なこった
働きすぎるなよー って言っても無駄なんだろうけな
ま、がんがるな

(;´Д`)ノシ いってら〜 

749 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/21 03:30
ふう
まともな体格と声が欲しいなぁ、と

750 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/21 04:40
少しばかり馬鹿だったと思う
そいで短時間とは言え感情的になっちまった自分に鬱だ
望んでも手に入らねえもんは手に入らねえ
考えたって無駄なんだ
麻痺させとくに限る
それができてるつもりでも・・・つつかれ続けると疲れる罠

まともな暮らしがしてみたいなあ。。。。一生無理なのか俺は

751 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/21 04:47
従兄が死んだ時あいつらの1人が言った台詞
「どうしてこの子が」「こんなにいい子がどうして」
そういって俺を見た目が冷たかったように感じたのは僻みなんだろうか。
俺には「お前が代わりに死ねばよかったのに」と聞こえた。

俺は役に立てれたら嬉しいと思っていた。
会ったことも名前さえも知らない従兄だったが
俺が助けることができるなら何でもしてやろうと思った。
ダメだった、と判った時泣いているおばさんがかわいそうだと思ったし
優しくしてやろうと思った。
話し掛けるたび無視されるのはきっと、気のせいなんだと。
おばさんはきっと、今とても辛いから
だから僕の声は聞こえないんだろうと、思ったりした。馬鹿だから。

2週間学校を休んで戻るといろんな噂が飛び交っていた。
どこからそんな話がというようなものまで。オヒレ背ひれがつきまくりで。
根も葉もないものも山ほど。
俺には従兄なんか関係なかったのに。助けてやろうと思ったのに。
助かって欲しいと本心で思ったのに。おばさんがかわいそうだとも本気で。

1人で乗った新幹線の中で俺はわざとはしゃぎ続けた。
ものすごく楽しい、と思うために。
虚しさが今ごろになって襲ってくる。
押し殺した気持ちのつけは今ごろになってやって来始めている。

752 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/21 04:52
俺の体がもっと普通のもので
俺の精神がもっと普通のものだったなら
あいつらは俺をもっと受け入れてくれたんだろうか。

俺の精神はきっと元はもっとまともだった、はずだ。と思いたいがどうなんだろう。
でも生まれた瞬間から不良品だったのも確かなわけで。
ことあるごとに行く先々で俺は
不良品で規格外品ではじきだされる。

仲間意識をもち始めても、友達感覚になり始めても、無駄なんだ。
いつか必ず押し出される。入っていけるわけがない。

まともなものをまともに持ってるのが当たり前で簡単な奴らに俺の気持ちがわかるわけがねえ。
まともな奴らの論理でまともさを求められたら太刀打ちできるわけがねえ。
こうして伸ばしかけた手足落とされるくらいなら、一人でいた方がましなんだよと
何度言い聞かせたら思い知るんだろう。
捨てても捨てても体のどこかに残りまくった未練が
ちょっと優しくされるたびにわめき立てて俺に俺の掟を破らせる。
俺は馬鹿だ。

753 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/21 05:48
椅子でウトウトしてワラタ
そういえば長いこと横にならずに寝てた時期があった
眠りたくなくて座ったまま過ごした



今日は、寝よう
あの頃よりはるかにまし、だ
ないもの数えたって仕方がねえもんな

754 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/22 05:24
ククク 体重増加傾向だ うむうむ

それにしても眠くならねえなあ
ちーとマジで朝夜戻さんとバイトがまずいぞ、と
どうすっかな

755 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/22 11:25
うむ
朝から猛烈に腹が減っている
これなら食いだめ期で終わらず食欲定着するかもしれん
食うべし食うべし!
臓腑をえぐるように食うべし!
しかし食費かかってかなわん罠
食パンとマヨネーズでしのぐか?やれやれ

756 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/22 14:28
友達がいるからかまだ全く怒られず
俺もいつものような息苦しさは感じない
あんまり父親と話してないのもあるが
母親が友達に大ウケ
そういえば同居人も母親を面白がってた
もの凄く面白いらしい
・・・確かにあの人、変かもしれない
同居人もそうだったが友達も、私と母親が喋ってるとクスクス笑いっぱなしだ
朝起きて酒飲もうとしたのだがそれはさすがに止められた
毎年こうやって友達を連れて帰りたい・・・・

757 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/22 14:32
しかし考えてみれば今までの友達も妹の友達も皆うちの家族はギャグのようだと言っていたな
なんでだろう
確かに面白いんだけど・・・
なんで俺はこんなに怒られたり嫌だったりするんだろう
同居人を始めて連れて帰ったとき、同居人は父親から「飴女」という仇名をつけられた
もうすぐ御飯なのに買ってきてた飴ばかり舐めていたから・・・
そして電話が来るたび、「まだTちゃんは飴舐めよんのか」と聞かれる
同居人は「あめおんな」
今回の友達はどんな仇名がつくのだろう

758 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/23 18:12
やべええええええええ
お姉ちゃんて書いちゃった・・・・・
ああもう
どうしよw
じゃ。。。仕事言ってくる。。。

759 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/24 07:52
で、もう8時なわけだが(;´Д`)ハァハァ・・・
昨日せっかく4時ごろ寝て
ちったあ夜寝るようになれるかと思いきやまったくだった

つーか、長文ネタにはまったのが悪かった
思わず勢いにのって書きまくりしてしまった
ザマミロ某スレ36!

はぁ。
今ごろ眠くなってきた。
が、この部屋に寝る場所などない( ̄^ ̄)
今から寝たら昼までに起きれん気ぃするなー
またしてもピンポンで起こされるのか!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::
つーか、肝心の問題が解決してねえ
俺はどこで寝ればいいんだ
梱包中断したままだ(ノ_・。) 

760 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/24 08:00
ね〜む〜い〜
ねむくなってきた〜あ、と
ばっとまーん
寝る場所がないよ〜んと
丸くなって寝ると肩凝るしな〜と
寝入りばな起こされるのいやだしな〜と
貫徹いってみまつかぁ?なんてな






                  ⊂⌒〜⊃。Д。)⊃   

761 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/24 18:04
ね〜む〜い〜
今ごろ眠くなってどーする俺!!
もーちょい、あと6時間くらい起きててから寝れば
朝夜逆転が戻るのになー、と
そんな時に限って激しく雷
これは寝るしかねえ
そりとも飯でも作るか 久しぶりに

762 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/25 01:08
頭いてえ
今日こそ今からねよう

763 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/25 02:58
そして2時間寝て目が覚めちまったわけだが。

つーかまだどたま痛え
ガンガンするぞゴルアー

764 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/26 04:38
つーか、マジでいい加減昼夜逆転なおさんと
バイトがまずいぞ。30日からいけんのか俺
いい加減にしる俺
不吉なことに4:44なわけだが。
ううむ。

765 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/26 04:39
む?
パソの時間がくるってやがる。
こないだのバイト遅刻しかけたのこのせいかな・・・・

766 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/26 05:48
つーか、いい加減に寝れ俺
まいったなーマジ昼夜逆転だよーどないしょー
弱ったな 現実逃避もいいとこだ
情けねえ
たかが従妹の一声で動揺しまくりだ
行くのか?会いに行きたいのか?俺は。
わからん。先が見えん。
それよりまえにまずバイトだ。そこだけ考えよう。

767 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/26 14:46
お前は馬鹿か?

768 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/26 15:38
うん馬鹿なんだろうなやっぱり。
そうなんだ馬鹿なんだ。
だからあれこれ考えてても仕方ねーよ。
どうせなるようにしかならねえ。
諦めてなりゆきにまかせちまおう、か?

冗談じゃねえって気もするな。
飛び込まなきゃいいだけだ。
行ってなんになる?嫌な思いさせられて終わりだ。
あいつらに無神経じゃねえ態度なんて期待する方が愚かだ。
なのに、なんで俺は断りきれねえんだろう。
未練か?まだ未練が?
・・・・未練たらたらなんだよな。情けねえったらありゃしねえ。
とっとと諦めちまえ!
お前に家族はいねえ、何度そう、言い聞かせたら諦めがつくんだろう。

畜生年末年始は嫌いだ。
ただでさえ嫌いな季節をかきまぜるようなことしやがって。
どうしてくれようか。ほんっとにどうしたもんだろう。馬鹿だな俺は。

769 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/26 22:25
しんどい。。。。
消えてしまいたい

770 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/26 22:59
なんだろうね
ここで語る気力も無い
やっぱりグチグチ言えるときって元気なときなんだよね
どうでもいいもんな
じゃぁ。。。。
日記スレの方、保守おねがいします
別に落ちてもいいと思ってるけど
しばらく書かないようにするわ
ってか書けば書くほど黒くなる
一服して寝よう

771 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 04:59
日記スレ保守らじゃ
俺がいるの30日までだからそれ以降はちょと約束できんが。
あ、俺30日から3日までバイトでいねえからな。


そんでもってそのあとはそのあとはそのあとは・・・・激しく未定なんだが
どうすっかなどうすっかなどうすっかな
もしかしたら放浪の旅にでるかもなw
つーか、俺はいったいどうしたいんだ
自分で自分がよくわからねえ

772 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 05:12
ああ今日も5時過ぎてしもーたー。
明日こそ明日こそはよねよう。
年末年始バイトにならんぞこれじゃ俺。

つーか、明日こそやることやってしまおう。
・・・・すんげー無理がある気がするな。気分的に。

773 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 05:19
寝よう・・・・な。
いい加減寝よう。
毎日いいきかせながら寝とるな。
あれだな。寝るのがいやだモード突入。
原因もなんも心当たりありすぎてどうにもならん罠。
つーか、諸悪の根源はあれか。
どうしてくれよう。
俺は、本当に、どうしたいんだ?

どきっぱり、断ってしまえばすっきりするんだろうか。
・・・・・・・・考えるだけ不毛だ。寝よう。
寝ようとして寝る夜。あの頃のような夜。



あの頃よりは数百倍幸せだよな。それでも。

774 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 05:22
俺は、多分、従妹のことは、好きなんだよな。
あいつからの連絡は多分、嬉しかったんだ。
だから会いたい。だから迷う。
それだけの理由で覚悟もなしにいくわけにはいかん。
痛い目みるのは多分俺だ。
それだけの覚悟は必要なんだ。
俺はそれはいやだ。
だからいきたくない。

どっちにしろ今更、なんだよ。
今更、だ。激しく今更。
だからって勝手に水に流されるのもしゃくにさわる罠。



寝よう。

775 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 14:48
>BH/8

http://hikky.tsukaeru.jp/cgi-bin/img-box/img20021227144534.jpg
木漏れ日ならぬ木漏れ星ってのはどーよ

776 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/27 19:48
綺麗だね。寒そうだ。孤独だ。
はりつめた孤独の美しい絵が好きなんだねえ。

俺は今日体調が激しく悪く、今やっと起き上がれるようになった。
これから手伝うかもしれない。まだ分からず。
今年は早めに帰ったので仕事スケジュールに余裕があり、1日休んでも大丈夫、らしい。
実家は水が合わない。顔も体もボロボロだ。これ取り戻すのに一月中かかるんだよなー・・・。

777 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/27 21:45
今日はハニの誕生日
ハニといっても・・・・付き合ってはないけど・・・・
「まだ俺のこと好きだったんだ」「うん、わかんなかった?」「どうでもいいからね」
俺って一体・・・
童貞捨てたいからネットで知り合った40近いおばさんとヤルってさ・・・・・・
本当にやったらもう捨てよう・・・・

778 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/27 21:50
それでね、写メで写真送ったら「モーターサイクル送ってくるな!」だって
かわいい。。。。

ここで「かわいい」と思う感性が俺をダメにしてるような気がするけどw

779 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 22:09
モーターサイクル??
俺は別に孤独な絵とか思わんけどなあ
青い世界は好きだ
Fも音のない世界が好きなのかときいてきたが
俺には音がきこえる
あれは俺の世界だつーきがする
俺は青がすきだ



780 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/27 22:13
モーターサイクルっていうのは、グロ画像みたいなやつのこと
人の死体とかね
俺の顔はモーターサイクルなんだぁぁぁぁぁ

しかし6時間経った今、「ありがと」だって・・・・・
それだけのメール・・・・・
あー俺絶対騙されてるううううううう           わーい

青好き好き 大好き
東山魁夷の青が素晴らしいよ
本物見せたいなぁ
院展がもしあったら行ってみるといいよ
そっちはかなりそういう文化的な催しが多そうだ

781 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 22:17
ちっ
メッセとどかねえから不本意だがここで聞こう
ここの保守どうするよ?
Uが名無しで保守だけしちゃろうかいっとるけどどうする?
俺は30日から3日までカキコできんぞ

782 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/27 22:20
さー
俺はどうでもいいけど〜
でもどうでもいいことウダウダ書けるとこっていいね
この板一覧見てないから回転がどうなってんのかは知んないけど
保守しなくても落ちないんじゃないのw
ってことで、お任せ
ここに書けなくても他で適当に書くかもしれないし
しなそうだが

783 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/27 22:28
そんじゃ特にいらんか
まあ落ちたら落ちたときだな
そん時またたてりゃいいか

784 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/28 05:54
つーか寝られんし。
どーしよーかなー
いーかげんに返事せんとまずいぞーと
従妹にだけ会いてえなーなんて思ったり
あー知りたいこと山積みなのに知っていいことはなんにもなさそうな罠
だったら知らずにおわらせとけとかはまったく思えんわけで。
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるえー加減にせえよといいてえ。自分に。

何年ぶりだ?もし会ったら。
8年?12年か。
おーれーはーどうしたいんだあああああ?
自分で自分の気持ちがわからん
知りてえ 行きたくねえ でも会いてえ
つーか、会いたくねえ
はあ
遠いもんなー金かかるしなー
交通費だけで年末年始のバイト代がとんじまうんだよな
つーか、いったら下手したらお祝いわたさにゃならんのか
・・・・・・・なにやら激しく理不尽な気がする・・・・いくのやめとくか

785 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/28 05:59
東山魁夷 ってなんて読むんだ?
ひがしやま・・・か、かい?・・・え?
蝦夷のぞ、か。かいぞ?
うーむ。画家かなんかの名前なのか。

つーか、なんでグロ画像がモータサイクル?
モーターサイクルってバイクのことちゃうかったっけか。



あちこちでバイトしまくるとそれぞれの裏の世界が見えて
雑学だけは浅く横に広がってくものの
世間一般常識とか流行とか
普通の奴が普通に知っとることってのの知識は
少しも広がってかねえんだよなあ

自分が何を知らんのか知らんのだから、増えてくわけがねえのだ。
調べようがねえ。
これを知らんのだなってことを気づくのはわかんときで
わからん思いをするまでは知らんことにもきづけねえ。

TV・雑誌関係は軒並み全滅するんだよなー
かろうじてブックマーケットで立ち読みできる漫画を除いて。

思わず図書館に昔のアニメを見に通ってしまいそうな自分がかわいいぜ♪

786 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/28 11:58
ひがしやまかいい
だよ
日本画家の大家だ
横山大観(たいかん)もいいぞ
水墨画とかも書くけど、普通の絵なんて本物は本当に圧倒される
放浪の旅、みんなに止められてたねw
俺はいいと思うよ〜
自然に対する知識が多いし吸収するものが多そうだ
みんな心配して止めてるんだろうけどな
危ない事があってもそれも経験だ
行きたくなったときに行きたい所に行くと会いたい人に会える
それはどういう人なのか行くまでは分からない
人じゃないのかもしれない
従姉妹に会いたいなら会いに行くほうがいい
それだけでいいならなんと言われようとその人に会うだけで帰ってくればいい
引き止められて結局嫌な思いするから行きたくないのかな
行くなら我がままなはっきりした決意を持って行くのがいいね

787 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/28 12:35
>>786
>行きたくなったときに行きたい所に行くと会いたい人に会える
>それはどういう人なのか行くまでは分からない
>人じゃないのかもしれない
お?
お前わかってんじゃん!
それがわかる奴に会ったの初めてだなー俺は。
表現できたことがなかったんだがうまいことを言う。

そーだな
俺のしたいことだけ優先してえもんだな
つーか、引き止めてもらえることはねえと思うけどなw
俺は俺の期待が勝手にでかくなりすぎて
当たり前な冷たさにもう一度傷つくのを畏れてんのさー
多分な

788 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/29 06:31
やれやれ
またしても夜があけそーなわけで

789 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/29 06:35
ほい
http://hikky.tsukaeru.jp/cgi-bin/img-box/img20021229063409.jpg
こいつは青くねーぞ
そいで寒くねーぞ、と

790 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/29 06:39
俺は多分どこかに・・・・足跡を残したかったんだろうな。

791 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/29 07:46
レオナルドダヴィンチのモナリザの背景みたいだ
俺には夜明けに見える

ハニが死ぬ夢を見た
女遊びしようがいくら留年しようが俺を嫌いになろうがなんでもいいからとにかく生きてて欲しかった
いつも喧嘩ばかりしてるが、いつも寝るときに布団に入ると「あっちいけよ」と蹴られるが
寝れないのか起きたのか一時間位してから体を後ろから抱きしめてきて(俺は寝てると思ってるのだろう)
気がついたように離れ、手を繋いで寝ていたのを思い出して泣いて目が覚めた
もしハニが死んだら俺は消えるだろう 間違いなく
そう思ったらお兄ちゃんにも会えなくなるのかもしれないと思った

まーその可能性は万に一も無いだろうがなー
バカか俺はと

792 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/29 07:54
あーばかみたい
恥ずかしい
猫がとことん甘えてきて現実を認識した
さ、仕事

793 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/29 14:33
あーでもそのとにかく生きてて欲しいてのは理解できるなー
俺も消えるだろうっつーのも。
But!
だからといっても生きててきちまった俺w
生きれるもんだよな 抜け殻みてえになってても
死のうとして簡単に死ねるもんでもなかったしなあ・・・命冥加な奴なんかもしれん
冥加・・・意味知らずにつかってみたわけだが。

俺の一人目のハニーはさ
ハニーなんていえる付き合いじゃなくて
全然何もねえ関係だったけど俺は生きてて欲しかったな
一言も口きけなくてもいいから生きてて欲しかったよ
あいつは自分が死ぬことを知っててさ俺もそれを知っててさ
あいつが「未練が残るから嫌いになってくれ」って言った時俺は痛かったなあ
俺は好きだって言って欲しかったのに好きだって言いたかったのに
「お前なんか嫌いだ」つったよ「初めから別になんとも思ってなかったし」ってさ。
目に涙浮かべて礼いいやんの。そりで「○○もあんたが嫌い。大っ嫌い」
なんとも言えなくて黙って過ごした時間ってどれくらいあったんだろう。
暫く目つむってたそいつが俺の顔も見ずにいったよ
「大っ嫌いなんだから出ていってよ」
俺は無言で出てった。もう一回こっちみてくれねえかなーとか未練がましく思いつつ。
あれが最期になった。俺は葬儀にも通夜にもでなかった。
墓参りもしたことがねえ。つか、墓がどこにあるのかも、知らん。


794 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/29 14:37
前のハニーには好きとか愛してるとか何かいえって散々おこらりたが
まるで言う気がしなかった
そもそもそういう言葉が俺は嫌いで苦手だ。言われるのも。
だけどそれくら言えって誰かに言われるたびに一人目に嫌いだつった時を思い出す。
あいつに言わなかったのに他の誰にもいいたくねえのがあるんかもしれん。
今思ったことだが。あいつ以上にひかれた相手はまだいねえもんなあ。
あれだって恋愛感情だったのかどうかわからねえ。
俺はそういう感情が激しく苦手だ。めんどくせえ。
生きてて欲しかったな。友達にさえなれなくても。

795 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/29 14:38
ところで789は朝焼けだぞ
みえる、じゃねーんだよコボケ

796 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 00:39
それにしても・・・この時期はちーと・・・

797 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/30 01:32
いい話だ。。。

798 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 04:10
カチュしか開いてねえのに
ワード開こうとすると「メモリ不足のため実行できまてん」
んなわけねーだろー!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::
ああもう頼むぜおい
もーちょいしっかり動いてろ

それにしても
鏡みると驚きだな
えっらい久しぶりに鏡みた気がする
大分前から俺が映らなくなってたが
今日は俺だ。
俺だなあ うん。

799 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 04:13
にしてもどーする気なんだろなこの色
我ながらどーかしてるな
つーか、激しく俺らしくなったような気もしたり。
つーか、俺どうする気なんだぁ?
この髪でのこのこ訪ねてったら追い返されそうだw

俺は自分で退路立ちたかったのかもしれねえなあ
この髪自分で選んだわけじゃねんだけどな。
でも・・・会いに行こうかなって気になってる
これある意味喧嘩売ってるようなもんだな この髪
これできっと俺が普段いつもこんなんだと思うんだろうなw

バイト、終わったらいったん帰ってこよう。
それからまだ行く気が残ってたらでかけてみよう。
なんだか一つ、ケリがつけられそうな気がするから。

800 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 05:38
それにしても俺は年末年始が嫌いだ
夏休みも冬休みも正月もクリスマスも盆も嫌いだが。
みんなが浮かれて楽しそげにしてるのを見るとどっかが冷めてくる。
僻みのつもりはあんまりねえ
今までそう羨ましいと思うこともなかった
どっか淋しかったのは認めるが。

でもそうだな 今は羨ましい。
「ただいま」とか「お帰り」とか
「おめでとう」とか「ありがとう」とか「ごめん」とか
なんだか背筋の痒くなるよーな台詞が当たり前に飛び交う世界ってのは羨ましい。
Hが書いた「母親がご飯食べなさいって呼んでる」つーレス読んだ時
どっか腹の中がくすぐったいくらいギュ-と縮んだ気がした。
Fらの怒り方はどっか気持ちいいかもな
わけわからんが。
俺は「心配して怒る」なんて奴初めてみた気がする。
不思議な怒り方だ。


そうでもないか。
何か遠い昔そんなこともあったような気がする・・・記憶になくなっただけか。

801 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:00
ああ余計なこと書いちまったせいか
やけに鮮明に一人目のハニーを思い出す。
最近では珍しいことだ。
こないだチラと話題に出たときは痛くもなんともなかったのにな。
ああ俺の中で終わっちまってる終わっちまたんだなーと
そういう感慨のがでかかったんだが。

こいつを思い出す時たまにサイモントガーファンクルがセットになってくる
「いつでも来て」って言った
「ギリギリになる前に来て」「お父さんもお母さんも説得してみせる」
力強い応援だったよ 俺には。
そんなことできるはずがねえのはよくわかってたのに
それでも行けば助けてくれる場所があると
まるで切り札みたいに思えて、だから行かずに済んだ。

あのみぞれが降った日
俺は寒くて空腹で行き場がなくて
何度もこいつのとこに行ってしまおうとか考えた。
それで、親に追い返されるみじめな自分とか想像して
それとかお前が困ることになっちまいそうで結局行けなかった。
もー何もかもどうでもいい
凍死したって別に構わんしとか
そういうこと考えてる時に流れてきた曲
きれいな曲だった
なんだかあれだけで生きていていい気がした

802 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:04
でもなんでかなー
俺が思い出すおまえの顔はいつも目をつぶってる
目瞑ったまま強気に口元ギュっとしてる顔だ
嫌いだつった時の顔
コロコロよく笑う奴でケタケタ笑ってることの方が多い奴だったのに
なんでか笑ってる顔は浮かんでこねえ
記憶が薄れていきそうで激しく残念だ
写真の1枚くらい、あればよかったのにな。

お前は自分の性別が嫌いだった
俺は自分の体が嫌いだった
俺達は正反対みたいな性格してたのに性別を超えて付き合えた
付き合ったうちにまるで入らねえほど純粋に
ひかれあってた
多分、うぬぼれじゃねえ ひかれあってた。俺だけじゃなく。
担任もクラスメートも誰も俺達のことを知らなかった
俺がおまえと話しをすることがあるなんて
二人ででかけることがあるなんてまったく誰も
多分今でも知らない
お前の親は俺が近づくのを警戒してたけどな。

803 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:10
だけど俺は親に「娘に近づかないでくれ」って言われたから行かなかったわけじゃねえ
圧力に負けて行けなかったわけでもねえ
俺は、行きたくなかった
お前が嫌ってくれといったから。お前が俺を嫌いと言ったからだ。
俺が意地をはったわけじゃねえ
俺はお前は本当は来て欲しかったんじゃないかとか
長いこと何回も後悔しては打ち消してきたけど
多分あれで俺達は通じ合ってた
何も知らずに非難する奴のことなんか知らん どうでもいい。

確信をもてたのは2年前だ
親父が死んだ時
もう認めてしまえ あいつはきっと俺の親父だ
あいつが日増しにやせ細り日々苦しみが増していく
見ているだけで苦痛だった
なんにもしてやれねえ
しまいにゃ人間じゃねえみてえに気持ち悪い姿になってた
ハニーはきっと俺にそんな姿見せたくなかったんだと思いてえ
俺は見たくなかった
見てたら目つぶってた顔だってきっと思い出せねえ
俺はあいつの骸骨みてえな顔しか思い出せないんだから。
元気だった時に過ごした時間の方が多いはずなのに
思い出せるのは元気だった時じゃねえ
心配して過ごした時間の方が強烈すぎて
思い出すのも痛い姿しか浮かんでこねえ

804 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:23
ハニーが死んで数週間後
クラスメートから聞いた「やせ細ってまるで別人だった」
行かなくてよかったと思った

課題図書で風たちぬの感想文書かされた時
俺は愛する者が死に面してる時に苦しさを悟らせずに
毎日会いに行くことなんかできねえ、と書いた
こんなの作り話だと
本当だとしたらこいつは凄すぎると。
あの時まだ俺は病気のことを知らなかった
知らなかったけどあの本を怖く感じた
先生が俺の感想文を褒めた
感想の後に残った1行に
「風たちぬ いざいきめやも」とか引用しといたのが気に入られたらしい。
それから「凄い」という言葉でかたづけてしまったのが惜しい、と言った。

他にどう表現しろというんだろう
詳しくリアルにみつめていくことなんかしたくなかった
ハニーに会った時
感想文読み上げられちまったよ参ったよというと
本を貸してくれと言った。それから感想文読ませろと。
俺の本じゃなかったが又貸ししたら落書きして返してくれやがった。
それから笑わないから読ませろと言ったくせに笑いながら「キザ」だと。
あいつから最期にもらった手紙には一言だけ
「風たちぬ いざいきめやも。私も。」それだけが書かれてた。

805 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:31
よく考えたら俺の人生は濃いいなw
人から「得がたい経験してる」だの「ドラマチックな人生」だの言われると
激しく腹が立つが。
しかも自分でそんなんは思ったことがなくて(゚Д゚)ハァ?だったが。

今突然納得した。
つーか、初めて自分でもそう思った。

俺はなんと5回死にかけてる
病気と、ケガと、殺されかけたのが2回と、自分で自分を殺そうとしたのと。
病気は三途の川見て戻ってきたから数にいれていいとして
怪我をいれるのはちょい問題ありか。
あれで死ねたはずがないんだがでも俺は死にそうな気がしたから数にいれとくか。

俺は生まれてすぐ親に首をしめられてる
殺そうと思ったのに殺せなかったんだと聞いて育った
赤ん坊だった俺がその時のことを覚えているはずがねえ
だけど俺はその光景を夢にみる
リアルに細部に渡って。
その夢が現実と同じなのかどうか確かめる手段はねえ。
だけど俺は親の表情や部屋の雰囲気や着ていた服や
時計の音がなったことまでを記憶している。夢の中で。あれは、夢なのか?

806 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:37
2度目はもっと大きくなってからだ
こっちははっきり覚えとる
お前を殺して自分も死ぬと、はっきり捕まえられた腕が痛かった。

俺はどこで俺の存在が罪だと思うようになったんだろう
俺はどこかで自分で自分を殺さなきゃいけないと思うようになってた。
発作的でなく、現実的にはっきりと実行しようとしたのは1度だけだ。
結論としては
人間そー簡単に死なねえ
だったわけだがw
つーか、親殺そうと思って掴みかかって首しめたことがあるが
それでもあいつは生きてるわけで
よーするに俺には相手が自分だろうが人だろうが殺す能力なんてないんだろう。

何が書きたいんだか自分でもわからねえな
脈絡もなくいろんなことがうかんでくる
また指から血がでてる
これ以上打ってるとキーボードが汚れちまうな

807 : ◆a6Riz1rmVg :02/12/30 06:44
そうだな
多分俺は人よりずっと死と近いところにいた
実際命がけだったとかじゃなくっても
生きるのと死ぬのと裏表みたいなとこで生きてきた気がする。

生きのびた自分に乾杯
それでも生きてきた俺をほめてやろう
我ながらよく生きてきたじゃん
どうにもこうにも超えられない壁に囲まれて
どこまで続くかわからん暗闇の中で
希望の希の字もみいだせずにいたのに
ただがむしゃらにもがいてきただけなのに。
今の俺は今までで一番「死」から遠いとこにいる。
もう俺には俺を殺す理由がない
死にたいとも殺したいとも思うことがない。
生き延びたのかもしれねえなぁという、実感。
はたからみたら大げさにしか思えねえだろうな。

うむ。
来年はやっぱり「受信と解放」路線でいってみよう。
これは多分、俺に訪れた何度目かの転機だ。


808 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/31 20:30
今回は少なかったな
泣いたのが三回だけだった
一人でこっそりと泣きながら煙草を吸うのだが、
家族みんな煙草嫌いで「臭い」とかえって怒られたり
でも今回は一回も殴られなかった
それでも近寄ってきただけでさっとかばう反応はしてしまうが
昔に比べたらとても平和でもちろん嫌味なんだが、
でもこうやって書いていると泣いてしまうのは何故なんだろう
家族がいないのとは比べ物にならないだろう
幸せな筈
少し言われただけで泣く俺がおかしいのだろうか
泣いてると思われてないからますます言われるのだろうか
もう考えたくないし、考えなくても生きていける事は分かっているのに
寝よう おかしくなるくらい寝よう

809 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/31 20:37
色んなことがあった一年だった
元彼と知り合い、付き合って一ヶ月で振った
相当いい人だった 俺はバカかと
二月にはハニと知り合い、躊躇しつつ会い、付き合い、・・・
三月末には正社員になり、何も見まいと仕事した
六月には倒れだし、ハニともおかしくなった
八月に仕事を辞め、ハニにきちんと振られた
十月には連絡をとるようになり、私の誕生日に縁を切った・・・はずだったがw
後半は仕事していなかったのでハニのことばかりだな
そういえば。。。一回知人とやっちゃったのか もう忘れたが
あ〜〜来年はいい年でありますように

810 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/31 20:44
ああああーーーーーーー!寝る前に怒鳴んな!!!
死んで来いぼけ!!!!!
市ね!!!!市ね!!!!

811 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/31 20:46
市ね

とここで言ったところで死ぬわけじゃなく
は〜・・・・・・
シネよ もういらねえって 市ね
なんでこんなんで一年の終わりで寝んといかんわけ?
一回進で濃いよ もういいよ 

812 : ◆bH/8dsJm4. :02/12/31 20:51
ハニからメルだっっっ
えへ もうウキウキ

というかだね、ハニは全くそゆの知らないけど、もうだめだと思ってもハニと喋ると
元気になる なんか嬉しくなる
バカな事ばかり言い合ってるけど、あたしが仕事で疲れてても、友達と喧嘩して凹んでても
実家がつらくても、ハニと話すだけで心が温かくなる
不思議だ・・・・こんな人今までいなかった
物凄く仲の良い男友達にも似てる子いるけど、その子は事情知ってるからなぁ
えーと何書きたいのか分からなくなってきた
ねよううううううううううううううううう ぐっすりと

813 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/01 00:03
あけおめ

814 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/01 19:26
ぼーっと日々が過ぎていく
ぼーっと、・・・ぼーっと過ぎるならそれがいい

815 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/01 19:27
書きたいことがいっぱいあるけど、書こうとすると言葉が出ないなぁ
そろそろ消えたいけど消えられないのかなぁ
微妙だなぁ

816 :真実:03/01/02 15:57
    あるネット関連会社の社長は、「いずれにしても2ちゃんねるは
資金が底をつけば終わり。あまり知られていないことだが、
2ちゃんねる内部関係者によると今、大手通信会社系が調査費名目で資金提供している。
だが、それが止まれば続けてはいけないだろう」と証言する。
2ちゃんねるが判決によって力を失った場合、資金提供の打ち切りも予想される。
http://ascii24.com/news/reading/causebooks/2002/07/01/636911-000.html

 以下、別の記事のキャッシュ http://memo2ch.tripod.co.jp/article.html
 2ちゃんねるに近いあるインターネット関連会社の社長は、2ちゃんねるの幹部から得
た話として証言する。「2ちゃんねるは、運営者や幹部などがそれぞれ別々に会社を
作りカネの流れを見え難くしているが、実際の資金源は複数の大手通信会社系からの
調査費名目のカネ。月額で計約700万円と言い、年間にすれば1億円近く。額はともあ
れ、これは通信会社系的には、ぼう大なトラフィックを調査すると言う表向きの理由
が一応は立つ。自社系に都合の悪い書き込みがされた時に優先的に削除してもらうこ
とも期待している」と前置きし「通信会社系の削除の期待も含めて、2ちゃんねるは
総会屋と同じになっている」と言うのだ。
 その具体的な理由として社長は、こう話す。「2ちゃんねるはボランティアの削除人
が書き込みをチェックして、好ましくない書き込みを一所懸命削除している、という
ことになっているが、あれはウソ。削除人には給料が支払われ、その給料の原資と
なっているのが、まずいことを書き込まれた企業が削除要求とともに渡す裏金。これ
はまさに、総会屋の構図そのものだ。これまで裁判になっているのは金額で折り合え
なかったり、裏金を出さない強い態度の企業とだけだ」


817 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/02 21:51
・・・・

818 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/03 14:22
帰るまでに三国志読破は無理のような気がする
掃除、洗濯、2度の御飯つくり、店の手伝い・・・その合間を縫って読書
自分の家にいるよりはるかに忙しい
今年は一度も殴られていない もう殴られずに済むのかもしれない
友達は何もせず、ぼーっとしてるだけで、たまにイライラしてしまうが、
この家の人じゃないのだから当然だな
とりあえず、洗濯機は全自動にするように、ストーブくらいはつけるように
お願いしたいところだ・・・・・・・
しかし昨日母親が倒れてしまったので明日にしよう・・・・

819 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/04 22:21
寝ようっと

820 :山崎渉:03/01/05 05:57
(^^)

821 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/05 15:05
帰って来るのマダー・・・?ツマンナイ・・・・

822 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/06 21:54
おかーりなさい

823 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/06 23:58
ただー
つーか、疲れたぞーゴルアー
ああ、帰ってくるとこがあるのは楽でいいなあ
しみじみ

824 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/07 07:43
ふう
ようやく世間が日常に戻った
ここまで来てやっと一息つける気になる
年末年始は嫌いだ クリスマスも
浮かれまくる世間の奴らみてると片っ端からどついてまわりたくなる
つーか、しまいにゃそういう元気もなくなる
慣れてるはずなのになぜか
今年の大晦日は辛かったな
かなり平気になってたはずなのに 不思議だ

825 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/07 07:47
いつのまにやら日記書く習慣でもできたのかw
なぜかここに書く自分を何度も想像した
ここが一番書きたかったかもしれん これまた不思議だ

年末、バイトに行く前に小さな手帳を買った
ただのなんてことないメモ帳だが
初めのページに俺達の名前を書いた
それから住所と電話番号とか。
バイト先とバイト内容と、そっから先の想像を箇条書きで。
いつも持ってることにしようと思った
前に1度やったことがある
例の連絡手段を作ったつもりだ

826 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 11:49
そう、昨日言うの忘れてたんだ
おつかれー

827 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 11:53
どうも言うべきことを忘れてしまうな
何時間とか何日とか経ってから気付く
物事が起きても前に起きた出来事の整理に忙しく、見るのが後になってしまうのだ
幾分か経った後で再現し、言うべき事を言っていなかったと気付く
普段から多少はあることだが、常時その状態になるのが実家にいるときの特長
このまま鬱に突入しなければいいが・・・・帰ってみないと分からない

828 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 12:12
825みたいなのっていいなぁ
「白い本」を買ってみたいと思うんだけど、なかなか・・・
あとで読み返すときのことを考えたら・・・・
それにスケッチブックに書けばいいことだし・・・・
でも・・・うーんうーーーん 毎年これ悩んでるな

829 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/07 12:57
>>826
言われてなかったっけ
なんとなく言われた気がしてたぞ

白い本って中が白紙の日記用の本か?
親父が病気の頃にAが買って書いてたことがある。
中身はひたすら親父の闘病日誌と自分の気持ちの曝け出しだ。
俺でさえ読むと平気ではいられなくなる。

思ったんだがそういうのを書くのと
必要な情報だけメモ的に書くのとわけといた方がいいみたいだな
発作的に書き殴っちまうらしいからできれば、なんだが。

俺達の場合ハッと気づいた時
自分が今まで何やってたのかわからねえ時が
たまーにあるからメモ書きは役に立ちそうなんだよな。
代わりに気分曝け出しの方がうっかり読まされると
こっちまで引きずられる罠
スケッチブックでさえそうだから参る時がある

830 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/07 13:02
うーむ
戻ってきたら収まるかと思ったがまるで収まらんな
体と気分が戦闘状態のままだ
当分眠れんヨカーン 参ったな

頭ん中で答えが出始めてるもんを
無視して放置しとるせいかもしれん
俺は臆病だ 激しく。

831 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 13:09
しばらくユクーリするよろし
俺も帰ったら鬱になるんだけど、引越しと重なって大変そうだな・・・嫌だな・・・
とにかく、あの本たちをなんとかしたい・・・どうにもできない・・・・
本が無ければこんなに簡単な引越しは無いですってくらい楽なのにー
しかしあれだ、やっぱり同居人以外の人と何日も過ごすってキツイ
家族であろうと友達であろうと・・・・ああ同居人に無性に会いたい
こんなこと初めてだ

832 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 13:12
メモと分ける、かぁ
大体手帳に用事、大き目の手帳に日記、じゃないか?
もちろん俺は買うだけで続きはしないんだけど
ああ、そうだ
二年前にも少し日記をつけてたな 帰ったら見てみよう

833 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/07 14:02
鬱状態で引越しは大変そーだな
本なんかダンボールにもで適当に突っ込んでいきゃええんとちゃうんか
人と何日も過ごすのがきついってのはよく判る気がするが
むしろ一緒にいて平気な同居人がおるっつーのがすごいな
よっぽど波長があってるか
でなきゃお互い放置プレイできてて、しても安心してられるってことだな。

834 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/07 14:16
>>832
そうゆう分け方はしたことねーんだよな
たいてい几帳面なAがスケジュール帖みてえの買ってきて
バイトの日程や給料計算なんかを書き込んでて
そこに他のが思いつきで詩かなんだかわからねえもんを書き殴ってて
そいで、たまにストレスたまりまくったAが怒涛の長文愚痴を
数ページにわたって書きまくるんだよな

それやられると必要なメモ探すのにもAの愚痴が目にとまっちまうから嫌だったり。
俺が日記みてえなのつけてたのは自分の入院中の闘病日誌と
バイク放浪中の旅日誌みてえなのと、
あとは施設とかで強制的に書かされてた「日記」だけだな。

今回のメモ帳は愚痴みてえなのとは切り離して
連絡用に使えたらいーんだけどな。どうなることやら。

835 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 22:55
書くの忘れてた
帰るのは明日の夜〜朝にかけて
おあすみ

836 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/07 23:12
寝れねえ
ハニと連絡が取れなくなって一週間
あけおめは言ったのだが・・・・
「何してるの?」「女探ししてるとこ〜」「・・・はい、じゃあ頑張って」
ああもう
哀しい寂しい            のかな?煙草が吸えれば結構幸せだな・・もうだめなのかなw

837 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/08 01:52
常駐スレ、ストッパーされとるぞ
新スレ立ってるから探せー
つか、メッセ送ったんだが届いてねえ気がする

838 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/08 13:41
届いてないな
メッセはなんかずっとオンラインのようだ
ようわからんがバグかな
帰ったらアド変えるつもり・・・
これからヤフメッセもかちゅもMSNメッセもアンインスコする
 
昨夜は1時頃からむちゃくちゃ寂しくてどうにかなりそうだった
たまにこういうの、あるね
パソ出来なかったから余計だったのかな
7時まで寝れなかった キツかった 
でも帰ったら同居人がいる あと少しの辛抱だ

839 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/08 14:36
>>838
うむ そういう時は俺にもある
つか、俺は大晦日がそんな感じだったなw

帰るのもうちょいか
帰ったらちょいゆっくりさせて貰え
つか、引越しあるからきつそうだけどな
引っ越してしまえば暫くヒキれるんだろ
ここまででよくがんがってるよ
たいしたもんだ
自分ほめてやれ

840 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/08 15:50
うんにゃ
帰ったらすぐバイト探して燃えるように仕事三昧の日々を送る予定
引越しもそのままのテンションで乗り切る予定
ハニと連絡取れない日々を更新中 胃が痛い

841 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/08 16:52
じゃ また明日

842 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/09 05:48
で、俺はいつになったら寝れるのかと小一時間
つーか、戦闘モードがぬけねえ

843 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/09 07:53
弱ったなー寝れんのだよなー
ばりばり神経はっちまってんだよなー
今週中に戻したいんだけどなぁ

えーいくそ融通のきかねえ神経だ
この部屋に戻ってきてたら神経はらしてとく必要ねえってのに
ちっ

844 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/09 09:24
やっと帰ってきたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あああああ長かったあああああああああああああ
あーなんかびっくり
こんなに解放されるなんて・・・・要するにそれだけキチキチだったという
ウーム
気付いてなかった
しかし同居人がいない 薄情者めえーーー
しかしあれだ。。。。知らない街みたいだった降りたとき
道も分かるし知ってるものばかりなのに異人になった気分だった
我が家はまだなんとなく・・・でもここで落ち着いていいのだうん
同居人がいたら違ったんだろうけど・・・・グースカ寝てる奴がいないのも寂しいな

845 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/09 09:25
はーーーーーーーー
三週間か
ああああああああああああああ
長かったああああああああああああ
ってかナチュラルにハイだ

846 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/09 09:56
うおう?帰ってきたのか
おかーヽ(-∀-)人(-∀-)ノ 

847 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/09 09:57
つーか、眠い
横になって1時間で目が覚める罠っ!(ノ-o-)ノ ┫:・'.::
だー眠い
眠いったら眠いったら眠い
しかも腹へったぞゴルア!!!

848 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/09 10:09
ただいま〜〜
寝れ〜〜
あたしもそろそろ寝るよ〜

849 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/09 10:21
はに〜何故無視するの〜〜
最近はにのお友達もなんだか冷たいし〜
もうだめね〜〜
さよならなのね〜〜

いやよ。。。。

850 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/09 10:34
あなたまた留年なのね。。。。
3年目の一年生・・・・とっとと終わらせなさいな

851 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/09 18:16
だめだ鬱だどうしようもない
なんか・・・本・・・・・・

852 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/10 03:05
なんだかタガがはずれた一日だった
つーか、去年からはずれはじめて
はずれっぱなし状態の気がする

吉か?吉とでるか?
そこはかとなーく凶にもなりそうで怖かったり

あれだよな
なまじ楽しいのとか嬉しいのとか覚えちまうと
後が辛くなるんだよな
わかっててもセーブがきかねえ
あとで落ちても楽しい時間あった分だけ得したとでも思っとこう
思うことにしよう
それにしても今日はかなりの露出ハァハァ

853 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/10 03:11
何したんだw

854 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/10 06:17
俺の部屋のライブ中継

俺の「体」のライブ中継
生肌 ぐへへぇ

855 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/10 06:18
つーか3時間で目が覚めちまったい
まとめて寝れんのかい俺はっ
畜生意地でも寝なおしてやる
とりあえず薬草とエーテルを売ってこよう
今期の売り上げはなんとか黒字になりそうだ
意外にはまるネトゲーみつけた
おもろい

856 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/10 14:02
>薬草とエーテル
ワロタ

857 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 04:39
大変なことを知ってしまったなあ・・・・・・・・・・・

858 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 05:34
なんていうか、本調子になるまでレスの返しがまともじゃないと思う
なんていうか言葉は感情はあふれてるんだけど、打てない
というか言ってる気分になるっていうかなんかわからないな
混乱してきた
そう混乱
だめだこのままいくと何してるのかわからなくなってくる
生きることが難しくなってくる
またーりしたいので落ちる
鬱病にだけはなりたくない

859 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 06:22
なんだ?
よくわからんがまたーりしる
人のことまで抱え込むんじゃねえぞ

860 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 06:26
人のことは抱え込んでないよ
自分のことだけだ
なんかよくわからない
落ちてゲームしてたけど戻ってきた
何か愛の詩を書こうとして忘れた
禁煙一日目

861 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 06:27
Mの方言カキコみてるとどこか安心しる
なんとなーくだが。
そこはかとなくなつかしい。
そうながくいたところじゃないのに。

帰りたい。
どこにってのじゃない。
どこかに帰りたい。
かえるとこなんてないのにな。

862 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 06:27
ん?おきてたのか
愛の詩ってなんだw
とりあえず書いとけw

863 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 06:29
薔薇になりたい
あなたの部屋に飾られて
見つめているだけでいい
時期が来たら黒くなって散る
あなたが他の女といても
あなたの側にいれるから
薔薇がいい
私を見なくてもいい
でもきっと格好付けだから
あたしがいるだけで気障な気分になるでしょう
そんな風に役に立ちたい
・・・・あたしはあなたを苦しめるだけなんですか?

864 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 06:29
くだらねー
俺ってだめw
詩の才能無しw
ハズー
もう書かねえぞ

865 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 06:30
髪の色を戻してもらった時は決心がついてた。
つもりだった。

どうしたものやら時間だけが経っていく
交通費はつっかえして正解ってやつだが。
俺の中でいくなって声と会いたいって声とが騒ぎあってる。
何も期待なんかしてない。
そういうつもりでも心のどっかがゆるんでると
あとが怖い。つーか、痛い。

今の俺はこっち側でゆるみすぎだから
痛みには弱くなってってる気がする。
決断するのが怖くて後回しにしてるのかもしれない。

866 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 06:31
ふーん。
詩のよしあしとかよくわからんが
書きたいことかいたんならそれでいいんでない?

つか、それ比喩なのか
考えて作ったとしたらすごいと思うがな。

俺なんか考えて書いたことがないからなw
いつもいきあたりばったり
書きなぐるだけ

867 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 06:32
さて、寝る。
リアル遭遇は久しぶりで惜しい気もするが眠すぎる。
いい加減に夜寝るようにしたいもんだ。
つか、泊まりバイトいってもなおってねえあたりが・・・・

戦闘モード入ると不眠なるからしゃーねえか
寝よう
おやすー

868 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 06:35
おやすみー

なんかほんと、たまにバシっと時間がピッタリ合って遭遇するよね・・・・
ってかその頻度がなんか・・・・
いや、気のせいかなw
いや、やっぱ多い気がする
なんか、ほんっとーーーーに不思議なんだけど、まあ・・・・考え過ぎかな

869 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 06:40
あ、そっか、そうだ、今気付いた、抱えてたわ、人のw
あはは
やれやれ
どっこいしょ
っとはずしてみたり

870 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 07:00
んで、20分で目がさめちまう俺っていったい・・・

871 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 07:02
調子にのってうp祭りしちまったせいで
部屋が散らかり放題
いや元からなんだが
そんなわけで寝る場所がねえ俺の部屋。
片付けてたら目覚めちまったい

遭遇と頻度・・・は多い気がするな
なんかしら微妙に被るもんがある時がある気がする
「落ちてる時」とかな
夢が被ってた時はさすがに驚いたが
それでもなんとなく
そういうこともあるかなーくらいに思ったり
つか、
そう思える相手ってのもいるもんだな、と。

うまく言葉にはできんもんだな。

872 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 07:08
不思議だーね
友達とかじゃない感じだし・・・身内って感じか?
言葉が何を使えばいいのか分からないなあ
でも言葉が何かのきっかけになる気もするなあ
ところで、俺、顔、酷い・・・・・・・・・
確実に1年以内で最も酷い
実家、そんなにきついのか・・・・今年は長かったしな
この顔を見ても分からない奴は分からないし、何も言わなくても分かる奴は分かる
同居人と一日過ごしたおかげで少し元気だ

873 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 07:14
はにー好きだ 隣に一生おいてくれ

874 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 07:16
まあただの代名詞なんだけど、どうも「ハニ」って感じじゃないんだよな
別の人のこと言ってるみたいだ
だからといっていい言葉は無いわけだが

875 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 07:17
そういえば他板で書いたときに、「、。」を使ってくれと言われたな。
どうも思いのまま書くと、使わないようだ。
頑張って、使って書くようにしてみよう。

876 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 07:32
句読点を使わないのは、国語力に自信がないからだ。
どこで切ればいいのか、正しくはどこなのか、自信がない。
だから、浮かんだそのまま、「どうとでも取ってください」風に書く。
センターで198点取っておきながら、国語力に自信が無いって、恥ずかしい話だ。
しかし、日本の国語教育はおかしいから、仕方ないかなーとか。
自分のいたらないこところを、教育制度のせいにすることほど、恥ずかしいものもないな。

877 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/11 07:32
書きにくい
読みにくい
あたしじゃないみたい
やめ〜、っと

878 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 13:24
文なんて書きたいように読めばいいのだ。
ところで俺もこないだ「句読点が独特」と「区切り」が独特といわれたばかりだ。
まあ、ほめ言葉だったんだけどな。

俺はそう遠くない昔、何かを書くことが大嫌いだった。
そして超激しく苦手だった。
今好き勝手にかけるようになって
実は好きだったんじゃねぇかと思う時がでてきた。
特に絵だ。
不思議だ。激しく激しく激しく大嫌いだった。
描くのも描かされるのも。
自分から描いたことなんてまるでなかった。
いつも激しくでかいコンプレックスと恐怖がつきまとってた。
描けとか書けとか言われると死にたくなった。
それが学校に行かなくなってから
誰にも見せる必要がなくなって、誰にも描けと命令されなくなってから
突然描きたくなった。
つか、気が付いたら描いていた。
それで、描いた絵を見て自分で驚いた。

879 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 13:35
まちがいた
書きたいようにかけば、だな。

気が付いたら描いていて
しかも自分でその絵を気に入った時
すげえ驚いて意外でそいで少しうれしくて
実は俺は絵が好きだったんちゃうかと悔しくなった。

でもその後も描こうと思ってもかけなくて
時々ぶつけるように何か文字を書きなぐるだけで
絵なんかまるで描けなかったんだ。
文字だって、書こうとして書くことはできなくて
突然頭の中に湧き出してくるものを外に書きなぐって吐き出すだけ。

絵なんか大っ嫌いなのに誰かの絵や写真の切り抜きをしたくなる自分が不思議だった。
絵なんか描いたことないし描く気もないのにRとかが絵の具やクレヨンの
衝動買いをしたりするのが不思議だった。
ずーーーーっと後になってから気が付いたらスケッチブックを持ってた。
いつのまに買ったのか、白紙のまま何年も。
書きなぐった文字だけが少しずつたまっていってた。


880 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 13:39
実は絵が好きだったんちゃうか
少なくとも嫌いじゃなかったらしい、とか思いだしてからも
自分から描こうとなんてできんかった。
つか、描こうとしても描けなかった。それは今でも同じだ。

だけど住み込みで働いてた頃
すんげーストレスのたまりまくってた頃にある日
たまたまスケッチブックとクレヨンが手元に揃った。
不思議なくらい描かずにはいられなくて
1日1枚か2枚ペースで1週間でまるまる一冊埋まった。
バイトの休み時間はスキーと相場が決まってて
俺もスキーがしたかったはずなのに
なぜか滑る間も寝る間も惜しんで描かずにはいられなかった。
何かに取り付かれたみたいに。
しかもすんげえ不思議なことに自分で、その絵が気に入ったんだ。
自分の描いた絵が気に入ったのは878の時とあわせて2回目だった。

881 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 13:43
心の底から不思議だった
絵も美術も図工も死ぬほど嫌いだったのに
突然発作的に描かずにいられなくなって
そういう時に描いた絵は自分でも好きらしい。
だからといって絵が描けるようになったかといえばそうじゃなくて
あ、俺描けるんじゃんとか思って
描こうとしてもまるで描けない。何も浮かんでこないし。

ただそういう発作を抑えなくなったら描く回数が増えた。
それからものすごい長い時間描けて嫌いじゃなくなってった。
今でも描こうとして描くことはできない。
だけどたまに思い浮かぶ。それで描き留めたくなる。
暑中見舞いも賀状の絵も、そんな浮かんできた奴だ。


882 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 13:47
昔は、俺はそういう絵をよくみていた。
浮かんでくる絵を。
アスファルトの上やコンクリの壁やただのふすまの上に。
木の柱や天井や床の上に。
空にも地面にも空気の中にもいつも絵と詞が浮かんでた。
そういうのを見るのが楽しくて
見るのだけが楽しみで
それがあるから生きていけた。
その世界があるから生きていけるのに
その世界があるせいで殺されてきた。

人間の中で生かせてもらうために俺は自分を殺すことにした。
これ以上の攻撃には耐えられないと思ったし
自分を攻撃されるネタになるその世界をもってることが苦しかった。

多分、俺が言われる感性とか感受性とか
それはそういう言葉で表されるものなんだろう。
俺はあの頃にそういうものを徹底して殺そうとして
見えても無視して見えないように見ないように努力して
その結果、半身を失った気がする。
今更取り戻そうと思っても遅いらしくて
今はもう滅多に見えない。
見えても描きとめることがほとんどできない。
惜しいことをした、と思う。
今は。

883 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/11 14:13
絵も文字も書きなぐり始めると
自分の奥深くに入りこんじまって、どこまでも落ちてってしまうことがよくあった。
多分今からもあるんだろうが、鬱になる。感情が激しくなる時だ。
それでも、抑えないでよかったと思うようになった。
つか、抑え続けてきてたわけだが。
抑えないようにしようと思い始めて、まだ3年しか経っていない。
その3年の間に、書きなぐったノートとスケッチブックが増えた。
それから、何かが変わった。
何が変わったのか実は自分でもよくわかってない。
何かがどっか変わったのだけが漠然として判る。
でもそれは多分、悪いものじゃない。
描くと感情が激しくなっちまって、深く落ちてくことも多くて
余計苦しくなるから、かくまいと思ったこともあったんだが。

止めないようにした方が、後からみれば楽で有意義だったと、今は思う。
それからそれが続いていくうちに
これまた激しく不思議で自分でも信じがたいことに
見せたく思うこともでてきた。相手によるが。
つか、見せてもいいと思えるときがたまにでてきた、というべきか。
見られるとそれだけで死にたくなったのに。
命に関わってるっていってもおおげさじゃないくらい
見られるのが怖かったのに。
不思議だ。
何がかわったのかよくわからねえ。
でも、多分この先はもう止めない。
内側から溢れてくる発作みたいな衝動。
書きなぐりたくなったときに書きなぐる。
止めないですむのが、実は嬉しい。不思議だ。

多分何が不思議なのか、俺にしかわからないんだろうけど。

884 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/12 15:57
Aのボケっ!!!!!!!!!!
いっぺんくたばってこいっ!!!

885 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/12 17:08
くたばれと言ってみても共倒れな罠

つか、心臓が痛えぞゴルア

ううううう寒いー寒いー寒いー

886 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 01:14
成人式、結局出なかったのかな?
ずっと喋ってなくてサミスイ
成人おめでとう

887 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 03:11
てすと

888 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 03:12
うーむ・・・

889 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 03:12
やっぱ出来ないか

890 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 03:13
ひろゆき ◆3SHRUNYAXA @どうやら管理人 ★

↑この@〜を試してみたが、失敗
特別にしてあるのか、コピペで改造したのか
ちえっ

891 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:35
ああはにーにあいてえ

892 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:39
つ、疲れた・・・・・・

つか、珍しく詳細にハニー1を思い出したわけで
あーお前とヤりたかったとか思うようになった
そういうの抜きにして俺たちは・・・
あーーーーーーーーーーー会いたいぞゴルア
つーか、やっぱり、好きだって言いたかったかもな
つか、言いたかった
言えばよかった
嫌だっていえばよかった
今更だよなあ

帰りたいな どこかに
帰るところが欲しい

893 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:42
俺はまだ決心つきかねてるわけだが。
でももし行ったら
墓参りしたくなるかもなー
どの面さげて墓の場所教えてくださいって?
はぁーどつぼだ

電話の件も思い出しちまうと憂鬱だなー
俺が金だして買った俺の権利なのになー
NTTのばかやろー
大金だったんだぞ8万7千は

保証人保護者家族親兄弟・・・・・どこまでもついてまわるなー
ちょと鬱入りそーだ

894 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:47
この1年楽しかった
総合すると今までになく楽しく幸せだった 多分
幸せという言葉を使うのは嫌いだが
しかもなんだか当てはまってねえ気がするけど
でも、嬉しい一年だった はずだ

2ちゃんにいると俺でいやすい 俺でいられる
でも俺が俺でいればいるほど楽になればなるほどAが苦しがる
それに
誰かと親しくなるごとに
罪悪感が溢れていく

俺たちはかなり広範囲にわたって脳内で完結している
実生活においても
つか、実生活の方が余計に。
それは俺たちにとて嘘じゃない
本当のことだけど
そのすべてを説明することなんかできん
そいでその一部がいつか
わかった時には
説明できない 理解してもらえるわけのない部分で
俺たちは激しくうそつきになるだろう

俺は嘘は嫌いだ
つくのもつかれるのも 大嫌いだ
なのに
俺の存在そのものが 嘘くさい

895 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:49
体が欲しい
声が欲しい
俺の存在が嘘にならずにすむ実体が欲しい
俺は
存在そのものが嘘なのか
俺が考えることや感じることがすべて嘘になってしまうのか
耐えられん
俺は生きてる
俺は生きてて存在してて物を感じててリアルに生活してる
だけどいつか俺は親しくなったやつに
俺が心を許しちまった後で
激しく非難されるだろう そして否定される
その危険がわかってて その痛みもはっきり覚えてて
それでも親しくなっていく俺は多分 ヴァカだ

896 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:53
何年もかけて
ものすごい時間かけて諦めて
ものすごい時間かけて一人で生きてけるようになったのに
ようやく支配から逃れて
完全に一人でやってける条件を手に入れて
それなのになんで俺はまた
人と関わろうとしてるんだろう

どうして何年もかけてようやく1つ手に入れたものを
ほんの一瞬の
他人のちょっとした気まぐれからでる行動に
壊される方を選んでしまうんだろう

未練だ
未練や孤独さや怖さが
他人の罪作りな気まぐれに触られて
やっとの思いで作り上げてきたものをガラガラと壊してしまう

俺は馬鹿だ
多分、俺はきっと
今までよりも親しくなった分、今までよりも許容範囲を広げすぎちまった分
より深く、よりきつく、痛い目にあうだろう

897 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/13 04:55
覚悟しておけと
何度も自分に言いながら
もはや覚悟することさえ怖くてできないでいる

規制を緩めちまうのは簡単なんだよ
ひとつ掟を破ればなしくずしてきに壊れていく
そのまま防御力を失って
無防備に素っ裸になったところで痛い目を見る
俺は
馬鹿だ

898 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:21
俺も、好きな人はいっぱいいるが、心から信用してる人って同居人だけだ
普段はそうじゃないと思ってる
友達みんな信用してるし、みんな好きだし、かと思えば同居人が信用できなかったり
でもやっぱり自分の心の状態を考えると、同居人だけ
世界で同居人だけ。。

それはやっぱり彼女が俺のことを信用してるからだと思う

899 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:25
同居人とは最初、仲良くなかった
専門の時、俺はそれまで友達がいなかったし、いらないし、一生出来ないと思っていた
上京して俺はハイになった
一人で生活すること
親がいない
一人だ
俺は、家を出ただけでこんなに幸せになると思っていなかった
本当に、本当に、びっくりした
今までとあまりに違うから
家に帰っても、誰も何も言わない
殴る奴もいないし、俺のこと知ってる奴でさえ、いない
ハイになった
そしてクラスの奴を見て、好みの女と仲良くしたいなと思った

900 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:28
一人と仲良くなった
そいつとは少し危ない仲の良さだった
俺は今までのやり方通りに人と付き合っていた
人を笑わせて、ターゲットとだけは仲良くする
そいつの家に泊まったり俺の家に泊まったりして、だんだん二人とも学校に行かなくなった
あっちは段々「あなたがいればいいの」と言うようになっていった

901 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:31
俺は明らかに女だし、向こうも明らかに女だ
でも、たまにそんなの関係なく、セックスも無く、そういう関係になることがある
そいつはただの友達であって、俺の中でハニじゃなかった
しかし、盲目的に俺のことを信用している
段々うざくなってきた
そいつのことは嫌いじゃなかったけど、自分で何もせず、俺に全てを任しているのが嫌だった
半年で切ることになる

902 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:34
友達というには、相当怪しかったらしい
今思い出してもまぁ、そうかなと俺でも思う
泣きまくっていたが、俺はもう戻れなかった
疲れた

俺は別の友達と、友達らしい関係を作ろうとした
ちょうど、俺のまた別の好きなタイプの女がいた
そいつとは繊細な関係だ
本音をぶつけ合うわけじゃない
隣に一緒に座ってるだけで空気が違うと言われた

903 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:37
グループはみんなで6人
一人は俺と不思議な空気を出す奴
もう一人はこれまた俺の好みなので、違うグループから軟派した奴
あとの三人はただ一緒にいるだけ
その中に同居人がいる
色々あって、その三人の中の一人を切った
そいつとはもう誰も連絡を取ってないが・・・
あとの五人は今でも仲が良い

904 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:39
同居人は始め、俺のことが嫌いだったらしい
俺は彼女のことは眼中に無かったので、気づきもしなかったが・・・
その三人の中の一人を切ったことや、俺が軟派した奴への態度なんかを見て、
「こいつは好きな人間ってものがいないんだろうな」程度の傍観者だった

ゴタゴタがあったあと、俺には好きな男が出来る

905 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:42
その男のグループと俺らのグループは結構仲良しで、男4人・女5人でよくつるんでいた
俺の好きな男が同居人を好きだと判明する
そこでいきなり俺の目は同居人に向けられる
今まで全く興味無かった女だが、あいつが好きな女だ、どういう女なんだろう、と
俺は人と友達になる「やり方」で彼女を落としていった
これがまた、簡単に罠にはまった

906 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:46
そこから急激に仲良くなり、そのあとはお互いの家を泊まり合うようになる
しかし、それで以前失敗しているので、実際俺はいつか切ることになるかもしれんがやむなしという感じだった
彼女は俺が好きな男が自分のことを好きなのに、関係ないと言って自分と仲良くする俺のことを信用していた
というか、俺は本当にそれはどうでも良かった
嫉妬が無いといえば嘘だが、大したことない男のせいで友達関係を壊すほど俺は馬鹿じゃない
お互いの家に泊まり合うようになって、まず相手が女らしいのにびびった

907 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:50
部屋がかわいくて、「普通の女の家ってこういうもんなのかぁ・・・」とため息
カーテンは黄色で、ぬいぐるみがある
別にフリフリやレースがあるわけじゃないが。。。
今考えるとセンスが良かったんだな
嫌な感じはしなかった
そして、物凄いズボラなのに驚いた
何もしないんだよ
気も使わないw
段々俺は気楽になっていった

908 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:55
例えば小さなことなんだけど、煙草に火をつけると灰皿を差し出す
買い物に行って小銭を出そうとするが両手がふさがってると、何も言わず荷物を持つ
道を歩いていて、(俺はよく自転車や車に気が付かない)無言で腕を引っ張られる

一つ一つは小さなことなんだけど、なんか知らないけど、ツーカーなんだよね
別に気を遣ってるわけじゃない
他の奴と同じ事をしたら、相当疲れる
でもこいつは、自然にやるし、俺も自然に出来る相手
本当に、不思議だ
何も言わなくてもツーカー
他の奴じゃこうはいかない

909 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 14:59
俺らはお互い、全く気を遣わないし、気を遣わなくても最低限のことをお互いに出来る相手なんだと思う
同居人も俺も、そんな相手はお互いしかいない
いくら好きな男が出来ようと、ハニが出来ようと、俺らの関係とは全く違う
俺は「家族はいない」という前提でやってきたし、同居人は「人を信用できない」
という感じだった
それがぴったり補うことになっていった
で、一緒に暮らし始める

910 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:04
俺は結局は人を信用出来ない人間なのかもしれないと何度も思った
一緒に暮らしていてさえ、同居人のことを心から信用などしていなかった
向こうは完璧信用している
ことあるごとに垣間見える
俺の穴は埋まらないのかもしれない
虚しかったな
何年だろう
3年くらいはそのまま過ごした
俺の中で一番信用してるのは、同居人だけど、それでもやっぱり心からじゃない

911 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:07
あいつも気付いていたようだった
たまに物凄く冷たいときがあるって普段は笑っていたけど・・
一回夏に喧嘩した
そう、俺らはほとんど喧嘩しない
少々不満があっても言わないし、たまってきたらギャグっぽく言うだけだ
それでそれとなくお互いが自分を引き締める
それで、去年の夏の喧嘩かな 今年だったかな・・・いや去年だ
俺が臨界点を超えて、怒ったんだな
俺は怒ると静かになる 

912 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:13
同居人が帰ってきて、俺は静かに怒ってる旨を伝えた
彼女には彼女の言い分があったらしいが、とにかく彼女は泣き出してしまう
いつもそうだ
途中で泣いてしまうのでこっちは最後まで言えない
だからといって許すわけでもなく、ただただ見下してしまう

それが最後の喧嘩かなぁ
それ以来お互い少し変わったからな。。
今まで喧嘩したのは・・・・3回くらいかな
あっちは普段すげー短気だが、俺が取り合わないので喧嘩にならない
俺が怒ったらあっちは考えて行動するようになるので修羅場に発展しない

913 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:18
それ以来お互い少し変わった
彼女はあまり短気じゃなくなった
基本的に俺を全面的に信用してるので、俺に対してあまり不満は無いようだ
相手を信用してるってだけで、不満がなくなる女
かわいいな
俺はあいつがかわいいと思う
顔のかわいさじゃなく、心の動きでもなく、なんか、かわいい
そういえば彼女は、守護霊がいないらしい
なんか霊媒師みたいなのに見て貰ったときに、言われたらしい
珍しいんだと
もしそういうのがあって、本当に彼女がそうだとしたら、それは関係アルかもしれない
本人ではなく、なにか別の力が作用して関係が動くことはよく感じる
彼女に対しては俺は安心出来る

914 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:22
本当に、不思議だ
こういう相手が出来るとは思っていなかったし、だからといってこいつを愛してるわけでもないw
家族よりも、友達以上に、ハニみたいな感情でもなく、そんな人間
本当に不思議だな
説明しろと言われてもこれ以上出来ないな
もし、どっちかが男だったら、よくそんな話をしていたものだが、もしどっちかが男だったら
付き合っていただろう
でも、うまくいってなかったかもしれない
これで良かったんだと思う

915 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:25
俺はハニを愛している
でも、いや、多少信用はしている
多分男の中では父親以外で一番
でもそれは相当低い
男は、だめだ
信用できないんだ
どうしても
虚しい
好きだとか愛してるだとか、それだけでうまくいったらどんなにいいだろう

916 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/13 15:31
ハニと喋ると、世界の色彩が戻ってくる
ハニだけが、男に見えるし、光って見える
誰と話そうと、楽しかろうと、ハニだけが私に見える
今はダメでも、いつか一緒になれればいい
一生一緒にいたいのはハニだけなんだ
何されてもいい
最後まで一緒に生きていたい

ストーカっぽいよな・・・鬱だ

917 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/14 03:43
ヤバイ
絶対気が緩んでる ゆるみすぎだ
なんでこんなに簡単によく知りもしねえやつを信用しそうになったんだろう?
2ちゃん以外で親しくなりかけたのなんか初めてだ
しかもよく考えたらあの怪しいサイトで・・・ヤバイじゃん俺ぇ!!
つーか、絶対女の子だと思ってた
リアル女が僕つって話してるのかと思った
なんでこんなに敷居が低くなってるんだろう俺
あっさりメッセID交換だなんて俺らしくねええ
しかも
しかも、だ
声きいてみりゃマジ男だった・・・・
男であの言葉遣い・・・ヤバイ・・・・地だとしたら絶対やばい

・・・・・わざわざ粘着される相手を作ってしまったかもしれない
なんで俺はいつもいつもいっつも
どっか心に傷抱えてるようなやつに好かれるんだろう・・・・
つーか、うぬぼれじゃねえと思う
俺はなぜかいつもああいう奴に心酔される 尊敬される
なでだ
自分のことだけで精一杯だっつーのになでだ

ヤバイ
ちょと激しく反省しよう
めちゃヤバイ
ちょっとひいておこう・・・・手遅れかもしれんナ・・・・ヤバイ

918 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/14 03:49
・・・・やばいな
さっきの口調
リアルであれが地なんかもしれん・・・おたくだ

僕ぅ?だよぅ?そうなの?うん?・・・・・絶対女だと思ってたのにウワァァァンヽ(`Д´)ノ
あの口調をマジでリアルでやってる男だったまずいって!!!
俺ぜーったい心酔されてる・・・・つか、大好きだとか尊敬してるとか言われて
いい気になるからだああああああああ俺のばかやろおおおおおおおおお

あああ
なまじ本音の入ったネタ書くといつもこうだ
なんでなんだ
傷がなめあいたいのか 何にひかれるっていうんだ
結構な反響があってどれも好意的なもので
才能があるだの魂がこもってるだの続きが読みたいだのいわれまくって
ファンだの尊敬してるだの運命の人にあった気がしただの言われて
どっかでいい気になってたんだ
ヤバイ  ヤバイよーヤバイヤバスギル
しばらくあのサイト行くのやめとくか・・・・ってID教えちゃってるじゃん俺ぇ!!

919 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/14 03:53
ああ2ちゃんだとすぐ目だってファンがついたり粘着ついたり尊敬されたり
うざいから他サイトにでかけて書いてたのにこっちでもこうかよ
つーか、俺はやっぱりどっかで腹の中だしまくりたいらしい
多分、これは俺たちにとって必要なことなんだ
晒す必要があるんだ 俺たちの中に。理由はわからなくても。

それなのに場所がねえよー
どこいってもそっとしといてもらえねえよー
レスなんか返さなきゃよかった
はじめはまったく無視でKと俺の世界作ってたのに
どこいってもファンだとかいう奴がついてくるよーうぜえええええ

あーもーなんでこうなるんだ
俺は腹の中とか頭ん中とかにたまってるもの出したいだけなんだよ
ゴキスレファンみたいのになっちまった
たまらんなあ
なんで俺は脛に傷もってる奴をひきつけるんだ?
なんかそういうオーラでもだしてんのか?激しく撃つだ
人の悩みまでしょいこんでる余裕なんかねえんだよ
「わかってくれる」とか「わかってくれそう」じゃねーんだよ!
俺はここまで自分でたどり着いた境地なんだから
てめえら頼ってくるんじゃねえええええええええええっっ!!!!

920 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/14 04:03
キモイのにまとわりつかれてんなw
ってかそんな簡単に電話かいw
アホやw

921 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/14 10:38
電話なんかいするかいっボケ!
メッセだよゴルア!!

ああ俺マイクないって言っといてよかったー
つーか、そうだな前むきに考えよう
早い段階でヤヴァイリアル男とわかってよかったとしよう
うむ
俺の正体をまだあっちは知らねえ
どーせあっちサイト用にとったメアドとIDだったしな

・・・つーか、これでまた俺長文かけるとこなくなったなあ
Kが頭ん中でひたすら文作ってやがるだら
どっかで出しちまいたいのになあ
つーか、しかも感想とか知りたがってるし

人にどう思われるかなんか考えるのやめようぜーKよー

922 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/14 10:41
はぁ〜違うんだよな
Kのは人にどう思われてるのか怖くて気になるAのとは違うんでたちが悪い
こんだけぶつけたらどうでるかとか
相手の腹ん中にあるものまで引き出しちまうから。
それに枠組みのないとこで中身だけ見てどう判断されるかっつーのを
試してやがるんだよなー

完全に「作品」として遊んでるんだ
それで「評価」を面白がってる
才能だとかいろいろほめてくれる奴がなでか多いのが
おもしろさに輪をかけちまってて・・・・だーもう!!!
吐き出すとこがねえええええええっ

923 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/15 05:08
早く寝るつもりだったのにHの写真みたら眠れなくなった
Mの方言レスも見ると奇妙に胸の中が痒くなる
今まで思い出しもしなくなってたことを不思議に静かに思い出す
忘れようと躍起になってきて
いつのまにか思い出せなくなって
そのまま終わってしまうかとそれはそれではがゆくて
どこかが悔しいまま据え置かれてて
・・・・こんな風に少し静かに、思い出せる日が来るとは思わなかった。

平常心、じゃない。
だけど混乱するほどでもない。
切ないとか懐かしいって言葉が当てはまるのか
微妙に違う 当てはまる言葉が見つからない
不思議に静か、だ それしかいえない奇妙な感覚。
偶然にもBGMがホテルカリフォルニアだ
俺はあいつらが許せるんだろうか
怒り以外の感情を
持つことができるんだろうか
激しく不思議だ
あの写真を見ても 他いろいろを思い出しても
今の俺の中には怒りがない
静かだ

924 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/15 05:15
それにしても現実逃避してるな
本当ならもうとっくに ここを出ているはずだった
バイト終了と同時に行こうと思ってたし
一旦帰ってすぐ出ようとも思ってた

何日経った?
俺は嫌なことを後回しにする
それから、楽しみなことも、期待してしまうことも。
理性が会いに行けという
感情が嫌だ会いたくないという
それでも理性が行くのをやめろという 関わるなという
なのに感情は会いたいという 会って確かめたい

違う
多分俺は本当は会いたい
会って、懐かしみたい
懐かしい思い出を探したいのかもしれない
そんなあるのかないのかわからないものをわざわざ
探しに行きたくなる俺は愚かだ。

925 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/15 05:16
会って話をすることで余計に
わずかに消えずすんで残ったものまでも
壊されてしまうかもしれないとわかってて
それでも行ってこいと、何かが叫ぶ。
行くなと思い切り抵抗する内側を抑えて
それでも行ってこいと。

俺はどうするか決めかねたまま惰性で
現実逃避しながら時間を食いつぶす
食らいつくした時間の果てはどこに繋がるのだろう
俺たちはどこへ行くのだろう
辿りつける場所もないまま心の置き所もないまま。

926 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/15 05:21
ふん。
写真と音楽のせいでちょっとばかし、センチだな

いっそのこと
肉体も魂も何もかも
消滅させることができたらいいのにな。
まったくの無へ。
それは死でなく
在ったものの破壊でなく「無」
はじめから存在せず、存在した証もなく、
意味のない死でもなく
ただそこに漂う「無」
もしくは漂いさえしない「無」


927 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/15 05:36
・・・・もーいやだ
またしても誤爆った
つーか、ヽ(`Д´)ノウワァン!!!!!

928 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/15 05:37
生まれ変わったら何になりたいかと美術の授業で聞かれ
それを絵で表現しろと言われ
「無」になりたいと
透明なまま画用紙に水を塗って提出したらえらく怒られた。
ふざけているのかと
怠惰の言い訳をするのかと。
とんでもないよ先生。
俺はいつもまじめだった。
くそ腹が立つくらいにまじめだった。
「無」になりたかったんだよ
もう一度生まれてきて何かの形をとるなんて、まっぴらごめんだったんだ。

死にたいというのとは違う
生まれてきたくないというのとも少し違う
「無」だ
俺は「無」という「存在」に、なりたかったんだ

どうしてそれが、誰にもわからないことだったんだろう
単純明快にささやかな希望だったのに
なんで、それがふざけたことだったんだろう

透明の水と塗った水の透けた白い画用紙
それが13歳の俺の望みだったのに。
ふやけてよじれ、乾いてねじれた形の、姿の見えない絵だったのに。

929 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/16 09:56
・・・何時だ?
2:30から話してたとして9:30・・・・
7時間近い熱き語らいでつかぁ?
すんげーなおい
酔っ払うたびに晒しあってたらそのうち本当に消えなきゃならねえな

930 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/16 20:46
すげーなw
俺はちと鬱モード

931 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/17 01:40
データ移動するのHの都合が悪けりゃ俺が受けてやるぞ
俺がパソつないでる時にメッセでもしてこい
受け取ってCDに焼いて郵送してやる

932 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/17 01:45
つーか、胃が痛え
なんだろこれ
なんかAの奴が中で暴れてやがる気がするな
あいつがくだらねえことで悩むと俺の胃が痛くなるんだ
・・・・いい加減にしるといいてえ・・・

933 :山崎渉:03/01/17 13:14
(^^;

934 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/17 17:28
>>931
忙しくなければお願いしたい
っていうか、むちゃくちゃ忙しいはずなのに、逃避しまくっている
ほとんど荷造りできてない
手続きも延期しすぎ
もうだめぽ

935 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/17 17:35
>>934
やらなけりゃならんことの数かぞえずに
1個だけ終わらせるつもりでやってけ
とりあえずデータ送信してこい
まとめてだと大きすぎるから可能なら何個かに分けて圧縮しる
みられたくねえならパスかけとけよ

936 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/18 06:52
うーん
困ったのう・・・
こうなることを予想していたが。。。
まあいいか寝ようおやすー

937 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/18 07:44
Mが2ちゃんやめるとか言ってるー!
やだあウワァァァンヽ(`Д´)ノ
あたしの2ちゃんネトモみんな2ちゃんやめてくんだよう
いやだよおウワァァァンヽ(`Д´)ノ

938 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/18 07:59
とりあえず寝よう
おやすみ〜(・∀・)人(・∀・)

939 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/18 09:19
つか、俺もやめるし
じゃーな

940 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/18 09:20












とか言ってみるテスト

941 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/18 09:57
いー加減に寝よ
・・・つーか、またか?
寝れないモード突入のヨカーン
BUT!
今回はまるで眠くもならん罠


いかんな緊張しすぎだ
多分、コレは俺の中でもう覆らない気持ちになっちまったんだな
あとは決断する、それだけ
Aを説得しよう
二人でいきたい
一人ではいきたくない
それじゃあんまり、意味がねえから

942 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/18 17:14
・・・ガムバレ

943 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 04:08
弱ったな・・・

944 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 07:27
会いてえなー
会って、話しがしたい。
夢の中でもいいのに現れてくれることがねえな。
今だったら言いたいことがたくさんあるのに。
今だったらあの頃思いつきもしなかった気持ちと言葉がほろほろ浮かんでくるのに。
悔しいなあ
なんであの頃ただのひとつも思いつかなかったんだろか。
つーか、なんで俺写真ももってないわけ?
顔も声も忘れちまうよ
夢にくらい出てこいよ 頼むよおい
生きてて欲しかったぞ
うむ 生きてて欲しかった

945 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 09:45
昨日は大変だったなー
あまりの寂しさに胃がおかしくなりそうだた
不安定だ
人恋しいとはこういう状態のことを言うのだろうか
でも誰でもいいわけじゃない
優しくされたいわけでもない
こんな自分は気持ち悪い

946 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 10:21
おまけすげー!
みんなの写真はもちろん、青がすげー
そんでもってもみじがすげー
この紅葉見て小6の写生大会を思い出した
雲もすげー
デスクトップどれにしよう!
すげー ワクワク
ありがとう
まじありがとう嬉しい

947 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 10:26
夜空を泳ぐイルカだ・・・・いい・・・・
パソ開くのが楽しみになるなぁ

948 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 12:45
お?見れたみてえだな
喜んでくれて嬉しいぜー
そのもみじ俺が撮ったんだぞー数年前だけどなー
んで、説明テキストの文字消えてたかもしれんから書いとくけど
人間写ってるのは横流し厳禁だぞ
特にうpしてねえ奴はだめだぞー

949 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 12:48
ちゅーか、もらったものを基本的に横流ししないYO

950 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 12:58
気を悪くすんな 一応だ一応w

951 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 12:59
みんなの写真笑えるだろ
特に誰かさんだけが突出してたくさんあってw

952 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 13:03
誰かわからんのだ・・・誰だ?

953 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 13:19
>>951
大笑いしたぞ
俺を笑いしにさせる気なのかてめえは
HだよH
露出狂なのは一人しかいねーだろがw

954 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 13:21
つーか、俺フォルダに名前いれてあっただろ?

955 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 13:42
あぁ、そういう意味か
ちゃうちゃう、集合写真さ
なんかちゃうじゃん
右から二番目と三番目、誰なんだあれは

956 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/19 13:47
あーんトリップがぁ・・・
なんかぼーっとしてるな

957 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/19 18:14
>>955
写真どっかいった・・・もしかして切り取っていれたんかもしれん・・・
つか、説明テキストが二つ入ってたな
それで書きかけ送ったと勘違いしたんだな俺

集合写真はうpされたのち違うけど人の位置は変わってねえだろう?
向かって右から二番目のマスクがMレン、3番目がねいさん(ニセモノ)だ

958 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/20 04:06
やばい
2月が近づく
俺は多分正気のままではいられない
吹き荒れるだろう嵐をどうやって制御しよう。
現実逃避してるだけじゃ弱すぎる。
もっと強力に何か。
春までは、やばい。俺たちはやばい。

959 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/20 08:09
眠れねえ
激しくねむれねえ
眠くなりさえしねえ

960 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/20 08:11
こないだから蓋をあけかかっては閉じるあれはフラバの種だ
我ながら避けるのがうまくなったもんだ
開かずに閉じる
その分目えそらしてる
でもそらしっぱなしはやばい
現実に戻れなくなる

弱ったな
たかがおでんごときで。
たかが17日すぎただけで。
たかが命日で。

961 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/20 08:14
3回忌・・・俺はどうする気なんだ
逝くのか?やめるのか?
さっさと決めちまえっての

つーか、3回忌か
もう丸2年たつのか
まるで時間がたった気がしねえ
てめえが俺に期待させてから
そのままなんもくれずににげだしてから
俺の時間はとまったままだ
ついこないだのことにしか思えん

あんたのやせ細った体もざらざらになった肌の感触も何もかも
今あってきたばかりみたいに俺の中にある。
いい加減にしろ。
終わりにしたい。終わりにしろ。終わりになれ。

962 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 03:26
開きそうでギリギリで閉じる蓋が
気を抜くとしつこく開きそうになってくる
しつこい 激しくしつこい
消してしまえねえ自分がはがゆい

おでん 鶴太郎 
おもろいか?
意味わからんかったくせに妙に気になって調べちまったよ
おもろいか?おもろいのか
熱いおでんを無理矢理口に入れて熱がらせることが?
熱がって吐き出す反応が?おもろいのか?
駄目だ 俺にはだめだ
俺にユーモアセンスがねえのか
俺の許容範囲が狭すぎるのか
だけどあれで笑う奴らはみな 鈍感だ 激しく


963 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 03:30
バラエティ番組は苦手だ
未だに見ることができねえ
少しもおもろく感じねえ
激しく馬鹿に見える 激しく鈍感で激しく無神経で腹が立つ
学校やなんか、集団が集まる場所で行われる
いぢめやリンチのほとんどの発祥の地
ふざけるのとリンチは紙一重だ
笑いをとるのと痛めつけるのは紙一重だ
俺は吉本の芸人が嫌いだ
芸能人が嫌いだ
アイドルなんか少しもかわいくみえねえ

あれがおもろいのか
あれがおもろい奴
駄目だ 俺には駄目だ
ああ俺はまだこんなとこでくすぶっている
随分間口が広がったつもりなのに
まだこんなところでひっかかる
なんて余裕のなさだろう
激しく情けねえ
俺は、弱すぎる

964 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 03:58
手帳がみつからねえ
Aがしまったんだろう
あの頃のあいつの日記状態のメモが書いてある
今の時期はやばい
出てくるな
俺はこれ以上壊れたくねえ
おまえと共倒れはごめんだ
だけど一緒に行きてえ 矛盾しとる

兄弟か
もしあいつらが俺と まったくかかわりがなかったとしたら
俺はどうするだろう
俺の中でほぼ確信に近くなっちまってるこの感情を
俺はどうするだろう
だけどほっとするかもしれねえ
その方がいいと
思いたがっている俺がいる

965 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 04:01
これ以上ごまかしきれないほどに
確信に近くいろいろと しかも思い出せちまって
・・・もしもあいつが本当に親だったとしたら兄弟だったとしたら
俺はどうするだろう
はっきり判ったら、許せないかもしれない
ならなんで確かめようとするんだろう
中途半端な気分の自分に腹がたつ

もしも
もし万が一あいつが親で、あいつが兄弟で
しかも、もし、それをあいつらが初めからずっと知っていたとしたら
・・・・・・・・多分俺は
殺してやりたくなるだろうな

会いに行くのか?やめるのか?どっちだ
どっちにしよう どうしたいんだ俺は。

こんな他愛もねえ
今更どうでもいいようなことで
小さなガキみてえに怖がって不安がってる俺は滑稽だ
我ながらものすごく。情けなく滑稽だ。

966 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 05:29
また、食べさせたくなくなってるだろう
眠らせたくなくなって、飲ませたくなくなってるんだろう。
そうやって自虐的なヒステリーにひたってろよ
俺は食うぞ
俺は食う その後で吐こうが胃が痛くなろうが腹壊そうが俺は食う
俺は寝るぞ どんな変な時間になってたって俺は寝る
それから、そのうち働き始めるんだ
お前の恐怖感で俺を縛ろうとしても無駄だ

体が欲しいね
本当に双子だったらよかったのにな
そしたら俺はおまえなんか見捨てて一人で生きてってやるよ
まともな体が欲しかったよ
まともな声とまともな体とあれば
もっとはるかにまともな暮らしができてたよ
もっと楽に生きてもっと楽に仕事ができてたよ
お前がこもってたいんなら
お前には体なんかいらないじゃねえか
俺によこせ 俺だけに使わせろ
できそこないの体なんかくそくらえだけどな

畜生 悔しいよ
まともな体が欲しい まともな声と
ごくごく普通の みんなが当たり前に持ってるものが欲しいだけだよ
畜生 おまえらに、何がわかる

967 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 06:27
眠れ 深く
そしてそのまま、目が覚めなければいい
世界中の夜が二度と、あけなければいい
超新星でもぶつかって
誰かの憎しみも優しさも一緒に
滅びてしまえばいい

968 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 06:38
初詣で初めて強く心から祈ったのは小4の時だ
それから次が高1
「俺の命を終わらせてください」

それから付け加えるように
「できることなら痛くない方がいいです」
「でもそれが無理ならどうでもいいです。どうか、俺の命を終わらせて下さい」

別に、後ろ向きなつもりなんかなかった。
死にたいとか思ってたわけじゃない。
むしろ強く、生き延びたかったし死ぬよりは殺したかった。
あの頃の俺には
自分から死ぬなんてことは最大の罪悪で、軽蔑する行為だった。
負け犬なんかくそくらえだ。
生きてる限りがむしゃらにならなきゃいけない。
命が尽きるその時まで、必死であがいてなきゃいけない。
それはどこかで思うようになったのかわからない、俺の中の掟だった。

だから、「終わらせて下さい」
命がある限りがんばり続けなきゃならないから
自分から死ぬことはできないから「終わらせて下さい」

誰かと詣っても、一人で過ごしても変わらず同じ願いごとをした。
笑いながら人と話し、一緒にたこ焼きなんか食べたりしながら
願い事はそれだった。別に何も矛盾しない。
それが俺の望みだった。

969 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 06:40
願いごとをしなくなったのはいつからだろう。
今年はまさにまったく、まるで詣りもしなかった。
神も仏もねえのが確信できて、馬鹿馬鹿しくなったからなのか。
神頼みしなくてすむ俺になったとでもいうのか。
わからねえが今でも、12月1月は嫌いだよ。

あれからいろいろあって
今は2月が一番嫌いだ。痛い季節だ。
もっと前は3月が一番嫌いだった。
嫌いな季節が増えていく。激しく無駄なもったいねえ抵抗。
冬から春は嫌いだ。

ちょっと前までは冬が
一番好きな季節だったのにな。
身を切るくらい冷たい風と澄んだ空気が好きだったんだけどな。

970 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 16:56
手帳がみつからねえ
おいいい加減にしる
手帳がねええええええええええええええええええええええっ
どこにやったんやゴルア!!!!!
住所がわからんやろうがボケ!!!!
電話番号がわらかんだろうっ!!!!!!!!
どないせいっちゅうねんっ!!!!!!

971 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 17:03
うー連絡用の手帳なんて役にたたねえ
俺以外に書く奴がいねえ
最低限役だったのは俺が朝起きて夜寝て
パソに向かったその時間だけを書き留めてたやつだ
空白の時間があることがわかる
確信がもてなかったことが確かになる
空白の時間がある 確実に。
怖い。それから不安だ。
空白の時間が増えていく・・・・・・・・のか?

972 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/21 17:14
違う。
気のせいだ。気のせいだと思いてえ。
俺の記憶が完全にないわけじゃない、はずだ。

AがK先生と連絡をとったっぽい。
前の精神鑑定の書類を送ったのか。
それとも会いにいったのか。
知らない奴の字でメモ書きみたいな説明がある。

緊張度、不安感、怒り、恐れ、現実認識能力、その他いろいろ
全ての項目において正常値を大きく上回っている。
更にその中で現実認識能力と処理能力に関連する項目が
極めて大幅に上回り他からを突出している。

「苦しいでしょう」と言われたと。
ただ息をしてそこへ存在するだけのことが苦しいレベル、だってさ。
「日常生活に支障をきたすのみならず身体的に問題が起こるレベル」
大笑いだ。
俺は楽しんでるのに?
俺はこうやってネットをやって、ゲームして人と話して楽しんでいるのに?
砂上の楼閣?俺たちは幻?
クソ腹が立った。


973 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/22 02:01
大丈夫かよ〜(´д⊂)

ところで、その辛さをAが一手に引き受けてるんじゃないか?
と、言ってみるなんたら
無責任な言い分かもしれないけど、Aの方からお兄ちゃんを見てみると
何か分かるかもしれないよ
視点を変えてみるのだ
余計なお世話か・・・

974 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/22 02:03
Aになれって言ってるわけじゃないよ
念のため
感情的にそれは嫌なのかもしれんが、自分を幻かと思うよりはいいのではないかなぁ

975 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/22 02:06
いやまて
そしたら今度はお兄ちゃんが辛くなるだけかもしれぬ
やはり無責任なことは言うべきでは無かった
スマヌ・・・・
ただ、「Aは苦しんでいる」という認識をしてあげて欲しいな、と思ったのだ・・・
なんだか孤独っぽい

976 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/22 02:11
うまく言えん
まだ時期じゃないのかもしれないし、それは俺には分からない
一番大人なヤツと話とか。。。。出来ないのかな
うう
俺は常に冷めてる大人な人格が遠くにいるからな・・・俺とは違うだろうし・・・
役に立てずすまん

977 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/23 04:14
Aが一番辛がってるのは知っとるよ
あいつは痛さを捨てない
さっさと捨てればいいものにいつまでもしがみつく
あいつの視点に立つことはできねえよ
根底から考え方が違う ふろうとする身の振り方も。

言い方を変えれば
あいつがいつまでもひきずって苦しんでるせいで
俺達が身動きとれなくなる
足を引っ張るのはいつもあいつだ
他のは表にでてこない分まだましだ

俺達の中には大人な奴ってのはいねえよ
Aは自分が一番大人だと思ってやがる
実際歳も一番上なんだが。

でも俺は精神的にゃ俺が上だと思ってる
あいつはやわすぎる
跳ね返す強さもねえくせに傷つけられるためにでていきたがるアホだ

大人な奴がもう一人
ごくたまに見え隠れしとるらしいが俺は会ったことがねえ
話したこともねえ
どいつもこいつも自分勝手だ
俺達はもうずっと長いことバラバラだ

978 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/23 09:07
どういうことだろう思いだせん
去年の今頃俺は何をしてた?
おととしが去年みたいな気がしている。
あいつが死んだ年から1年しかたってない気がする。
今頃あいつはもう死にかけだった
毎日が、今日生きていてくれるだろうかとそればかりの日々
苦しみだけの時間 あいつが目をうっすら開けるだけで喜んだ
それが去年の気がする
おかしい
春まで、あいつのことばかり思い出すだろうって予測はしてた
去年の今頃ああだった、こうだったと
でもよく考えたらおととしだ
じゃ去年は?何を考えて過ごしたんだろう
あれだけの強烈な日々を忘れて過ごせたはずがないと思う
今年でさえこうなら、去年はもっとこうでなきゃおかしい
なのに、思い出せない

979 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/23 09:12
あいつの日記がみつからねえ
あれがあれば去年の今頃の時期が見当がつくのに
手帳もみつからない
住所類が全滅だ どこにやったんだろう
見当もつかないのは珍しいい
書いてて顔の肉が痙攣する
鏡の中に知らない奴が写る

俺が仕事やめたのはいつだったっけ
引っ越した理由があったはずなのに考えたことがはっきりとは思い出せない
2ちゃんやりだしたのいつだ?
石スレにコテつきでいきだしたのは?
激しく不安だ
ぽっかり抜けてる
俺がしてたはずのことが抜けるのは怖い
なんで、消えていくんだ?
Mと初めて解離の話しをしだしたころ、俺は忘れることはないと言ったのに。
あいつが忘れてしまうからと言った時、俺はそんなことはないと思ったのに。
なぜだ。気持ちが悪い。もやもやして吐き気がする。

過去スレを探そう。俺はリアルでは何してたんだろう。
記憶と時間にものすごくでっかい食い違いがある。

980 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/24 14:33
・・・免許更新連絡書がきた・・・なでだ?
3年更新だろ?3年だろ?
2年しか経ってねえと思うぞ・・・3年経ったのか???
おかしい
こないだからどう考えてもおかしい
辻褄が合わんで気持ちが悪い
俺、歳いくつだ?
もしかしてまた『ずれた』のか?
ふざけるなよ・・・つーか、更新どうすべか
えっらい僻地だぞゴルア バス1日2本しかねえじゃんか

981 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/25 06:09
もーだめぽ

982 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/25 15:52
大丈夫かー?
携帯からカキコ。
あっちは見ても無いのにこっちは毎日チェックしてたりする
カラムーチョが大好きなんだけど、食うと吸いたくなる。危険だ

983 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/25 19:37
マジでパニクった。。
ハニは本当に突然、いきなり行動する。
そこがまたいいんだけど、タイミングが悪すぎだよー!
…バレンタインなんてやったこと無いけど、作ってみようかな。。。

984 :日本昔名無し:03/01/25 22:13
あー間違えたのか。スマン

985 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/25 22:13
体はまあ、ボチボチだぞ、と

986 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/25 22:14
バレンタインのチョコでも要求されたのか
ついでに俺にもよこせw

987 :日本昔名無し:03/01/25 22:41
要求されてたら逆に嬉しいよ。
どうもあたしは、ハニが色々してくれても、愛を返せないみたいだ。
こんなに愛してるけど、行動が伴ってないの。
バレンタインの次の日が二人が出会った日。もうすぐ一年。
気持ちは全く変わってない。不思議。こんなに長く好きなの中学以来だ。
チョコ作ってみよう。ちょっと気持ち悪いけど、普通ならするのかもしれない。
お兄ちゃんもいる?手づくりでいいの?

988 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/25 23:55
マジっすかぁ?
どーしようかな
うまそーだなw

989 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/26 01:58
いっとくが味は期待すんなよ〜。何を隠そう、お菓子類は作ったことが殆ど無い。
小学生の頃プリンとクッキーとケーキを、それぞれ一回づつ作ったことがあるだけだ。
チョコなんて多分湯煎で溶かして型に流すだけだろうけど…。
てか買った方が絶対安い気がするな。何も器具が無いぞ。値段じゃないのかな。ああ、マジわかんねぇ
チョコあげて、もらって、何が嬉しいんだろう。そんなにみんなチョコが好きなのか。
しかもわざわざ作ってまで。ただのチョコだぜ。夕飯でも作ってやった方がよっぽどいいだろ。
何かを込めるんだろうな。手づくりのマフラー、チョコ、気持ち悪いな。
子供が出来たら帽子や靴下や洋服やバッグを作ってあげたい。それは分かる。それと全く違う気がする。

990 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/26 02:07
手づくりチョコもマフラーも貰った事がある。マフラー貰ったのはつい去年の冬だ。
俺がそういう手づくりのものに何も価値を見出ださない人間だと知っているのに、くれた。
まだそれはいい。相手が自己満足だから、と知っている言動をしていたから。
てか何が言いたいのか分からなくなってきた。
あー。
喜んでくれるなら、やってみようと思う。
ていうか、こんなのいちいちしなきゃいけないのって面倒臭いなあ。
でもしたことも無いんだから一回くらいしてみるべきよね。
と結局は嫌々な気持ちを前向きにさせようとしただけのレスだったか。

991 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/26 02:38
>>990
別に「してみるべき」ではまったくないと思うが。
意外だ。
おまいがそんな
「まわりがするのが普通だから」みたいな理由で
「やるべき」だなんて考えるなんて。

チョコ送るのなんて業者の作り出したただの商売イベントだろうがよ。
そんなんに踊らされて欲しがってる奴も
なきゃだめだと思ってる奴もただのアフォだよ

あれは「やりたい奴」が「やる」から価値あるんだろーよ
つーわけで、俺は別にいらんぞ
おまいが気乗りしとらんものなんかいらん

992 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/26 02:49
ちょっと違うんだよなー
普通はその中に幸福があるのかな、と思ったのよ
そしたら体験してみたいと
ハニはチョコ欲しいだろうし、もしかして喜んでくれるかもしれない、もし喜んでくれたら死んでも良い(言い過ぎ
チョコ云々じゃないんだなきっと
ただ、何故喜ぶのか分からないだけ
きっと一生わからない
あたしにとってはディズニーランドに行きたいのと同じ
そこになにかを見るんだろうか
多分そんなに難しいことじゃないんだと思う。でもいつもここでつまづく

993 : ◆bH/8dsJm4. :03/01/26 04:04
あたしって可愛いげが無い
ごめんねはに
見捨てないで
あなたの好みの女じゃ無くて悲しい
ていうかあたしも臆病過ぎ!ばか!

994 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/26 05:02
>>992
俺の私見だがよ
バレンタインに幸せ感じるヤシはチョコートに感じるんじゃなくて
バレンタイが「愛を告白する」とか「愛を伝える」日ってことになっちまってるから
その日にチョコもらえたら、とりあえずなんかの(どんな程度か人それぞれの)
「愛」とやらを感じられるんだろうよ。

「手作り」がいい、なんてのはアレだろ
「わざわざ手間かけて作ってくれた」つーのが余計に「愛を感じさせて」くれて嬉しいんだろ。

正直俺はハニやハニもどきやクラスメトからもらっても嬉しかったことはない
どっちかつーと困ったのとうっとうしかったのとめんどくさかったのと。
でも俺の場合「もらったら返すのがあたりまえ」ってのがうざかったのかもしれん。

んで、Aの奴もあげようとか思ったことはないみたいだな。
あいつもバレンタインはバカにしてた。

995 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/26 05:05
そいでも、もしかして
そういう当たり前なノリと流れにかるーくのることができたら
世の中はもっと楽しいことであふれてるんじゃねえかなんて
思うことがないでもない。

単純にただイベントとして、軽いノリで
「あげるー」と「さんきゅー」ができたらおもろいかもとは思う。

おまいがやる気になったんなら
バレンタインだからとか固く考えねえで
なんとなくチョコつくってなんとなくあげてみたらどーだ?

激しくどうでもいいレスになっちまったが・・・・読み流し可。
つーか、ここももうじき1000いくんだな
我ながらよく愚痴ったもんだw

996 : ◆a6Riz1rmVg :03/01/26 07:28
ところで、
HからPC受け取ったらわからんことあったら聞いてこいな。
俺で判るかどうかサパーリわからんが
俺が知っとることなら教えてやるし。
月曜あたり、できるだけPCつけとくしメッセでも連絡しる。

つけてなかったら携帯メルで催促してくれてもいいが
・・・携帯はメルに限る。俺は電話は嫌いだ。
ま、メッセが妥当なとこかなー。
おまいがスレにおらんとつまらん。
できたらはやめにつないでくれなー。

432 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)